心の病・五輪ピックから手を引く関係者が急増する?2021.3.18

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

周りから非難喝采を浴びるような発言をして、オリンピック関係から辞任する人がポチポチと出ています。

❝五輪演出統括 謝罪し辞意表明

渡辺直美に「おわびしてもしきれない」佐々木氏辞意

配信

日刊スポーツ

佐々木宏氏(2018年7月31日撮影)

渡辺直美に「おわびしてもしきれない」佐々木氏辞意(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 

無意識の領域が作用してとんでもない案が浮かんだのでしょうか?

しかしジロコは利益とリスクを比較した結果と考えます。

関係者に留まる利益≪関係者に留まるリスク

 

利益よりもリスクのほうがはるかに大きいわああ!

大変だ早く逃げなきゃああ!

逃げるが勝ちだゾウ!

引用画像

 

この国では今後

逃げるが勝ち思想が蔓延するでしょう。

 

だったらお答えできませんは?

引用画像逃げるが勝ち 嫌なことを我慢しているうちに人生は終わってしまう 横山 ... 

41wQfzD6rbL. ... 

日本人は逃げる力より思考が足りないぜええ!

日々ジロコは感じます。

引用画像

まっ、災害発生時には逃げる力は必須要素と言えます。

歩けないわああ!

だったらはってけよう!

引用画像蛇女房 : 【妖怪図鑑】 新版TYZ 

女性蔑視発言から8日…森喜朗会長辞任へ高まり続けた批判 最後は ...

藤井聡太二冠、五輪の見通しが立たないため聖火ランナーを辞退 ... 

 

オリンピックてなんなのだ?

引用画像武田砂鉄]疑惑だらけの東京オリンピック、現実直視せず一致団結で ...

 

コロナのおかげさまでオリンピックの正体が?

 

ジロコはそのように感じます。

ジロコ

引用画像五輪の正体 青木理氏、東京五輪「最初から呼ばなきゃよかった」と ... 

 やっぱりいらない東京オリンピック』|感想・レビュー - 読書メーター 

オリンピックは社会的災害なんて呼ばれているそうです。

 

引用画像NO OLYMPICS 2020> 反五輪の会 (Hangorin No Kai) — オリンピック災害 ...

どこかの党が

小さな声を聞くなんて言ってるそうです。

引用画像 小さな声を、聴く力。」 - BCLとベリカードの楽しみ 

 

そんなことより

貧乏人の声を聞けよう!

非正規労働者諸君の声を聞けよう!

 

下流国民の声を聞けよう!

引用画像下級国民A | 赤松 利市 |本 | 通販 | Amazon 

韓国の下流社会 (別冊宝島 2459) | |本 | 通販 | Amazon 

 

この国も終わりなき貧困の連鎖中だぜえええ!

 

そして行きつく先は?

 

国民はしっかりと思考を要するとジロコは感じます。

ジロコ

コロナが国民間の断絶を煽り

政権がそれに輪をかける!

 

その手は桑名の焼きハマグリだぜええ! 

引用画像ことわざにもあるハマグリが有名な三重県桑名市ってどんなところ? 

 

思考を取り戻しつつある国民が増えてきました。

 

徐々に危機感を感じ始めてきた?

スポンサーリンク

引用画像日本が壊れる前に 「貧困」の現場から見えるネオリベの構造 通販 ... 

播磨屋助次郎の論文集】(理念コース)日本一おかき処 播磨屋本店 

 

衰退途上国がぴったりだぜえええ!

 

いじり画像

引用画像ウイグルマンガ「その國の名を誰も言わない」 | | ワピピ! 

 

 

財政赤字(政府の貨幣発行)の拡大こそが正しい

テーマ:

ステルス・ウォー 中国の信じがたい「見えない侵略」の実例を知ろう [三橋TV第365回] 三橋貴明・河添恵子・高家望愛
https://youtu.be/Ex8NIadFw5E

さて、日本政府は日本円建ての国債しか発行していないから、財政破綻はしないよ。
 という、事実は、比較的広まりつつあるように思えます(分かりやすいので)。あの、藤巻健史ですら、さすがに、
「国債金利が急騰して財政破綻する~っ!」
「ハイパーインフレーションになる~っ!」
 とは、言いにくくなっているようで、最近は日銀破綻論に乗り換えています。


 さて、日本円建ての国債は、財政破綻しない。を理解したとしても、やはり「政府の財政赤字は悪ではない」については、感覚的に納得できないのではないかと思います。


 というわけで、中野剛志氏と黒野伸一氏との対談、最終回。

『国民が貧困にならなければ、国家は赤字になっても構わない【中野剛志×黒野伸一】
黒野:MMTで一つ言いたいことがあって、インフレになるとか、そういうことは置いておいて、全世界60億人の人が投資をしたり貸し借りをしたりして、当然、不安になるわけですよ。投資は回収できるんだろうか、貸した金は返ってくるだろうかとか……。不安になるからクラッシュが起きたりする。でも全員が、大丈夫ですと、金なんて返せますから、返せなかったらまた刷ればいいだけですから。借金、国の赤字は膨らみますが大丈夫だと。そのままにするとインフレになりますが、それはまあ置いておいて、みんながハッピーで誰もクラッシュもしなくて、貧困もなくなりましたと。で、ある日、巨大隕石が地球にぶつかって人類は借金を踏み倒して滅亡しました。これ、どこがいけないんですか? だって、借金は残ったけど、そんなもの残ったっていいじゃない。
中野:自国通貨を発行する国が政府債務を増やしてはいけないというのは、国が貨幣を増やしてはいけないと言っているのと同じです。まず、そこにそもそもの誤解がある。つまり、貨幣とは、絶対に返ってくる債務のことです。黒野さんがおっしゃったように、「財政赤字は膨らみますが、大丈夫です」と言って政府の債務が膨らんでいるというのは、政府が貨幣をそれだけ発行しているということです。高インフレさえ起きなければ、それでもいいんです。実際、政府債務の総額は、経済成長とともに増えていくもの。政府債務を返し切った国なんてないわけです。政府の債務というのは、民間企業や一般家庭の家計でいうところの債務とは全然違うわけです。もしかしたら、国債、つまり政府の債務のことを「債務」という言葉を使うことがいけないのかもしれない。(後略)』

 さすがに、「誰かの黒字は、誰かの赤字」は、渋々とではあっても、納得する人が多いでしょう。何しろ、コインの表の反対側は裏です、と言っているに過ぎません。
 その上で、世界には「民間」「政府」「海外」の三つの経済主体があることを理解してもらう。

【民間-政府-海外】



 民間と政府、海外の三経済主体は、ストック(資産・負債)とフロー(所得)のやり取りをしています。ストック面では、誰かの純資産増は、誰かの純負債増。フロー面では、誰かの黒字が、誰かの赤字。


 民間が黒字(=純資産の増加)になりたいならば、政府か海外に赤字になってもらうしかない。本当に、他に方法がないのです。


 海外の赤字は、日本の経常収支の黒字です。外国というカウンターパートとのやり取りであるため、日本が主体的に「海外の赤字を増やす」というのはなかなか難しい(これをやったのが、ドイツですが)。


 そして、独自通貨国の日本にとって、
「政府の赤字」
 とは、中野先生が言っているように、「貨幣発行」に過ぎません。

さらには、政府が債務(負債)を減らすと、民間、海外の何れかが債権(資産)を減らさなければならない。日本の場合は、「増税」という形で民間の資産を減らし、政府の負債を減らそうとする。


 何をやっているんだ・・・・。という話。
 

「そんな、政府の赤字が、我々の黒字になっているなんて、信じられない」
 という方には、証拠をお見せください。

【日本の民間、一般政府、海外の資金過不足(億円)】


http://mtdata.jp/data_73.html#kabusoku

 図を90度回転させると、左右対称になります(完全な左右対称にならないのは、金融機関を抜いているためです)。

 民間の黒字が、一般政府と海外の赤字によって成立している「現実」が理解できるはずです。


 ここまで理解すると、デフレで民間が苦しんでいる日本では、
「政府の財政赤字を拡大することこそが、正しい」
 という結論になるはずです。(何しろ、他に国民の黒字を増やす方法はない)


 そして、冒頭の「日本円建て国債は破綻しない」に繋がり、我が国の政治が「どのように」動くべきか。誰の目にも明らかになると思うのですが、いかがでしょうか。
 

財政赤字(政府の貨幣発行)の拡大こそが正しい」に、ご賛同下さる方は、

 ↓このリンクをクリックを!

本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
 
この国ではクーデターなんて起こりえないでしょう。
 
マッ、クマがデターは日常茶判事にはなり得るでしょうか。
 

太陽光パネルで自然を破壊し続ければどうなるか?

覆水盆に返らずです。

 

財政破綻論を絶滅させなければ

 

覆水盆に返らずでがーすー!

引用画像覆水盆に返らず」の意味とは?由来や類語を紹介!(例文付き) | TRANS.Biz 

 

 

続けべええ!

書きやむべえええ!

 

 

 

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA