心の病・財政健全化の声を聞くと元の木阿弥の心配が2021.10.9

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

野党が閣僚の資質を問うなんて意味不明なことを叫んでいるそうです。

官僚の思想を問うなら意味が分かります。

閣僚の脂質でも意味が分かります。

批判するばかりで
この国をどうするかの叫びが聞こえません。

消費税やめるとか
PB黒字化やめるとかの叫びは聞こえません。

過去を蒸し返し
時間を浪費させるわああ!

人生の目標が議員でいること
なんて態度をジロコは感じます

格差社会の是正とか
貧困の撲滅とかは
どうでもいいことだわああと感じるジロコです。
ジロコ

ジロコのくせに
批判するばかりの政党が批判されるだけの政党に成り果てたなんて感じます。

どこの政党だよう?

政党名を書くと問題がありそうなので読者の認知にお任せしたほうが無難です。

ジロコの記事は実名はなるべく書かないようにしています。
あの有名な通販も〇〇ゾ〇なんて書いたりします。
読者様がアホゾンとかマルゾンなんて思うはずがありません。

少年Aと記すのと同じ原理か?

<バカジロコ!意味のない事で字数稼ぐな!>
なんて自己批判すると

意味のない事で時間つぶしをしている政党が自動思考で浮かびますが

政党名は記しません。
やたらおもうままに書くと削除されたり妨害を受けたりする時代になりましたので注意が必要です。

ドンドンと○○化に染まりゆく日本!

○○はなんでしょう?

注意1秒拘束一生
なんて事態になったら覆水盆にもどらずです。

アフガニスタンの人々は人世の目的はなんて考えているのでしょうか?

引用画像Amazon.co.jp: 人生の目的 (幻冬舎新書) eBook : 五木寛之: 本 

地震であちこちの水道管が壊れたそうです。
壊れなくても壊れる寸前のものは無数に存在するとジロコは感じます。

直下型なんてものが来れば
来るかどうかは神のみが知る?
神のみぞではなく神のみです。

ジロコが思うことが漫画や映画のタイトルだったりして
タイトルが安直すぎないか?
なんて感じるジロコです。

<バカジロコ!お前が世間を知らなすぎるのだ!>  

新政権が所得倍増を叫んでいても

財政健全化の叫びが消えなければ
所得倍増☞負担倍増
税金や社会保険料の負担が重すぎるわああ!
もう横たわるわああ! 

引用画像中国 本当の危機:仕事・結婚・出産拒否の「横たわり族」が増加 無気力 ...

 ❝世界第2位の経済大国に浮上し、飛ぶ鳥を落とす勢いに見える中国で、なぜ、無気力な若者が増えているのか。神田外語大学の興梠一郎教授は、「中国社会の先行きに対する閉塞感が背景にある」と指摘する。”

日本も若者が未来に希望が持てない社会にドンドンなってきている

なんてあなたは感じませんか?

若者終った!日本消えろ!

なんて言葉が流行るかも? 

票のためにジジババ優遇を叫んでいれば

引用画像

票のためにジジババ優遇を叫んでいれば

若者皆務所帰りになるぜええ!

とバカなことを叫ぶジロコです。
やっぱりジロコだわああ!

ジロコ

世の中バカなことを言ってるのは野党だけではなくジロコもその一人です。

だったら与党はバカなことを言ってないか?

ひとりで早く行くよりもみんなでゆっくり行けば遠くまでいける
なんてなんの意味があるのか?

なぜ?遠くまで行く必要がある?
みんながじたばたせず遠くまで行く必要のない政治

なんていえばいいじゃん!

国民はこれ以上ジタバタあくせくする必要はありませんよ!
普通に働いていれば普通に生活できますよ!
なんて世界を創ればいいじゃん! 

デジタル化促進して国民をフレイルやロコモに追い込み
認知症や癌だらけの世界に?

まっ、財政健全化を目指すなんて叫んでいるうちは

なにをやろうとしても結果は元の木阿弥となる可能性を否定できないジロコです。

今こここそが野党の出番だわああ!

と感じても

批判されるだけの野党に落ちいったままでは

力不足かもしれません。

消費税やめるわああ!

財政健全化やめるわああ!

の叫びが無ければ浮かばれることはないかもしれません。

ジロコのような無識者でも消費税やめろうと叫んでいます。

ジロコ

財源が~とか
クニノシャッキンが~
なんてものにあおられて反論できないなら   

愚の骨張以外の何物でもない!
と感じるジロコです。  

こんな愚の骨張の世界なんてまじめに生きられかよう!
なんてものが急増しないことを願うジロコです。

人生は思うようにいかないなんて言われますが
思わなければいいじゃん!
と叫ぶジロコです。

いじり画像

あなたが自己勝手に人生のシナリオを書いても
神様が
そうはさせぬの焼きハマグリでしょう。  

ジロコがよい子の振りをしたら神様が

いい加減にしろ!バカジロコ!

なんて怒るかもしれません。

神様がジロコの馬鹿さを面白がっているのかもしれません。

神様につまんないやつだなああ!

と思われたら・・・・・

スポンサーリンク

❝『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
 2021年10月8日

 ワクチン戦争の現在

 From 小浜逸郎
  @評論家

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
※配信解除は、最下部でできます。

前回、このメルマガを執筆していたのが、9月23日でした。
それ以降、コロナワクチンに関する情報で、重要だと思ったものを、時系列で列挙します。

なお、日にちは、主として筆者がその情報に接した時点を示していますので、必ずしも発信された日と一致していません。

また、これらは、直接見たわけではないので、100%正しい情報であるとは保証できません。
しかし発信元その他から、筆者自身がかなり信憑性が高いと思ったものを集めています。

これらの情報は、受信しだい、ほとんどFacebookにシェアしていますが、それらのうち、抹消されているものもあります。それについては、末尾に赤い×印をつけておきます。

9月23日
群馬県伊勢崎市の市の原病院で、クラスターが発生。25名のうち24名がワクチン2回接種を完了して
いた。残り1名も1回接種済み。×
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210922/k10013272781000.html
この事実はワクチン接種に意味がないどころか、かえってブレイクスルーを増やすことを表しています。

9月24日 
イタリアで、ある医療従事者が、ICU患者のすべてがワクチン接種済みであると告白。
https://twitter.com/Spring46310905/status/1440801479233716227?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1441636264747225089%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es4_&ref_url=https%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fobasannneco%2Fentry-12701249811.h tml(動画あり)

9月25日 
コンゴ共和国、アストラゼネカ社のワクチン170万回分のうち、130万回分を返還。接種者は全人口のわずか0.1%。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210925-OYT1T50040/?fbclid=IwAR2xU06N_bJoSBHwdkEbiDGsnV-cmHObTMhyBC2hI2pT6_vwCNUCkLaKaSY(画像あり)
国民がその有効性、安全性に信頼を置いていないのですね。賢い対応だと思います。

9月28日 
ノルウェー、ブースター接種は免疫疲労を起こすとして、コロナ規制をすべて撤廃。×
https://www.facebook.com/i.kohama
日本もいいかげんに、この前代未聞の壮大なインチキ劇に気づくべきです。
少しずつ気づく人が増えてきたようですが。

9月28日 
シンガポール、ワクチン接種が8割を超えているのに、行動制限をふたたび強化。3人以上の集まりを禁止、
原則在宅勤務。ブースター接種50代以上に拡大。
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/09/25/kiji/20210925s00042000183000c.html
日本よりひどいですね。新政府よ、真似すんなよ。

9月29日 
この日現在、ワクチン拒否か、規制完全撤廃諸国:デンマーク、ルーマニア、ブラジル、ノルウェー、クロアチア、ハイチ、タンザニア、ブルンジ・、コートジボワール、エスワティニ。このうち、アフリ
カ諸国とハイチの大統領はすべて謎の死を遂げている。
また、日本各地で、クラスター発生場所でワクチン2回接種者がいずれも過半数を占める状態になっている。
https://www.facebook.com/i.kohama

9月30日 
ノーベル賞受賞者・山中伸弥教授が、「多くの人がワクチンを」と、若者向けの動画を公開。
https://mainichi.jp/articles/20210929/k00/00m/040/032000c(動画あり)
厚労省から指示された文言をオウムのように繰り返すだけで、何の科学的根拠も示していません。

顔が奇妙に引きつっている。研究費を出してもらっただけで、あの誠実そうな研究者は、たちまち御用学者に変貌しました。人間とはこうも変わるものなのか。

彼は再生医療の専門家ではあっても、免疫学やワクチンの専門家でも何でもありません。
しかし、ノーベル賞受賞者という「栄光」が人々の目をくらませているので、こういう発言を彼がすることは、若者たちに非常な悪影響を与えます。

何なら一つでもよい。たとえば冒頭かかげた伊勢崎市のクラスター発生がすべてワクチン接種者であった理由を、ノーベル賞の名誉にかけて説明してください。

9月30日 
大分県臼杵市市議会が、若林純一議員に辞職勧告を決議。若林議員はワクチンを子どもに接種することに反対の論陣を張っていたが、「鼻出しマスク」を議長から再三注意されても従わなかったため、退場を命じられる。その間に1人を除き残りの議員全員が辞職勧告決議案に賛成。若林議員は岡山県倉敷市の、子どものワクチン接種に反対する運動団体と連絡を取り、そこで発行されたビラを駅前などで配る活動も行なっていた。
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10061102/?all=1(画像あり)
若林議員の行動は、勇気があり、英雄的です。しかし日本のこの風土では、調和を乱す偏屈ものとして片付けられる。困ったものです。

9月30日 
米ユナイテッド航空、ワクチン接種拒否者を600人解雇。
https://www.afpbb.com/articles/-/3368398

10月1日 
厚労省、医師は副反応が出ても報告しなくてもよいように報告義務を大幅に緩和。結果として報告数、急激に減少する。


https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12701080093.html?fbclid=IwAR0KtbZHkjLmvwlnj_Cn0t199LriYUrg_x7GsNegYpe3c0obhiBfDIclHA0
厚労省に上っている接種後の死亡者の報告数は1233人(10月1日現在)ですが、これからは伸びがほとんど現れなくなるでしょう。厖大な人々が水面下に埋もれていきます。

10月1日 
この子は生後3ヶ月の女の子。ワクチン接種した母親の母乳で育っていたが、ひどい皮膚症状を発出。
母親はその1ヶ月前に死亡。

https://twitter.com/AIbiuld/status/1443796262222905346?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1443809605000200195%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es3_&ref_url=https%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fobasannneco%2Fentry-12701256393.html(動画あり)
この事例は、残念ながらどこの国か不明です。言語はスペイン語かポルトガル語のようですが、筆者には判別がつきません。
それにしても可愛い赤ちゃんがこんなことになって、しかもお母さんはもうこの世の人ではないのです。

10月1日 
スイス人がワクチンパスポートに抗議して、駅を占拠する。
https://ameblo.jp/obasannneco/entry-12701262185.html?fbclid=IwAR0mmib5abdE4jkW4O3CSNUW0ijBGnX68MxwD2iQMpeR48ITgHv0VlD16lg(動画あり)
この光景はちょっと壮観です。

日本人に真似をしろといっても無理でしょう。

10月2日 
YouTubeが、コロナワクチンの「誤った情報」を流すコンテンツは削除すると正式に表明。
https://ameblo.jp/jam512412/entry-12701484172.html?fbclid=IwAR3N_8-N3Z6Lb89yI-01sq3RkzJqYJ0P_UXNk7PckJISpT47_xYzmu1EdjE(動画あり)
正しい情報が広がっては都合が悪いので、このような挙に出たものと思われます。多くのYouTuberたちがすでに削除の目に遭っており、セカンドチャンネルを用意しています。筆者もかつて2回削除されました。

10月2日 
和歌山県紀の川市立西貴志小学校6年女子が、ワクチン接種後に死亡。これはメディアでは発表されていない。
https://ameblo.jp/kayokonakagiri8/entry-12701358442.html

翌3日午後3時頃、、紀ノ川にかかる水管橋が崩落した。先月までの月1度の目視点検では異常はなかった。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211003/k10013289651000.html(画像あり)
和歌山市の尾花正啓市長は4日に会見を開き、「(耐震化)工事をしたばかり。
老朽化そのものが落橋につながったとは考えられない」と述べました。
また、当時災害を予想させる状況ではありませんでした。
西貴志小はこの水管橋とほど近い距離にあります。
これらのことから、一部で、小六女子の死亡を隠蔽するための工作があったのではないかと疑われています。

10月2日 
カナダの医師35,000人がワクチン接種を拒否。
https://twitter.com/tamusan_4957/status/1443367987822563333(動画あり)
これは頼もしいですね。しかし後に出ますが、カナダの行動制限と規制は、相当厳しくなっています。

10月2日 
カリフォルニア州で、ワクチンパスポートを推進し、すべての子どもにワクチン接種を義務づける。
https://ameblo.jp/obasannneco/entry-12701457767.html?fbclid=IwAR3bd6v01DhfxkzZs9-Li-HgsQowK3Go0FgTzfOMUo-RdeATO-8sVGGsBzU(動画あり)
いかにもカリフォルニア。民主党の地盤で、バイデン政権のもとで、どんどん左傾化しているのでしょう。
しかし、アメリカでワクパスを強制しているのは、ニューヨーク州とカリフォルニア州とハワイの三州だけで、20の州は、ワクチン強制に反対しています。

10月3日 
ファイザー社が、生後6ヶ月の孤児を新ワクチンの実験に使用していると、ポーランドの弁護士、医療専門家、運動家から告発された。ファイザー社は、国会議員からのアクセスもシャットアウトしている。
https://tratratra.hatenablog.com/entry/2021/10/02/212942
これは許しがたいですね。ファイザーの過去の閲歴を見れば納得できます。この内部告発が実を結ぶことを祈ります。


10月3日 
ブラジルのボルソナロ大統領、ワクチン推進勢力が終わりなきワクチン接種を続けようとしているとして、これは人口抑制のためだと言明。
https://t.me/MichaelJacksonQ/2301?fbclid=IwAR23Us-oRxjpGQ_vOF-1lp8shCZu-gkPXKuSBJe76kx043zbJbqXDgbUrMQ(動画あり)
ボルソナロ氏も頼もしいですね。

10月7日 
カナダのトルドー首相、電車や飛行機に乗る12歳以上のすべての人に、ワクチンを義務化。
TransporterさんはTwitterを使っています 「カナダのトルドー首相、12歳以上で電車や飛行機に乗る人全てにワクチン義務化。 https://t.co/Ob9lzkyqYn」 / Twitter
フランスのマクロンにしろ、トルドー首相にしろ、DSにからめとられている人はどうしようもありません。

10月7日 
ワクチンパスポートの提示を拒否した母親が子どもたちの目の前で逮捕される。泣き叫ぶ子どもたち。
https://ameblo.jp/mizui15/entry-12702320039.html(動画あり)
この動画は、逮捕された母親の夫が逐一カメラに収めたそうです。後半、警官との激しいやりとりが出てきます。

10月7日 
日本経済新聞の、本日の見出し「先進国でワクチン余剰 3億回分、途上国へ再配分急務」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCA243UB0U1A920C2000000/?n_cid=NMAIL007_20211007_A&unlock=1&fbclid=IwAR0NB7kwDMM7YoSK7L2cx0jmx-lZIE-v-B0TOpY6KJyIgeJIazDimLMcfFw(グラフあり)
これを書いた日経の記者は、このことが何を意味するのかわかっているのでしょうか。

かつて安倍元首相は、アストラゼネカ社のワクチンを在庫にしておいて、プレゼントと称して台湾に押しつけました。アストラゼネカのワクチンが粗悪品であることを知った上での処置でした。

これだけ死亡者や副作用で苦しむ人が出ているワクチンを、「効果」がなくならないうちに途上国へ急いで押しつけるということは、それこそ、人口削減を企図するDSたちの手助けを率先して行なうことなのです。

「急務」とは「賞味期限」が切れないうちにということですが、じつは、ジェノサイドを手早くということを意味しています。コンゴ共和国のように「お返し」する賢い国が次々に現れることを願います。

コロナにかかる子どもは皆無であり、若者もほとんどかからないのに、なぜ重症者や死亡者が絶えないワクチンの推進を彼らに強制する国が後を絶たないのか。

もちろんそれによって生き残り、さらに得をする少数勢力が支配しているからですが、それにしても、人類の脳は過半数が狂ってしまいました。


【小浜逸郎からのお知らせ】
●新刊『人生のトリセツ』(徳間書店)好評発売中!
画像
https://qr.paps.jp/DwTa

●YouTube動画「いっちゃんねる」を始めました!
第1回~第42回
https://www.youtube.com/channel/UCQ_9oNDbNEPYatn6IltaXEQ/videos

●「思想塾・日曜会」由紀草一・小浜逸郎主宰
https://kohamaitsuo.wixsite.com/mysite-3

●新刊『まだMMTを知らない貧困大国日本 新しい「学問のすゝめ」』(徳間書店)好評発売中。
画像
https://amzn.to/2vdCwBj

●『倫理の起源』(ポット出版)好評発売中。
画像
https://www.amazon.co.jp/dp/486642009X/

●『日本語は哲学する言語である』(徳間書店)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/1Hzw5lL

●『福沢諭吉 しなやかな日本精神』(PHP新書)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/dtn4VCr

●長編小説『ざわめきとささやき——2018年ふたりの秋』の連載がすでに完成しています。
社会批判小説ですがロマンスもありますよ。
https://ameblo.jp/comikot/

●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

●ブログ「楽しい渇き」
https://ameblo.jp/comikot/  
「後略」
編集人:三橋貴明 https://38news.jp/
運営・発行:株式会社経営科学出版  
 
 

ジロコの妄想ではワクチンを一度でも接種した人は毎年永久に接種し続けなけれならなくなる! 

心臓カテーテル検査なんて勧められてもジロコは拒否しています。

TVドラマで心臓カテーテル検査で・・・・・

なんてやってましたから拒否するのも不思議ではありません。

心臓が悪いのがわかっていてもほっといても今のところ心筋梗塞になる兆候はありません。

ワクチンを接種して心筋梗塞になってもワクチンとの因果関係は認められませんでTHE END 犬死だぜええ!

一千万円で診断書を・・・・・

10万でいいよ???

 

世界は今だけ金だけ自分だけ思想に染まり切ってるぜええ!

ジロコの家

悔い改めなければ大変ことになるぜええ!

と、感じるジロコです。

続けべええ!

書きやむべええ!

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA