心の病・オリンピック中止が国家安全に寄与 2021.2.7

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

あの方の発言が波紋を呼んでいるようです

最近の傾向として

地位の高い方や、有識者などが

思ったことをそのままいってしまい

結果

謝罪会見になり・・・・・

いわゆる二重人格性の不足、多重人格性の不足といえるかもしれません。

悪く言えば、単純バカでがーすー

ジロコはばかのくせに人をバカにする性質があります。

バカジロコ

 

ジロコは自分で自分をバカにする自虐性症候群でもあるようです。

中国が尖閣諸島を占領する日 〜最悪のシナリオを公開する

突かれる日本の「法的不備」

軍事費を増やせば裏で潤う輩もいます。

そうは言っても今は

利益≫リスク・損失

という世界になっています。

ところで尖閣の問題に対しては知らぬが仏の様相をジロコは感じます。

引用画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 知らぬが仏.png

コロナでそれどころではないでがーすー!

とあわてふためいているときにあの人民共和国はチャンスを感じる?

国際社会によい子振りをアピールし

ワクチン無料供給だわあああ!

引用画像

人民共和国は救世主様だわあああ!

日本も負けずに金出せよう!

とあおられ

自国民そっちのけで・・・・・  

❝尖閣諸島奪取に向けて戦闘も辞さない…中国「海警法」の恐ろしさ 日本はどう対処するべきか

 

 

ジロコが5年後に生きている確率は、49%でしょう。

あなたはなん%だと思いますか?

負けた〜♩まけた〜(^^♪,

いや〜♩貧しさに負けた〜♪

コロナに勝てたとしても貧しさに負ける人が急増するでしょう。

❝韓国がこれから直面する「IMF危機以上」の地獄

文在寅の経済失政の上にコロナショックは「複合危機」を招く
2020.3.20(金)武藤 正敏 

(武藤 正敏:元在韓国特命全権大使)

 中国・武漢から広がり、世界中を混乱に陥れている新型コロナウイルス禍だが、日本と韓国では、新型コロナの新たな感染者数は抑制的に推移するようになり、両国の国内的関心は経済問題に向かい始めている。

 

 これまでは、「経済を多少犠牲にしても、感染者の広がりを抑えるのを優先させるべき」との考えが支配的であったが、最近では、「新型コロナを完全に撲滅させることは困難なので、いかに広がりを抑えつつ経済活動を再開していくか」に関心が移りつつある。「中略」

 その現状を、主として中央日報・韓国経済新聞の記事をベースに、過去の経済危機とも比較しつつ分析してみたい。

「経済的死亡が恐ろしい」

 中央日報に「経済的死亡がもっと恐ろしいかもしれない」というコラムが掲載された。「後略」❞韓国がこれから直面する「IMF危機以上」の地獄 文在寅の経済失政の上にコロナショックは「複合危機」を招く(1/5) | JBpress(Japan Business Press) (ismedia.jp)  

韓国は地獄を見るでがーすーなんてことが起こるのでしょうか?

引用画像 

日本にもっともっとたかればイイでがーすー! 

なんてことをいつまでもやっていれば

国際社会からつまはじきされるわああ!

と感じるジロコです。

恩は返すことが日本の国の伝統です。

恩を仇で返すのがどこかの国の伝統だそうです。

恩を仇でかえし続け

金持ち父さんになったわああ!なんて誇っても

引用画像

日本の神様がどういう態度に出てくるか

見ものといえるかもしれません。

地球神や宇宙神は?

 

神が存在するかを証明しようとしても意味がないでしょう。

新種の生物を発見することにも意味がないとジロコは感じます。

人類に知られていない生物は無数に存在するでしょう。

スポンサーリンク

大事なことは神に関心を持つことです。

そうはいっても神の意地の悪さを感じるジロコです。

ジロコ

尖閣は5年以内に人民共和国にとられてしまうでしょう。

戒縄は?本州は?北海道は?四国は?九州は?

引用画像

2020年オリンピックが開催されなかったことは人類にとって最善だったといえるかもしれません。

引用画像

ただ働きの裏で誰かがボロ儲け?

ボランチィア強制の裏にあるものは?

もし開催されていたら

引用画像

千人計画なんていうものがあるそうです。

デジタル化が進めば進むほど

恐怖は大きくなるぜえええ!

いじり画像

食べ物が買えないからコンビニから強奪したぜええ!

なんて言う国民も目立ちました。

お金を使うのがもったいないから勝手にもってきたぜええ!

なんて言う人もいます。

いずれにしても自己責任でがーすー

この国はどうなっていくのでがーすー?

安全保障と主流派経済学

テーマ:

国民のバリューチェーンを守れ! このままでは困窮者の「麻生村」ができるぞ [三橋TV第348回] 三橋貴明・高家望愛


https://youtu.be/6DJKIXWUuck 

 以前から、現在の経済学(以下、主流派経済学)が「安全保障」を考慮していないことについて問題視してきました。


 例えば、主流派経済学は「効用最大化」が目的ですが、防潮堤を建設したとして、その効用が最大になるのは「津波」が来た時です。
 あるいは、軍隊という「サービス」の効用が高まるのは、実際に戦争になった時です。


 世の中には、効用が高まらない方が望ましい財やサービスがあるわけですが、この点を主流派経済学は無視している。(※効用はどうでもいいと言っているわけではありません。)


 さらには、安全保障とは事前に予測がつかない非常事態に備えなければならない。


 いつ、いかなる非常事態、いかなる規模で発生するのか、誰にも予想がつかない。となると、「ビジネス」とは相性が極めて悪い。あるいは、安全保障関連で利益を出されると、国民が確実に損をする。(国民側に選択権がないため)


 だからこそ、政府が「利益」とは無関係に提供しなければならない。


 それにも関わらず、主流派経済学は安全保障を無視し続けた
(ふと思ったのですが、ランダル・レイ教授やステファニー・ケルトン教授のMMT邦訳版も、社会保障は取り上げているものの、安全保障については触れていない気がするのですが、どうでしょうか)


 なぜ、主流派経済学は安全保障を無視するのか。 

あるいは、無視することができたのか、中野剛志先生の寄稿を呼んで理解できました。

バイデン政権が「新自由主義」を捨て、「経済ナショナリズム」へと大転換する理由
◆「米国が地政学的に成功するか、失敗するかを決めるのは、経済学である」
 ジョー・バイデン政権は、米国をどこへ導こうとしているのか。それを知る上では、政権に起用された人物の思想を探るのが、一つの有効な手段となる。
 そうした人物の中で注目すべき一人は、44歳という異例の若さで大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に登用されたジェイク・サリバンである。
 そのサリバンであるが、一年前の2020年2月、外交誌『フォーリン・ポリシー』において、ジェニファー・ハリスとともに、「米国は、新しい経済哲学が必要だ」という論考を発表している。ちなみに、ハリスは『他の手段による戦争:ジオ・エコノミクスとステイトクラフト』の共著者であり、国務省に勤務していた人物である。
 サリバン大統領補佐官の担当は、国家安全保障問題である。それにもかかわらず、なぜ彼が「新しい経済哲学」を論じたことが重要なのか。
 それは、サリバンが、経済政策と安全保障戦略、言わば「富国」と「強兵」とは密接不可分であり、「米国が地政学的に成功するか、失敗するかを決めるのは、経済学である」と主張しているからに他ならない。
 そういう思想を持つサリバンをバイデン大統領が抜擢したということは、バイデン政権の経済政策は、安全保障戦略と大いに関係する可能性が高いということを意味する。逆に言えば、バイデン政権の安全保障戦略は、経済的な観点なしには理解できなくなるだろうということだ。(後略)』  

冷戦期、経済的脅威と軍事的脅威が切り離された。結果的に、経済学は安全保障(あるいは地政学)を考慮することなく発展できた。
 

 まさに、ユリウス・カエサルの、
人は、自分が見たいと思うものしか見ない」
 を地でやったわけでございますが、現代はアメリカにとっての経済的・軍事的脅威である中国が台頭した時代です。
 

 少なくとも、軍事的脅威に備える防衛安全保障という概念は、早期に経済学に取り込まれていくことになるのではないでしょうか。サリバン補佐官の言う「新しい経済哲学」ですね。


 サリバン補佐官の言う、
「安全保障にとっては、国家債務より過少投資の方がより大きな脅威だと認識すべき」
 は、現実に逆らい難い。となると、昨日の「大転換」に加え、安全保障上の脅威の高まりもまた、貨幣観のパラダイム・シフトを促すことになるのでしょう。

(詳しくはメルマガの方で解説しています)


 となると、パラダイム・シフトを果たせなかった国は、コロナ禍を収束できず、国民がひたすら貧困化し、発展途上国に落ちぶれていくのと同時に、
「防衛面の安全保障も維持不可能」
 という、冷たい現実を突きつけられることになるわけです。

と言いますか、現実になっている!


 もはや「緊縮財政の転換」は、日本国の存続の問題であることが、改めて理解できませんか。

 

「安全保障強化のためにも緊縮財政転換を!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!❞ 

安全保障と主流派経済学 | 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba (ameblo.jp)  

日本全国いたるところに麻生村が出現

引用画像

そして元をたどれば・・・・・

 

続けべええ!

書きやむべえええ!

 

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA