心の病・スマホゾンビが大量に発生する?2021.2.22

スポンサーリンク

見つけたので心に明かりを!ジロコのブログです。

今日は2月22日です。数字をならべると222になります。

222はエンジェルナンバーなんて呼ばれていますがこの記事には関係ありません。

文字を入力すると勝手に他の行頭に入ってしまいます。

なんなんだこのWPは?

検索してもわかりません。

今日の記事のタイトルは

太陽光発電はだれかの金もうけにすぎなかったのか?

にするつもりでいましたが

もっと恐ろしい記事をみつけたので

心の病・スマホゾンビが大量に発生する?2021.2.22にしました。

日本国民は

洗脳され切ったお花畑思考

なんて思われているそうですが

現実は思考を失ったゾンビになりつつある! 

と、感じるジロコです。

ジロコはいまだにスマホをもっていません。

思考停止の危険性を感じるからです。

スマホが無ければ不便な世界になってきています。

なんでだろう?なんでだろう?

 

❝2019年2月19日(火)
“スマホ脳過労” 記憶力や意欲が低下!?

スマホ脳過労” 記憶力や意欲が低下!? 

生活に欠かせないスマホが脳科学の世界で物議を醸している。スマホに依存すると30~50代の働き盛りでも、もの忘れが激しくなり判断力や意欲も低下するというのだ。患者の脳では前頭葉の血流が減少。スマホから文字や映像などの膨大な情報が絶えず流入し続け、情報処理が追いつかなくなると見られている。「スマホによる脳過労」「オーバーフロー脳」などと呼ぶ脳神経外科医も現れ、脳の異常は一時的なのか、認知症の初期症状なのか、議論が始まっている。また東北大学は、スマホの使用時間が長い子どもの大脳に発達の遅れが見られると発表。一部自治体は子どものスマホ規制に動き出した。こうしたなか注目されるのが「デジタル・デトックス」の試みだ。リゾート会社はスマホを手放して自然を無心で味わう滞在を提案。スマホメーカーも一定時間を超えるとアプリを使用できなくする機能を開発した。明らかになりつつあるスマホのリスクと対策。その最前線を伝える。「後略」❞ 

“スマホ脳過労” 記憶力や意欲が低下!? – NHK クローズアップ現代+ 

ジロコがこの記事で気にいらないのは

生活に欠かせないスマホが 

とあおっていることです。

ジロコはスマホを持っていなくても生活しています。 

マッ、スマホで思考が停止したとしても誰もが発言しないでしょう。

電磁波の影響は?

社会に与える影響のほうが大きいので誰もがシラーです。

社会≫国民  利益≫リスク

今だけ金だけ自分だけの方程式といえるでしょう。

万一スマホの害を発言すれば

社会を騒動挑発したと拘束されるでしょう。

<バカジロコ!ここは日本だわああ!>

バカジロコ

政治を行っていくには国民が思考を持たないことが最善とジロコは考えます。

思考をもたないゾンビ化にするのが最良の手法でしょう。 

それが無理なら物理力を使えばいいでしょう。

あの人民共和国の態度を見ればわかるでしょう。

この国も右え習えでがーすー!

重罰で国を統治するでがーすー!

なんてバカなジロコが感じているだけでしょうか

 

序文

 

今日、メディアは絶大な影響力を持ち、絶えず拡大している。そのパワフルな浸透力で、メディアは地元のニュースを世界中の人々に届けることができる。新聞や雑誌から始まったメディアはラジオ、映画、テレビに進化し、今ではソーシャルメディアやインターネットによるオーディオ・ビジュアル(AV)通信が盛んである。

われわれが最新ニュースとその分析記事を入手する手段はメディアである。情報の渦の中で、人々がどの情報を入手し、それをどのように解釈するかについては、メディアが圧倒的な影響力を持つ。メディアは特定の話題に対する印象付けを操作することもできるし、心理的なプライム効果(先行刺激によって人間の行動が無意識のうちに影響を受ける現象)を引き起こすことも可能である。「後略」❞ 

第十三章:メディアを乗っ取る (epochtimes.jp) 

インターネットが発達していない時代は増すゴミの思うつぼだったようです。

引用画像

しかし現代は増すゴミの思うつぼにはいきにくい

だったらどうすんだよう!

国民から思考を奪えばいいでがーすー!

国民ゾンビ化計画なんてあるのでしょうか?

 

❝竹中インカムは、「国民総奴隷・家畜化計画」である。

 

竹中インカムは、「国民総奴隷・家畜化計画」である。

                                       ベーシックインカム・実現を探る会代表 白崎一裕

(以下の見解は「実現を探る会」の総意ではなく、あくまでも白崎の個人的意見です)

経済学者・竹中平蔵氏の「ベーシックインカム」論が注目の的だ。

9月23日にBS-TBS『報道1930』に出演した竹中氏が語った内容として伝えられるものは、「国民全員に毎月七万円の給付を行う」「高額所得者には給付後返納させる所得制限付き」「年金・生活保護などの福祉政策はほぼ全廃」というもので、これは、以前から経済雑誌「エコノミスト」などでも「月5万円給付」「生活保護・年金必要なし」という形で小出しにしてきた論の繰り返しでもあった。

この論理は、目新しいものではない。橋下徹氏が大阪市長時代に大阪維新の会の選挙公約集「維新八策」として提案した関連政策提言でも竹中案に近いベーシックインカム案が提出された。そして、現小池百合子東京都知事がたちあげた「希望の党」結党時の政策案の中にも、類似のベーシックインカム案があった。
 
これらは、すべて「新自由主義」が背景にあるが、いまの段階では、これらを一括して「竹中インカム」とよんでもいいだろう。

「竹中インカム」の狙いは、何か?それは、ずばり福祉国家の完全なリストラと超低所得で生かさず殺さず、否、限りなく殺すに近い「生存」だけさせるための「国民総奴隷・家畜化計画」である。「後略」❞ 竹中インカムは、「国民総奴隷・家畜化計画」である。|白崎一裕|note 

この国は国際金融資本の代理人に食い荒らされていく?

引用画像

いつまでだまされているんだよう?

いい加減に目を覚ませよう! 

と、神の声が聞こえてくるかもしれません。

 

❝2020年9月13日

【三橋貴明】国際金融資本の代理人

【近況】

菅官房長官の様々な発言から、
新政権の特色が見えてきましたが、

「緊縮財政」
「構造改革」

スポンサーリンク

「国家観欠如」
という三つで決まりでしょう。

プライマリーバランス黒字化目標は
維持され、デフレが継続し、
経済成長率や潜在成長率
(過去の経済成長率の平均)が低迷し、

「潜在成長率が低い。
 生産性を高めるために競争を
 激化させる規制緩和! 
 既得権益を叩き潰せ!」

と、様々な構造改革が進み、
レント・シーカーが儲かる。

安倍総理大臣は、以前、三橋に直接、
「竹中平蔵さんは、

国際金融資本の窓口ですから・・・・」
と、語りましたが、
つまりはそういうことです。

国際金融資本の「日本人の代理人」こそが、
竹中平蔵氏なのです。

林千勝先生の著作をお読みになられた方や、
経世史論の特別コンテンツ
「大東亜戦争の真実」
シリーズをご視聴になられた方は、
http://keiseiron-kenkyujo.jp/keiseishiron/

「牛場智彦」や「松本重治」の
立ち位置にいるのが、竹中氏、と言えば、
分かりやすいでしょうか。

新政権においても、竹中氏は相変わらず
政権の中枢に(国会議員でないにも関わらず)
居座るのでしょうが、さらに政策に
影響を与えそうなのが、
デービッド・アトキンソン氏です。

何しろ、IR、インバウンド、
そして中小企業「改革」と、
菅官房長官の発言は
アトキンソン氏の主張丸パクリなのでございます。

というわけで、安倍政権を上回る
グローバリズム政権が誕生しそうですが、
特にコロナ危機以降、緊縮財政含む
グローバリズムという「問題の本質」を
理解する人が激増しているのは確かです。

日本国がグローバリズムにより、
亡国に至るのか。

それとも、「理解した国民」が
政治を正常化させるのか。

未来にいかなる結末が待ち構えているのか、
誰にも分かりません。だからこそ、足掻くのですよ。

◆「日本をダメにした財務省と
 経団連の欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
 https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
 (書籍版)が刊行になりました。
 https://amzn.to/3dEIFqS

◆時局2020年10月号に、
 連載「三橋貴明の経世論 第42回 
 通貨発行量が増えた理由」が掲載になりました。
 http://www.jikyokusya.com/digest.html

◆週刊実話 連載「三橋貴明の
 『マスコミに騙されるな!』」 
 第384回 安倍政権のレガシー(前編)

 なお、週刊実話の連載は、 
 以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
 https://npn.co.jp/category/society

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol590 

 潜在成長率と中小企業の生産性
 http://www.mag2.com/m/P0007991.html
 
 新政権による「中小企業淘汰」の
 政策に抗うために、中小企業の
 「生産性」の真実を知って下さい。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

「貧困層への支援は不要。
貧困層は子供を作れず、そのうち消滅する」
という話っ!?
[三橋TV第285回]
https://youtu.be/8tX5WNem6vI

安倍総理のレガシー 
日本国の有史以来、最も少子化を推進した男
 [三橋TV第286回] https://youtu.be/-Asd98sPHvw

安倍総理のレガシー 
労働集約型の発展途上国と化していった日本
[三橋TV第287回]
https://youtu.be/Lr-88eDI-Ek

特別コンテンツ、続々配信。

学校では教えてくれない経済の授業
「派遣を雇ってはいけない理由」
https://youtu.be/pH5DQsfihzs

日本版ウォルマート?
子供の貧困を利用した64人の自民党員
(三橋貴明×室伏謙一)
https://youtu.be/3bb9G18bUsg

【RE:明るい経済教室 #9】
スペンディング・ファースト
~政治家の大部分が勘違いしている政府支出の構造[R2/9/10] https://youtu.be/j2NUD4U-1o8

9月14日(月) 
チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

9月19日(土)開催 
三橋経済塾第九期第九回対面講義の申込受付中です。

会場は名古屋で、
ゲスト講師は河添恵子先生(ノンフィクション作家)です。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1236

第九回は地方講演になるため、
一般の方のお申込も可能です。(お申込は以下から)
https://ws.formzu.net/fgen/S78662785/

※ご入塾は以下から。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 

「安倍政権のレガシー(前編):前半)」
三橋貴明 AJER2020.9.7
https://youtu.be/y_CDVrmPJt0

【三橋貴明】国際金融資本の代理人 | 「新」経世済民新聞 (38news.jp)

この現状に国民が知らぬが仏を決め込めば?

 

仏になるのが早いぜええ!

仏のジロコ

国民は、ザケンナようと叫び続けることが重要です。

コロナに勝った人類の証なんてどうでもいいことです。

国際金融資本の陰謀を打ち破ったぜえええ!

下流国民の生き残りをかけた戦いを要するでしょう。

ジロコ

2016年3月19日に日本でレビュー

 

いつ破綻するんだよう! 

馬鹿言っているとその前に国民が破綻するぜええ!

 

続けべええ!

書きやむべえええ!

 

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA