心の病・おかしなしゃべり方のアナウンサーをなぜ毎朝使う2020.12.16

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

ジロコが朝TVニュースを見ると〇〇〇〇子が喋っています。

不思議なことに一度も顔だししていません。

アクセントがおかしいし、聞いていて不快感を覚えます。

日本人なのかよう?なんてネットを徘徊してみると〇〇県生まれだそうです。

ジロコの感覚がおかしいのかな?と思ってネットを徘徊していたら・・・・・

多くの方々が不快感を感じているようです。

❝2.匿名@嫌い派 2018-09-13 07:56:18  [通報]  [返信]

あの声聞くと朝から本当に気分が悪くなる
外国人の声とかなりきった感が本当に気持ち悪い
早く降板してほしい

1.匿名@嫌い派 2018-08-17 06:22:14 [通報] [返信]
あさチャンのナレーションのイントネーション、抑揚、発声が気持ち悪い。子供の声まねは朝から不快の極みだった。調べたらやっぱりいい年だったし、アナウンサーでもなかった。”藤井佑実子のこと好き?嫌い? – 好き嫌い.com | みんなのホンネが集まる日本唯一のサイト。 (suki-kira.com)

ジロコもこの方の声を聞いて朝から不快感が生じます。

今まで画面に名前が表示されなかったので誰だか分らなかったのですが

最近名前が表示されます。なぜ?

しかしジロコは〇〇〇〇子としか書きません。

他の方々が実名を挙げて批判すれば事足ります。

が相変わらず今でも出演しているようです。

批判が増えるほど知名度が上がるわあああ!

引用画像

そのような空気にこの国は包まれたのでしょう。

だったら換気が必要だぜえええ!

ジロコの家

ところでお正月になれば日本人はだれもが初詣に行くのがこの国の当たり前です。

初詣はなるべく控えるようになんて言ったら?

言ってみればわかります。仮定でものをいうのは控えます。

<バカジロコ!だったら言うなよ!>

バカジロコ

迷走するGOTOなんて検索すれば大ヒットです。

業界を救うふりをして窮地に追い込むのか?

ジロコはいつも感じます。

はんこ廃止、デジタル化なんちゃって言っても

特定の誰かに利益が集まる、吸い上げられる構図をつくるのが目的だぜええ!

若い世代の負担を少しでも減らすために高齢者に犠牲になってもらうわああ!

と世代間の対立をあおり

引用画像

貧困に追い込み少子化推進!

構造改革で何を追い込むのか?

国民は各自思考を要するとジロコは感じます。

自己責任の国ですから、国民は自業自得で行くしかありません。

こんな態度でいたら?

引用画像

どんどんヒデー国になっていくぜええ!

とジロコ仏陀は警鐘を鳴らします。

ジロコ仏陀

ほっといても夢と希望が持てた時代は再来しません。

ほっとけば仏が増えるだけでしょう。

仏のジロコ

助てくれええと叫んでも

自助努力が足りないわあああ!

努力してんのかよう?

助てくれえともいえないし、言ったとしても無駄だわあああ!

仏になるしかないじゃん!

しかし、そんな甘いもんじゃないとジロコは感じます。

できるだけ多くの人々を連れて・・・・・

引用画像

危険な思想が芽生えてくるぜえええ!

<バカジロコ!TVの見過ぎだわああ!>

バカジロコ

TVドラマでは政治屋さんは悪の代表です。

TV局はよっぽど政治屋さんに恨みがあると感じられます。

しかし検索しても理由はわかりません。

緊縮財政でドラマがつまらなくなってきているそうです。

いかに安くドラマを作るか?

が第一だそうです。

だったらこの国は?

財政破綻論の嘘がばれないように必死だわあああ!

財政破綻論を信じているなら、許せるかもしれませんが

財政破綻論の嘘を知っていてあおれば?

特定の国民が喜ぶだけだわあああ!

いじり画像

MMT論者である経済評論家の「三橋貴明のブログ」から引用します。

今はこのブログの記事を全力拡散する時期です。

混乱・混迷・混沌の我が祖国 今こそ「粗利補償」を!

NEW!2020-12-15 07:31:51テーマ:政治

鬼滅の刃はなぜ大ヒットした 日本国民は共同体を求めているのか? [三橋TV第327回] 

ビッグ・ニュースが立て続けに報じられ、事態がバタバタと動き始めたため、一気にまとめて取り上げます

スポンサーリンク

GoToトラベル全国で一時停止 12月28日~1月11日 東京・名古屋・札幌・大阪は先行
 政府は14日の新型コロナウイルス対策本部で、観光需要喚起策「Go To トラベル」を全国一斉に一時停止すると決めた。期間は12月28日から2021年1月11日まで。新型コロナの感染が広がっているため人の往来を抑える。感染者数が多い東京、大阪、名古屋、札幌の4都市は先行して止める。個人の自由な移動は制限しないものの、年末年始の旅行の自粛が広がりそうだ。(後略)』

 ややこしいのですが、東京、大阪、名古屋、札幌を目的地とする旅行は先行停止(札幌と大阪はすでに停止中)。四都市を出発地とする旅行も、新規予約停止。予約済みでも、22日以降の出発は停止。
 加えて、28日からは全国で停止ということになります。

と言いますか、これ、旅行仲介サイトやシステム会社が対応できるのでしょうか。

三橋は散々に、
本来は「コロナ収束後」の予定だったGoToを、旅行仲介サイト運営会社(※楽天など)の政治力ゆえに見切り発車し、停止しなかったのではないか?
 という疑念に基づき、批判を続けてきましたが、さすがに混乱、混迷がひどすぎます。

例えば、全国的なGoToトラベル停止は、なぜ28日からなのでしょう? 27日まで、逆に「駆け込み旅行」が激増したりしないのでしょうか。

コロナ対応の医師・看護師の処遇向上 首相が方針
 菅義偉首相は14日、新型コロナウイルスの感染拡大で仕事量が増えた病院などの医療機関への支援を拡充する考えを示した。国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の視察後、記者団の取材に答えた。
 首相は、日本医師会や日本看護協会などから看護師や医師らが応援に入り、多忙な医療現場が支えられている点を指摘した。その上で「そうした医師や看護師、派遣された方の処遇は倍増したい」と語った。(後略)』

 ようやく、日本政府が現場で戦う医師や看護師の処遇改善に動き始めました。

 日本医療労働組合連合会の調査によると、医療機関の「冬のボーナス」について前年と比較可能な289組合の内、128組合が「引き下げ」という異様な状況になっています。

特に、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている病院は、専門病棟を設けねばならず、一般の入院を抑制。結果的に収入が減る。悲惨極まりない。

遅すぎた感はありますが、総理が医療機関への支援拡大を表明したことは評価します。

とはいえ、そもそも、そのための「予備費」だろ! さっさと支出しろ!とだけは、言っておきます。
 

政府がGoToトラベルの停止に動いたのは、医療サービスの供給能力が「様々な理由、歪み」により限界に近付いているためです。そして、「様々な理由、歪み」の殆どは、政府の緊縮財政に端を発しています。

そもそも、政府が今年の春頃から「(コロナ感染を恐れた)医療控え)により生じた、医師や看護師の「余剰人材」やICU病床の転用を進めていれば、こんな事態にはならなかった。

短期の「カネ」が理由で、中長期の対応を怠り、却って「カネ」が必要になる、典型的な負けパターンです。

コロナ分科会経済専門家・小林慶一郎氏「個人や企業に財政支援を出した上で、ストレート・ゴーホーム」
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会のメンバーで、経済が専門の東京財団政策研究所・小林慶一郎研究主幹が14日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。国内で13日に新たに2388人の新型コロナウイルス感染者が確認され、厚生労働省が発表した重症者は5人増えて、過去最多の583人となったことについて言及した。(後略)』

何でしょう? 小林慶一郎は、前から薄々思っていましたが、単に頭が弱いだけで、「悪い奴」ではないのかも知れません。

『経済も結構ぎりぎりのところまで来ている。春はお金の面で企業も個人もある程度、余裕があったんですが、この半年以上頑張っていて、景気も良くなかった。資金繰りもひどくなってきている。そうすると余裕のないところでもう1回、頑張れと言われるとなかなか頑張り切れない』
『そこは財政支援を個人や企業に対し、届け切れていないのがあると思う。個人や企業に財政支援を出した上で、ストレート・ゴーホーム

まさに、全面的に政府が「補償」をした上で、「全員動くな!」をやらない限り、コロナは収束しないと思います。小林の意見に賛同する日が来るとは思わなかった。

 ところで、悪い奴といえば、こいつ。

コロナ第3波、財政は「医療崩壊」を救えるか(土居 丈朗 :慶應義塾大学 経済学部教授)
 新型コロナウイルスの感染拡大「第3波」が止まらない。感染者数が過去最多を更新する都道府県が続出し、「医療崩壊」と表現される事態に陥る地域も出ている。
 こうした事態に、政府はお金を出し渋っているのだろうか。また、医療機関にお金が行き届いていないがゆえに、医療崩壊を引き起こしているのだろうか。(後略)』 

もちろん、土居は、

『コロナの第3波に直面して、お金が足りないからもっと出せという医療関係者の声はあまりない。』

『財政支援が足りないから、医療従事者を確保できないのだろうか。必ずしもそうではない。』

『患者の転院や医療従事者の新型コロナ向け派遣に手厚く財政支援しても、医療崩壊を防ぐのに役立たないかもしれない。』

 と、政府の医療サービスに対する貧弱な財政支援を庇っています

いや、そもそもこんな事態になったのは、お前ら財務省の犬どもが、散々に財政破綻を煽り、病床を減らし、医療サービス強化を妨害してきたためだろが!
 

 加えて、医療機関のコロナ対応が「経営」的に困難というならば、政府が補償をすれば済む話だ。自分たちの「罪」を自覚せず、この期に及んで財政支出を抑制するための財務省ヨイショ記事を書くとは・・・・。
 

 こいつ、本当に「人間」なのか・・・?
 

 財務省といえば、信じがたい報道。

『膨らむ経済対策にご用心 財政支出「40.0兆円」の衝撃 取材の舞台裏
(前略)◆「出口は描けた」けれど…
 対策決定後、財務当局は「悔しさもいくつかあるが、めいっぱい闘った。給付金はほぼ排除できたし、雇用調整助成金も持続化給付金もGoToキャンペーンも、春にやったバラマキはすべて出口を描けた」と胸を張った。(後略)』

 ・・・・・・。お前何を言っているんだ?

「給付金を排除」
「雇用調整助成金、持続化給付金、GoToキャンペーンの出口を描いた」
 ことについて胸を張る」。

繰り返しますが、こいつら本当に「人間」なのか? 
 

緊縮財政を続け、デフレから脱却しない状況で襲い掛かってきた疫病、そして恐慌。混乱、混迷、混沌状態の我が祖国。

人間」とは思えない緊縮勢力により、出口の見えない状況に追い込まれた、我が祖国。

国民が動き出さなければなりません。政治を動かさなければなりません。

 GoTo停止は当然として、打撃を受ける観光業、さらにはそこに連なるバリューチェーンの企業で働く「同じ国民」を守るためにも、いよいよ「粗利補償」が必至の状況になりました。
 

観光や医療のみならず、一切の例外なく、全ての業界、事業者に「粗利補償」を皆様、是非とも「粗利補償」を求める声を政治家に届けて下さい。真っ当な政治家は、むしろ皆様の叫びを必要としているのです。
 

政府は粗利補償を決断せよ!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!”(三橋貴明のブログ)三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba (ameblo.jp)

国民を救うのは二の次だわああ!

財政出動を目いっぱい抑えるわああ!

何のために国があるのか、あなたは疑問を感じませんか?

年末年始を過ぎたらどのような賑わいをみせるのか?

人口が減ってるぜえええ!

続くべえええ!
書きやむべえええ!
ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA