心の病・スーパーシティ法案可決で日本が消えゆく2020.7.1

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
コロナ禍のどさくさの裏でスーパーシティ法案が可決されたそうです。
これって火事場泥棒的な政治手法とジロコは感じます。

増すゴミは報道したのか?
報道しない自由だゾウ!
都合の悪いことを報道しないのは
国民を洗脳していることと同じだぜえ!
と、ジロコは感じます。
ジロコ

ゾウさんもこの国を
デジタル化するゾウ!
なんて言ってます。

どんな意味でしょうか?

中国が買い占めた土地は皆中国特区になるぜええ!
引用画像
そのような危機感を覚えるのはバカジロコだけかもしれません。
引用画像

幸い、キャッシュレス決済やめたゼええ!
なんていう小売店が増えているそうです。
手数料5~7%取られたのでは
やってられないゾウ!
なんて言うことになるのは自然でしょう。

そうは言ってもキャッシュレス化が進まないことには
スーパーシティの実現に歯止めがかかります。

どうすんだよう!
決まってるゾウ!
政府が手数料負担するゾウ!
なんて言うことになるでしょう。

ジロコの予感です。
ジロコ

そうは言っても
国民思いの政治だゾウ!
なんて感動や勘違いしてはいけません。

感動と言えば
つくられた感動!
なんてジロコはすぐに思います、。
人生に感動の場面なんてめったにあるものではありません。

スーパーシティ、つまり他国の支配する街造りを
するゾウ!

なんて、洗脳され切った、お花畑思考から抜けたジロコは感じます。

スーパーシティ実現はこの国を亡き者にしようという陰謀が隠されているかもしれません。

スーパーシティ法案やめろう!
と、スーパーシティ法案実現を阻止する態度が
下流国民には求められているぜええ!
ジロコはそのように感じます。
ジロコ

このような陰謀が密かに進んでいるのかもしれません。
引用画像

ところで巷で感染者が増えてるそうです。
そうは言っても、国民を救うためにこれ以上お金を出せないゾウ!
なんて言う意志をジロコは感じます。

ほっとけ!ほっとけ!
そのような音が聞こえます。
ほっとけば誰でも仏になれます。
仏のジロコ

ほっとかれて、戦後200万人以上が仏?になっています。

200万人以上の怨霊の呪い?

今年の夏に集中するぜええ!

ジロコは感じます。

 

個人の感想を言ってもこの国では、今のところ罪に問われません。

コロナに関しては緊急事態宣言なんて二度と出されないでしょう。

今後は気象の変化による緊急事態宣言なんてものが考えられます。

石炭火力発電やめろう!
なんて世界の潮流になって来ています。

気象の異常は二酸化炭素が原因だゾウ!
証明されたのでしょうか?
それとも誰かの金儲けのネタにされているのでしょうか?
ジロコにわかるわけがありません。

マッ、一般国民はどうせわかんないんだから
なんでもありだゾウ!
ジロコはそのように感じます。

都知事選の候補者が、世の中おかしいいぜええ
なんていっていたような気がします。

おかしいのに、おかしいと感じない人が激増している?
おかしいことをおかしいといわないのはおかしいなんて言っていた人も、すっかり環境になじんでしまったようです。

今では、おかしいことをおかしいという人がおかしいゾウ!
という世になってしまった感です。

ジロコはおかしいいぜええ!
なんて、自分で自分がおかしいとわかっている人は
おかしくないのかもしれません。

<バカジロコ!なんなんだこの記事は!>
バカジロコ

そうは言っても、洗脳され切った、お花畑思考のままの人もいるでしょうから、
ジロコはおかしいぜええ!
なんでだろう?
と思考を取り戻すことも重要事項でしょう。

この国を中国に売り渡すのか?
重要事項と言えば、
いじり画像

経済評論家の三橋先生のブログから引用します。
中国が支配するだけでなく、一企業が支配する街なんていうのも続々と登場するでしょう。

喪黑産業が支配する
喪黑市なんて出てくるかも。

あなたはどう思いますか?

引用〜
「緊縮路線への回帰は誤りだ」と英ジョンソン首相
2020-06-30 06:26:18
テーマ:欧州経済

緊縮の牙城「東京財団政策研究所」嘘だらけの消費減税「反対」運動[三橋TV255回]


日本においては、相も変わらず古臭い財政破綻論が猛威をふるい、二度の補正予算を「増税」により回収しようという、国家としては「考えられない愚策」がまたもや議論されようとしていますが、世界は着実に「反・緊縮財政」の方向に動き出しています。

何しろ、「他に国民を救う方法がない」わけで、まともな政治を持つ国であれば、反・緊縮財政にピボット(転換)して当然なのです。

スポンサーリンク

先日、アメリカやドイツの例をご紹介いたしましたが、本日はイギリス。

『英首相が財政支出の意義訴え、今こそ「ニューディール」的対応を

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-britain-johnson-idJPKBN2400YT
ジョンソン英首相は29日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた英経済を回復させるため、大恐慌に対応して「ニューディール政策」を打ち出したルーズベルト米大統領のように財政支出を拡大する方針を示し、緊縮路線への回帰は誤りだと述べた。
英政府は、1330億ポンド規模の新型コロナ緊急対策を発表している。
ジョンソン首相は、タイムズ・ラジオに対し一連の対策で引き続き国民と企業を支援していくとし「英国にはルーズベルト的アプローチが必要な時だ。英国経済はダイナミックで生産的なため、投資は報われると考えている」と語った。
英債務管理庁はこの日、4─8月に2750億ポンドの国債を発行する計画を明らかにした。財政支出拡大を受けたもので、4─7月の発行見通しから500億ポンド増え、昨年度(2019年4─20年3月)の発行総額(1368億ポンド)の倍以上となる。』

日本国民は、別に「ルーズベルト的アプローチが必要だ」という必要はありません。我々には、偉大なる先人がいます。
日本には高橋是清的アプローチが必要な時だ。

しかも、高橋是清の時代とは供給能力が段違いであるため、為替レートの変動を気にする必要はない。(※高橋是清は金本位制を離脱しましたが、その後、円安水準でポンドペッグにしています(中野剛志:著「日本経済学新論」より)。

ところで、昨日、MMTという正しい「貨幣観」から導き出される正しい財政観が、
「変動為替相場制の国は、インフレ率が許す限り、政府は国債発行、中央銀行の国債買取と貨幣発行が「無限」に可能であり、財政的な制約がない」
であると解説しましたが、もう少し掘り下げておきます。

変動為替相場制の国とは、日本、アメリカ、イギリス、等を始め、多数あります。というか、ユーロ加盟国とレバノンなどの固定為替相場制以外の国は「全て」ですね。

ということは、世界の多くの国々でMMTポリティクス(MMTに基づく政策)が可能かと言えば、そんなことはありません。しつこいですが「インフレ率が許す限り」という条件を無視してはいけません。

供給能力が不足し、インフレギャップが拡大している国の政府が、貨幣発行(新規国債発行、中銀の国債買取)により需要を拡大すると、普通にインフレ率が急騰し、いきなり「インフレ率が許す限り」の条件を守れなくなります。

さらに、同じく「供給能力不足の貿易赤字国」の政府が財政で需要を拡大すると、輸入拡大により貿易赤字がさらに膨張します。となると、「変動為替相場制」である以上、為替レートは下落していきます。

為替レートの下落は、輸入物価を引き上げるため、やはり「インフレ率が許す限り」の条件を守れない、という話になるわけです。(全ての貿易赤字国はMMTポリティクスができない、という話ではないです。念のため)
となると、MMTポリティクスの実践が「完全に近い形」で可能なのは、
「変動為替相場制の独自通貨国で、供給能力が十分な国」
に絞られることになります。すなわち、日本、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイスです。

中国は、微妙です。理由は御存じの通り、中国が管理フロート制を採用しているためですが、とりあえず外貨準備が(見た目は)十分であるため、MMTポリティクスの実践が可能と考えておくべきでしょう。

もっとも、香港問題など不確定要素が強くなっているため、今後の中国が「人民元暴落+インフレ率急騰」という「制約」に直面する可能性は、少なくともゼロではありません。

対する日本は、ゼロです。

コロナ危機で、第二次世界恐慌が進行中。そんな中、「正しい貨幣観」「正しい財政観」に基づくMMTポリティクスを実践した国だけが、繁栄への道を走ることになります。

変動為替相場制の独自通貨国で、国債は100%自国通貨建て。世界最大の対外純資産国にして、経常収支の黒字が所得収支により延々と続き、「通貨暴落」「インフレ率急騰」が全く考えられない国が、我が国です。

世界の先頭を走るポテンシャルを持ちながら、愚かしく間違った貨幣観、財政観により没落していく。耐えられません。

というわけで、この際、使えるものは何でも使いましょう。わたくしは「ではのかみ」が嫌いですが、それでもあえて言います。
「イギリスではジョンソン首相が完全に反緊縮に舵を切った。日本も見倣え!」

「イギリスを見倣い、反緊縮に舵を切ろう!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(三橋貴明のブログ)

金儲けを企んでいる輩には緊縮財政が都合がいいのかもしれません。

一部の輩の金儲けが目的?の国ですから
下流国民が救われることはないでしょう。

少子化問題も生まれて来た子供にいくら大きなお世話をしても
生まれないのが問題だぜええ」

その根本は?
貧困だぜええ!

貧困からの脱出の第一歩は
消費税廃止だぜええ!

さらなる貧困を食い止めるには
コロナ復興税やめろう!

洗脳され切った、お花畑思考を断ち切らなければ
下流国民の明日は無いでしょう。
引用画像
先制攻撃だぜえええ!
平和は戦いで勝ちとるものだぜええ!
<バカジロコ!危険思想だゾウ!>
バカジロコ

スーパーシティ法案やめろう!

消費税やめろう!
コロナ復興税やめろう!

引用画像
MMTは博打じゃあないぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体は著者の感想で変えています。

< >内は多重人格のもうひとりのジロコが言っています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA