心の病・過去最高と日々あおる愚の骨張2022.1.18

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

尾身コロリンの感染者?が過去最高だわああ!
と、日々ニュースであおってます。

今日も過去最高!明日も過去最高!明後日も過去最高
と叫び続けても

国民は
それがどうした!

と、シラーとなっているとジロコは感じます。
ジロコ

なんのために感染拡大をあおるのか?
恐怖をあおり国民が巷にウロチョロしないようにするためか?

冬季五輪が目前なのでどこかの国が花火代わりにロケットを飛ばして祝福?しているそうです。

ロケット飛ばすなようなんて叫んでも聞く耳を持ちません。
まっ、ごっこのうちは大したことは起こらないでしょう。

引用画象マインクラフト】かくれんぼ中に核ミサイルぶっぱなしてみたww ...

ロケットを飛ばせば飛ばすほど誰かが儲かるなんてことは宇宙の法則通りでしょう。

陰で、毎日飛ばせよう!
なんて煽る輩も存在するでしょう。

引用画象北朝鮮リスク"でニトリ株価が上がるワケ 防衛関連銘柄の長期保有 ...

世のなかなんて
で、誰が儲かるの法則を使えば簡単に真理が見つかるかもしれません。

で、誰が儲かるの法則を適用しても真理が見えない事象もあります。

なるべく多くの人を・・・・・
という事件では
で、誰が儲かるの法則は適用できないでしょう。

心の闇か?
どうかは誰もわかりません。

試験会場前で・・・・・
の事件でも
で、誰が儲かるの法則は適用できないでしょう。

今は今だけ金だけ自分だけ思考に染まっていたほうが人生を無難に生き続けることが出来るのか?

だったら思考停止で生きていてもなんら問題は生じないのか?

そうはいっても陰謀渦巻く邪悪な世界ですから
思考停止で生きていて
やがて 不久 最终 이윽꼬

地獄をみるかもしれません。
引用画象世界が地獄を見る時 / 門田 隆将/石 平【著】 - 紀伊國屋書店 ...

www.kinokuniya.co.

読者の感想です。


❝一面的かも知れませんが中国の考え方がわかります。また、朝日新聞の罪深さもわかります。2019/10/21❞

民族特有の思想なんてあるのが当たり前です。

多民族がゾロゾロと混ざり合って共生したら

悪貨が良貨を駆逐するの原理で

悪民が良民を矯正する!
なんて事に
悪民が造った法律が良民に強制される!
なんて事が無いとは言い切れません。

それを防ぐためには外国人に参政権を与えてはいけないでしょう。

ライオンや熊をペットにしたら?
ついでにワニもあるぜええ!

<バカジロコ!意味わかんないわああ!>
ジロコ

ところで子どもが自転車に初めて乗るときは補助輪なんてつけることがあります。

引用画象幼児用自転車の紹介です。タイヤのサイズも色々あるので紹介し ...

まッ、倒れずに走ることはできますが全力疾走は不可能といえます。
ただよちよち前に進んでいるだけだわああ!

政党も自力で自走できず補助輪なるものをつけていたら?
政策を全力で叫べないかもしれません。

 

寄生虫がいれば
栄養分をむしり取られるわああ!

だったら寄生虫はダイエットに寄与するかもしれません。

癌やアレルギーが増えたのは寄生虫がいなくなったせい?

なんてバカな妄想をするジロコです。
<バカジロコ!馬鹿丸出しだわああ!>

ジロコ

しかし、ジロコだけが馬鹿丸出しとは言えないかもしれません。

自公連立 ~ 寄生する側をコントロールするのは宿主の責務だ NEW!

 ← 応援クリック、ありがとうございます。

 南太平洋トンガ沖で起きた海底火山の大規模噴火で、日本の太平洋側の地域に津波警報、津波注意報が出ています。その地域に皆さまの無事を願っております。お気を付けください。



 通常国会の開会を前に、政局が動いている。どの党も、国会の中身よりも、夏の参院選への対応に追われている。野党との対決法案を避ける岸田総裁と自民党執行部によって、通常国会は重要法案が先延ばしされる“すっからかん”な内容になってしまうかもしれないし、特に形勢不利な特定野党は、プレゼンスを示すために言葉で暴れる行為に出る可能性もある。

 そんな中、自民党と公明党の間にもせめぎあいがあるようだ。

公明、自民推薦の見送りを検討 参院選、地方組織に伝達(共同)

 公明党が夏の参院選を巡り、32の改選1人区を中心に自民党候補者への推薦見送りを検討していることが分かった。自民が改選複数区に立つ公明候補への推薦に難色を示しているのが理由で、山口那津男代表が15日、地方組織幹部とのオンライン会合で検討状況を伝達した。複数の公明関係者が15日、明らかにした。

 公明が候補を擁立する複数区についても、自民側に推薦を求めない方向で調整している。自民内には、有利な選挙協力を得ようとする公明側の駆け引きだとの見方もあり、情勢を見極める構えだ。

 関係者によると、山口氏は会合で、相互推薦の調整が難航していると説明した。


 作家でジャーナリストの門田隆将氏は、この報道を引いて「(自民党が公明党に対し)どうぞお引き取りを、と言えばついてくるだろう。なにせ下駄の雪だから…」とツイートしている。「下駄の雪」とは言いえて妙だ。「下駄の雪」政界用語で、意味は「力ある者についていく者」だが、語彙の少ない私などはどうしても「政権寄生虫」「コバンザメ」などいう品のない言葉を使ってしまう。代表の山口那津男は、「公明党の役割を下駄に例えれば、鼻緒の役目」と反論しているが、飾りすぎだろう。いずれにせよ、公明党の実態を短く表現するには適切な四文字だ。

山口那津男


 自公連立政権は、1999年にスタートしている。悪夢の民主党政権の3年3カ月を挟み、自公の共闘は23年目になる。もともと公明党は強い者に寄生する習性を持つ政党だ。憲法・安全保障の分野では、選挙に勝てば日米安保・自衛隊に賛成、敗ければ反対と、どっちつかずの政党だった。自民党が下野した細川連立政権では連立の一角に入り、閣僚を送り込んだ。自民党の創価学会攻撃という、今では考えられない確執を経て、小渕第2次改造内閣で連立の一角をなす。以降、ずっと自民党に寄生してきたのが公明党の実態だ。

 公明党が自民党を揺さぶるのは、公明党の支持がなければ自民党は選挙に勝てないと確信しているからで、その揺さぶりをかければ自民党側から折れると思っているからだろう。確かに公明党は、先の衆院選の大阪14区のような悪意を持った投票行為の操作をやる政党だ。ただし、局部的にはそういう動員や操作は可能だとしても、全国規模になれば話は違うはずだ。

 自公連立政権がスタートしたのは、自民党が選挙に弱い時期だ。1990年代は社会党とまで連立政権を組み、与党としての立場を継続したが、「政権にとどまるためには何でもあり」との批判もあった。だが、今は少し様子が違う。より自民党の保守路線に近い日本維新の会も育ってきた。国民民主党も特定野党と距離を置き、保守に近い路線を模索し始めた。単なる数合わせの連立政権は褒められたものではないが、少なくとも政策面で言えば、自民党に親和性があるのは維新、民民であって、公明ではない。

 公明党は自民党に寄生し、与党であり続けることで、党を存続させている政党だ。「与党の一角」という看板がなくなれば、ただの宗教政党だ。自民党は公明党を突き放せばよいのだ。寄生するには宿主が必要だ。逆に、宿主が寄生する側にコントロールされるようなことになれば、その宿主に政治などできるわけがない。自民党は宿主として、共同歩調をとる相手を選択しなおすべき時だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
自公連立 ~ 寄生する側をコントロールするのは宿主の責務だ – 政治 (fc2.com)

スポンサーリンク

○○党への批判が最近目立ってきたと感じるジロコです。

引用画象崩壊する創価学会―「公明党の素顔」から11年 (1980年) (Yell ...

そうはいっても身を切る改革を叫ぶ党が自民党とぐるになれば
日本〇ねとジロコは叫ぶでしょう。

コロリンやワクワクのせいかどうかはわかりませんが
この国がどんどん狂っていくと感じるジロコです。

よう儲かりまんなあ、1億円プレーヤーでっか。余命の懲戒請求裁判の弁護士さん。腐った司法界。


 今の日本がおかしくなってる原因の、有力な一つが腐った司法界ですね。弁護士、弁護士会、裁判所、検察、、、、。いろんな事を知れば知るほど、もうぞっとします。そんな腐った部分を可視化してくれたのが「余命三年時事日記」のブログ主による「懲戒請求裁判」でした。

 2日にわたって「余命」さんのブログが更新され、腐臭を放つ裁判の一覧が公開されていました。
654 懲戒請求裁判 1億円プレーヤー① 北周士弁護士
655 懲戒請求裁判 1億円プレーヤー②佐々木亮弁護士
656 地獄の回収・強制執行担当 西川治弁護士

 一覧表にして合計金額を出してもらうと、そのすさまじさに驚愕しますね。こんなことが法治国家の日本で今、堂々と行われてることに戦慄を覚えます。

 この弁護士、おかしいんとちゃうか、と思うたら、日本国民は誰でも「懲戒請求」が出来るんですが、何とその懲戒請求をした人の個人情報を、どういうわけか懲戒請求されたその弁護士が知っていて、いきなり損害賠償を訴えて、次から次へと勝ち続けているという話です。

■北周士弁護士地裁判決総額(複数原告も北分のみ算出)1億1585万円
■北周士弁護士高裁判決総額(複数原告も北分のみ算出)1億1092万円
■佐々木亮弁護士地裁判決総額(複数原告も佐々木分のみ算出)1億2480万円
■佐々木亮弁護士高裁判決総額(複数原告も佐々木分のみ算出)1億2159万円
■嶋﨑量弁護士地裁判決総額(複数原告も嶋﨑分のみ算出)6241万円
■嶋﨑量弁護士高裁判決総額(複数原告も嶋﨑分のみ算出)5006万円

 判決額は裁判官によって、被告一人当たり、1.1万円から33万円まで、えらい幅がありますが、それでも結局、各人が訴えた、合計で千人に近い数を足して行くと、北さん、佐々木さんは、軽うーく1億円プレーヤーになれたというわけですね。

 嶋崎さんはなぜか判決金額が低いので、「判決即、回収」に頑張ってはるようで、弁護士という専門職の職権も駆使して、ヤクザ顔負けの取り立てをしてはるようです。

亡くなられた方のご遺族に、債務を相続させて支払わせることも普通に行われています。突然の強制執行、少額でも居住中の不動産を強制競売手続き、他人の所有不動産を職権で勝手に代位相続登記など、縦横無尽に自由自在に他人の財産に手を突っ込んで現金化しています。本当にすごいです。ヤクザ顔負けという評価も頷けます。

 うわあ、血も涙もあらへんな。ぞっとしますね。結果的には誰も懲戒請求もされてへんし、弁護士会からの連絡なんかは一括で来るわけで、千歩、万歩譲っても億円単位の損害なんか、発生したわけでも何でもありません。いやあ、弁護士って、よう儲かりまんなあ。

 ここで公表されているのは地裁、高裁判決で、最高裁はまだ続いてるところもあるんでしょうか。ここで、以前に「懲戒請求」で有名になった、橋下徹くんの事例を見ておくことにしましょう光市事件弁護団の賠償請求敗訴が決定

 山口県光市の母子殺害事件で死刑が確定した元少年(34)の弁護団が、橋下徹大阪市長が出演したテレビ番組で弁護団に対する懲戒請求を呼びかけたことが名誉毀損に当たるとして、橋下市長や読売テレビに損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は、弁護団側の上告を退ける決定をした。決定は26日付。弁護団側の請求を棄却した2審広島高裁判決が確定した。
 問題となったのは橋下市長が政治家になる前に出演した平成19年5月放送のテレビ番組。光市事件の弁護団がそれまでから一転して殺意を否認したことについて、橋下市長が「弁護士が主張を組み立てたとしか思えない」「(弁護団を)許せないと思うなら一斉に懲戒請求してもらいたい」と視聴者に呼びかけた。

 判決の内容について詳しく報道した記事が見つからなかったのですが、ブログで転載してはるのを見つけたので貼らせて貰うことにします橋下知事の勝訴が確定 (山口県光市母子殺害事件弁護団側が敗訴)。記事中の報道記事へのリンクは切れているようです。

 同小法廷は「橋下氏は懲戒請求を勧めただけで、多くの懲戒請求が行われたのは、発言に共感した視聴者が多かったためだ」などと指摘。また、懲戒請求の内容がほぼ同一だったため、原告らが所属する広島弁護士会が請求についての調査を一括して行ったことなどから、「原告らの業務に大きな支障が生じたとは言えない」とした。

 これはもう7年近く前の話ですが、この時の最高裁はまだ、まともやんか。1審、2審の判決を覆したんやから。それとも何ですか?橋下徹くんが有名人やから、最高裁は世間の評判を気にしてたというわけですか?もしかしたらその程度のもんかも知れませんね。

 日本の司法界にも真っ黒な闇があるんやということを、しっかりと認識しましょう。

【文中リンク先URL】
https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%96%EF%BC%95%EF%BC%94-%EF%BC%91%E5%84%84%E5%86%86%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC-%E5%8C%97%E5%91%A8%E5%A3%AB%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB
https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%96%EF%BC%95%EF%BC%95-%E6%87%B2%E6%88%92%E8%AB%8B%E6%B1%82%E8%A3%81%E5%88%A4-%EF%BC%91%E5%84%84%E5%86%86%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E4%BA%AE%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB
https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%96%EF%BC%95%EF%BC%96-%E5%9C%B0%E7%8D%84%E3%81%AE%E5%9B%9E%E5%8F%8E%E3%83%BB%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E6%8B%85%E5%BD%93-%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E6%B2%BB%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB
https://www.sankei.com/article/20150330-PIX46MVEHRJHHEO3SRRHASUXRM/?119608
https://blog.goo.ne.jp/memo26/e/8d49e10287e19a27346d100189a84834


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

腐りはじめたら手の打ちようが無いぜえええ!

続けべええ!

書きやむべえええ!

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
©2022 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA