心の病・必死で増税&身を切る改革をしなければ財政破綻論の嘘が証明されてしまう2020.6.30

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
TVドラマで
「人生やり直しできるわけないじゃん!」
なんて刑事が言っていました。

犯罪者のレッテルやバーコード?を貼られてしまえば
世間からシラーとした目で見られます。

刑期を終えて罪を晴らしたぜええ!
なんて言っても世間には通用しません。

いわゆる後悔先に立たずで、絶対に犯罪には手を染めないことがこの国で生きていくには重要事項です。

悲惨な事件が散発しています。
この記事はそのことには触れません。

財政破綻論者も、人生をやり直すことは困難と言えます。

バカなジロコだったら
財政破綻論は間違ってだぜええ!
なんて言えば済むことですが
有識者や御用学者などは
間違いを認めることは
社会的生命の終わりと言えるでしょう。

企業の赤字転落のように
下流国民に転落する可能性は大きいでしょう。

TVやラジオに出演して稼いでいた人は?
御用放免となり収入が激減した人は?
コロナ以上の恐怖とジロコは感じます。
ジロコ

コロナ禍で財政支出が大幅に増えました。
今後第3次、第4次とさらなる財政支出を否定できません。
ラジオで評論家が言っていたように
「財政の穴埋め」
せずに放っておいたら?
何も起きないぜえええ!
これでは財政破綻論の嘘が見え見えになってしまいます。

どうすんだよう?
決まってるじゃん!
コロナ復興税だゾウ!
言い出しっぺは誰か?
下流国民はしっかりと記憶しておくことが重要です。

将棋や野球の勝ち負けなど下流国民の生活にはなんら影響がないでしょう。
ジロコは将棋や野球には興味がありません。
狂団M氏も商業スポーツは将来消滅すると言っています。

狂団M氏から黄色封筒が届きましたが、
今は開封している時ではありません。
それはさておき

財政破綻論の嘘がばれないために
必死になって
「財政の穴埋め」を主張してくるでしょう。
コロナ復興税だゾウ!
消費税15%だゾウ!
炭素税だゾウ!
石炭発電税だゾウ!
ペット税だゾウ!
ペットボトル税?だゾウ!
異常気象税?だゾウ!
などなど
あらゆる手を使って増税をしかけてくるでしょう。

異常気象は二酸化炭素のせい?
もし、気象兵器だったら?
で誰が儲ける?

二酸化炭素犯人説で

誰が儲ける?

そのように考えてみることも
洗脳され切った、お花畑思考から抜け出るためには必要かもしれません。

洗脳され切った、お花畑思考で生きたほうが楽だゾウ!
なんてあおられているかもしれません。

あおり大国日本!
あなたの悩みは
あおられていることが原因ではないでしょうか?
心理カウンセラーのジロコはそのように感じます。
ジロコ

現代は末法時代で
今だけ金だけ自分だけ
がすべての世界に染まっていますから

今だけ思想で
財政破綻論を叩きつぶせええ!
と戦わなければ
下流国民の明るい未来は来ないでしょう。

トンネルの出口に人類を導く希望の灯火なんて言ってもウソだぜええ!
引用画像

トンネルの先に見える明かりは?
トンネルを抜けたら?
地獄だったぜええ!
いじり画像

ジロコ仏陀は末法時代の恐怖を感じます。
ジロコ仏陀

都知事選の候補者は
緊縮財政やめろう!
なんて言わずに
身を切る改革だゾウ!
なんて言ってれば・・・・・

TVで主要候補なんていって当選をあおっています。

主要候補以外は雑魚かよう!

人気投票じゃん!

ジロコの感想です。

ジロコ

 

経済評論家の三橋先生のブログを引用します。
今だけ、集中して財政破綻論の嘘八百を拡散しなければ
下流国民は元の木阿弥以上の悲惨な状況に陥るでしょう。

最近電車が止るぜええ!
そうは言っても
自業自得だゾウ!
自己責任だゾウ!
なんて言われれば

 

ザケンナよう!
引用画像
怒りを表すことがイライラ防止には効果的でしょう。
怒った時には怒らなければ、イライラは増加します。

そして
イライラして・・・・・

やり直しできないぜえええ!
いじり画像

引用〜
正しい貨幣観、財政観、政策を!
NEW!2020-06-29 06:44:13
テーマ:日本経済関連
自民党の消滅 日本で語られたことがない権利・権力・国家・政治の話[三橋TV254回]


昨日のエントリーを踏まえた上で、日本で「国民が豊かに、安全に暮らせるようにする」経世済民の政策を推進するための「段階」を考えてみましょう。

スポンサーリンク

1.正しい貨幣観(MMT)の共有
2.正しい財政観の共有
「変動為替相場制の国は、インフレ率が許す限り、政府は国債発行、中央銀行の国債買取と貨幣発行が「無限」に可能であり、財政的な制約がない」
3.正しい貨幣観に基づく政策を議論(MMTポリティクス)
4.各種政策の長期コミットメント(による民間企業の投資誘発)

日本では、未だに「間違った財政観」に基づく財政破綻論が多数派に共有されており、今回のような非常事態に「政治」の力で財政拡大(新規国債発行)が実現しても、
「将来的に税金で返済する」
という、まさに家計簿の発想で政策議論が進んでしまいます。

典型的な間違った財政観、貨幣観の記事。

『コロナ危機で消費税減税方針のドイツ 日本でも同じことは可能か?

https://news.yahoo.co.jp/articles/34c21c4e1266820ce489f3d061b8b3e48e0a9a3d
コロナ危機で消費税減税方針のドイツ 日本でも同じことは可能か?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスによる経済の落ち込みに対処するため、ドイツ政府が半年という期間限定で消費税の減税を実施する方針を固めました。ドイツの動きを受けて、日本国内でも減税を求める声が高まりそうですが、日

news.yahoo.co.jp

(前略)◆日本で消費税減税の可能性は低い
一方、日本は慢性的な財政赤字となっており、政府債務の対GDP(国内総生産)比は先進国の中でも突出しています。一部では日本円での発行であれば、いくら国債を発行しても問題ないと主張する論者もいますが、主流派経済学では、過度な財政赤字は金利上昇や中央銀行の信用低下につながるため弊害が多いと解釈されています。ドイツが憲法で財政均衡を義務付けているのもそれが理由ですし、実際、ドイツは財政均衡と高い経済成長を見事に両立しています。
経済学的な議論はともかく、日本の政府債務比率が先進国でも突出した水準になっている以上、大規模な減税実施にはかなりの困難が伴います。政府内部では、コロナ対策費の最終的な財源として、東日本大震災の復興特別税と同じような、増税プランが議論されている状況ですから、消費税を減税するというプランが浮上する可能性は極めて低いでしょう。』

「経済学的な議論」が何なのか知りませんが、結局のところ、1の貨幣観を間違えていると、2が全く理解できず、「コロナ対策費の最終的な財源」として「増税プラン」などという話にならざるを得ないのが現実なのです。

この記事が面白いと思うのは、「1」について、自分の貨幣観が間違っている、ひいては財政観も間違えている、結果的に結論が間違ていることを「薄々」と感じつつ、これまでの言説を変えたくないため、責任を思いっきり「主流派経済学」に擦り付けている点です。

「主流派経済学では、過度な財政赤字は金利上昇や中央銀行の信用低下につながるため弊害が多いと解釈されています」

 うん、なるほど。じゃあ、この図を説明してみ?

【日本の中央政府の純負債(左軸)と長期金利・インフレ率(右軸)】

http://mtdata.jp/data_70.html#saimuchouka

「過度な財政赤字」がいくらなのか知らんけど、日本は1980年から2018年にかけ、政府の純負債(赤字の蓄積)を15倍にしたにも関わらず、長期金利やインフレ率は「下がっていき」今は両者ともにほぼゼロ。

金利上昇や、中央銀行の信用低下は起きたのか?

もちろん、起きていないわけですが、ここでグラフを「見ぬふり」をするのではなく、「なぜなんだろう?」と考えることが、人間というものですよ。自説を完全に否定することになる「事実」を見るのが嫌なら、せめて黙ってろよ。

日本はまさに、2の「正しい財政観」である、
「変動為替相場制の国は、インフレ率が許す限り、政府は国債発行、中央銀行の国債買取と貨幣発行が「無限」に可能であり、財政的な制約がない」
証明したわけでございます。

日本自ら証明した2の共有がなされれば、3へと進み、政治家が「政策の優先順位」を議論すればいい。「どれをやるか?」ではない。供給能力とのバランスを考え、「全部やる」で構わない。

そして、政府が長期的な財政拡大計画をコミットすれば、企業の設備投資が増え、供給能力が高まるため、インフレ率は抑制される。さらに、供給能力が高まれば、政府の財政拡大余地はさらに広がる(インフレになりにくいため)。

これが、経済成長であり、バブル崩壊までの日本の勝ちパターンだったのです。

ところが、大本の「1 貨幣観」が狂っていると、財政観と政策が全て間違えてしまう。結果が、国民の貧困化と、国家の小国化ですよ。

というわけで、結局のところ「2 財政観」を正すためには、「1 貨幣観」を修正しなければならないのです。もっとも、メディアで財政破綻論をばらまいていた屑どもが改心することはないでしょう。

過去の自らの発言に縛られない国民のマジョリティが、いかに早く「正しい貨幣観」を共有できるのかに、全てがかかっていると思うのですよ。

「正しい貨幣観、財政観、政策を!」にご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります、(三橋貴明のブログ)

財政破綻論者は改心するわけないじゃん!
生活の糧だゾウ!

こうなったら増税路線を突っ走るだけだゾウ!

下流国民は増税の波を阻止できるか?

下流国民は束になって防波堤にならなければ
明るい未来はないでしょう。

消費税やめろう!
コロナ復興税やめろう!
スーパーシティ法案やめろう!
引用画像
MMTは博打じゃあないぜええ!

博打でこの国を救うゾウ!???

狂ってるぜええ!

財政破綻する前に下流国民の生活が破綻したぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ

注)引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体は著者の感想で変えています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA