心の病・自分の言葉で国民に語りかける努力が足りない2021.1.13

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

木で鼻をくくったような答弁で持ちこたえられるのか

なんて批判が出てるそうです。

ことわざ「木で鼻をくくる」の意味と使い方:例文付き

2018年12月23日「木で鼻をくくる」の意味をスッキリ理解!

木で鼻をくくる(きではなをくくる):無愛想に応対すること。また、冷淡にあしらうこと。「後略」❞ことわざ「木で鼻をくくる」の意味と使い方:例文付き – スッキリ (gimon-sukkiri.jp)

緊急事態だわああ!家に閉じこもった人には一日1万円上げるわああ!

なんてやらなければ

普段の日常との違いが感じられるか?

甘いわああ!不要不急で外出したものは5万円の罰金だわあああ!

なんていう性格が感じられる政権です。

感想には個人差があります。

「緊急事態宣言でさえ刺さらない」リーダーの言葉が国民の感情を逆なでする本当の理由

人望力が足りなさすぎる悲しい現実

なぜ政治家・リーダーたちの言葉は国民の心に刺さらないのか。それどころか、上からの目線の発言になってむしろ激しい怒りを買ってしまうのか。『人望力』(致知出版社)を上梓した作家・歴史研究家の瀧澤中氏は、「誰でも人の心に響く言葉を発することはできる」、ただし、「人望力があれば」と語り、日本の現在のリーダーたちに欠落した【3つの必要】を指摘する。

緊急事態宣言」の視線

「緊急事態宣言を決断致しました」

この言葉を口にしたとき、菅義偉首相の視線は下のペーパーに向いていた。政治家、それも内閣総理大臣の決断は重い。なによりそのことを知っているからこそ、菅氏は正確を期すためにペーパーを読み続けたのであろう。

だが、質問時間を入れて50分余の中でこの瞬間こそ、視線を上に、国民に語りかけるべきではなかったか。そしてこの決断に至った経緯ではなく、決断した首相の心を国民に伝えるべきではなかったか。懸命な努力を信じないわけではない。しかしそれが国民に伝わるのかどうかという点で、疑問を持たざるを得ない。「後略」❞「緊急事態宣言でさえ刺さらない」リーダーの言葉が国民の感情を逆なでする本当の理由 人望力が足りなさすぎる悲しい現実 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

一体何を考えているのだ?

なんて思われる国民も少なくないと想像されます。

国民のためになにをしているのだ?

とジロコは常に疑問を持ちます。

疑問を持つということは思考をもっているということでしょう。

自分の言葉で国民に語りかける努力が足りないとの批判が出ています。

ダンボ―ル工場の労働者諸君から総理に成りあがったのだわあああ!

おまえらへぼ国民とはわけが違うわああ!

そのような意識があるのでしょうか?

そうは言っても裏切りの日々じゃん!

恩を仇で返すことが出世の必須条件か?

<バカジロコ!個人への批判になってるわあああ!>

あの人民共和国だったらたちまち拘束されるでしょう。

ジロコ

 

あの大統領もあとわずかで無効化されます。

そのとき何が起こるか?

今、日本において「生存」のために必要なのが・・・

NEW!2021-01-12 08:32:16

テーマ:
https://youtu.be/m77hKh4Un9o
今回のコロナ禍では、わたくしが十年以上も前から言い続けてきた(特に講演で)ことが、「悪い形」で証明された形になっています。
 わたくしは講演を「所得創出のプロセス」から始め、大抵は「安全保障」に繋ぎます(それで、財政破綻論の嘘に繋ぐ)。「共同体」という言葉を使い始めたのは、二年ほど前からですか。
【所得創出のプロセス】
 

 

スポンサーリンク

 

急事態宣言により影響を受ける事業で働いている生産者は、もちろん所得が小さくなります。所得が減った生産者は、「消費者」として消費を減らすに決まっています。となると、飲食関連以外の生産者、分かりやすく書くと「全ての日本国民」が悪影響を受けることになるのです。 

 

国民経済は繋がっている。何しろ、生産者と消費者は同一人物なのです。別の生産者の所得が減ると、回りまわって自分が生産する財やサービスが売れなくなっていく。となると、自分の所得も減ってしまう。 

 

飲食関連で働く生産者の所得激減は、決して他人事ではありません。


『11月の実質賃金、前年同月比1.1%減 賞与の減少響く
 
厚生労働省が7日発表した2020年11月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比1.1%減少した。実質賃金の減少は9カ月連続。新型コロナウイルス感染症の影響による企業業績の悪化などを背景に賞与が減少した。(後略)』

 
実質賃金は11月まで九か月連続で減っていますが、
「俺は増えているから、関係ないよ」
 とはなりません。国民の実質賃金減少は、購買力の消滅とイコールです。購買力が減った「貴方のお客さん」は、やがて貴方から買う量を減らすことになります。すると、貴方の所得も減るのです。 
そして、安全保障。
 今回の新型コロナウイルス感染症という「非常事態」が特徴的なのは、疫病は国民に平等であり、しかも「終わりがない」という点です。何しろ、誰か一人でも感染者が残ってしまうと、そこから再び爆発的な感染拡大になる可能性がある。
大震災は、確かに悲惨な自然災害ですが、地域は限定され、かつ「起こり続ける」わけではありません。それに対し、疫病は違います。疫病は「非常事態の発生が続く」のです。 
疫病拡大を食い止めるためには、国家という共同体で対処するしかない。その共同体を「小さくする」政策を三十年間も続け、安全保障については、
非常事態は起きないことにしよう
 と、お花畑的なことをやり続け、この惨状。

 

結局のところ、我々が、
豊かに、安全に暮らす
 ことを実現する経世済民達成のためには、「所得創出のプロセス」「安全保障」について国民が理解し、共同体を立て直すしかないのです。具体的には、国民が互いを思いやり、連携し、共同体の管理者たる政府をまともにする。これしかない。

恐ろしいことに、現在の日本では、
「他人のことを思いやる」
 ことは、倫理的な理由ではなく、「生存」のために必要とされているのでございます。

 

「生存のために共同体を立て直そう」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!”

今、日本において「生存」のために必要なのが・・・ | 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba (ameblo.jp)

ヒデー国になってしまったのも国民の自己責任か?

ところでスーパーやコンビニに生活必需品を買いに行くことは不要不急か?

自宅待機で生活必需品を誰か届けてくれるのか?

まだまだ問題は山積だぜええ!

引用画像

 
続くべえええ!
書きやむべえええ!
ムームージロコ

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2021 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA