心の病・ゾウさん襲撃事件の真相は?と感じない愚の骨張2022.7.13

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

偶然というか必然というかなぜ?このタイミングで?
宗教団体とか自衛隊とかの点数が下がるような叫びが目だちます。

そのおかげかどうかわかりませんがいまだに議席が取れない政党も存在するようです。

宗教団体への批判をあおることで事件の真相から遠ざかると感じるジロコです。

ジロコ

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 安倍事件の再発防止策は統一教会や創価学会などカルト詐欺集団への規制厳格化や宗教法人への課税化 (deliciousicecoffee.jp)

 

トンちんかんな叫びと感じるジロコです。

法に触れずビクビクせず宗教団体は存在しています。
あの〇中○○氏も法に触れず国民を貧困に追い込んでいるようです。

 

法律を作るものが自分たちに不利な法律を作るわけがありません。

これを国民が理解しているか?

三橋貴明さんがクズ国民と叫んでいますからその通りなのかもしれません。

そして間もなく選挙後の地獄がやってくるでしょう。

ゾウさん襲撃事件の真相とは?

まっ、誰もが関わりたくないでしょう。

関われば目立つわああ!

なんていう人々も存在します。

宗教団体のせいにしておけばいいじゃん!

精神異常者のせいにしておけばいいじゃん!

ネットのあおりにしておけばいいじゃん!

しかし普通のひとはいくらあおられても自己崩壊する行為はしません。

スリランカの国民のようなこともしないでしょう。

引用画像独立以来最悪の経済危機に陥るスリランカ デモ隊が大統領公邸を ...

日本では消費税やめろうという国民が国会を占拠!
なんてことはありえません。

ゾウさん襲撃事件の真相とはいったいなんなのか?

バカなジロコにわかるわけはありません。

と、ある記事を見つけました。

と、ある田舎道でなんてはるか昔が思いうかびます。

 
 

宇宙からの侵入者―インベーダー2 (1968年) (ハヤカワ・SF・シリーズ) ❞

いま他国からの侵入者がまったく問題とされていないようです。
防衛費倍増してどうすんだよう?

竹中民営防衛軍なんてできたりして?

派遣社員が国のために働く?

まっ、ここではどうでもいいことです

と、ある記事が

誰が書いたかが問題です。

田中宇 – Wikipedia

安倍元首相殺害の深層

2022年7月10日   田中 宇


7月8日の安倍晋三・元首相が殺害された事件の最大の要点は、安倍が自民党を仕切っている黒幕・フィクサーだったことだ。安倍は一昨年に首相を退いた後、後継の菅義偉と、その後の今の岸田文雄が首相になるに際して自民党内をまとめ、菅と岸田の政権が安全保障・国際関係などの重要事項を決める際、安倍の意向が大きな影響を与える体制を作った。安倍は首相時代から、対米従属を続ける一方で中国との親密さも維持し、日本を「米中両属」の姿勢に転換させた。安倍は、米国の「インド太平洋」などの中国敵視策に乗る一方で、日中の2国間関係では中国を敵視せず協調につとめ、世界の覇権構造が従来の米単独体制から今後の多極型に転換しても日本がやっていけるようにしてきた。 (米国の中国敵視に追随せず対中和解した安倍の日本

安倍はプーチンらロシアとの関係も維持しており、ロシア政府はウクライナ開戦後、岸田首相や林外相らを入国禁止の制裁対象にしたが、岸田の後ろにいて日本で最も権力を持っていた安倍は制裁対象にしなかった。ウクライナ戦争によって作られた米国側と非米側の対立の激化は、今後時間が経つほど資源類を握るロシアなど非米側が優勢になり、日本など米国側は資源調達がとどこおって経済的に行き詰まる。岸田政権は今のところ米国の言いなりでロシア敵視の姿勢を続けてきたが、今後はロシアなど非米側から石油ガスなどを止められる傾向が強まり、資源を得るためにロシアと和解せねばならなくなる。そのとき安倍がプーチンとの関係を利用して訪露などして対露和解を進め、日本を資源不足の危機から救う展開が期待できた。そのため、露政府は安倍を入国禁止の対象に入れていなかったと考えられる。

左翼リベラルなどは安倍を敵視してきたが、安倍は今後の日本に必要な権力者だった。だがその安倍は今回、ロシアなどが日本への資源輸出を止める報復措置を強め始め、安倍の出番が近づいたまさにそのタイミングで殺されてしまった。これから日本が資源を絶たれて困窮しても、日本を苦境から救うことができたかもしれない安倍はもういない。7月8日の安倍の殺害は、偶然のタイミングにしては絶妙すぎる。報じられているような、犯人の個人的な怨恨によるものとは考えにくい。今回のような大きく衝撃的な政治事件は、偶然の産物として起きるものではない。安倍の殺害は、日本がこれから困窮しても中露と関係を改善できず、中露敵視を続けざるを得ないようにするために挙行された可能性が高い。 (中立が許されなくなる世界

スポンサーリンク

安倍の死去により、日本の権力は岸田のところに転がり込んだ。これまで岸田は安倍の傀儡だったが、安倍が死んだので岸田は好きにやれるようになった。岸田が今後も安倍が作った米中両属の路線を継続する可能性はゼロでない。しかし、安倍殺害犯を動かした背後の勢力は、岸田に勝手にやらせるために安倍を殺したわけでない。安倍を殺した勢力はおそらく、安倍を殺すと同時に岸田を傀儡化し、安倍が続けてきた米中両属の路線を潰し、傀儡化した岸田に中国やロシアに対する敵視を猛然とやらせるつもりだろう。 (日米欧の負けが込むロシア敵視

1964年に米諜報界(軍産複合体)は、自分たちに楯突いてきたケネディ大統領を殺したが、諜報界はケネディを殺すと同時に、副大統領から昇格して次の大統領になったジョンソンを傀儡化し、冷戦の再燃やベトナム戦争の激化など、ケネディが阻止しようとしたことを思い切りやれるようにした。それがケネディ殺害の目的だった(その後ベトナム戦争は泥沼化し、米国の覇権を自滅させる隠れ多極主義の流れに入り込まれたが)。今回の安倍殺害は、ケネディ殺害に似ている。安倍殺害犯を動かしていたのは米国の諜報界(軍産、ネオコン)である可能性が高い。彼らは、安倍が敷いた日本の米中両属路線を潰すために安倍を殺し、同時に岸田を傀儡化して、安倍の路線と正反対の露中敵視の強化路線を岸田に採らせていくのでないか。 (英ジョンソン首相辞任の意味

安倍が殺される10日ほど前の6月末のG7サミットあたりから、岸田政権は米国(バイデン政権を牛耳るネオコン系の勢力)からの要請・加圧を受け、ロシアが輸出する石油の価格に上限を設定するG7の対露制裁案を積極的に推進するなど、米国側のロシア敵視の急先鋒を演じ出した。日本などG7から石油の輸出価格を抑止されたら、ロシアは石油をG7諸国でなく中国やインドに売ればいいだけの話で、ロシアは全く困らない。自滅的に困窮するのは、ロシアから石油ガスを輸出してもらえなくなる日本などG7の方だ。 (Vladimir Putin: Anti-Russian Sanctions Have Backfired on Those Imposing Them

岸田政権のロシア敵視強化は、ロシアからの報復を招き、日本国民の生活と岸田自身を困窮させる自滅策だ(その分、露中など非米側の優勢が増し世界が多極化する)。岸田は米ネオコン(隠れ多極派)の言いなりで日本を自滅に誘導する策をやり出している。米ネオコン系はドイツにも露敵視を強要して自滅させているが、それと同じことを日本に対してやり出した。安倍は、日本側の自滅が顕在化するまで傍観し、自滅が顕在化したら岸田のために安倍がロシアと掛け合って日露を和解に持っていき、日本のエネルギー輸入を保全しようと考えていたのでないか。だがそれは安倍の殺害によって不可能になった。 (Germany’s developing economic crisis is a fascinating study in self harm

安倍殺害は、2日後の7月10日の参院選挙で同情票を得る自民党を有利にした。岸田政権は参院選に勝利して権力を強化するが、その権力強化は安倍が敷いた米中両属・対露和解の路線を潰すために使われる。安倍の死で、自民党は安倍の路線から離れる方向で優勢になる。安倍は自らの命を奪われれただけでなく、死によって自分の路線を破壊される。ひどい話だ。米諜報界は残酷に狡猾だ。

岸田は安倍路線を捨て、米国から誘導されるままに露中敵視を強めるが、それは日本が経済的に露中から報復されて窮乏することにしかつながらない。

米諜報界とバイデン政権を牛耳るネオコン系は隠れ多極主義なので、露中を強化して多極化を進めるために、日独に自滅的な露中敵視をやらせて潰し、露中を優勢にしている。安倍は日本を米中両属にして国力の温存を図ったが、

今回ネオコン系に殺され、代わりに日本の権力を握らされた岸田は、ネオコンの傀儡になって日本を急速に自滅させていく。

安倍を殺した実行犯が逃げずに現場にとどまったことも、私怨による単独的な犯行でなく、後ろに巨大な勢力がいて犯人を動かしたことを思わせる。私怨による単独犯なら、犯行後に逃亡を試みるのが自然だ。犯人が逃げずに逮捕され、犯行の動機を警察に供述したことにより、

安倍殺害は統一教会への怒りによって引き起こされたという頓珍漢な話が喧伝されることになった。

統一教会の話は、実行犯の気持ちとして本当なのかもしれないが、事件の全体像としての本質から逸脱している。背後にいる米諜報界は実行犯に対し、犯行後に現場に残って逮捕されるよう誘導したのだろう。

安倍は死んだ。岸田の露中敵視もいずれ破綻する。その後の日本は弱体化し、経済的に露中敵視を継続できなくなり、米国も金融破綻や国内混乱で弱体化するので、いずれ日本は再び米中両属への道を模索するようになる。それを自民党の誰が主導するのか、まだ見えない。岸田自身が露中敵視の強化が自滅策だと気づいて方向転換を図るかもしれない。左翼リベラルなど野党やマスコミが事態の本質に気づく可能性はほぼゼロなので、そちらからの転換はない。

マスコミ権威筋が頓珍漢なままなので、日本人のほとんども何も知らないまま事態が転換していく。

田中宇の国際ニュース解説・メインページへ 

注)字体はジロコが勝手に変えています。  

 

重要と思われる部分をジロコ風に書いてみます。

ゾウさんは消えた。岸田のロシア中国敵視もやがて破綻する。

その後の日本は弱体化し、経済的に露中敵視を継続できなくなり、米国も金融破綻や国内混乱で弱体化するので、いずれ日本は再び米中両属への道を模索するようになる。それを自民党の誰が主導するのか、まだ見えない。

岸田自身がロシアや中国の敵視の強化が自滅策だと気づいて方向転換を図るかもしれない。

 

日本は自滅に向かってまっしぐらだわああ!
宗教団体の悪口言ってる場合ではないぜえ!

♪だまされたのは〜♫自分のせいよ〜(^^♪

世界は自己責任で成り立ってるぜええ!

いじり画像

ウクライナに関わるのはやめろうと叫び続けるジロコです。

ワクワクドキドキの日々が来ても自己責任でしょう。
選挙後の地獄を叫ぶジロコです。

ジロコ

さて陽性者が増えていることに誰もが興味を持たなくなったようです。

増すゴミのあおりも弱体化してきたようです。
国民が思考を取り戻してきたのか?

テレビで言えないワク毒のこと。(^^; 言った神谷!たじろぐ官僚Σ(゚Д゚) – 永田町カフェ7 (goo.ne.jp)

2022-07-12 15:34:48 | 日記


政治ランキング

↑よろしかったらクリックをお願いいたします。

cafe7が支持して応援している政党は幸福実現党ですが。❞

大衆は常に騙されているという自覚が重要だぜええ!

日本国民の宗教離れをあおるのはやめたほうが無難だぜええと感じるジロコです。

続けべええ!

書きやむべえええ!

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
©2022 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA