心の病・コロナで隠された消費税増税の悪影響2020.8.18

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

ニュースで盛んに

新型コロナウイールスのおかげ

4〜6月期のGDPの落ち込みが戦後最大になったゾウ!

とあおってます。

景気後退期に消費税増税を強行した影響についてはだれも触れません。

全てがコロナのせいだゾウ!

美味い時期にコロナが出現したぜええ!とジロコは感じます。

ジロコの画像

そうは言ってもコロナに邪魔されて消費税増税の影響を数字であらわすことは困難です。

うまくやったゾウ!コロナさまさまだゾウ!

なんて思ってる人もいると想像できます。(実際にいるぜえ)

この国ではコロナの犠牲者が他国に比較し驚くほど極小です。

要人も世界を徘徊し始めました。

危険だぜええ!この国がコロナを世界中に広めたぜええ!

なんてうわさが世界中を飛びまわれば?

決まってるぜええ!

どこかの国がすぐ始めるぜええ!

賠償じゃああ!ばいしょう!배상

引用画像

マッ、それはともかくニュースでは

7〜9月期は

その反動でプラスに転じる

なんて言ってます。

ジロコは、バカ言ってんじゃあないよ!反動ってなんだよう?

と感じます。根拠のない妄想じゃん!

ジロコの画像

国民は学習性無力感に浸り、態度が大きく変わったといえるでしょう。

どう変わったんだよう?

ジロコが妄想する国民の態度の変化とは?

不要不急の外出はしないせええ!

不要不急のものは買わないせええ!

不要不急の金は使わないぜええ!

このような国民の態度から

7〜9月期のGDPは

地獄を見るぜええ!

ジロコの感想です。

ジロコの画像

だったらどうすんだよう?

今までの経験・知識・常識をすてればいいんです。

と言っても有識者には無理な課題といえるでしょう。

だったら無識者のジロコはどう考えるんだよう?

無意識者は今までの経験・知識・常識がありませんから、何事にもとらえられないとんでもない発想をします。

バカジロコの考える、7〜9月期のGDPで地獄を見ない方法は?

①直ちに消費税を廃止すること

②ポイント還元率を10%に引き上げること

簡単に考えれば

消費税マイナス10%だぜええ!

買えば買うほどお得だぜええ!

このような環境をつくらなければ、やがて地獄を見るぜええ!

環境大臣の出番は?

またまたと愚だ具だと記事を書いてしまいました。

マッ、無識者のジロコですからこの程度の記事しか書けません。

ラプラス変換を使って微分方程式を解く方法なんて書いても意味がありません。

般若心経と同じで、人生に意味がないと悟れば、心の病は減少するでしょう。

あなたの悩みは、人生をあおられてることが原因ではないでしょうか?

心理カウンセラーである、ジロコ仏陀はそのように感じます。

ジロコ仏陀

政府の批判を具だ愚だとかけるのは今のうちだけでしょう。

スーパーシティ法のように、国民が知らない間に火事場泥棒的に法律が作られる国ですから、どんな法律が成立しても不思議ではありません。

万一与党と野党がグルになれば?

なってみないとわからないぜええ!

いじり画像

マッ、これだけ文字数を稼げば引用しても非難喝采にはならないでしょう。

しかしジロコが感じるのは国や行政の態度の変化です。

避難とは避難所に行くことではありませんとさ

だったらどうすんだよう!

自己責任だゾウ!

なんなんだこの国は!

ところであなたはデジタル化の恐怖を感じませんか?

例えばあなたが喪黑さんと電話でしゃべったことはすべて記録されるのです。

おれおれなんてやればたちどころに拘束されるでしょう。

怖いと思いませんか?

ジロコの画像

ジロコは、デジタル化やめろうと叫びます。

<バカジロコ!愚だ具だいい加減にしろ!じろ!>

スーパー行くと「しろ」なんて焼酎があります。

しに点々を入れて「じろ」なんて落書きしたい気分になりますが

落書きは犯罪です。

見つかったらその焼酎を買えばいいじゃん!

それで済むのでしょうか?

<バカジロコ!法律の記事書いてんのかよう?>

バカジロコの画像

経済評論家の三橋貴明先生のブログから引用します。

スポンサーリンク

引用記事を拡散してください。

引用画像

引用〜

4-6月期GDP 戦後最悪の落ち込みに

NEW!2020-08-17 09:41:56テーマ:日本経済関連日本政府は資産も大きい!」式の財政破綻否定論にはご注意を [三橋TV第275回]

https://www.youtube.com/watch?v=4H5e541AzeE&feature=youtu.be

さて、日本の4-6月期の経済成長率が発表になりました。

 対前期比▲7,8%(年率換算▲27.8%)。もちろん、戦後最悪の数値です。

『GDP実質27.8%減、4~6月年率 戦後最大の下げ

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HSS_X10C20A8000000/

 内閣府が17日発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比7.8%減、年率換算では27.8%減だった。マイナス成長は3四半期連続で、減少率は比較可能な1980年以降でこれまで最大だった2009年1~3月期(前期比年率17.8%減)を超えた。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言などにより、経済活動が停滞したことが影響した。1~3月期は年率換算で2.5%減だった。QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比7.6%減で、年率では27.1%減だった。

 生活実感に近い名目GDPは前期比7.4%減、年率では26.4%減だった。名目でも3四半期連続のマイナスとなった。

 実質GDP増減への寄与度をみると内需がマイナス.4.8%分、外需がマイナス3.0%分だった。』 

内需も外需も総崩れ、という感じですが、詳しく見てみましょう。(値は全て対前期比)

◆ 民間住宅 ▲0.2%

◆ 民間企業設備 ▲0.2%

◆ 政府最終消費支出 ▲0.3%

◆ 公的固定資本形成 1.2%

◆ 財・サービスの輸出 ▲18.5%

◆ 財・サービスの輸入(控除項目) ▲0.5% 

というわけで、内需では民間の消費減少が、外需では輸出の激減がGDPを大きく押し下げた結果になりました。

 念のため、他国の状況も見てみましょう。

◆ アメリカ 対前期比▲9.5%

◆ イギリス 同▲20.4%

◆ ドイツ 同▲10.1%

◆ ユーロ圏 同▲12.1%

◆ フランス 同▲13.8% 

と、日本の4-6月期の落ち込みは欧米と比較すると「小さい」結果にはなっていますが、何度も繰り返していますが、我が国の場合はGDPの縮小は消費税増税の影響で、昨年の10-12月期から始まっています。

日本の経済成長率は、19年10-12月期が対前期比▲1.8%、20年1-3月期が▲0.6%でした。

 日本のGDPは2019年7-9月期と比較し、ちょうど「10%」縮小してしまったことになります。 

もっとも、2019年7-9月期の経済成長率にしても、対前期比0%だったため、

「日本のGDPは、一年前(19年4-6月期)と比較し、一割小さくなってしまった」

 と、理解するべきでございます。

 というわけで、第三次補正予算必須の状況(誰もが予想した通り)なったわけですが、日本政府というか安倍政権は、

「最悪期は乗り切った。今後は、V字回復する」

 と勝手な思い込みというか「妄想」を振りかざし

「今はもはや、経済の立て直しよりも、悪化した財政のことを考えるべきだ

 とやってくる可能性が濃厚だと思います。 」

一年間で、経済規模を一割減らしておきながら、消費税減税や廃止どころか、消費税増税、コロナ増税(所得税増税)を平気で推進するのが、現在の安倍政権です。

というわけで、皆さん、是非ともご地元の政治家に「悲鳴」を聞かせて下さい。第二次補正予算で明らかになったとおり、与党の国会議員は「地元からの悲鳴」を浴びせない限り、まともに動きません。

 逆に言えば、悲鳴を上げれば、動く可能性が高まります。

今回の「衝撃の数値」を奇禍とし、日本の財政政策を「まともな方向」に転換させる。さもなければ、今後の日本経済はV字回復どころか、L字型低迷、しかも横棒が右斜め下に落ちていくL字型低迷に陥ること、確実なのです。

「政府は即座に第三次補正予算の議論を始めろ!」に、ご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを!


〜引用終わります。(三橋貴明のブログ)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

消費税廃止は絶望的と言えます。

財政の穴埋め論が沸騰して、コロナ復興税が実現するでしょう。

だったらどうすんだよう!

引用画像

国民が洗脳され切った、お花畑思考を止めることです。

そして正しい貨幣の意味を知ることです。

引用画像

さもなければ国民は救われることはないでしょう。

引用画像

滅びゆく日本!誰が救うのか?

引用画像

自己責任だぜえええ

続くべええ!

書きやむべええ!

ジロコの画像

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の感想で変えています。
< >内は多重人格であるもう一人のジロコが言っています。
クリックして書籍が購入できてもジロコには利益が生じません。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA