心の病・政治家の質で変わるコロナの脅威 2021.2.10

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

コロナ収束まで国民一人ひとりに毎月10万円支給するわああ! 

なんて叫ぶ政党が出てくればあなたは票を入れますか?

引用画像

この政党は可能性があるかもしれません。

行政改革だとか無駄を省くでがーすーなんて言っている政党は?

しかしそんなことを叫べばたちどころに

各界から

シャッキンデクニが〜!

と,カエルのような大合唱が起こるでしょう。

増すゴミも、国家を破綻に導く大暴論!

と、煽り立てるでしょう。

財政破綻をあおることで誰かが儲かる?

その程度のことかもしれません。

大衆はというと

家計簿的発想しかできないため財政破綻論に染まっている! 

<バカジロコ!国民バカにしすぎだわああ!>

なぜ家計簿的な発想になるかというと

国は永遠に続きますが

家庭は長くて100年程度です。

国の借金が次世代に先送りされたとしても

何十億年先の終末まで先送りすれば済むことです。

緊縮財政で数年数十年で終末を迎える国民がいるような国でいいのか?

あなたは全世代のツケを払っていますか?

次世代にツケを先送りする無責任な・・・ 

なんてバカげたことをいつまで言ってんだよう!

引用画像

この国の国民は何があっても

引用画像

 万が一クーデターが起きたら?

仮定でものは言えません。

遠吠えさえしなくなった?

引用画像

お花畑思考に洗脳され切っているぜええ!

と、感じるジロコです。

注)文字の大きさが筆者の意志に反して勝手に変わります。

ジロコ

ワードプレスの欠陥かよう?

この国のデモは誰かがお金をださなけれおこなわれない

捏造されたデモなのか?

引用画像

まるでドラマの撮影だぜええ!

なんて感じるバカなジロコです。

バカジロコ

喪黑デモ請負公司なんてあるのでしょうか? 

大衆が世の中の真実を知ることは困難な世界になってきているようです。

そうは言っても

真実を知らないほうが楽に生きられるでがーすー! 

なんていう思想に染まれば

染まればなんて発音すると

ソマリアを覆い浮かべます。

悲惨極まりないそうですがこの記事には関係ありません。

<バカジロコ!関係ないこと書くなよ!>

バカジロコ

ハイパーインフレの到来や財政破綻の恐怖を煽るような著作を最近よく目にするのですが・・・・

まともなものなのでしょうか?? 確かに日本の財政を一家庭に例えると破産宣告秒読みかと思ってしまいますが・・・・何か見落としがあるような気もいたします。 どう思われますか皆さん、まずはデフレを何とかしないといけないと思うのですが・・・・貿易黒字の輸出大国(?)日本にハイパーインフレは本当に訪れるのでしょうか??
補足

皆さんありがとうございます。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

mil********

mil********さん

2010/1/19 13:00

なぜかいまだに破綻の兆候が見られないのはなぜか?  

 

国民の間で財政破綻についての話題が飛び交うようになればしめたものです。  

国民が思考を取り戻しつつある兆候と言えます。

そして次世代へのツケがあるとすれば

終末まで先送りすれば済むことです。
   

ところでコロナはどうなるんだよう?

無識者のバカなジロコにわかるわけはありません。

有識者でさえわからないと感じジロコです。

神に問うてみれば?

だったらどういう態度を悔い改めるんだよう?

その前に食い改めることが必要でしょう。

なぜ?

日本人の二人に一人が癌になるのか?

政治が関係しているかもしれませんが、この記事には関係ありません。

この世の全てが政治に関わり合っている?

その事実を大衆は認識することが重要とジロコの主張です。

あなたの人生は政治で解決するしかないかもしれません。

引用画像

有識者がコロナについてなにを語っているか

イラスト

スポンサーリンク

石弘之さん。10万部を突破した『感染症の世界史』の著者。東京大学卒業後、朝日新聞入社。96年より東京大学大学院教授、ザンビア特命全権大使などを歴任。

人類史が教えるパンデミック収束の道筋と、コロナ後の世界

取材・文:編集部 

 

新型コロナウイルス感染症の発生から1年。世界を巻き込んだパンデミックは、人間が忘れかけていた「生態系の掟」を思い起こさせました。その掟とは…? 石弘之さんにお話をうかがいました。 

衰えを知らない新型コロナウイルス


――新型コロナウイルスをきっかけにしたインタビューをしてから、間もなく一年です。振り返ってみてどんな感想をお持ちですか。


石:ちょうど100年前にも「スペイン風邪」というインフルエンザの大流行があり、推定5000万人から1億人が死亡しました。改めて、そのときの対策や社会的な影響を調べているのですが、「しっかりマスクをして、人混みには出ない。感染が疑われる人には近づかない」と。今と変わらないのですね。「歴史は繰り返す」というのか、「歴史から何も学ばなかった」というのか…   

――現在の状況を想像していましたか。


石:ここまでとは想像していませんでした。新型コロナウイルスはRNAウイルスという種類で、変異を起こしやすいタイプなので、大変なことになるかもしれないとは考えていました。一方で、SARS(重症急性呼吸器症候群)を引き起こした「SARSコロナウイルス」の兄弟分ですから、数か月で収束するかも、とも思っていました。  

 SARSは2002年11月に最初の患者が確認され、翌年7月にWHOが終息宣言を出しました。オリンピックの前には収まるかもしれない、と予想していたのですが甘かったですね。


図

21世紀になって流行したコロナウイルスが原因の感染症。どのウイルスもコウモリが宿主とみられるが、ヒトに感染するまでに別の動物を介している   

――いまだ勢いが衰えません。ヨーロッパやアメリカでは特に猛威を振るっています。


石:今回のパンデミックは、人類にとって第二次世界大戦後の最大級の試練と言えると思います。度重なるロックダウンで社会は混乱し、経済は停滞、政治は効果的な対策を打ち出せないままに試行錯誤を繰り返しています。この間に、貧富の差が拡大し、発展途上地域では飢餓人口が前年の2倍に急上昇しました。「後略」❞ 

人類史が教えるパンデミック収束の道筋と、コロナ後の世界 | カドブン (kadobun.jp)  

人間が自然を荒らしまくり、住み場のなくなった野生動物が人間社会に避難してきたのが大きな要因か?

熊が街に出没するのと同じ原理かもしれません。

一極集中も関係しているかもしれません。

ジロコは未知の生物など発見する必要は皆無と感じています。

そっとしておけばいいじゃん!

人類が地球最大の敵でがーすー

そうは言っても人類最大の敵は?

地底に眠る怪獣を無理やり起こせば?

地下40メートルにトンネルを掘れば?

引用画像

あなたは文化の異なる国と文化交流が可能と思いますか? 

悪貨は良貨を駆逐するの意味は?

引用画像悪貨は良貨を駆逐するとは | マナラボ

恩を仇で返すのが成功への絶対条件になったら?

末法時代の特徴といえるでしょう。

野生動物の人間社会への避難はますます増加し・・・・・ 

そして

いじり画像

人類が態度を改めない限り、恐怖は続々と登場するかもしれません。

と、感じるジロコです。

ジロコ

仏になれば関係ないでがーすー  

 

誕生≧終焉

なんのこっちゃああ!

引用画像3分でわかる!不等号の使い方・意味 | Qikeru:学びを楽しくわかりやすく

意味不明で問題ないでしょう。

あまりにも巨大すぎるデフレ放置のリスク

テーマ:

補償ではなく恐怖!? これでは中国共産党以下だぞ、菅義偉! [三橋TV第349回] 三橋貴明・高家望愛


https://youtu.be/aH8ZLVOW4jE 

 さて、日本は相変わらず緊縮財政の転換ができておりませんが、アメリカは着実に変わりつつあります。

イエレン米財務長官、来年に完全雇用も-大規模な経済対策なら
 イエレン米財務長官は、十分な規模の積極的な追加経済対策パッケージが実行されれば、米国は2022年に完全雇用に復帰し得るとの認識を示した。一方でパッケージが不十分であれば、雇用と経済の回復は遅れる恐れがあると指摘した。(中略)
 長官はバイデン大統領が掲げる1兆9000億ドル(約200兆円)規模の追加経済対策について、特に雇用創出に的を絞ったものでないことを認めた上で、対策に伴う支出が労働者需要を創出すると指摘した。
 追加経済対策についてサマーズ元米財務長官は先週の米紙ワシントン・ポスト(WP)の論説で、規模が大き過ぎる可能性があり、インフレなど「大きなリスク」を伴うと指摘したが、イエレン氏はそうしたリスクは、新型コロナウイルス禍から力強く脱却するために現時点で十分な支援を行わないことによる「傷」に比べれば小さいと主張し、サマーズ氏の懸念を退けた。』 

それはもちろん、政府が「国債発行+財政出動」により需要を拡大すると、インフレ率は上昇の方向には向かいます。
 その際の論点は、一つ目は「いかなる財政出動をいくらすれば、インフレ率はどれだけ上がるのか?」になります。
 この点については、すでに小野盛司先生らが日経NEEDSのモデルを使い、明らかにしてくれています。

【マクロ計量経済モデル(前編)国民一人月額10万円給付でインフレ率はどうなる? [三橋TV第307回] 三橋貴明・小野盛司・高家望愛】

【マクロ計量経済モデル(後編)消費税廃止・公共投資の経済効果は? [三橋TV第308回] 三橋貴明・小野盛司・高家望愛】

 そして、二つ目は、緊縮財政を転換した場合のリスクと、しない場合のリスクを比較することです。 

まさに、イエレン長官の言う通り、
「(インフレの)リスクは、新型コロナウイルス禍から力強く脱却するために現時点で十分な支援を行わないことによる「傷」に比べれば小さい」
 といった議論をしなければならないのです。  

 

何しろ、現在のデフレ状況を放置することは、日本国の存亡の問題なのです。


 緊縮財政を転換せず、デフレを放置した際のリスクは、
1.コロナ禍を収束できず、疫病や経済的理由による国民の死を増やす
2.実質賃金低下が続き、国民が更なる貧困化
3.需要が不足することを受け、供給能力が毀損し、国力が衰退。発展途上国へと向かう
4.供給能力が高まらないため、将来的に真の意味の「社会保障の崩壊」を招く
5.東京一極集中を継続させ、地方経済が衰退。「大震災」に対するリスクが高まっていく
6.貧困がルサンチマンをもたらし、国民が分断され、民主制が維持不可能になる

7.実質賃金低下と東京一極集中が結婚を減らし、最終的には日本人消滅
 と、ざっと挙げただけでもこれだけあるのです。
 

 それに対し、緊縮財政を転換した場合のリスク。
1.インフレ率が国民経済にダメージを与えるペースで上昇するかも知れない

 だけです。


 そして、上記に対しては、
「シミュレーションによれば、国民一人当たり10万円を毎月配り続けても、二年後のインフレ率は平均1%
 と、回答を示すことができるのです。 

小野盛司】[特別投稿]シミュレーションで発見した日本経済を発展させる方法(前編)

【小野盛司】[特別投稿]シミュレーションで発見した日本経済を発展させる方法(後編)

 というか、これだけ凄まじいデフレ放置のリスクを見せられてなお、シミュレーションで否定されている「インフレ率が高騰する!」といったリスクを挙げて反対するのでしょうか。


 というわけで、
「インフレが~ッ!」
 の連中に対しては、是非とも、
デフレを放置するリスクと、緊縮財政を転換するリスクを比較してください」
 と、丁重に、具体的に解説して差し上げて下さい。  

 正直、あまりにも「デフレを放置するリスク」が巨大過ぎ、そもそも「議論する必要があるのか?」と思ってしまいます。


 とはいえ、緊縮の洗脳を受けた国民も多すぎる。国民の洗脳を解くためには、結局のところコミュニケーションしかないのですよ。
 

「亡国に繋がるデフレの放置を許すな!」に、ご賛同下さる方は、

コロナでコミュニケーションは完全に破壊されたようです。

だったらどうすんだよう!

ジロコには三橋先生の記事を拡散させることが関の山です。

ところでワクチン接種はスムーズに進むか? 

政権のお手並み拝見といたしましょう。

続けべええ!

書きやむべえええ!

 

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA