心の病・外出爆発で感染爆発2020.8.22

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。
ラジオで有識者がコロナ感染のピークは過ぎたゾウ!なんていっていました。
甘いぜえええ!
とジロコは感じます。
有識者というのは今までの経験、知識、常識にとらわれやすいと言えるでしょう。
反面無識者というのは経験、知識、常識にこだわらないと言えます。
単なるバカじゃん!
ところで感染のピークが過ぎたという根拠がどこにあるのでしょうか?


巷では不要不急の車で大混雑が起きています。


今までの外出自粛の反動が爆発したぜええ!
ジロコはそのように感じます。

ジロコの画像


ところで人生に不要不急の事柄ってあるのでしょうか?
不要な人間!
不急な人間!
はいらないゾウ!
と、国民を選別する態度に陥ってこないでしょうか?
自分なんか不要だゾウ!なんて考えたら?
あいつなんかいなくてもいいゾウ!なんて考えた
ら?
社会が恐怖化していかないでしょうか?
最悪、人類浄化だゾウ!
なんて思想に向かったら?
コロナは何のために出現したのか?
新しい生活様式?にはどんな罠が仕掛けられているか?


そしてワクチン接種を急ぐ理由は?


いろいろ思考をしてみることが重要とジロコは感じます。


国内経済の活性化には不要不急が欠かせないでしょう。


CMで今から30分以内にとあおっているのも


不急不要のものを買わせるためかもしれません。
30分以内の注文で〇〇〇〇円引きなんてやっていますが問題はないのか?
<バカジロコ!24時間やってるから問題無いゾウ!>


バカジロコ

体内に水分が溜まっているので熱中症になりにくい?


マッ、コロナ問題はだれにも解決できないといえるでしょう。


自然に広まりきり終焉を待つしかないぜええ!
ジロコの感想です。
それにしても増すゴミは、この国が財政が厳しいと騒ぎ過ぎです。
いちいち例を挙げませんが
よその国の投資家までが、政府の赤字が拡大していって投資をしたいと思わない国になってくゾウ!
なんて言ってました。


余計なお世話だぜええ!内政干渉だぜええ!

引用画像


よその国からも財政破綻論をあおられています。
洗脳され切った、お花畑思考の国民が財政破綻論を信じるのもむりのないことかもしれません。
だったらほっときゃああいいじゃん!仏!
コロナはほっといても終焉するでしょうが

財政破綻論をほっておけば、次々と犠牲者が出るでしょう。


台風がちかずいてきているそうです。
ことしの台風はどんな態度を示すか?
50年に一度?
100年に一度?
300年に一度?
コロナは100年に一度だぜええ!
いじり画像

経済評論家の三橋貴明先生のブログから引用します。

引用〜

グローバリストの「寄生の構造」2020-08-21 09:05:57テーマ:政治

バノン爆発事故から見えてくる国家の本質「生産諸力」 [三橋TV第277回]https://youtu.be/Eu006ARRJk0

https://www.youtube.com/watch?v=Eu006ARRJk0&feature=youtu.be

わたくしの音声歴史コンテンツ「経世史論」の歴史時事はレコンキスタ」から始まっていますが、理由はスペイン王国によるレコンキスタ完遂の年、1492年こそが、人類史の大転換点であるためです。 (※レコンキスタ:キリスト教徒によるイベリア半島「再征服運動」のこと) 

1492年、スペインのカトリック両王の支援を受けたコロンブス率いる船隊が、サン・サルバドル島に到達その後の人類の多くを苦しめる「グローバリズム」が本格的に始まりました。

 いや、もちろん、それ以前からヴィザンチンにせよ、ササン朝にせよ、唐にせよ、ウマイヤ朝やアッバース朝にせよ、あるいは大モンゴル帝国にせよ、ユーラシアに広がる「多民族の帝国」により、膨大な人々が虐げられ、奪われ、殺されていました。

いわゆるエニウェア族であるグローバリストたちの手法はシンプルで、

非支配層を分断し、互いに争わせ、連帯して自分に歯向かわないように仕向けた上で、収奪する

 というものです。 

例えば、帝国主義において、非支配層を連帯に向かわせる「教育」、特に「言語の教育」など「とんでもない!」という話でございます。植民地の住人の言語を統一してしまうと、余計な意思疎通を図り、連帯してしまうじゃないか! というわけで、欧米諸国は植民地の人々に(※自分たちと住民の間に立たせるエリート住民を除き)教育を与えませんでした。

 元々は「外国」だった土地を併合し、

現地の住民に懸命に教育をしていったお人好し(帝国主義的には「愚かな」)な国は、日本だけです。

 それはともかく、グローバリストは、特定の国に基盤を持ちません。何しろ「エニウェア(どこにも属していない)族」でございますから、各国の既存の支配層、つまりは「土着の勢力」と結びつき、収奪のシステムを組み上げます。

最近では、ソ連崩壊時に、グローバリストは既存の赤い貴族たち(いわゆる、ノーメンクラトゥーラ)と結びつき、オリガルヒ(新興財閥)を形成しました。

  そして、レバノンではグローバリストたちが「既存の各宗派」と連携。見事なまでの、搾取システムを完成させていました

『哀れなほどに荒れ果てた国レバノン 多重危機に爆発事故が追い打ち、世襲のエリート支配を絶てるか

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61758

スポンサーリンク

 レバノンの首都ベイルートの港を壊滅させた8月4日のすさまじい爆発の後、この国の内閣は倒れた。

 普通の国であれば、内閣の交代は新たなスタートを切るのに必要な序曲だと見なされるかもしれない。

 これはそんな類いのものではない。

 筆者はこの災難の後に、この打ちひしがれた国の繊細な感覚の人々から話を聞いているが、これで新しい時代が始まるかもしれないなどと惑わされている人にはまだ一人も出会えていない。

 レバノンに無数に存在するキリスト教やイスラム教の宗派を率いる、世襲のエリート層による支配は揺らいでいない。

 彼らは1975~90年の内戦を生き延びた軍閥で、国家の収奪を得意としているオリガルヒ(新興財閥)と30年にわたって結託してきた。

 今回倒れた内閣も、これらの勢力が黒幕になって昨年10月に選んだメンバーで構成されていた。

 前の内閣――利権の共有に基づく連立政権だった――が、政治階層全体に対する一般市民の反乱によって倒された後のことだった。(後略)』 

既成勢力と結びつき、国民の分断を図り、収奪するグローバリストという「寄生虫」に立ち向かうためには、国民の連携が必須です。すなわち、ナショナリズムです。  

レバノンの場合、何しろ数千年も昔から「グローバルな国」だったわけで、しかも18もの宗派が入り乱れている状況では、「どうにもならない」というのが残酷な未来でしょう。(レバノンはフェニキア人の故郷

さて、我が国では、グローバリストたちは「既存の政治勢力」に寄生し、政治力を発揮しようとします 

竹中平蔵は、元々は小泉政権期に「自民党」に寄生し、参議院議員、閣僚まで務めたわけですが、2009年の自民党敗北以降は、大阪維新の会、橋下徹にに接近。 

忘れてしまった方が多いでしょうが、竹中は2012年に発足した「日本維新の会」の候補者選定委員長に就任しています。橋下徹は、当時、

「竹中さんの考え方に僕は大賛成ですから」

「竹中さんは言われなき批判を受けたり、事実誤認の批判を受けてきた」

「基本的には竹中さんの価値感、哲学と僕らの価値感、哲学はまったく一緒」

 と、発言しています。 その後、自民党が政権に復帰したと思ったら、今度は安倍政権に寄生産業競争力会議(現:未来投資会議)、国家戦略特区諮問会議に「民間議員(※実際にはただの民間人)」として入り込み、自己利益最大化のためにご活躍されているわけでございます。

この「寄生の構造」を、是非とも理解してください。彼らは、特定の「土着の勢力」と心中する気など、さらさらありません何しろ、エニウェア族です。 

レバノンの抱える構造の問題は、残念ながらどうにもならないと思います。

 我が国はどうでしょうか。何とかなる、と、信じ、国民の連携を追求し、寄生虫共に抗うしかありませんグローバリストの「寄生の構造」が見えているだけでも、過去に何百年も続いた帝国主義時代、各植民地で苦しみ続けた人々よりは「マシ」なのです。

「グローバリストという寄生虫を駆除せよ!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(三橋貴明のブログ)https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12619237321.html

下流国民がじたばたしたところで、皆寄生虫に吸い取られてしまいますから、人生に夢や希望をもったところで、ネギカモとの違いがわからないかもしれません。

<バカジロコ!意味わかんないゾウ!>

バカジロコの画像

人生の意味が解んないなんて悩んでも

人生なんて般若心経と同じで意味ないぜええ!

なんて悟ればあなたの悩みは消えるかもしれません。

仏陀になるのも

ジロコ仏陀

仏になるのも

仏のジロコ

自己責任で自由です。

つまらない人生をあおられておいて

つまらない人生で満足ですか?なんて言われたら?

最近戦争の悲惨さを強調する番組が目立ちます。

ジロコには戦わない国民に去勢するゾウ!

なんていう意志が感じ取れます。

戦わない国民の国だぜええ!

なめられ放題だゾウ!

引用画像

ところでワクチンを作ってからウイ―ルスをつくれば?

<バカジロコ!妄想しすぎだゾウ!>

世の中そんなものだぜええ!

いじり画像

続くべええ!

書きやむべええ!

ジロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の感想で変えています。
< >内は多重人格であるもう一人のジロコが言っています。
クリックして書籍が購入できてもジロコには利益が生じません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA