心の病・ジョブ雇用は自営型へ進む危険性 2020.8.3

スポンサーリンク

心に明かりを!ジロコのブログです。

ロナ禍の今、大企業がジョブ型雇用なんてものを始めたそうです。
詳しくは検索をしてみればわかりますのでここでは省略します。

要するに、日本型雇用形態に完全終止符を打つということです

終身雇用形態はガラガラと完全に崩れさるということです。

コロナ禍のような事態が生じた場合に

喪黑君!明日から来なくていいよ!

そのような人件費の削減が直ちにできる経営者にとっては都合の良い雇用形態といえるでしょう。

政府の赤字は民間の黒字なんて言われています。

利益第一主義に陥ってる企業が労働者諸君の生活など顧みるはずはありません。

コロナ禍で国民が苦しんでいるのに、消費税を廃止しないこの国の態度をみればわかるでしょう。

労働者諸\諸君など単なる将棋の駒同然、いや将棋の駒はなくては困りますから

その辺にいるポチ同然いえるかもしれません。

<バカジロコ!国民バカにする癖がついてるゾウ!>

バカジロコ

ジョブ雇用はやがて自営型雇用へと進むでしょう。

出社不要だゾウ!

一日何時間働こうが自己勝手だゾウ!

なんて働き手に都合がいいように宣伝され

雇用保険は?

労災は?

失業保険は?

健康保険は?

年金積み立ては?

全て自己負担だゾウ!

労働者一人一人が会社と雇用契約ではなく、請負契約を結ぶことになるでしょう。

まだほかに大きな問題があります。

自営型になれば、家に一日中閉じこもっている事態の増えるでしょう。

貧困な住環境では、一日中家族と顔を合わせることになります。

亭主元気で留守がいい!

の法則?に反します。

今回のコロナ禍で証明されたと言えます。

家庭不和が激増し・・・・・

結果は悲惨なものになるぜええ!

とジロコは警鐘を鳴らします。

ジロコ

そしてコロナ禍のような事態になれば?

喪黑君!今日で契約解除だゾウ!

失業手当などないゾウ!

経営者の思うつぼと言えるでしょう。

引用画像

この国は財務省と経団連に操られているのか?

洗脳され切った、お花畑思考はやめたほうが無難でしょう。

中国が不気味な動きをしているそうです。

まっ、この国は戦わない国ですから舐められ放題といえるかもしれません。

引用画像

記事が突然ワープするのがジロコの記事の特徴です。

いわゆる、統合失調型記事と言えるでしょう。

ジロコ

食いすぎデブではなく、飲みすぎデブだぜええ!

やがて会社が自営業の集合体となります。

当然間に意味のない会社が媒介するでしょう。

自営業者☞媒介会社☞雇用会社

不要不急になれば

直ちに契約解除です。

コロナ禍が終焉したころには大勢のホームレスがさまよっているでしょう。

引用画像

都道府県で勝手に休業要請すればいいじゃん!

政府は知らん顔と感じられます。

GOTOで感染拡大させるゾウ!

感染者を収容する施設が足りないぜええ!

野放しにすればいいゾウ!

そこら中感染者がうろうろ?

そうかあ!

目的がジロコにはわかったぜええ!

ジロコ

あなたにはゾウさんの目的がわかりますか?

中国の船が日本の領海内でうろたえている?

引用画像

だったらどうすんですか?

おもてなしですか?

いじり画像

そうは言っても、これはやめてくれえええ!

とジロコは叫びます。

引用画像

消費税もやめてくれええ!

スポンサーリンク

引用画像

TVを見ていても

消費税やめろう!

という声は聞かれません。

洗脳され切った、お花畑思考だぜええ!

いじり画像

経済評論家の三橋貴明先生のブログから引用します。

引用画像

引用〜

所得「再分配」という貨幣のプール論

NEW!2020-08-02 07:32:35テーマ:日本経済関連

勝利への道 反緊縮の「空気」を醸成せよ![三橋TV第269回]

 未だに政治家などが口にする、
消費税は社会保障のために必要
 といったレトリックは、

完全に「貨幣のプール論」(商品貨幣論)です。

上記レトリックは金貨銀貨といった「物理的形状を持つ貨幣」しか存在しない世界で、貨幣のプールから貨幣を取り出し(消費税)、それを社会保障として再分配している

というイメージです。
 多くの国民が、「物理的形状を持つ貨幣」の流れ、つまりは嘘」で消費税や社会保障支出を理解しているというのが現実でしょう。

実際の貨幣の動きを見ると

銀行預金や日銀当座預金、国債といった「データ」あるいは「数字」がコンピュータ上で変わっていっているだけ

で、物理形状を持つ貨幣は(現金紙幣と硬貨しかないですが)全く動きません

そもそも、「所得再分配」という言いかたがおかしい

のです。何しろ、政府の支出はスペンディングファーストなので、所得を税金として徴収する「前」の段階で、「分配」は終わっています。

無論、国内の所得格差を縮小する、つまりは高所得者層の所得を減らし、低所得者層の所得を増やすという点で、累進所得税などが有効であるのは確かです。とはいえ、「所得再分配」と言われると、

高所得者層の貨幣のプールから貨幣を奪い取り、低所得者層に分配する」

というイメージになってしまいます。

実際には、そんなことはしていません。低所得者層への分配が先に行われ、高所得者層からの徴税を日銀当座預金の数字に変え、国債の償還をしているのでございます。具体的に書くと、政府の日銀当座預金が減り、銀行の日銀当座預金が増え、銀行のBSの借方、政府のBSの貸方に計上されている国債の数字が減るわけです。

 とはいえ、BS(バランスシート、貸借対照表)や日銀当座預金など「貨幣の種類」について理解していない人が、

所得再分配とは言っても、実際には政府の指示で、低所得者層の預金の数字を増やし、高所得者層の預金の数字を減らしているだけ」

などと言われても、全くピンとこないでしょう。

これは本当に、根が深い問題です。

『消費税めぐり自民党内に減税論 時限措置で経済刺激、英独は引き下げ
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200731/mca2007310500006-n1.htm
 自民党内で時限的な消費税減税論がくすぶっている。新型コロナウイルス感染拡大によって大きく落ち込む景気を刺激するためだ。英国やドイツなどは日本の消費税に当たる付加価値税の減税に乗り出した。現段階で政府は否定的だが、安倍晋三首相が消費税減税の判断を大義名分にして、年内にも衆院解散に踏み切るとの見方は消えていない。(後略)』

 興味深いのは、後略部の菅官房長官の発言。

『ただ政府は消費税について

社会保障のために必要なもの」(菅義偉官房長官)

との立場を堅持している。』

思いっきり、貨幣のプール論でございますね。

別に、消費税が無く、PBが赤字だったとしても、社会保障の支出が必要ならば、普通に国債を発行すれば済む話です。

つまりは、PB赤字の拡大ですが、「PB赤字=政府の貨幣発行」でございますから(インフレ率が許す限り)何の問題もありません。しかも、日本銀行が国債を買い取れば、政府の償還負担・利払い負担が実質的に消滅するため、尚更、無問題です。

とはいえ、菅官房長官を始め、政治家の九割以上、国民の99%が、
「政府が支出するためには、物理的な形状を持つ貨幣を、どこかから調達しなければならない。国民から消費税で調達するのも、やむを得ない」
 といった出鱈目というか

非現実」を頑なに信じている

というか、
「もしかして、違うのでは?」
 と、

疑うことすらしない

わけですね。太陽が東から昇るのと同じように、「政府の支出には、貨幣の調達が必要」と、誰もが思い込んでいる。

改めて、これは大変な問題です。

MMTが経済学的に説明した通り、貨幣のプールが存在し得ないのは疑いないのですが

誰もが頭の中に貨幣のプールを想像し、おカネの流れについて思考してしまう

そして

貨幣観が違う以上、財政観が狂い、経済政策を間違える。

我々が普通に使っている「所得再分配」という言葉そのものが、貨幣のプールを想定していることに気が付き、本日のエントリーを書きました。皆様のご意見もお聞かせ下さいませ。

「正しい貨幣観に基づく経済政策を!」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(三橋貴明のブログ)

消費税やめろうという声が聞こえないのは

皆が洗脳され切って、思考を取り戻すことが困難と言えるでしょう。

<バカジロコには言われたくないゾウ!>

バカジロコ

おりこうさんは洗脳から覚めにくいぜええ!

台風が来るゾウ!

中国も来るぜええ?

対策は?

自己責任だゾウ!

続くべええ!


書きやむべええ!


®ムームジロコ

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の感想で変えています。
< >内は多重人格であるもう一人のジロコが言っています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。

©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA