心の病・今どき国連やWHOってなんなのだと感じない愚の骨張2022.2.25

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

この国では2月22日はニャンコの日なんて意味の分からないことが叫ばれていました。

めでたいわああ!
お花畑思考よいつまでも〜!

ジロコは普段から
国連てなんなのだ?
WHOってなんなのだ?
と感じています。

ジロコの疑問です。
ジロコ

ついでにコロリンやワクワクにも疑問を感じます。

3回目を速めたほうがいいのか?
あるいは遠慮したほうがいいのか?

ラジオをきいていたらあの有名なREN4さんが
救える命を救えなかった!
なんて叫んでいました。

ジロコは国会は劇場化したと感じます。

引用画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 森ゆう子.jpg

時間稼ぎの劇場ごっこ?

 

一回も打ってない人は?

ワクワク打ったことがないわああ!
なんて口に出せない世相になってきました。

ワクワクを一回も打ったことが無い国民は当局にマークされているのか?

ところで銀行口座は常に当局に?監視されている?
その様に思う態度が重要と感じます。

マイナンバーカードが全国津々浦々の国民に行き渡れば

国民の一人一人の入出金明細が明らかになります。
おまけにすべての取引にマイナンバーをなんてなれば・・・・・

ピンポ~ン!
お支払の前にナイナンバーをご入力ください。

ピンポ〜ン!
領収書にマイナンバーをご記入ください!

いちいちうるさいぜええ!

ついでに
ピンポ~ン!
あなたは日本国籍が確認されないためお売りすることができません!

<バカジロコ!妄想性障害のふりはいい加減にしろ!>

ロシアにいくら経済制裁をかけたところで

自給自足の国だわああ!
だったら意味があるのか?

引用画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 鎖国.引きこもり.jpg

日本が経済制裁を受けたら?

仮定で考えても意味がありません。

アメリカが沖縄から立ち去ったら?

仮定で考えても意味がありません。
引用画像米軍ヘリ不時着に抗議/沖縄・うるま集会 赤嶺氏「基地撤去こそ」

これって喪黑デモ請負有限公司にやとわれて?

なんて感じるジロコです

ジロコ

だったらこれは?

引用画像

ロシアの態度を見て今一番重要なことは?

他国に頼らず、自給自足で生き延びることでしょう。

そうは言っても自己責任で生き延びることとは意味が異なります。

 

自給自足が満足されれば次は核武装です。
さあ、どこからでもせめて来いよう!

北朝鮮の態度は当然と言えます。

アメリカとグルになれば安泰といえますが
大統領が変ったぜえええ!

で、安泰の道は閉ざされた?

核廃絶!世界平和だわあ!
なんて寝言を言っていても意味がありません。

しかしそれだけでは国は守れません。
内部から浸食されたのでは防ぐのが困難です。

それには外国人に参政権を与えないのが鉄則です。

外国人参政権やめろう!
と日々叫んでいる必要があります。

 

まっ、今回のロシアの態度で

平和なお花畑なんてどこにもないぜえええ!

と日本国民がきずけば最大のメリットと言えるでしょう。

ついでに平和を愛する緒国民なんて何処にもいないぜええ!

世界は軍拡にまっしぐら!

核がなければただちにやられてしまうわああ!

同盟?何のこっちゃああ!

政界は自己欲望追及にまっしぐら!

政界は自己欲望追及にまっしぐら!

国民は?

貧困にまっしぐらだわああ!

いじり画像

日本の未来は?

電気が足りないわああ!の前に
電気代が払えないわああ!

という悲惨が待ってるぜええ!

所得微々増!

税金倍増だわあああ!

 

もはや発狂中の「9条信者」。核を放棄したウクライナの現実を正視でけへん、哀れな志位くん。

 プーチン、もうやりたい放題ですね。キエフにまで戦車が乗り込んだ映像もバンバン出て来ました。まさかここまでは、とウクライナ人が泣きながら言うてはる映像も出て来ました。ただし、映像は常に「作られる」ものやと思うて見るクセが付いて来ましたね。女性、子供の映像には特に注意、と。

 今まさに世界史が動いてるんやなあと思います。プーチンにしても、もう後戻りはできませんからね。どないすんねん、これから?という話ですね。そんなわけで、朝から晩まで情報を入れるのにかかりきりで、記事もなかなか書かれへん(笑)。

 今日はこの話にしましょう。ツイッターで見かけたのでコピペしようと思たら、SankeiBizが記事にしていました(9条で日本を守れるの?」ロシア侵攻で懸念噴出、共産は危機感)。

 「憲法9条をウクライナ問題と関係させて論ずるならば、仮に(ロシアの)プーチン大統領のようなリーダーが選ばれても、他国への侵略ができないようにするための条項が、憲法9条なのです」
 共産の志位和夫委員長は自身のツイッターで、ロシアによるウクライナ侵攻を強く批判する一方、ネット上で一気に噴出した9条懐疑論を牽制(けんせい)した。機関紙「しんぶん赤旗」も25日付で「ウクライナ問題 日本は9条生かし力尽くせ」との記事を掲載した。

 一応SankeiBizでは

 しかし、ロシアによる今回の一方的な侵攻は「抑止力に歯止めをかける9条の理念を堅持したままで平和は守れるのか」という根源的な論点に改めてスポットライトを当てる結果を招いた。最近は自衛隊明記の是非にとどまっていた与野党の9条をめぐる議論を見直すきっかけになる可能性もある。(内藤慎二)

と、大人しくまとめてはりますが、ネットでは結構騒ぎになっていました。 て言うか、この期に及んでも「9条があればこんなことにはならへん」と信じてる人とは、議論がかみ合いませんね。もうムリっっっっ。マスゴミは絶対によう踏み込めへんけど、「やっぱり核武装やな」という意見もネットではバンバン出て来ていますね。

 今さら私がここで説明するほどのものでもありませんが、ウクライナの核といえば、「ブタペスト覚書」のことですね核放棄から始まったウクライナ危機、力なき外交の現実 力の信奉者、プーチン・習近平が値踏みする米国の「力」。元・空将、現・国家戦略研究所所長の織田邦男さんの記事です。

 1991年、ソ連邦は崩壊した。ソ連邦の一部であったウクライナは、独立を果たした。この時、ウクライナ領内には約1900発の核弾頭が取り残されていた。
 ウクライナは独立国として、この核弾頭保持の意向を表明した。だが、ロシアはもちろんのこと、米国、英国が核拡散防止の観点からこれに強く反対した。
 ウクライナに対し、核不拡散条約(NPT)への加盟と、核兵器の撤去が求められた。
 その条件として、「領土保全、政治的独立」に対する安全保障を3か国(米、英、ロ)が提供することで合意された。
 これが「ブタペスト覚書」(1994.12.5)である。
 フランス、中国はこの趣旨に賛同し、別々の書面で同様にウクライナに安全保障を提供した。
 国連の常任理事国がこぞってウクライナに対し、核兵器の撤去を条件に安全保障を約束したわけである。
 国連がウクライナの領土の一体性を保障したにもかかわらず、2014年3月、クリミア半島はロシアに併合された。
 一夜にして「ブタペスト覚書」は反故にされ、国連はウクライナの領土保全を守れなかった。

 そして織田さんはこの後、こうも書いてくれてはります。

 この時、中国共産党機関紙である人民日報に掲載された記事が印象深い。
 「西側世界は国際条約や人権、人道といった美しい言葉を口にしているが、ロシアと戦争するリスクを冒すつもりはない」
 「約束に意味はなく、クリミア半島とウクライナの運命を決めたのは、ロシアの軍艦、戦闘機、ミサイルだった。これが国際社会の冷厳な現実だ」

 ロシアも「中国」も北朝鮮も韓国も、約束は破るためにあるような国ですからね。あ、あかん、話がそれたわ。その「ブタペスト覚書」も、2015年の「ミンスク合意」も、あっさりと踏みにじられて今、首都キエフにはボンボン爆弾が撃ち込まれてるという現実、ですね。

スポンサーリンク

 それを見ても志位くんは「憲法9条を守れ」と言うてるわけですね。あのね、結局、最後は「力」が物事を決めてるんや。織田さんも書いてはります。

 ロシアや中国のような「力の信奉者」は、国際社会の現実は国連でもG7でもなく、「力」が決めると固く信じている。

 志位くんと同じことを書いてるツイートもいくつか見かけましたが、もう論外ですね。サヨクを批判するのに「お花畑」とか言いますが、「9条信者」はホンマに早う日本からおらんようになって欲しいですね。目の前で「力」が振るわれてる現実を前にして、はっきり言うてそれらのツイートは、「発狂状態」に見えますね。

 と、いうわけで(笑)。道を歩いてる「9条信者」さんにも目に留まるように、看板を掲出します。【保守看板】の第6弾です(自衛隊さんありがとう。憲法改正待ったなし!【保守看板】掲載のための募金を開始しました!)。今回はちょっと苦戦中です。皆様の絶大なるご支援を、よろしくお願いいたします。

【募金方法】
■こちら↓のアドレスに、直接メールをお送りください。
gekioko@logoslabo.co.jp
■文面は、「振込先を送れ」。
■折り返し、振込先の銀行口座番号を返信させていただきます。
■銀行口座は
 「三菱UFJ銀行」か
 「PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)」になります。
 どちらか都合の良いほうにお振込みください。
■領収書も発行できます。
■原稿案は若干、変更する可能性があります。
■掲載(貼り替え)日は、追ってご連絡いたします。

【文中リンク先URL】
https://www.sankeibiz.jp/article/20220225-VBJ5AZA6UFPLVALR6WQEO7F2UU/
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68942
https://naniwakawaraban.jp/2022/02/20/%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%a8%e3%81%86%e3%80%82%e6%86%b2%e6%b3%95%e6%94%b9%e6%ad%a3%e5%be%85%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%81%97%ef%bc%81%e3%80%90/


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん❞もはや発狂中の「9条信者」。核を放棄したウクライナの現実を正視でけへん、哀れな志位くん。 | ナニワの激オコおばちゃん (naniwakawaraban.jp)

「約束に意味はなく、クリミア半島とウクライナの運命を決めたのは、ロシアの軍艦、戦闘機、ミサイルだった。これが国際社会の冷厳な現実だ」❝

だったら

国連の存在する意味は?

ウクライナをだましたぜえええ???

ついでにWHOは?

ロシアの永久凍土が解けて太古のウイ―ルスが復活すれば?
WHOは?

有事の際の日米同盟は?

 

核のない日本もウクライナのような運命に陥る可能性は?

ロシアと中国がグルになり世界征服を企めば?

<バカジロコ!妄想もいい加減にしろ!>

空想科学よりも妄想が世界を救う時代がくるぜえええ!

引用画像核兵器:見通せぬ世界の核軍縮 非保有国、日本に不信感も | 毎日新聞

❝日本の核武装「3カ月3億円あれば技術的に可能」と専門家

社会・政治 投稿日:2017.11.13 11:00FLASH編集部

「日本が原子爆弾を持つことはできますか?」
 1994年、第一次北朝鮮核危機の最中のこと。羽田孜内閣で官房長官を務めていた熊谷弘氏は、防衛関連企業幹部に尋ねた。幹部はこう答えた。
「3カ月で造れます」
 産経新聞9月17日付朝刊で、熊谷氏が述懐している。

 

 唯一の戦争被爆国であり、非核三原則(核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず)を国是とする日本では、核武装は議論すること自体がタブーだった。

 

 だが、戦後の政府内でも、核武装計画は極秘裏に検討されていたのだ。2010年に外務省が検討する目的からまとめた文書の中で、それまで極秘だった1969年の外務省の内部文書「わが国の外交政策大綱」の内容も公表された。そこには、かつて核武装を検討していたことを認める記述がある。

 

〈核兵器製造の経済的・技術的ポテンシャルは常に保持するとともにこれに対する掣肘(せいちゅう)をうけないよう配慮する〉

 

 岸信介、佐藤栄作、中曽根康弘、宮澤喜一といった歴代首相、安倍晋三現首相、小池百合子希望の党代表も、かつて「核保有」に言及していた。

 

 東京工業大学先導原子力研究所の澤田哲生助教は、こう言い切る。

 

「核弾頭を1個だけ造るなら、3カ月、3億円あれば、技術的には可能です」

 

 熊谷元官房長官が聞いた「3カ月」とも符合する。澤田氏によると、日本の核武装は、技術的に可能だという。

 

「核兵器の製造には、材料の核物質、核分裂反応を起こし超臨界状態にするために周囲から圧縮する爆縮の技術、 堅牢な構造物を作る技術が必要です。日本はこれらの基礎研究や技術力をすでに持っています。また、核弾頭一基だけならば、数千万円から3億円で、十分造れます」(澤田氏)

 

 しかし、核弾頭が一基だけでは当然抑止力にならない。

 

「北朝鮮の核ミサイルに対抗するためには、100発の核弾頭と中距離弾道ミサイルが必要となります。この技術も問題ありません。たとえば、小型衛星打ち上げに使われるイプシロンロケットなどの多層式ロケットを弾道ミサイルに転用できるでしょう。核弾頭の小型化も、それにつながる基礎研究は戦前からの蓄積があります。ミサイルの大気圏再突入技術は、『はやぶさ』が帰還したことで、実証済みです」(澤田氏)

 

 核兵器の開発には核実験が必要となる。国土の狭い日本に、核実験場となる場所はあるのか。

 

「南鳥島など、本土から遠く離れた無人島の地中ならば技術的には可能です。ただし、国際的な非難の嵐を受けます」(澤田氏)。

 

 核兵器製造には、高濃縮のウランや高品質のプルトニウムなどの核物質が入手できることが前提となる。

 

「日本には使用済み核燃料の再処理で抽出したプルトニウムが40トン以上あって、核兵器4000発分に相当するといわれます。約8割はイギリスやフランスに保管されていますから、まずは日本国内に持ってくる必要があります。

 

 ただ、原子炉から抽出されるプルトニウムは、プルトニウム239の比率が5、6割と純度が低いので威力が弱く、不発弾になる可能性も高いんです」(澤田氏)

 

 ミサイルを多数配備したり、アメリカから原子力潜水艦やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を複数導入しようとすると、コストが膨らむ。

 

「日本の国家予算からすれば、捻出できないわけではない。ですが、防衛予算を倍にする必要があります」(澤田氏)

 

 ここまでが、日本が核武装するためのロードマップだ。しかし、実現するためには、技術面以外の壁が立ちふさがる。元防衛相の石破茂氏が語る。

 

「日本が核を持てば、核保有国が次々と増えだす『核ドミノ』が止まらなくなります。NPT体制が崩壊します」

 

 石破氏は9月14日、自派の会合で、非核三原則の見直しをあらためて提言して、注目を集めた。

 

「しかし、日本が核を保有できなくても、北朝鮮の核に対抗できる。その先例がヨーロッパにあります」(石破氏)

 

 1977年に旧ソ連が、移動式中距離弾道ミサイル「SS-20」を配備。これに対し西ドイツは、アメリカの中距離弾道ミサイル「パーシングII」を配備して対抗した。交渉の末、双方の核ミサイルが撤去された。

 

「西ドイツはアメリカの核を『持ち込ませ』、危機を脱したのです」(石破氏)

 

 現在、ヨーロッパで核を保有していないドイツ、イタリア、ベルギー、オランダは「ニュークリア(核)・シェアリング」政策を採り、自国内にアメリカが所有する核を置いている。旧西独と違うのは、核の使用については、 各国政府がそれぞれ権限を持っている点。

 

「日本は旧西ドイツ型か、現在の4カ国型しか選択できないわけです。それには、非核三原則の『持ち込ませず』 を見直すしかない」(石破氏)

 

 こうした具体的な提言は、ほかの政治家からはなかなか聞こえてこない。

 

「じつは日本は、『非核四原則』なんですよ。三原則に加えて『議論せず』がある。『国是』という名の下に、思考停止してしまっているんです」(石破氏)

 

 核武装を正面から議論することから逃げてきた日本。北朝鮮の脅威は、目前に迫っている。

 

(週刊FLASH 2017年10月17・24日合併号)❞日本の核武装「3カ月3億円あれば技術的に可能」と専門家 | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] (smart-flash.jp)

選挙もちかずいて来ました。
誰が核を叫び出すか?

 

日本国民の生命と財産は誰が守れんだよう!

乞う御期待!

続けべええ!

書きやむべえええ!

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
©2022 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA