心の病・約束は破るためにあると感じない愚の骨張2022.3.11

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。
今までの経験知識常識なんて愚の骨張だわあ!
と感じているジロコです。

そうはいっても伝統や文化などは継続していきたいものです。

ここはどこの国だよう?

なんて感じる様になったら世も末でしょう。

引用画像世も末 | 話題の画像がわかるサイト

世界ではロシアが悪いウクライナがかわいそうなんて空気が充満しています。

戦争は道徳的に人道的になんて叫んだら
馬鹿いってんじゃないよ!戦争ごっこでは無いわああ!
相手を悲惨に追い込むわあ!

いまだ電気は送られているそうです。

ウクライナ中が停電になったら更なる悲惨が到来します。

が、ロシアはそこまではやっていないようです。

しかしなぜこのような事態に至っったのか?
ジロコはどうしてばかになったのか?

過去を振り返る必要があると感じるジロコです。
ロシアがなぜ怒りを爆発させたのか?

そしてウサを晴らせなかった場合はどうするのか?

あってはならないことが起きるのか?

いろいろ思考することが重要と感じます。

あってはならないことを起こすのが最強の攻撃でしょう。

何でもかんでもあっってはならないで無策でいれば?

あとの祭り、覆水盆に戻らずになるでしょう。
引用画像家事と育児と男と女(121) 覆水盆に返らずとはいいますものの ...

まっ、今後は中国が話題の的に上ってくるかもしれません。
中国が戦争やめさせたわああ!

なんてなれば?

韓国が北への防衛を強化するそうです。

そんなことより北朝鮮にお金を払って
ロケットで〇国や○○○の侵略から守って、もらえばいいじゃん!

誰のおかげで半島が今でも存在してんだよう!

なんてバカな妄想をするジロコです。
ジロコ

半島を海の底に沈める機会をねらっているやからがいるのか?

妄想するとキリがありません。
妄想無尽演技なんちゃって

ついでに日本への侵攻はいつ始まるのか?

日米同盟があるわああ!
なんて叫んでも核保有国同士は戦わないそうです。

引用画像まーぐー (@Baji_wing_chun) / Twitter

まーぐーさんがリツイート

 
中津川ひろさと 元衆議院議員(三期)東京都第16区
 
@h_nakatsugawa
岸田さん、完全に頭狂ってる⁈日本国民の血税を外国人に配るって💢 中国人留学生が殆ど⁈何故生活が大変な日本の留学生を助けないのか、呆れかえる💢 しかも参院選投票権のない外国人に何故❓ 早く辞任せよ❗️

思考停止していない国民は少なくないようです。

票集めに無効なのになぜお金を配る?

お金を配って恩を売っておけば日本に攻めてこない?

バカいってんじゃあないよ!
今は恩を仇で返す時代だわああ!

 

キッシーやめろうの叫びが全国津々浦々から湧き上がるか?

野党にとってキッシーやめろうの叫びが最重要と感じるジロコです。

引用画像もったいない」の押し付け&お金の無心まで⁉ ドケチな義父母 ...

woman.excite.co.j

ジロコは次の選挙で勝つためには

消費税やめろう!

外国人参政権やめろう!

自分で守れる国にしろう!

の叫びが重要と感じます。

そうはいっても野党からひとつでもこの叫びがでるか?

外国人参政権をあおれええ!

が関のやまでしょう。

キッシーもだめ、野党も戦力外

だったら国民はどうすんだよう!

いじり画像

 

具だ愚だと何の役にもたたないジロコの記事

引用文のみに意味があります。

❝2022年3月10日 (木)

米は善露は悪の単純思考浅はか

ウクライナで勃発した二つの政府転覆争乱。

2004年と2014年に生じている。

この争乱の背景と意味を理解しないと現在の問題を理解できない。

理解を助けてくれるのがオリバー・ストーン監督作品の

『ウクライナ・オン・ファイヤー』。

ウェブ上で視聴できるが、すぐに削除される。

日本語字幕付きの動画サイトを紹介するが、これも、早晩削除されるかもしれない。

https://bit.ly/3KCDYhH

削除された場合は、「ウクライナ・オン・ファイヤー」で検索いただき、動画を視聴いただきたい。

動画解説文を以下に転載させていただく。

「ウクライナの歴史と近年に起こされたカラー革命と呼ばれるクーデターの仕組みを解説している2016年に制作されたドキュメンタリーです。

2014年、キエフのマイダン独立広場で起こされた虐殺は、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領を追放するために起こされたクーデターだったのです。

西側メディアはヤヌコーヴィチ政権とロシアを加害者として描いています。

しかし、本当にそうだったのでしょうか?

このクーデターにより、炎上したウクライナは、2004年のオレンジ革命、2014年の反乱、そして民主的に選ばれたヤヌコヴィッチ政権の転覆につながりました。

この悲劇を西側メディアは民主主義の革命として大きく取り上げましたが、実際にはウクライナに戦後生き延びたネオナチ民族主義者と米国務省によって脚本・演出されたクーデターであったことが知られています。

この様なカラー革命は世界中至るところで起こされています。

それは如何にして起こされて来たのでしょうか?

そのテクニックをオリバー・ストーン監督は、分かりやすく描いています。」

人気ブログランキングへ

2014年の政変は暴力革命による政権転覆だった。

このクーデターを陰で操ったのが米国のヴィクトリア・ヌーランド国務次官補。

責任者はバイデン副大統領だった。

ヌーランドはウクライナの極右組織スヴォボダなどと結託して、平和デモを暴力デモに変質させた。

この暴力革命によって政権を転覆したのである。

欧米は冷戦後、NATO東方拡大政策を推進してきた。

冷戦終結時に米国はNATO東方不拡大をロシアに約束している。

このことは、外交文書の公開によって明らかにされつつある。

しかし、欧米はNATO東方拡大を推進してきた。

1999年にポーランド、チェコ、ハンガリー、2004年にルーマニア、ブルガリア、スロヴェニア、スロヴァキア、ラトビア、リトアニア、エストニア、2009年にアルバニアとクロアチア、2017年にモンテネグロ、2020年には北マケドニアと、NATO加盟国は16ヵ国から30ヵ国にまで拡大してきた。

現在、ロシアの対西側緩衝地帯はベラルーシとウクライナだけになっている。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

1962年にキューバ危機が発生した。

旧ソ連によるキューバへの核ミサイル基地配備計画が発覚し、米国がカリブ海でキューバの海上封鎖を実施し、米ソ間の緊張が高まり、核戦争寸前まで達した出来事だ。

結局、ソ連が核配備を中止して危機は回避された。

米国の喉元にソ連の核兵器が配備されることに米国は激しく反応した。

この逆がウクライナのNATO加盟問題である。

米国が激しく反応したことを踏まえれば、ロシアが激しく反応することは容易に理解できる。

そのウクライナでの政権転覆が米国主導での暴力革命であったなら、ロシアの不満が蓄積されることは当然と言える。

問題はウクライナの民族構成にもある。

ウクライナの北西部は親欧米色が強いウクライナ系住民が多く、宗教はカトリックであるのに対し、南東部は親ロシア色が強いロシア系住民が多く、宗教はロシア正教。人口は北西部が3分の2、南東部が3分の1だ。

2014年の政権転覆に際してクリミアの住民は住民投票を実施してロシア帰属を決めた。

東部ドネツク、ルガンスクでは親ロシア勢力が二つの共和国創設を宣言した。

この両地域がウクライナ政府と内戦状態に移行し、2014年から2015年にかけてウクライナ、ロシア、東部両地域代表、ドイツ、フランスによって「ミンスク合意」が調印された。

「ミンスク合意」は東部両地域への強い自治権付与を確約するものになった。

2019年に大統領に選出されたゼレンスキーは、ミンスク合意履行により東部問題を解決することを公約に掲げたが、大統領就任後はミンスク合意を無視して、ウクライナのNATO加盟を強行する姿勢を示した。

その結果として今日の問題が生じている。

これらの経緯を踏まえた問題解決策を早急に模索する必要がある。

10月5日発売の鳩山友紀夫元首相、孫崎享氏、前川喜平氏との共著『出る杭の世直し白書(ビジネス社)
https://amzn.to/3hSer8a

のご高覧も賜りたい。

人気ブログランキングへ米は善露は悪の単純思考浅はか: 植草一秀の『知られざる真実』 (cocolog-nifty.com)

引用画像foomii

植草事件の真実 | 植草一秀事件を検証する会 |本 | 通販 | Amazon

勢力を批判するやつらは犯罪者だわああ!
空気に染まらないやつらも犯罪者だわああ!

ワクワクを一回もうってない人は?
そのまま人生が続く可能性が高いと感じるジロコです。

ジロコ

国後・択捉にミサイルを置かれてもロシアに媚びる林外相、鈴木副大臣、ウソつき国賊認定やな。

 プーチンはもう終わりそうですね。何をどう考えてもこの先、挽回できる話にはなりそうもないと思います。いずれにしても、ウクライナ人もロシア人も、どちらも不幸になるだけの話ですね。戦争をけしかけて儲ける一部の奴らだけがトクをする、と。日本はとにかく巻き込まれたらあきませんね。

 今日(3/10)の「宮崎正弘の国際情勢解題」第7253号の(読者の声1)で(PB生、千葉)さんが、<映画「プラトーン」で有名なオリバー・ストーンがインタビューした動画<「ウクライナ・オン・ファイヤー」>の紹介をしてはりました。何とプーチンにもインタビューをしていますね。この頃(動画初公開:2016年6月)のプーチンの方が、ずっと人間的な顔をしてるように感じました。

もはや後戻りでけへんところまで行ってしもたプーチン、といういわけですね。もしトランプさんが大統領やったら、こんなことにはならへんかったと思いますし、トランプさん自身も自分で言うてはりますね。もしこうやったら、こいつは必ずこうするという、基本的な人間洞察が、アメリカでの不動産業の修羅場をくぐって来たトランプさんにはできるんやと思います。

 もしトランプさんがいたら、結果的にはプーチンも生き残るけれど、ロシアやウクライナの一般の国民は、今よりは不幸にはならんようにできたんやろなあ、と残念に思います。一方でバイデンは、このドサクサに紛れて自分と息子のウクライナでの悪事を、上手いこと隠せると思てることでしょう。まあ今年の中間選挙までの命脈でしょうか。

さて核使用も匂わせてるプーチンを前にして、もはや日本の憲法「9条」はボロボロですね(笑)。共産党の志位くんが必死にツイートしているようですが、自分の間違いを認められへん人は惨めですね。どんどん笑い飛ばしてやりましょう。もう終わってるで、と。

 そういえば国会で、ウクライナ大使が会いたいと言うてるのに一ヶ月放置してた話(ウクライナ大使と外相面会「1カ月放置」野党追及が追及された時に、林大臣は聞いてなかったと言い、それを裏で止めてたのは鈴木貴子副大臣やとバレかけて、口頭でしか聞いてへんかったから、と鈴木貴子は苦しい言い訳をしていました。

 この話を高橋洋一さんが動画で、ウソやと言うてはりました鈴木外務副大臣&林外務大臣の嘘がばれる!週刊誌ネタの予感。官僚組織の伝達経路や、報告の慣習を熟知してる高橋さんからしたら、これは間違いなく林、鈴木の二人が外務官僚のせいにして、つまりは「後ろから鉄砲を撃つ、お前らはロシアの回し者か?」みたいな話やそうです。ふうん、下司な人間やな、二人とも。これは辞任一直線にして欲しいな。

 日本のアホマスゴミは、プーチン悪魔化、ウクライナかわいそう、一辺倒の報道ですが、ネットでも、ちょっとでも「プーチンにも言い分が」みたいなことを言う人に対しては、ものごっついバッシングが来ますね。何もそれを認めるとは言うてへんのや、プーチンの思考回路をしっかり理解して、次にどう動くかを予測しよう、

 そして批判する人はついでに、そんな人に限って「ディープステート」やらの「陰謀論」にハマってる、と言いたいようです。確かに「ディープステート」はようわかりません。そしたら上の宮崎正弘さんの記事の同じ号の、別のコメントへの返答で、上手いこと書いてはりました。

 「ディープステーツ」に関しては、なにか陰謀団的な組織のように語られていますが、軍産共同体が中核であり、ここにウォール街が便乗し、そのうえにネオコンが混入し、ややこしいことになりました。しかし「ディープステーツ」なるものは、アメーバに似て、状況で変化するアメリカの軍産利益裨益組、アドホックにメンバーが入れ替わると解釈しています。ネオコンは元トロッキストのユダヤ人が主流です。

という話なんですけどね。

 なるほど、「状況で変化するアメリカの軍産利益裨益組」と。つまりは最初に戻りますが、戦争をけしかけて儲ける連中、ということですね。もしかしたらそいつらとプーチンとは実は裏で繋がってるんとちゃうか、という話までネットでは出ていました。いやはや。

 そして私ら日本国民も、しっかりせなあかんのや。このドサクサの真っ最中に、ロシアの外務省がとんでもないことを言うてました(北方領土の主権主張「永久に忘れた方がいい」…ロシア外務省幹部が強硬姿勢示す 交渉”さらに難航”の恐れ。ほらほら、林くん、鈴木くん、ロシアに媚びててどないするんや?ですね。この二人は国賊認定、としましょう。

 そういえば日本のマスゴミはあんまり騒ぎませんが、その北方領土にはとうにミサイルが設置されてたわけですねロシアが北方領土に防空ミサイル配備か 対艦に続き戦力増強。もう一年ちょっと前のニュースです。国会でロシア擁護の質問をしてた鈴木宗男くんにしても、これ、どないやねん?と聞いてみたいですね。

 「今だけ金だけ自分だけ」の人は、最後には誰からも相手にされんようになるんやで、と、鈴木親子と林くんには言うてあげましょう。わっっっからんねやろなあ。

【文中リンク先URL】
https://www.mag2.com/m/0001689840
https://www.youtube.com/watch?v=4U_IzVh_KDs
https://www.sankei.com/article/20220302-DLCLWJIPFRK4BLQJUC7ICSVY3Y/?416162
https://www.youtube.com/watch?v=l9hGJoGiKdA
https://news.yahoo.co.jp/articles/916eca448bcad4e53b3f4573b1c7ce0142557bc9
https://www.sankei.com/article/20201201-IIYHMJRL3RMKTFWM4JFZMRWPCY/


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん国後・択捉にミサイルを置かれてもロシアに媚びる林外相、鈴木副大臣、ウソつき国賊認定やな。 | ナニワの激オコおばちゃん (naniwakawaraban.jp)

♩夏になあ~れば思い出す〜(^^♪

夏になれば日本の神々の怒りが日本を襲うのでしょうか?
あってはならないことが起こるわああ!

と、感じるジロコです。

続けべええ!

書きやむべえええ!

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
©2022 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA