心の病・密告監視閉塞社会への突入があおられた2021.7.3

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。
おバカなジロコは記事タイトルもおバカさを増してるようです。

五輪まで20日となりました。

五輪の記者が感染したわああなんて聞かれます。

ウイールスが光や電磁波のように感染するのでしょうか?

だとしたらやってることが意味がない?

〇ソ〇が儲かるだけ?

デルタ株の次に出てくるのは?
α?β?θ?  

コンビニにはいったら

週刊誌の表紙に、コロナワクチンを打たないおおばかものなんて見出しが目に付きました。

週刊誌も目立たなければうれません。

なんでワクチン接種をあおるんだよう?
とジロコは感じました。

ジロコ画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMGP0460-823x1024.jpg
ワクチン接種をしないものは非国民だわああ!

なんて世論を煽るのでしょうか? 

即席ワクチンを接種した後
3年後
5年後
10年後
20年後
などの歴史は皆無です。 

古代中国からこの国に伝わってきた漢方薬の歴史は1000年以上あるといわれています。

PCBにしてもプラスチックにしても
わずかの期間で人類の敵にされました。
アスベストは?

まっ、1000年もの歴史があれば安心と言えます。

で、コロナワクチンは?
1年?
2年?

1000年というと自動思考でこの画像が思い浮かびます。
引用画像

自動思考と認知症の関係があるのでしょうか?

プラズマローゲンなる物質が年とともに減り?
脳疲労から脳の機能が低下するそうです。

年とともに減るのは宇宙の法則と言えます。

引用画像開運! 小林正観・宇宙を貫くありがとうの法則セット | 致知出版社 ... 

宇宙の法則なんていうと宗教団体のうさん臭い解説も目に付きます。
ジロコはどこの宗教団体にも属していません。
が無宗教ではなく有宗教です。
意地の悪い神を感じます。  

神様が意地が悪いから泣き面に蜂なんて事態もあります。

引用画像泣きっ面に蜂」の意味とは?ことわざの由来や類義語などを紹介 | TRANS.Biz 

ジロコは日本語は正しく使いましょうという主義です。

表札にアルファベットを並べている家を見かけますが
日本人なのかな?
なんて感じます。漢字ますなんていったらブーです。

思考すると脳が疲れ、脳の機能が低下するのでしょうか?

しかし自動思考は思考をしなくても自動的に出てきます。
反射神経のよる反射とのちがいは?

まっ、この記事ではどうでもいいことです。 

まっ、この記事ではどうでもいいことです。
どうでもいいことが自動書記されるのがジロコの記事の特徴と言えます。

ロボットにジロコの記事が書けるか?
それもどうでもいいことです。

そうは言ってもどうでもいいことをいつまでも繰り返す増すゴミの態度が自動思考されます。

被害者や遺族に「いまどういう気持ちですか?」
ざけんな!放送局に・・・・・

引用画像池田信夫 blog : 放送法第4条を廃止せよ

夫婦別姓にしたかったらなぜ憲法を変えろといわない?
引用画像

と感じるジロコです。

ジロコ

 まっ、それはさておいといて

密告社会へ突入なんてタイトルです。
おまけに監視がついて
密告監視社会へ突入です。
もう一丁閉塞がついて

密告監視閉塞社会です。

お客様が保健所の職員のように
食事に行った店を評価します。

★三つとか★5つとかの評価ではありません。

しかし最近では★で評価されることにつかれて
★つけるのやめたわああ!
なんて店もあるそうです。

自分の行動を毎日毎日点数ずけされたら
ジロコはやってられんと想います。

当然、自分をみつめなおすなんてバカなことはやりません。

自分探しの旅なんて愚の骨頂と感じます。

鏡を見れば自分が映ってるじゃん!
おバカのジロコはおバカなジロコじゃん!
バカジロコ

食事に行った店のコロナ感染対策を評価し

評価が悪い店には職員が乗り込んで
ああでもないこうでもないと説教を垂れます。

いわゆる密告と同レベルといえるでしょう。
しかし社会にそのような密告の風潮が広まれば?

飲用画像一億総密告社会にしてよいのか!パート9~悪くないのに口座凍結 ... 

あなたも私も常に誰かに監視されている?

という思いで心休まることがないかもしれません。

たとえ思考を停止していても不安を感じるでしょう。

あらゆる所の監視カメラで監視され
Nシステムで車の通行を監視され
その辺の国民からも監視される

マスクで息がつまるのに、さらなる息が詰まり酸素不足で脳や細胞が破壊され認知症や癌になりやすいとジロコは感じます。

引用画像マスクで酸欠!酸素オイル+片鼻呼吸セルフケア【動画】 - 株式会社 和 ... 

 

人類が長期間マスクをつけていれば
酸欠者が今後続出してくるとジロコは感じます。

だったらどうすんだよう?

マスクを強要されない場ではマスクをしないことです。

引用画像マスク着用の習慣化による体の不調・変化に関する調査を実施。約半数が ... 

 

そうは言ってもマスク警察には注意が必要です。

今後予想されるのは
ワクチン警察の出現です。

ワクチン接種してないものを探し出し・・・・・

そうはいってもこの国はワクチン接種の熱心さが感じられません。
接種会場までタクシー無料だよう!
なんていう自治体は皆無です。

まっ、財政難だから仕方ないでしょう。

だったら、国の態度は?

日本のワクチン接種が「異常に遅い」呆れた理由

この国に根付く「人間を不幸にするシステム」

 


この国は国民を不幸にする性質を持ってるそうです。

 
貧困者が目立っても不思議ではないでしょう。
しかし国民が思考停止してこのまま進めば
 
覆水盆に戻らず!
後の祭り
如是本末究竟等
因果応報
引用画像情けは人の為ならず? 善因善果の法則 No.795|二代目社長の伴走者 ...

<バカジロコ!記事が支離滅裂になってるわああ!>
いじり画像

スポンサーリンク

経済成長をもたらす「マイルドなインフレ」

テーマ:

「緊縮への競争」から「財出への競争」への転換を! 消費税は廃止一択だ! [三橋TV第411回] 三橋貴明・原口一博・高家望愛


https://youtu.be/dFrecoUNFGE

 改めて、日本のように供給能力の蓄積がそれなりに進んだ国においては、インフレ率と経済成長率には正の相関関係があります。
 

 マイルドなインフレ下(高圧経済)では、企業経営者にとって、
「顧客はたくさん財やサービスを欲しがっているにも関わらず、我が社の生産能力が足りない」
 状況が続くため、生産能力を引き上げる「投資」が行われます。何しろ、投資すれば儲かるのです。


 投資により生産性が引き上げられると、「従業員一人当たりの生産量」が増加したことになり、実質賃金は上昇します。(GDP三面等価の原則により、生産=支出=所得になります)
 実質賃金が上昇すれば、国民の消費や住宅投資(共にGDPにおける支出=需要)が増大します。


 同時に、企業や政府の生産性向上のための投資は、これまたGDPにおける支出=需要です。


 マイルドなインフレ下では、総需要(厳密には潜在的総需要)の拡大が供給能力を引き上げ、供給能力の上昇が総需要を拡大する。結果的に、経済規模(=GDP)が循環的に大きくなっていきます。これが、経済成長の「黄金循環」です。

【日本のインフレ率と経済成長率】


http://mtdata.jp/data_75.html#SNA
※インフレ率はGDPデフレータ、経済成長率は実質GDPの増加率
※1994年度までは1990基準・68SNA、1995年度以降は2015年基準・08SNA

 上図は、高度成長期から直近までのインフレ率と経済成長率をプロットしたものです。両者の間の明確な相関関係が確認できるでしょう。


 ちなみに、インフレ率が10%を超えている時期が二年ありますが、これはオイルショックです。(1973年、1974年)オイルショックのような一方的な輸入インフレの場合は、経済成長が抑制されるケースはあります。


 とはいえ、国内の需要拡大によるマイルドなインフレは、供給能力を引き上げるため、国民は豊かになっていきます。
 念のため、上図は実質GDPの成長率であるため、物価上昇によるGDPの上乗せ分は排除してあります。
 

【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】

リクエスト多数につき再掲載!

作家・古代史研究家 長浜 浩明【日本人はどこからきたのか?】【邪馬台国はどこにあったのか?】

https://keiseiron-kenkyujo.jp/keiseishiron/

 

インフレになって何が悪い?:中野剛志「奇跡の経済教室」最新講義第4回 中野剛志「奇跡の経済教室」最新講義
■インフレが止まらなくなるというのは杞憂
 前回までで、一般に「財政破綻」と呼ばれる三つの現象「債務不履行」「金利の高騰」「ハイパーインフレ」のうち、「債務不履行はない」ということを財務省も認めている話、そして「金利の高騰」も根本的な間違いであることを理解していただきました。
 残るは「ハイパーインフレ」ですが、インフレになるという現象は、結論から言うと、あり得ます。「財政支出の拡大が物価を上昇させる可能性」は、間違いなくある。
 インフレというものは、「供給に比べて需要が多すぎる」ことによって起きます。そして当たり前ですが、財政支出の拡大は需要を増やします。
 例えば、「道路を作りまくるぞ」というと、建設資材が必要になって建設資材の価格が上がりますし、建設労働者が不足して賃金が上がります。こういった話ですね。
 従って、たしかに、財政支出を拡大しまくると需要が大きくなりすぎて、どこかの段階でインフレになります。逆に言えば、デフレとは「需要が少なすぎること=供給が多すぎること」ですので、財政支出の拡大をすると、需要が増え、デフレは脱却できるということです。
 ですから、よく「財政支出を拡大しすぎるとインフレになる」と言いますが、そもそもこの何十年、日本は「デフレから脱却したい」と言ってるわけでしょう。「じゃあ、財政支出の拡大をやれば」「分かってるんだったら、やってよ」って話です。(後略)』

 本当に、その通りで、多くの政治家は「デフレ脱却」を訴えている(菅内閣は「?」ですが)わけで、ならば単に財政支出を拡大すればいいのです。


 となると、
「財政拡大をすると、インフレになる!」
 と、反発されるわけで、アホか、と。自分で、デフレ脱却のためには財政拡大が必要だと認めているじゃないか。


 と、突っ込むと、今度は、
「いや、やはり財政赤字や国の借金を増やすと、破綻する!」
 と、元に戻ってしまうのですが、
「ならば、日銀が国債を買い取れば終わりでしょ。というか、実際に買い取っているよね」
 と、説明してあげると、
「日銀が国債を買い取ると、ハイパーインフレーションになる!」
 と、来るわけです。


 いや、日銀が国債を買い取ったところで、政府の実質的な債務は消えるけど、別に財やサービスが買われているわけではないので、インフレ率に対しては中立でしょ。実際、日銀は2013年3月以降、500兆円もマネタリーベースを増やし、国債を買いまくったにも関わらず、インフレ率はマイナスだよね。
 

 ・・・いつまで、このバカバカしい議論を続けるのでしょうか。
 

 日本はPB(プライマリーバランス)などという頭のおかしい「財政規律」を破棄し、「インフレ率」に変更しなければなりません。


 中野先生が書かれていますが、そもそも「税」にはビルトインスタビライザーという機能があります。マイルドなインフレ=好景気になれば、自動的に徴税が増えるため、国民の可処分所得が抑制され、需要増大に歯止めがかかります。
 

 そもそも、1955年以降、インフレ率が10%を超えたのは、1973年と74年のみ。それも、オイルショックという外国の要因が理由で起き、さらには瞬く間に鎮静化させられた「実績」があるにも関わらず、何を言っているんだ、という話です。


 日本の経済成長率を引き上げるためには、最低でもGDPデフレータベースで2%以上(CPIなら3%以上)のマイルドなインフレ率が必要なのです。
 

 そして、大規模な財政拡大によりマイルドなインフレを達成しつつあるアメリカの今年の経済成長率は、7%を超すのではないかと予測されています。
 日本も後に続かなければなりません。さもなければ、将来的な「中国の属国」が確定します。
 

「財政規律をPBからインフレ率に変更しよう!」に、ご賛同下さる方は、

 
 
あの人民共和国は
 

バカな政府と思考停止した国民の国と笑っているのかもしれません。

 
船遊びでもするかああ?
ついでに飛行機とばしたらああ!
 
しかしこのままこの国の性質が変わらなければ
 

バカな政府と
思考停止した国民の国だわああ!
と、国際社会の笑いものになるぜえええ!

政府も思考停止しているでがーすー!

続けべええ!

書きやむべえええ!

 

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA