心の病・核シェルターを叫ばない愚の骨張2022.3.25

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

世界中がプーチン悪者で炎上しています。

増すゴミもウクライナかわいそうをあおり
ウクライナに募金を呼びかけイメージアップを図る企業も目に付きます。

しかしロシアが全部悪いのか?
なぜ?プーチンがあのような態度に出たのか?

引用画像なぜアメリカは「ロシアがウクライナを侵攻してくれないと困る ...

❝なぜアメリカは「ロシアがウクライナを侵攻してくれないと困る」のか

遠藤誉中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士

 

プーチン極悪の報道からは知ることは不可能といえます。

まっ、知らぬが仏ですませればいいじゃん!
どうせいつかは人世終わるわあ!
引用画像ないが極楽、知らぬが仏」(ないがごくらく、しらぬがほとけ)の意味

財産が無いほうが極楽と感じる時がくるのか?

北朝鮮がロケットを発射しても

断じて容認できないなんて叫ぶだけで

だったらどうすんだよう?

断じて容認できません。

が実態!

核シェルターを造って国民守るわあ!
なんて叫びは聞こえません。

引用画像核シェルター普及促進のために【特設サイト】 | 幸福実現党 ...

幸福実現党が叫んでいます。

❝日本の核シェルター普及率は異常値

日本核シェルター協会の調査によれば、諸外国の、人口あたり核シェルターの普及率は以下のとおりとなっています。

  • スイス 100%
  • イスラエル 100%
  • ノルウェー 98%
  • アメリカ 82%
  • ロシア 78%
  • イギリス 67%
  • シンガポール54%
  • 日本 0.02%
  • 韓国ソウル市 300%

日本は、わずか0.02%!❞

断じて容認できないなんて叫んでいて意味があるのか?

国民が勝手に核シェルターを造るか
避難先を前もって決めておく必要があるでしょう。

ショッピングモールの地下に逃げるわああ!
なんて叫んでも
避難者が殺到してあふれ出てるわああ!

酸欠だわああ!コロリンだわああ!

山の中に勝手に掘った地下穴に逃げるわああ!

核廃絶世界平和なんて叫んでいる場合か?

引用画像第25代 高校生平和大使募集開始 平和な世界の実現を願い核兵器 ...

国連に平和の声を届けて意味があるのか?
誰かがいまだに平和ボケのお花畑思考をあおってる?

あなたはそのように感じませんか?

勝手に悪者と決めつけられたプーチン大統領の怒りが噴出するのか?

ロシア軍がキエフから後退しだしたのはなぜ?

生物兵器を使いそうだわああ!
なんてあおれれていますが

引用画像新型コロナは生物兵器」ロシア人の6割が調査で回答 - YouTube

ww.youtube.com

平和ボケの国とは個人の感想が異なるようです。

そうはいっても裏を返せば?

だったら使ってやるぜええ!

核を使いそうだわああ!

なんて煽られていますから

使ってやるわああ!
なんて可能性を否定できません。

末法の時代ですからなにが起きても不思議ではありません。
引用画像イラストで学ぶ楽しい日本史

今だけ金だけ自分だけ思考がさんざんあおられました。

引用画像条件付+最大15%相当】金持ち父さん貧乏父さん アメリカの ...

今アメリカでは家賃が2~3倍に上がり家なき子や家なき家庭が増えているそうです。

いわゆるホームレスに転落です。

日本でも国民負担が倍増になりホームレスに転落する人が目立つようになるでしょう。

たかがコロリンでも転落します。
引用画像一寸先は闇の意味とは?その使い方や例文は? | utuyoのハテナノート

utuyoiro.ne

TVの見過ぎによると

まもなくアメリカに大地震が来て最悪4〜5年停電が続くかもしれないそうです。

引用画像なぜ、アメリカで地震があるのは、西海岸だけなのですか? - Quora

日本は地震が目だちます。
海底で大量の核ミサイルを処分すれば?

もしロシアが核ミサイルを使えば?
人類最後の戦争が勃発するかもしれません。
世界の終末です。

過去になんどかあったと言われているそうです。
引用画像古代核戦争説。人類は何度も滅んでいる - YouTube | 聖典 ...

人類がいきずまればリセットすればいいじゃん!
なんて思想は危険なのでしょうか?

引用画像オウム真理教 偽りの救済 | 瀬口 晴義 |本 | 通販 | Amazon

社会がオーム思想化している?

特に今は今だけ金だけ自分だけ思考に染まり切っていますから
神様があきれているのかもしれません。

仏陀の教えは無駄だったわああ!
なんて神が感じれば?
<バカジロコ!愚だ具だいい加減にしろ!>
ジロコ

ジロコの記事は自動思考で愚だ具だ書いてイライラを晴らす
記事書き心理療法の意味があります。

心理カウンセラーのジロコが考えた心理療法です。

そうはいっても思ったことをそのまま書けないのでイライラが増す場合もあります。
カウンセリングを受けたら悩みが増えたのあれです。

他人は変われないから自分が変わればいい?なんて定番

バカいってんじゃあないよ!自分が変われないから悩んでいるんじゃん!
<バカジロコ!カウンセリングの批判かよう!>

しかしそのような手口はロシアが変わらないからウクライナがかわればいいい
ウクライナが変わらないからロシアがかわればいい

玉子がさきか?にわとりが先かの域を出ないでしょう。

ジロコも人の批判をしてイライラを晴らしているだけかもしれません。
ジロコ

まっ、人の批判をしてイライラを晴らすのは容易な手段といえます。
そうはいっても批判することに意味があるのか?

今やることは核兵器を無力にする兵器を早急に開発することだとジロコは叫びます。

今後は世界中が核兵器開発に熱中するでしょう。
北朝鮮をみれば分かることだと感じるジロコです。

経済評論家の三橋貴明さんからのメールによると
ウクライナも極悪だそうです。

世界中でよい子ぶってるあの大統領の裏の顔は?

悪役プーチンの裏の顔は?

 

「ウクライナ侵攻は、
ゼレンスキー大統領が

 先に仕掛けたのです」


国際ジャーナリスト:
堤未果氏
はこのように述べています。

これは一体どういうことなのでしょうか?

詳細を確認する


※※※


この話を理解するために、
まずはロシアとウクライナ
歴史を振り返ってみましょう…



例えば、
あなたは2014年に起きた、
ウクライナ史上最悪の惨劇と呼ばれる
オデッサの悲劇をご存知でしょうか?


オデッサとは、第二次大戦後、
ナチスやウクライナ民族主義者によって
多くのユダヤ人が虐殺された過去を持つ
ウクライナ南部の町です。


ここでアメリカが支援する
ネオナチを中心とする過激派勢力が、
反政府デモをしていた
ロシア系住民を暴行し、

さらには、労働組合の建物に閉じ込め、
炎瓶を多数投げ込み、
激しい火災が発生。

それにより、46人が死亡。
200人以上が負傷した凄惨な事件です。



欧米や日本のメディアでは
決して取り上げられませんが
ウクライナではこれまでずっと、

このような、過激派による
ロシア系移民の弾圧行為

行われてきました。



中でもウクライナ正規軍である
アゾフ連隊は常軌を逸しており、

2014年にはドネツク地方で、
ロシア系住民を生き埋めにしたり、

生きたまま内臓を切り取ったりという行為が
されていたことが指摘されしていますし…


国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)

「アゾフ連隊は
2014年9月から2015年2月まで、
民間人を標的として大量略奪を実施し、

精神障害を持つ男性が、
2014年8月から9月にかけて、
アゾフ連隊などから、
レイプなどの性的暴力を受けた」


との報告を挙げています…




そして・・・

・ウクライナ騒乱(2014)
・ウクライナ紛争(2014-2022)


これだけ長い間、
ウクライナ国内では
民族主義者と親ロシア国民の
紛争が続いているのです…



今回の、
ロシアがウクライナからの独立を望む
2つの地域の独立を承認し、

弾圧を受けている
同胞を保護するために
ウクライナ侵攻を実行した、
というニュース。



ウクライナ危機に馴染みがない
私達日本人が、
今回の侵攻をめぐる
メディア報道を聞いただけでは、

バイデン大統領が
「戦争犯罪人」と名指しで批判する
プーチンが小国ウクライナを
武力で脅し破壊している・・・

と、


ロシアが一方的に
攻撃しているように思えるのは、
当然でしょう。



しかし、本当にそうでしょうか?…


実際現地でニュースには決して出ない
ウクライナ側による虐殺
という事実があるとしたら・・・?



そして、
今回のウクライナ侵攻
きっかけを作ったのがロシアではなく
「ゼレンスキー氏」である事実を知ったら、
貴方はどう思うでしょうか?



というのも、
ゼレンスキー氏は

ウクライナ東部紛争の停戦協定である
ミンスク合意の拒否を宣言し、
NATOに加盟したいと言い続け、

アメリカから数十億ドルの武器供与を受けながら
核開発を公言し、
ロシア人が住む地域の隣に6万人の軍を配備。

それがロシアとウクライナの
緊張状態を悪化させ、
今日のウクライナ侵攻まで
エスカレートさせたのです…



いかがでしょうか?

メディアではあたかも
ロシアがいきなりウクライナに
侵攻してきたかのような
情報が流れていますが、


そもそも、ウクライナ側が停戦協定を
反故にしたことがきっかけで

両国の緊張が増し、
ウクライナ侵攻に繋がったにもかかわらず、

ロシア=悪、ウクライナ=被害者

という構図になっているのは
おかしな話だと疑問に思いませんか?



そもそも
ゼレンスキー氏

ロシア系ウクライナ人を弾圧する
「ネオナチの撲滅」
「ウクライナの内戦を終わらせる」
ことをスローガンに
大統領になったのでした。


それなのに彼は、就任後に豹変し、

公約を180度翻して
国内の内戦を悪化させ、

ロシアを挑発する側に回るという、
何とも不可解な行動をとっているのです…



ミンスク合意の拒否やNATO加盟宣言が、
自国の平和やロシアの安全保障を脅かし
最悪、第三次世界大戦につながるかもしれない
危うい戦争を
引き起こすことをわかっていながら、

なぜ、ゼレンスキー大統領
ロシアからの安全保障の提案を
拒否し続け、

この戦争に世界を巻き込もう
よびかけ続けるのでしょうか?


一体、
彼の背後にいるのは誰なのでしょうか?



ロシアの出方によっては
私達日本人もあらゆる意味で
危険な立場に晒される事になります。


なのに、ここ日本では
ロシアを悪魔化した
一方的なニュースばかりで、

この問題の影の構造や、
ロシア、EU、アメリカのみならず、

陰で笑っている中国の思惑すら
なかなか知ることができません・・・



そこで今回、
国際ジャーナリスト:堤未果氏

ロシアとウクライナの関係性を
「お金」「人事」「近代史」の3つで紐解き、

ウクライナ危機の本質を見抜くための
緊急特別講座を公開しました!


この講座を見終わる頃には、

・ソ連を崩壊に導いたクーデターを利用して
 暴利を貪った
 ロシアの新興財閥オリガルヒとウォール街

・IMFの要求を拒否し、
 アメリカに敵認定された
 元ウクライナ大統領ヤヌコーヴィチ

・メディアが報道しない
 ウクライナ「ゼレンスキー大統領」の正体 

などの事実を一つずつ知り、
線で繋いで理解することで

ウクライナで本当は何が起きているのかを
クリアに知ることができ、

今後日本を含む世界に
確実に迫り来る近未来まで
予測できているでしょう….「後略」”ー月刊アンダーワールド事務局  

スポンサーリンク

発行者情報:経営科学出版『月刊三橋』事務局
発行責任者:株式会社 経営科学出版

 

日本がアメリカに右にならいで更なる経済制裁をかければ
跳ね返りで日本国民は地獄行きだぜええ!

なんて感じるジロコです。

ワタシチュウゴクゴデキル!オトモダチノナカマ!
なんて叫んだところで
日本人だわああ!

ロシアがさっそく千島列島で軍事演習をしたそうです。
引用画像ロシア:手放したくない北方領土で軍事演習! – kyoto-seikei

ジロコのバカな妄想だと

中国が買い取った北海道の土地に突然ロシア軍の基地が誕生!

いじり画像

情報戦真っただ中のため、ウクライナとロシアと戦うのはなぜ?

を考えることが困難です。

ロシアはウクライナと本気で戦ってないなんて声も聞かれます。
古い兵器の在庫処分?

真実を知る手がかりで重要なのは
で、誰が儲ける?

という法則です。

コロリンの真実は
で、誰が儲けている?

の法則で考えてみればいいでしょう。

引用画像gaitsui

侍蟻 -SamuraiAri- 反米反日と戦う親米自立派!:ウクライナ事変と日本の国益! (livedoor.jp)

公明党と幸福実現党は同じ穴の狢なんて囁かれていますが
中国に対する態度は大きく異なるようです。
引用画像アンサー」vol.11~幸福実現党はなぜ議席が取れないのですか ...

ところでキッシー政権が叫んだ所得倍増はどうなったのか?
ジロコの妄想通り負担倍増で幕を閉じるのか?

岸田政権「新しい資本主義」に鋭いツッコみ

2021年12月14日、衆予算委 落合貴之議員の経済政策に関する質疑が秀逸だったのでまとめておく。
なお、引用は忠実な書き起こし文ではなく、理解しやすいようにところどころ言い回しを変えるなどしている。

 

岸田首相の新しい資本主義、その中の「株主資本主義からの脱却」の象徴的な施策として

 

落合議員上場企業の四半期決算開示の義務化を見直すと言及されてきた。就任された10月の所信にはしっかり書かれていたが、今回の11月には書かれていない。取り下げたのか?やるのか、やらないのか?」
岸田首相「(意訳)現実的には、義務化見直しは、中長期的な視点に基づいて物事を考えて頂くという点において、意義のある課題だと認識をしている一方で、業績の進捗を確認するうえで必要だという意見もある。市場への影響を見極めつつ丁寧に検討しているというところ。」

 

〇〇である一方、〇〇という意見もあるので丁寧に検討したい。(結果、何もしない)
今国会であらわになった、典型的な岸田答弁だ。
あっちの話を聞き、こっちの話を聞き、「どちらも意義がありますね~丁寧に検討しましょう」となにもしないのが岸田首相の特徴だ。
「THE 聞く力」である。

 

「業績の進捗を確認するうえで必要」なのであれば、開示義務ではなく社内でやればいいだけだ。

 

落合議員「アベノミクスで企業収益は最大になりました。GDPはそれなりに上がりました。(期間統計改ざんが問題になっている最中ではあるが)それでも賃金が上がらない、個人消費も下がってしまう。これでは、どんな政策をずっとやっても国民の懐が豊かになることはない。いくらGDPを上げても、財政出動をしても、国民の懐が豊かにならなければ意味がない。」

 

つまり、賃金が上がらない理由は、企業の利益や業績とは別のところにあると指摘している。

 

 

落合議員「なぜ賃金が上がらないのか?紫のライン、四半世紀で107%、7ポイントくらいしか日本企業の全体の売り上げ高は増えていない。しかし赤のライン、経常利益は3倍以上に増えている。なぜか?設備投資と従業員の平均給与は、四半世紀前より低い。なぜそこまでして利益を上げたのか?配当金は6倍に増えた。企業収益を上げて配当を出させる、これは四半世紀この国がやってきた施策なんです。そもそも政府がROE(自己資本利益率)経営を推奨して、『一株当たりの利益率を上げてください、それがいい企業だ』と言ってきた。」

 

なぜ、日本の経済は好調とされながら賃金には反映されなかったか、ズバリ答えが出た。

 

落合議員「中長期的な企業価値を上げるためには、短期決算も必要なのではないかと答弁されたが、中長期的な価値の向上というのが、中長期的に『株主に配当するための』企業の価値であって、従業員や産業競争力を意味しているわけでもないんです。会計上、配当できる、株価を上げられる価値を最優先してきたこれまでの日本の経済政策にこそ、メスを入れられなければならない。」

 

これに対する岸田首相の答弁は、両者とも立てるのは難しいから検討を続けていきたいという、毒にも薬にもならない答弁なので割愛する。
落合議員の指摘を引き続き引用するほうが、記録としてもよほど有意義だ

 

 

落合議員「「設備投資、開発投資をしなければ世界からどんどん取り残されていく。しかし、会計上、企業の収益を上げるために企業の産業競争力が犠牲にされてきた。大臣の所信にもあった『5Gで世界をリードする』、リードできる段階じゃない。韓国や中国よりも遅れてる。世界に追いつくことさえできていないのにどうやってリードするのか?」

 

落合議員四半期決算の短期主義は絶対やめるべき。世界で四半期決算を義務化しているのは、主要国では日本とアメリカだけ。90年代は世界の潮流で導入されたが、こういう弊害があることを受け欧州は6,7年前にやめた。これがグローバルスタンダードだと思っているのは日本だけ。」

 

落合議員「自社株買い。自社株買いをすることで、世に出回る株の数が減るので株価が上がる。これは投資家が求めていることです。かつて日本は禁止してきたが、それが小泉改革で解禁された。何のためかよくわからない。だが少なくとも外国の投資家はそれを求めていた。従業員が一生懸命働いて作った売り上げを、株価を上げるために使うのは問題。・・・本来なら投資家から資金を調達するのが株式市場であるのにもかかわらず、投資家「資金をあげる株式市場になってしまっている。早急に議論すべきだと思いますよ?」
鈴木財務大臣「略)さまざまな利害関係者に配慮しつつ、中長期的な企業価値の向上に取り組んでいくことが重要。」

 

「さまざまな利害関係者に配慮しつつ」だって。

 

落合議員「自社株買いをどうするかは『会社法』に書いてあるので、法務大臣が所管となる。多岐にわたっていて問題が見えにくくなっている。」
岸田首相「画一的に規制ではなく、個々の企業の事情、判断に応じたガイドラインならできるだろうか、とは思う」

 

落合議員「アメリカでさえ(自社株買い)制限のための議論が始まっている。日本が一番遅れてる。今の鈴木財務大臣の説明は、20年前に担当の人が主張していたような話。ものすごく時代遅れ。ちなみに『会社の判断』と言うが、それを判断するのは取締役。数年前に社外取締役を義務化した。これをしてるのもアメリカと日本だけ。社外取締役を義務化したら、その人たちはどこから来るのか?ファンドから送られてくるんですよ。株主還元のためにどんどん利益を吐き出せと言う取締役を増やすための法律を2年前に通しているんです。20年前の世界の潮流を今やっている時代遅れをもっと認識すべき。そのための株式資本主義からの脱却。」

 

勉強になる。

 

ここまでは金融事情からみた、賃金が上がらない理由。
ここからは雇用事情からみた、賃金が上がらない理由。

 

落合議員「非正規雇用の問題もさることながら、事態はさらに深刻化し、みなし個人事業主というのが流行っている。」

 

ギグワーカーとかいわれるやつだ。

 

落合議員「社員と同じように働いているのに、正社員でもない、非正規雇用でもない、業務委託料をもらった個人事業主が増えいている。建設、IT、配送業などに。こうなると最低賃金すら関係ない。労災もない、社会保険もない。非正規雇用よりも守られていない雇用がどんどん増えている。2年前くらいは300万人だったのが、今は462万人と急増中。働き方改革の旗を振ったことで、フリーランスという働き方も選択肢として出てきて、所得が上がる要素よりも、低い業務委託料で働く人たちが増えている。修正するべきでは?」
山際経産相「フリーランスの増加は承知している。その一方で多様な働き方を認めていく社会にしていく。・・・検討して前向きに進めていく。」

 

「その問題は承知している。一方でこういう意見もある。さまざまな意見を検討し、今後丁寧に対応していく。」
これ、岸田政権のひな型なのか?

 

 

多様な働き方」と政府が言い出した時は注意が必要だ。
これまで、そして今も政府が経団連の言いなりになって労働条件を改悪するときは、必ずこの言葉を使う。

 

落合議員「EUはギグワーカー保護法をすでに作った。総理のリーダーシップでやるべきでは?」

 

これに対して岸田首相ののらくら答弁。

 

12月14日、この日は臨時国会 衆院予算委の2日目であった。
マスコミでは、18歳以下への10万円給付をクーポンにするのか、現金にするのかで大いに盛り上がっていた。
予算委1日目の冒頭で「現金給付も可」と岸田首相が答弁したにも関わらず。
ニュースだけ見ていると、国会はクーポン問題一色の質疑であったかのような誤解すら受ける。
落合議員の約30分弱のこの質疑は、新しい岸田内閣の根幹である「新しい資本主義」の分配が不可能であることを鋭くえぐった。
岸田政権のメインである経済浮揚政策に問題の本質を投げかけるこの重要な質疑を取り上げたのは、日経や通信社のベタ記事程度だった。

 

「野党はモリカケばかり」
そうではない。
マスコミがそれしか報じないのだ。
そして今回の素晴らしい質疑も、あまり日の目を見ないということは大変残念だ。
せめてもの抵抗として、このブログにとどめておこうと思う。
にほんブログ村 政治ブログへ

ウクライナの戦争と日本の賃金が上がらないこととに関係があるのか?
もし誰かがあおってるとしたら?

続けべええ!

書きやむべえええ!

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
©2022 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA