心の病・6割も税金かけるなんてやりすぎだわあの叫びが聞こえない2021.10.2

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

今月は値上げのラッシュですが
消費税減税だとかガソリン税減税なんて声は聞かれません。

国民の出費が増えるのだから国民の為に少しでも税金を減らすわああ!

なんてどこの政党も叫んでいないようです。

議員の報酬減らすより少しでも減税してくれよう!
なんて叫ぶ国民は見あたりません。
ジロコ

身を切る改革だわああ!
にあおられ

税金の無駄使いやめろう!
なんて空気に染まり切り

結果・・・・・

墓穴をほったわああ!

引用画像墓穴を掘る : ひさみすとblog  

 

 

私は何もしてないわああ!
おれもなにもしてないぜええ!

何もしないことが憲法違反だわああ! 

しかしこの記事は憲法についてではありません。

❝価格の6割以上が税金、また「たばこ税」増税。趣味・嗜好に対する行き過ぎた懲罰課税には異議を唱えたい。

ムチャクチャな増税で憲法違反にならないの?

なんて誰も叫びません。

引用画像TooheavyTax 

❝働いたら罰金・・・・所得税

買ったら罰金・・・・消費税

持ったら罰金・・・・固定資産税

住んだら罰金・・・・住民税

飲んだら罰金・・・・酒税

吸ったら罰金・・・・たばこ税

乗ったら罰金・・・・自動車税・ガソリン税

入ったら罰金・・・・入浴税

起業したら罰金・・・法人税

死んだら罰金・・・・相続税

継いだら罰金・・・・相続税

上げたら罰金・・・・贈与税

貰っても罰金・・・・贈与税

生きてるだけで罰金・住民税

若いと罰金・・・・・年金

老けたら罰金・・・・介護保険料

老いたら罰金・・・・後期高齢者

 

働かなかったら賞金・生活保護  ❞

思考が働けば
なんなんだこの国は?
なんて思うのが当然と想像されます。

ジロコはお金が不要な社会なんて主張します。

<バカジロコ!カラスに生まれかわれ!>

最近ではカラス型の攻撃ロボットが存在するそうですから
カラスを見たら知らん顔をしていたほうが無難です。

兵器はドンドン進化しますから軍事費削って給食費無償になんて言ってられません。

今後は戦争の無人化が進むでしょう。
ゲーム感覚になり怖いぜええ!

引用画像無人の兵団――AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争 | ポール シャーレ ...

不要不急のものにはドンドン税金をかけろう!

この国はそのような態度に向かっていると感じるジロコです。

まっ、財政破綻論に洗脳されきった国民には何らおかしさは感じられないでしょう。

おかしいことをおかしいと思わないのはおかしい!
なんて言ってるのはバカなジロコだけかもしれません。
ジロコ

学校などでは悪いことはひとのせいにするなと叫んでいますが
ジロコは
心の病・悪いことは人のせいにすればよい 2021.3.21 

今だけは悪いことをひとのせいにできなければ生き延びるのは困難とジロコは感じます。

今だけは悪いことをひとのせいにできなければ生き延びるのは困難とジロコは感じます。

政治屋さんには必須の性格とジロコは感じます。

ジロコ

いちいち過去をほり繰り出されてああだこうだと言われても
それがどうした!ア証明できんのかよう!

という態度が重要です。
一々ビビっていたら務まりません。

PB黒字化目標死守だあ!
なんて言ってるうちは
財源が~

で日本を先に進めることは困難でしょう。

崩壊にむかえばいいじゃん!
ほうかいな
崩壊というと法界無尽縁起が自動思考で浮かぶとともに
政界無尽演技も浮かびます。

政界は限りなく演技が続く!

PB黒字化目標を死守したうえで財政拡大ができるでしょうか?
ちょっと思考をすれば無理だわああ!
と認知ができるでしょう。

PB黒字化目標を死守するには
財政の緊縮化か増税
あるいは財政の緊縮化と増税路線のセット

どうやって国民の所得を増やす?

政界無尽演技だぜええ!
引用画像 

❝口先だけのスタンドプレー政治家である小泉純一郎や安倍晋三を支持するバカ国民がいるから。❞

政治はごっこだと認知する必要性があるのかもしれません。

あの緑の狸が何やら動き始めたそうです。
次期首総女性候補???

引用画像小池悪政は絶対阻止!!! 【日本をぶっ壊す!】小池百合子の“文化大革命 ... 

小池悪政は絶対阻止!!! ★★★★【日本をぶっ壊す!】小池百合子の“文化大革命”【WiLL増刊号#500】

2021-05-01 08:12:33 | ❞ 
引用画像

評判が悪くなればなるほど知名度があがりますから
批判されてもそれがどうしたです。

ささいなことで人世を失う国民とは元から違います。  

岸田総理で日本経済が危ないなんて広告が目に付きます。
地球温暖化の嘘なんて広告も

どちらもおなじ出版社です。

なにを企んでいるのか?
国民の思考を起動しようとしているのでしょうか? 

総理が代わっても国民の為にお金を使っても後で税金で返してもらうわああ!

という思想が消えたとは思えません。

TV映画で
人間は死んでも思想は残るなんてテロリストが喋っていました。
平和な世界に突然西側が乗り込んできて・・・・・

どちらがテロリストなんだ?
<バカジロコ!思想が危険になってるわああ!>


貧困者にとっては息をしていくのがやっとなのに

ゴルフだ、煙草だ、歌舞伎だ、将棋だ、野球だなんて一切関係ないわああ!
ドンドン税金かけろう!
という空気が蔓延していくでしょう。

真っ先にペット税が始まるのは○○〇でしょう。
オリンピックで大赤字食ったわああ!
ドンドン税金増やして元を取るわああ!
自転車税何てものも?
二酸化炭素排出税
オリンピック赤字補填税
飲食店入場税

スポンサーリンク

などなど

身を切る改革で国民がどんどん貧乏に!

あなたはそのように感じませんか?
引用画像身を切る改革」は無意味~国民の貧困化を招く~ - Salvation~世を治め ... 

ドンドン切り捨てられてゆく下流国民

あなたはどうしますか?

ジロコは身を切る改革やめろうと叫びます!

いじり画像

 

高市氏の政調会長内定と岸田総裁の不整合

テーマ:

岸田総理大臣、貨幣観を正し、大宰相となれ! [三橋TV第449回] 三橋貴明・高家望愛


https://youtu.be/0xU66QF8N-o
 

 

【速報】岸田政権誕生で日本は変わるのか?〜新総理の大転換を阻む2つの敵
https://www.youtube.com/watch?v=T3ibXePeOgo

【9分で総括】自民党総裁選(藤井聡)
https://youtu.be/0hr2GCaBKkM

 さて、自民党総裁選挙で健闘された高市早苗・前総務大臣が、自民党政調会長に起用されるとの報道が流れています。

自民政調会長に高市氏を起用へ
自民党の岸田文雄総裁は30日、政調会長に高市早苗前総務相を起用する意向を固めた。関係者が明らかにした。』

 これは、なかなか良い人事です(国民のために)。何しろ、政調会長は自民党の「あらゆる政策立案」のキャスティングボートを握ります。


 例えば、高市氏が経済産業大臣や外務大臣になられた場合、所管は限定されてしまうのです。とはいえ、政調会長は違う。
 

 自民党は部会(いわゆる平場の議論)で政策を議論し、「全会一致」の原則で法案を内閣に上げます。もっとも、絶対に「全会一致」が不可能な議案もあるのです。


 典型が、PB目標です。
 

 自民党内の財出派も、今はそれなりの人数になっています。そして、緊縮派も相変わらず根強い。


 というわけで、PBの議論になると、
「PB目標を廃止せよ!」
 と主張する財出派と、
「PB目標堅持!」
 と叫ぶ緊縮派がガチンコの対立になり、絶対に「全会一致」が不可能な状況になります。


その場合、議論を収めるために「政調会長一任」という形になるのです。前回のPB目標の議論の際には、下村政調会長(当時)一任となり、結局は彼がPB目標を骨太の方針に突っ込んでしまいました。


 あの時の、下村氏の立場に、今度は高市・新政調会長が就くのです。しかも、総選挙が(恐らく)11月7日投開票になりますので、これから自民党の公約議論が始まります。


 総選挙の公約を作らなければならない時期に、自民党の政調会長が高市氏であることは、これは相当に影響が大きいと思います。
 

【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】

https://keiseiron-kenkyujo.jp/keiseishiron/

※要望多数につき、評論家・中野剛志先生 【通貨論争史:イギリス編】【通貨論争史:日本編】が再掲となりました。

 

 ところで、大阪の吉村知事(維新)が、岸田総裁が掲げた政策について猛批判しています。

吉村知事「岸田さんのやり方で日本が成長するとは思わない」対決姿勢強める
 大阪府の吉村洋文知事(46)は29日、府庁で取材に応じ、自民党の岸田文雄新総裁誕生について「岸田さんのやり方で日本が成長するとは思いません」と言い切り、「世界との競争の中で、内向きな思想では衰退していく。政策的な対立軸は明確になった」と対決姿勢を強めた。
 国政政党・日本維新の会の副代表を務める吉村氏は「新自由主義路線」の見直し掲げる岸田氏に「民間の力を活用しようというのが維新の考え方です。国、中央がすべてやればいいというような発想は違う」と反論した。(後略)』
 
 素晴らしい! 何て、首尾一貫した連中なのでしょう。吉村氏は自ら「新自由主義路線を貫く」と宣言したのも同然です。


 何か、最近、主張に全く賛同することはないのですが、その首尾一貫した姿勢で維新が好きになりつつあります(さっさと消滅しろ、とも思いますが)。


 そもそも、岸田総裁は、
「国、中央がすべてやればいい」
 とは一言も言っていないので、維新お得意のストローマンプロパガンダでございますが、確かに岸田総裁の政策には、


●中間層の拡大に向け、分配機能を強化し、所得を引き上げる、「令和版所得倍増」を目指す。
●看護師、介護士、幼稚園教諭、保育士など、賃金が公的に決まるにも関わらず、仕事内容に比して報酬が十分でない皆様の収入を思い切って増やすため、「公的価格評価検討委員会(仮称)」を設置し、公的価格を抜本的に見直し。
●企業に長期的視点を求めることと同様、政府も、科学技術の振興や経済安保などの国家課題に計画的に取り組む。
●国産農畜産物の需給・価格の安定など、農業者の所得向上に向けた「政策総動員」。特に、米はコロナによる価格の大幅下落が懸念されるため、市場隔離を含めた十分な支援を検討
●年間15兆円規模の「防災・減災・国土強靱化投資」を拡充し、災害に強い地域づくりを促進。
●国際競争を勝ち抜く空港・港湾・新幹線・高速道路等の交通・物流インフラの拡充。豊かな田園都市国家を支える魅力あるまちづくりや道路ネットワークの整備。


 など、「長期」の財政拡大が必要な政策が少なくない。
 

 財務省が最も嫌う大規模、長期、計画的な財政拡大が必要な政策を、「一応」岸田総裁は掲げている。とはいえ、同時に「財政再建の旗は降ろさない」とも主張している。


 ここに、大きな不整合がある。何しろ、財政再建(というか、財政均衡)は新自由主義の根幹です。「新自由主義の転換」を主張しながら、財政均衡を追求するのは、明らかに矛盾です。


 明日は、この辺りの不整合と、今後、岸田内閣が直面する様々な情報的問題(要はプロパガンダ)について考えてみたいと思います。

 

「今こそ新自由主義の転換を!」に、ご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを!

本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

 
 

身を切る改革を叫ぶ者は消えてなくなれ!

と叫ぶジロコです。

続けべええ!

書きやむべえええ!

 

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA