心の病・あれこれ小細工で消費税減税・廃止に意識を向けさせないわけは2020.7.2

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
昨日から、消費税再増税になりました。

キャッシュレス決済によるポイント還元の終了です。
マッ、結果はすぐに実感できるものではないでしょう。

コンビニのレジ袋も有料になりました。
この国は下流国民の生活をますます貧困化にしていくような態度をとっているとジロコは感じます。

ジロコ

誰のための国なのか?
昔、国民の生活が第一なんて言っていた人がいましたが
日本国民の生活が第一とはいっていなかったような記憶があります。

この国の下流国民の生活が第一だゾウ!
なんて言う人はいません。

引用画像

 

一方上流国民は

引用画像

国民の格差はますます大きくなっていきます。

 

当たり前だゾウ!この国の政策だゾウ!

引用画像

そうは言っても、この国の経済は
外国人頼りは終焉したぜええ!
とジロコは感じます。

外国人宿泊者が増えたゾウ!
なんて一時期喜んでいても
引用画像
コロナで、地獄だぜええ!

 

人生一寸先は闇?

引用画像

心配事の一割は起こるぜええ!

引用画像

だったら心配しなけりゃあ何も起こらないゾウ!

なんかどこかの国の防衛態度ににてない?

 

外国人頼りをしていなければ
引用画像
なんのこっちゃああ!
なんてことですんだかもしれません。

特定のものを儲けの対象にするのは危険性が高いといえるでしょう。
この国の下流国民を粗末に扱ってきた
罰だぜええ!
なんて言うと、非難喝采になるかもしれません。

下流国民をドンドン貧困に追い込んでいき
貧困の連鎖が止らないぜええ!
虐待の連打も止まらないゼええ!

都知事選候補者が何を言っているのか
ジロコは都民ではないのでわかりませんが
消費税減税
東京一極集中是正
なんて言っているはずがないとジロコは感じます。

都民は東京からでていけええ!
なんていったら・・・・・

避難場所がない区民はさっさと移住をしなければ
ならなくなるとジロコは感じます。

100メートルの高さの防波堤をつくるゾウ!
なんて言っても不可能でしょう。

100メートルの防波堤で囲まれたら
刑務所にいる気分だぜええ!
なんてジロコは感じます。
引用画像

雨が降り続ければ、この国のいたるところでがけ崩れが起こり
復旧がボランティアでは歯が立たないぜええ!
なんていう状況に至るでしょう。

復旧に100兆円かかったぜええ!
大雨災害復旧税だゾウ!
直ちに消費税15%だゾウ!

財政破綻論を撲滅させなければ
増税路線まっしぐらの
恐怖の増税大国
なんてものになるでしょう。

下流国民がこのような態度でいれば
引用画像
引用画像
自業自得だぜええ!
自己責任だゾウ!

既に避難は自己責任になっているようです。

当然非難も自己責任ですから
人を非難する前に、どのような責任が生じるか?
考えてみることが必要かもしれません。

あなたは誰かを非難したことがありますか?
いじり画像
消費税やめろう!声が聞こえてきません。

9月からキャッシュレス決済によるポイント還元がまたまた始まります。
マイナンバーカードが必要とか
当然銀行口座番号も紐付けされるでしょう。

何が目的か?
ジロコはスーパーシティの実現だぜええ!
中国の企業や
日本の大企業が支配する都市の誕生です。

そして誰かがボロ儲け

今だけ金だけ自分だけ思想で突っ走ります。

神はどういう態度に出るか?

<バカジロコ!妄想もいい加減にしろ!>
いじり画像

経済評論家の三橋先生の記事を引用します。

引用〜
全ての日本企業を救うんだ
NEW!2020-07-01 07:30:56
テーマ:日本経済関連
緊縮の牙城「東京財団政策研究所」嘘だらけの消費減税「反対」運動[三橋TV255回]


【三橋貴明 緊急寄稿①】「国家が国民を守らない国」で、どう生き延びるか?

【三橋貴明 緊急寄稿①】「国家が国民を守らない国」で、どう生き延びるか?

この6月に新刊『自民党の消滅』を上梓した、経世論研究所所長の三橋貴明氏が緊急寄稿。黒川検事長定年延長問題、河井前法相献金問題などに揺れ、危機的な状況にある自民党の行末を本書で考察し、日本の民主制についても鋭く言及した同氏が、コロナ危機を経て深刻化した日本のデフレーションについて解説し、巷にあふれる「自己責任論」について一考を投じる。

スポンサーリンク

さて、本日から消費税再増税。すなわち、キャッシュレス決済によるポイント還元終了です。19年10月から20年6月までの九か月間で7000億円の予算だったため、年間1兆円弱の再増税ということになります。

コロナ危機でなくても、消費税再増税は消費を露骨に減らします。ましてや、コロナ禍と第二次世界恐慌の最中に、平気で再増税した安倍政権について、そのおぞましさと怠惰ぶりと共に、記憶と記録にとどめておきましょう。

 5月の鉱工業生産が、目をそむけたくなるような悲惨な状態に至っています。

【鉱工業生産指数(生産・季節調整済み)の推移(2015年=100)】

 

h

ttp://mtdata.jp/data_70.html#koukougyou

う、うそだろ・・・・・。
という印象です。

全体の鉱工業生産指数(生産)が、対前月比▲8.4%。対前年比▲24%。
そして、自動車工業の生産が、対前月比▲23.1%、対前年比▲59.1%。

自動車生産が、何と一年前の五月と比べ、六割近くも落ち込んでいる・・・・。言葉になりません。

ちなみに、鉱工業生産の最近のピークは、19年9月。10月の消費税増税以降、下落しているところにコロナ禍が襲い掛かり、4月と5月に「はたき落とされた」感じになってしまいました。

本件について、田巻一彦氏が比較的まともなコラムを書き、「第三次補正予算の必要性」を訴えていました。

『コラム:日本に生産ショック、主軸の自動車不振が深刻 年内3次補正も

https://jp.reuters.com/article/column-kazuhiko-tamaki-idJPKBN24112K?feedType=RSS&feedName=special20
5月鉱工業生産は、予想されていたとはいえショッキングな数字だった。「四番打者」とも言える自動車の不振が主因であり、世界の自動車需要を見通せば、主軸の不振で日本経済の停滞が長期化する可能性がある。自動車産業は裾野が広いだけに他の産業への波及効果もあり、年内の3次補正編成は必至の情勢になってきたと言えるだろう。(中略)
年内の2020年度第3次補正予算編成は避けられない事態であり、政府債務の膨張に対し、財政・金融政策がどのように立ち向かうかも、今から検討すべき課題であると指摘したい。 』

田巻氏は、第二次安倍政権発足時に、
『コラム:自民圧勝で「アベノミクス」始動、アキレス腱は金利上昇』

https://jp.reuters.com/article/tk0575713-column-tamaki-san-idJPTYE8BG04220121217
というコラムで、「生産年齢人口の減少という経済成長の足かせ要因」「マーケットの疑念」「財政ファイナンスへの疑い」といった、ありがちなおバカ用語を散りばめた記事を書いていたため、わたくしの中では「バカ頭が弱い人」扱いだったのですが、昨日の記事はまともです。

ただし、それにしても、
「政府債務の膨張に対し、財政・金融政策がどのように立ち向かうか」
と、余計なことを書かざるを得ないんですね。

政府が貨幣(新規国債)を発行したところで、金利もインフレ率も適切な水準に収まっているのだから、それでいいじゃん。ホント、面倒くさい。

そんなことよりも、とにもかくにも政府は早期に第三次補正予算を組み、自動車をはじめとする「全ての日本企業」を救わなければなりません。

「そんな、バリバリにグローバリズムを展開していた自動車企業まで救うのか!」
と、言われそうですが、救うんですよ。「全ての日本企業」を救うんです。

だいたい、今は、
「この企業はこの程度のグローバル化で、日本国民をこの程度苦しめたので、アウト。この企業は、ギリギリセーフ」
とかいった「神学論争」をやっている場合ではありません。

グローバル化を推進した日本企業であっても、「同じ日本国民」である以上、救うのです。しかも、グローバル化した日本企業の下には、膨大な日本の中小企業がぶら下がっているんですよ。特に、自動車はすそ野が広い。

現在、世界各国は日本並み、あるいは日本以上のペースで、経済が悪化していっています。特に、アメリカで感染爆発が収束しそうにないのは、痛い。

というわけで、外需は全く期待できない状況である以上、日本政府は、
「日本国民の購買力拡大と、生産の国内化、「元」グローバル企業のメイン市場を国内に切り替える」
と、明確な意思を以て政策を推進する必要があります。

日本企業のメインの顧客は、「豊な日本国民」であるべきなのです。この、国民経済の基本、あるいは「かつての日本」を取り戻すためにも、政府は明確な「内需中心」のコンセプトの下で、第三次補正予算策定に早期に取り掛からなければなりません。

念のため繰り返しますが、「全ての日本企業を救う」のです。この原則から外れると、すぐに「新陳代謝論」「ゾンビ企業は潰せ論」といった自己責任論に戻ってしまいます
同じ国民が働く日本企業である以上、救うんです。今回、特定の理由をつけて同じ国民を見捨てた場合、次に見捨てられるのは貴方かも知れないのですよ。

日本政府は全ての日本企業を救え!」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(三橋貴明のブログ)

漫画の天才〇〇〇〇の中で
これでいいのだ!
なんて言われています。

つまらない人生で満足ですか?
なんてあおられても
これでいいのだ!
と言えばネギカモにならずに済むかもしれません。

あおられて2億円の借金がのこった人のその後は
この記事には関係ありませんが
つまらない人生から抜けるのは不可能に近いぜええ!
と、心理カウンセラーのジロコは感じます。
ジロコ

 

真理を悟ったジロコ仏陀も同様に感じます。
ジロコ仏陀

じたばたせずに
消費税やめろう!
コロナ復興税やめろう!
デジタル化やめろう!
と、日々唱えることが重要と言えます。

下流国民にお勧めの重要事項説明書
①消費税を止めさせること
②コロナ復興税をやめさせること
③スーパーシティをつくらせないこと
④財政破綻論を撲滅させること

キャッシュレス還元に踊らされていれば
単なる踊らされるピエロではなく
〇国の奴隷になったゼええ!
引用画像

密かにこの国が・・・・・
いじり画像

消費税やめろう!
コロナ復興税やめろう!
スーパーシティやめろう!
デジタル化やめろう!

叫び続ければ
神への態度を悔い改めてるぜええ!
画象

これでいいのだ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコムームージロコ

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体は著者の感想で変えています。
< >内は多重人格であるもう一人のジロコが言っています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA