心の病・合流新党?の真の狙いは財政再建のための消費税増税だ? 2020.9.8

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

♩うらら〜♪ウララ〜♫

狙い撃ち!♫

なんて歌が昔流行っていました。

あなたは人生に何を狙っていますか?

マッ、この国では二人に一人が癌になるそうですから、癌にならないよう狙うのもいいかもしれません。

しかし二人に一人が癌になるなんておかしいと思いませんか?

ジロコには思い当たるふしがありますがここでは書きません。

そのことに触れると記事が支離滅裂になります。

<バカジロコ!お前の記事はいつも支離滅裂じゃん!>

そうは言っても事実が証明されない世論調査で、安倍政権の支持率が上がったなんてあおってます。

各社とも結果の乖離が大きいとまずいわあああ!

世論調査の談合は犯罪じゃあないわああ!

ジロコは、また増すゴミが世論誘導しているぜええ!

と感じます。

感想には個人差があるのが当然です。

個人差まで犯罪だあああ!と言われたら世も末です。

あお〜れば〜♫とお〜とし〜♩

そうは言っても今では師と仰ぐような立派な人物は見当たりません。

少年よ大志を抱け!なんて言ったら?

馬鹿言ってんじゃあないよ!少年よ大したことは考えるな!

引用画像

蜂のようにその辺ブンブン飛び回っていればいいじゃん!

政治に無関心なのが一番よい子だぜええ!

引用画像

今だけ金だけ自分だけ思想で突っ走ればいいわあああ!

ジロコはPTAとか道徳自警団などの敵といえるかもしれません。

よい子ではなくいわゆる変な子です。

ジロコの画像

かつて悪夢の政権と呼ばれたような人々が手を変え品を変えああでもないこうでもないなんてやってるそうです。

美味しい政策を並べ立てておいて・・・・

なんのこっちゃああなんてやるのでしょうか。

鞭を隠して飴で釣る?

政治は魚釣りかよう!

洗脳され切った、お花畑思考の国民は釣りやすいと言えるでしょう。

引用画像

TVドラマで、年とともに記憶力は衰えるが、勘は働くようになるなんて言っていました。

ジロコはドンドン勘が働くようになっていくのか?

<バカジロコ!妄想性障害がひどくなってるだけだぜええ!>

財政再建が究極の目標なんて言ってるようではMMT(現代貨幣理論)を全く理解していないといえるでしょう。

ジロコはそのように感じます。

引用画像

数百年前の考え方だぜええ!

あたりまえだああ!歴史は繰り返すわあああ!

国民を豊かにすることと財政再建は矛盾してるぜええ!

国民をこれでもかこれでもかと苦しめなければ財政再建はできないぜええ!

ジロコでさえそのように感じます。

コロナ禍の最中に、酒税やたばこ税が増税されるそうです。

国民がコロナ貧乏で困っているのに何考えてんだよう!

あなたはそう感じませんか?

またもや火事場泥棒手法?

火事場泥棒とオレオレではどっちが罪が重いか?

最近オレオレの話題が見られません。給付金に変わったとか?

そうはいっても給付金なんて払った税金が還ってきただけだぜええ!

なんて思ってる人も少なくないでしょう。

が、そこにも罠が仕掛けられています。

どんな罠かはここでは書きません。記事が複雑怪奇になります。

一体この国は何を考えているんだ?

と言っても、何も考えが無く、ただ上げやすいものの税金を上げればいいわああ!

なんてやってたりして。

引用画像

それにしてもこの国の国民は猫になり切ってしまったのでしょうか?

ポチよりましだわああ!なんても言いません。

引用画像

ジロコはこの画像を見ると政府のポチ達を思い浮かべます。

正しいことがわかっていても、今だけ金だけ自分だけの生活から抜けられないので、多数意見に迎合します。

マッ、この国は思想を持たない日和見菌のような国民が多いと言えますから、増すゴミの洗脳に簡単にかかるようです。

ジロコのように、増すゴミの世論調査を世論誘導と感じる人は少ないのかもしれません。

日和見菌を洗脳感染するのは

コロナ感染より簡単だぜええ!

コロナの話題も細々しくなりました。

台風10号も過ぎ去ったことだし、国民の注意を引く話題が見当たらなくなりました。

いよいよあの戦線不利と言われる大統領が・・・・・

中華人民共和国の国民がジロコのような記事を書けば・・・・

ジロコの画像

世界中がそのような風潮になっていく?

日々ジロコは感じます。

ジロコの家の近くに日々神社なんてあります。

有名らしいのでジロコの居所がばれてしまいます。

心理カウンセラーは自己開示禁止だぜええ!

<バカジロコ!自己開示したがってるわああ!>

いじり画像

財政健全化やめろう!が今だけのメインテーマですが、増すゴミがアベ政権を褒めまくっている?ことにジロコは違和感を覚えます。

思想を持った思想家の中杉弘先生の記事を引用します。

引用〜

安倍総理は名宰相ではない! ①

2020-09-08 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

夢の島: Остров мечты・オストロフ・メチティ、: Dream Island)は、モスクワにあるテーマパークである[2]。2020年2月29日に開園した。9つのエリアに27のアトラクションがある。サンリオとライセンス契約を結び「ハローキティ」のエリアもある。30万㎡の室内エリアがあり、年間750万人の来客数を見込んでいる[3]。(※プーチン自慢の遊園地)

スポンサーリンク

マスコミは安倍退陣について、70%の支持率があると言いだしました。とにかく「支持率が70%ある大宰相だ!」と言っています。これも本当でしょうか? これも安倍さんを褒めすぎです。

 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という諺があります。喉元を過ぎてしまうと熱さを忘れるのです。後になってくると「痛い」と気が付いてくるのです。安倍さんが、そんなに人気のあるはずがありません。

 百田尚樹さんや、有本香さんの「安倍総理、大礼賛」は、馬鹿げています。

安倍さんは名宰相である!」と言っていますが、ちょっとちがうのではないでしょうか? 貴方がそのように思うのは自由ですが、客観的に見たらそんなことはありません。

 安倍さんは何もやっていません。何もやっていないということの第一番は、憲法改正です。「憲法改正する」と言ってやれたチャンスがあったにも関わらず、やっていません。これは、最高の問題です。

他の細かいことで「株価が上がった」などということがあったにしても、それは細かいことです。憲法改正は、政治の大目的です。これは、やれたのです。自公で3分の2の議席があったのです。そのようなチャンスがあったのです。

 安倍さんはくだらないことをやっていて、チャンスを逃したのです。もう憲法改正はできません。議席を3分の2以上持つことは、なかなか難しいのです。何しろ安倍さんは、憲法改正の「け」の字も言わなくなったのです。

これは大問題です。安倍さんがどんなに他にいいことをやったとしても、憲法改正ということは大テーマです。やはり、やり抜いてもらわなければいけなかったのです。憲法改正に着手しなければならなかったのです。着手もしていません。

 それから、北方四島は一島も返ってきていません。ウラジミールと30回以上も会って、深い関係にあったにも関わらずです。何をやっているのでしょうか? 安倍さんは下関の料亭にプーチンを呼んで、至れり尽くせりです。なぜ話がまとまらないのでしょうか? ロシアはドロボウ国家ですから、話がまとまらなくてもよいのです。

 ロシアを反面教師にして、「世の中にはドロボウがいる!」ということを、日本人がわかればよいのです。また中国もドロボウを始めようとしています。人の物を盗るのが趣味のごとく喧嘩を吹っ掛けてくる悪い奴らがいるのです。

 喧嘩を吹っ掛けて、人の物をかっぱらうのです。まさにその通りです。北方四島は日本に返ってきません。それなのに日本はロシアに遊園地を造ってあげたのです。その遊園地をプーチンは国民に自慢しているのです。安倍さんはプーチンに無料奉仕をしているのです。馬鹿ではないでしょうか?

 どんな形でもいいからロシアは北方四島を日本に返すべきだったのです。そうすれば日本はどんな金額でも惜しまないで交渉をやったのです。ところが「北方四島は返さない」というのだから、日本は北方四島をロシアに盗られたままです。

すると韓国も「俺もいただくよ。竹島は俺たちのものだ」と言ったのです。「尖閣列島は俺たちのものだ」と中国も言いだしたのです。挙句の果ては「沖縄は俺たちのものだ。これからは、琉球と呼ぼう」と中国は言っているのです。昔、沖縄は独立国だったので、「琉球国として扱おう」と言うのです。

 親中派の連中は馬鹿だから、中国の誘いに乗っかって、日本から沖縄を独立させようと企んでいるのです。一歩でも譲った者は、全て盗られてしまうのです。

北方四島をロシアが盗ったので、それを見ていた韓国は「竹島は俺たちのものだ」、中国は「尖閣列島は俺たちのものだ」と言いだしたのです。

「300年前の沖縄は、琉球と言ったのだ。だから、どこにも所属していない。中国の使者がいくと、1ヶ月ももてなしたのだから、琉球は中国の属国だ。だから、返してもらおうではないか」このような考え方です。中国はそのように言っているのです。

大々的に報道はされていませんが、中国海軍がハワイ沖で演習をしたのです。ハワイというのは、中国が主張している第三列島線です。第一列島線は台湾と日本の日本海が入っています。第二列島線は南に下がってグアム島まで入っています。

ハワイは第三列島線に入るのです。習近平はオバマ大統領に「ハワイまでもらえないだろうか? アメリカと中国で仲良く2つに分けましょう」と言ったのです。その境界線はハワイまでの第三列島線です。「第三列島線までは、中国が全部頂く」というのです。ヒドイ奴らです。

 「ハワイで分けるから、南米は手をつけないからアメリカが治めてくれ。2人で世界を山分けしようではないか」とふざけたことを言ったのです。中国はドロボウ国家です。でもこれも常なのです。隣とは仲良くできないのです。昔からそうです。

 田んぼもそうです。隣の田んぼと自分の田んぼはどうなのかというと、我田引水というのです。「わしの田んぼに良い水を入れるぞ」、「おい、お前の所に水を引いたら、俺の田んぼに水がなくなる」と言っても、「そんなことは知らないよ。水は俺が頂く」と言うのです。これを水争いというのです。

 隣とは境界を廻って仲良くできないのです。昔から、境界は争われるのです。たった一尺の土地でも仲良くできないのです。これは、原則論です。「隣の敵とは仲良くできない」と言うのです

これは日本の隣もそうですし、国際関係も同じです。隣の国とは仲がよいわけがありません。全てが争いの対象になるのです。「おい、山の境界線を勝手に引くなよ。その山は俺のものだぜ」、「いいや、俺のものだ!」と言い争いになってしまい、隣とは何から何まで衝突するのです。

隣とは仲良くできないのです。

ということは、日本から見ると韓国とは仲良くできないのです。海を隔てても隣とは仲良くできないのです。北朝鮮も日本海を通して隣の国です。仲良くできないのです。これは覚えておいたほうがよいのです。

土地争いで円満に話がついたなどということはあり得ません。いつまでも、グズグズと言うのです。城ケ島でもそのようなことがありました。テレビのアンテナをつけたら、隣の家の住人が烈火のごとく怒ってきたのです。

「人の家の土地の空間にアンテナがはみ出ているぞ!」と言うのです。僕ならば、「空間ならば、まあいいじゃないか」と言うけれども、隣人は絶対にそんなことは言いません。「絶対にアンテナは引っ込めてくれ!」と言うのです。こうです。

 我々、庶民の感覚だと「少しくらいいいだろう」と思いますが、隣人は絶対にそうは思いません。だから、隣とは仲良くできないのです。まして、商売が同じ所は仲良くできないのです。城ケ島の海の真ん前に食事処があったのですが、未だに閉じたままです。兄弟がいて、話がつかないのです。「俺はこれだけもらわなければ気が済まない」、「いや、そんな分け方では納得しない」などと話が合わないのです。だから、店も潰れてしまうのです。もう何十年も店は閉じられたままです。結局は、土地争いからきているのです。

隣の隣は見方です。これが大事です。隣は敵です。隣の隣は見方です隣の隣と仲良くすると、真中の人は挟み撃ちになってしまうのです。すると、こちらが有利になるのです。地政学の始めは、そのようなことをきちんとわかっていなければいけません。(②に続く)

■モスクワで室内パークが営業開始 欧州最大「夢の島」、新名所に

【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワに大型テーマパーク「夢の島」が完成し、29日オープンした。厳冬期でも遊べるよう「欧州最大」規模の30万平方mの室内エリアを設けた。日本のハローキティなどの人気キャラクターや、最新技術を駆使したアトラクションで世界各地から年間750万人の訪問客を見込む。  

モスクワを訪れる観光客が16%増えると試算され、クレムリン(大統領府)と赤の広場、ボリショイ劇場と並ぶ新たな名所になると期待される。  

モスクワに「ロシア版ディズニーランド」をつくる構想は1990年代からあり、ようやく実現した。27日にはプーチン大統領も視察に訪れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8a8ff2981d82eb9324b982aab3b76114e95d618

(※ロシアに遊園地を造ってあげても北方四島は返ってこない)

〜引用終わります。(中杉弘先生の大説法)https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12623235279.html?frm_src=favoritemail



あの期待されていた百田尚樹さんもポチになってしまったようです。

お金の力より強いものはないぜええ!

増すゴミが安倍政権をほめたたえるのは?

憲法を改正しなかったからだぜええ!

よその国やWHOにお金を垂れ流して

財政再建だとさああ!

狂った国だぜええ!

ジロコが狂うのも当たり前だぜええ!

ジロコの画像

ジロコのチラシ

国民が洗脳され切った、お花畑思考を捨てなければ

この国の明日は無いぜええ!

引用画像

続くべええ!

書きやむべええ!

ムームージロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の感想で変えています。
< >内は多重人格であるもう一人のジロコが言っています。
クリックして書籍が購入できてもジロコには利益が生じません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA