心の病・リスクより利益が大きければ良しとする世界に向かう2020.12.13

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

アメリカで見切り発車で?ワクチン接種が始まるそうです。

そうはいってもリスクよりも利益のほうが大きいということだそうです。

多くの人々を救うには少しの犠牲は仕方がないわああ!

という態度をジロコは感じます。

マッ、我もわれもとワクチン接種に殺到していないそうです。

しばらく様子を見たほうがいいぜええ!

と思考している人も少なくないと想像されます。

アメリカで高まる新型コロナワクチンへの警戒心! 公衆衛生は公衆の信頼がなければ成立しない

打つか打たぬか、新型コロナウイルスワクチン【連載第4回】

大西睦子経済・政治エディターズ・チョイス2020.11.12 3:15

中国やロシアでは新型コロナウイルスのワクチン開発がどんどん進んでいます。アメリカも同様ですが、国民のあいだではそれを接種すべきなのか警戒感も高まっているといいます。その背景とは? アメリカ・ボストン在住の医師、大西睦子さんの寄稿です(連載第4回)。「後略」”ダイヤモンドオンライン アメリカで高まる新型コロナワクチンへの警戒心! 公衆衛生は公衆の信頼がなければ成立しない | エディターズ・チョイス | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

日本でもワクチンが摂取できるようにはなるでしょう。

しかしジロコは摂取しません。

少しの犠牲はあっても大勢助かればいいわあああ!

なんて言う態度のワクチンですから、自分がその少しの犠牲者の部類にはいるかもしれません。

マッ、早くコロナから助かりたいか、少数のワクチン犠牲者の仲間になるか?

思案のしどころでしょう

思考を要します。

それでは感染を防げないと、法律で強制すれば?

あの人民共和国では拒否すれば拘束されて強制摂取になるとジロコは想像します。

ジロコ

世界中の人々がワクチンを摂取すれば?

どうなるか神のみが知るといえるかもしれません。

ジロコの家

マッ、経済の活性化には寄与するでしょう。

ジロコ

今日はジロコのブログのログイン画面が出ませんでした。

ネットを徘徊して調べたらwp/wp-adminを自分のアドレスの後につけたらログイン画面が出てきました。

以前はwp-adminで良かったのにジロコにはちんぷんかんぷんです。

<やはりジロコはバカだわああ!>

バカジロコ

ジロコが愚だ具だ書いていても、ジロコの人生と同じで意味がありません。

人生に意味がないと悟ればほとんどの悩みは消えるでしょう。

かといっても自分を消す必要はありません。

息をしていることに意味を見出せばいいかもしれません。

<バカジロコ!ジロコのバカさを世間にバカ丸出しだわああ!>

ジロコはあの大統領と同じで下品でおバカです。

違うところは貧富の差でしょう。

GOTOが拡大に寄与?

♫ゆ〜ら〜ゆらゆ〜ら〜♪

関係者は引っ掻き回され奔放され

タダさまよう漂流船?

ちょっとまってください!

♫ちょっと待って♪ちょっと待って♩

GOTOと感染が関連あると証明されたものではないでしょう。

確証バイアスの罠?

GOTOを利用する人と利用しない人との性格の違い

☞性格の違いによる行動の違い

例えば引きこもり性格の人(ジロコもそうです)は物見雄山気分であちこちでかけません。

GOTOを利用しないのは当たり前です。

GOTOを利用する人の日常の行動は?

人間は3つの要素で形成されるといわれています。

①普段何を飲み食いしているか

②普段何を考えているか

普段どんな行動をしている

GOTOを利用している人の上記③の日々の行動傾向をみる必要性が感じられます。

あっちいってぺちゃくちゃ、こっち来てぺちゃくちゃとウイールスをまき散らしたり、吸い込んだりしているかもしれません。

そのような行動をしないジロコはいつも体温35.5℃です。

引用画像

造られた感動や共感に踊らされないと感情がほとんどないのかもしれません。

非情のジロコ!

引用画像

低体温は免疫力が弱いと一般に言われています。

そうは言っても低体温だから暖房温度が低くて済むので地球にやさしいぜええ!

とバカな思考を持っています。

コロナ禍真っ盛り中に30年後に脱炭素だわあああ!

全国津々浦々まで悪ノリが流行ります。

脱炭素で儲けまくるわあああ!

脱炭素で票を集めるわあああ!

ジロコは、家庭の負担が増えるぜえええ!と思うだけです。

引用画像

ジロコが30年後に生きている確率は果てしなくゼロにちかずきます。

そんなことをいう暇があったら、コロナと全力で向き合えよ!

<バカジロコ!政府の批判を口にすると拘束されるわああ!>

世界のあちこちで政権者に逆らう輩は拘束が流行っています。

人間社会が恐怖に向かっているぜええ!と感じるジロコです。

引用画像

スポンサーリンク

なぜゴキブリがいるのか?

なぜダンゴムシがいるのか?

なぜカタツムリが売れるのか?

なぜカタツムリの養殖詐欺が出現しないのか?

考えてみれば認知症予防にはいいかもしれません。

いじり画像

経済評論家の「三橋貴明のブログ」を読めば確証バイアスの罠に気ずかれるかもしれません。

本音を隠さなくなった菅政権の中小企業潰し

NEW!2020-12-12 08:42:30テーマ:政治

公務員を増やせ! 維新のルサンチマン・プロパガンダに踊らされるな [三橋TV第326回] 三橋貴明・高家望愛

https://youtu.be/V1ky-MtkGZk

【Front Japan 桜】異様な第三次補正予算とその背景 / 医療崩壊都市2020[桜R2/12/11]
https://youtu.be/QQvE0RLZSRA

【ch桜・別館】三橋&佐波のファッション事情[R2/12/11]
https://youtu.be/v6yW0UApVXo

 第三次補正予算について、まとめの図を作りました。ご活用ください。(桜で使ったもののアップデート版)

【令和二年度第三次補正予算(兆円)】

http://mtdata.jp/data_72.html#daisanji

Ⅰ:新型コロナウイルス感染症の拡大防止策

Ⅱ:ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現

Ⅲ:防災・減災、国土強靱化の推進など安全・安心の確保

Ⅳ:予備費執行(令和二年度)

Ⅴ:予備費執行(令和三年度)

Ⅵ:第三次補正予算

Ⅶ:一般会計予算

額73兆円の「事業規模」と謳っていますが、新規国債発行分は19.2兆円です。
 ちなみに、ⅥとⅦの差は、特別会計です。(特別会計分も国債を発行するならば、20.1兆円です)

総額のショボさもさりながら、より頭にくるのは、Ⅱ:ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現」への予算の偏りです。

そもそも、今回の第三次補正予算は、
「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」
 という名称になっているのです。それにも関わらず、国民の命と暮らしを守る」予算(Ⅰ)の三倍の予算を、「中小企業・地銀再編」を中心とする「構造改革」に使う

具体的には、「Ⅱ」の「2」の、

『(1)中小・小規模事業者の経営転換や企業の事業再構築等の支援
 ・最大1億円の事業再構築補助金の創設、資金繰り支援(実質無利子融資は民間は3月末、公庫等は来年前半まで実施。新たな事業再構築に向けた制度)、 地域公共交通活性化・継続支援、企業の事業再構築等に向けた投資促進税制、合併・経営統合等を行う地域金融機関に対する資金交付制度』
 になります。 

そして、「企業の事業再構築等に向けた投資促進税制」は、昨日の桜の番組でも取り上げましたが、自民党の税制大綱にも盛り込まれました。

さらには、経済産業省も動いている。

中小企業再編へ買収後のリスク軽減 税制改正
 中小企業の再編を促すための「経営資源集約化税制」を新設する。M&A(合併・買収)後に生じた想定外の損失に対応できるよう買収費用の一部を税優遇する「準備金制度」をつくるほか、設備投資額の最大10%を法人税から控除することも認める。
 経済産業省が2021年の通常国会で中小企業等経営強化法改正案の提出をめざし、中小の再編計画を認定する仕組みをつくる。
 買収で見込める生産性向上の効果や、買収前に一定程度のデューデリジェンス(資産査定業務)に取り組むこと、買収後の雇用の安定に配慮することなどを盛り込んだ計画を策定し、政府から認められれば税優遇を受けられる。(後略)』

もはや、菅政権は本音を隠さなくなりました。一連の中小企業政策は、禿鷹ファンドやコンサルタント会社の「M&Aビジネス」のためなのです。

つまりは、補正予算、法律(中小企業基本法改訂、中小企業等経営強化法改訂)、そして税制と、日本国政府として総がかりで「中小企業淘汰」を進めようとしているのです。

実際に中小企業の再編統合といったM&Aが始まると、アトキンソンらの後ろにいるであろう禿鷹ファンドやコンサルタント共が歓喜して、日本に群がることになります。「デューデリジェンス(資産査定業務)」一つとっても、膨大なコンサルビジネスが生まれます。

嫌な話ですが、現実を書いておきます。
 

中小企業のM&Aビジネスを拡大させるためには、コロナ禍による経済混乱、企業の業績悪化が続く方が都合が良いのです。業績好調では、中小企業であっても、経営者は再編統合には応じません。

菅総理が何を考えているかは知りませんが、日本政府が真っ当なコロナ抑制政策を打たないため、結果的に中小企業のM&Aビジネスという草刈り場が生まれようとしている。これは確かな事実です。

許してはなりません。

昨日も書きましたが、年末から年始にかけ、地元に帰ってきた国会議員(特に自民党)に、徒党を組み、圧力をかけて下さい。民主制国民国家である以上、我々国民は「議会」を動かし、自分たちを守る以外に方法がないのです。

今後も、菅政権の中小企業潰し、地銀潰し、地方共同体潰しの「スキーム」について(丸わかりだから)情報を提供していきます。
 どうか、皆さん。自分たちの故郷を守るために、「政治」の力を最大限、活用してください。
 

「日本国を守ろう!故郷を守ろう!」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!”(三橋貴明のブログ)三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba (ameblo.jp)

臨時政権は確証バイアスの罠に陥ってしまったのか?

いずれにしても国民がこんな態度でいたら    引用画像


 

地獄に落ちても自己責任だぜええ!

戦わずして得るものはないぜえええ!

ジロコ

感染を観戦してるわあああ!

ヒデー国にするわああ!

引用画像

ソース画像を表示

続くべえええ!


書きやむべえええ!


ムームージロコ

ムームージロコ

®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者であるジロコの感想です。
< >内は多重人格であるジロコの中のもう一人のジロコが言っています。
引用画像をクリックして書籍が購入できてもジロコには報酬が生じません。
引用文内で講座等をお申し込みされてもジロコには報酬が発生しません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA