心の病・言論封殺が始まった?2020.6.8

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
経済評論家「三橋貴明のブログ」一瞬表示されてもすぐに画面が真っ白になります。
思想家「中杉博のブログ」も同様です。
言論の封殺が始まった?
同じ無料ブログですからどこかから圧力がかかったのでしょうか?
他の人の記事は正常に表示されます。

ランキング順位が変わってないので、ジロコのパソコンだけがおかしいのでしょうか?

財政破綻論をしつこく?批判していますので
財政破綻論者側にとっては
目障りきわまりない記事と言えます。

財政破綻論を批判する記事は封じてしまえ!
政治屋個人を批判する記事は封じてしまえ!
〇国を批判する記事は封じてしまえ!
そのような恐ろしい国になっていくのでしょうか?

マッしばらく様子を見ることにします。

三橋先生からはメールがきますので、そちらから引用することにします。

中杉先生からはメールが来ませんので、しばらく引用はお休みです。
タイトルは表示されますのでタイトルのみ引用する場合もありますが、それでは意味が解りません。

サイバー攻撃としては、記事を見せないだけの意味しかありませんから
あまり意味があるとは思われません。

考えられるのはただ一つ?・・・

それはさておき
コロナ地獄が蔓延しています。

直接の犠牲者はこの国の国民は皆無に近いと想像されます。

特定の人種に有効なウイ―ルスかどうかはジロコにわかるわけがありません。
増すゴミもそのことについては触れないようです。
なぜ?なんて考えなくてもすぐにわかるでしょう。

緊急事態宣言が必要だったのか?
レースが終わった後に、ああだこうだと言ってもジロコには意味が感じられません。

必要なのは、この時期、今だけの時期に
財政破綻論を撲滅することです。
今後気象の変化で大災害が発生するでしょう。

金儲けのために地球にやさしいなんてやっていれば
地球が怒りだすでしょう。

地球の中に空洞があって別世界がある?
何て妄想に過ぎないのでしょうか?

宇宙の探検は賑わいますが
地球内部の探検は
映画の世界です。

復興に
けちけちして
ボランテェアだよりでは復興は不可能になるでしょう。

引用画像

引用画像

予備費5兆円はオリンピックにつかえばいいゾウ???

壊れたり流された家は国で全部立て直すゾウ!
くだりきり、冷え切った景気を一気に急上昇だゾウ!
本気で国民救うゾウ!
増税しないゾウ!
消費税は廃止だゾウ!
そのような態度でなければ国民を救うことはできないでしょう。

拉致問題もいつになってもらちがあきません。
いうだけだゾウ!
ふりをするだけだゾウ!

<ジロコよ!危険だぜええ!>
ジロコ

ジロコのブログも封殺されないとは限りません。
マッ、有料ブログなので少しは対抗力があるかもしれません。

運用側が財政破綻論者の回し者だったら?
とっくに封殺されてるでしょう。

ジロコのブログは

サイトマップ


です。
今のところ表示されます。

あのグルグルさんだったら?
仮定をしても意味がありません。
仮定にコメントすることも意味がありません。

仮定なんて言葉でジロコは
心臓カテーテル検査なんて思い浮かべました。
ジロコも心臓カテーテル検査日が決まっていますが
自覚症状が皆無なのに検査を受ける必要があるのか?
というより、検査費用が高いし、その後手術なんていうことになったら、金欠で人生を終わるリスクが大きいと言えます。

どうすんだよう?
日々悩んでいますが
ジロコの主張は、悩んだらやめろですから
止めればいいかもしれません。

マッ、人生はいつかやめる日が来ます。
明日か?数十年先か?
自分で占ってもいいのですが
怖くてできません。

三橋先生からのメールを引用します。
引用から陰陽を思い浮かべます。
ジロコは占いをする、陰陽ジロコでもあります。
いじり画像
ジロコは占い師の心理カウンセラーといってもいいでしょう。
ジロコ

しかし今はそのような記事をかいている場合ではありません。
今だけ必要な記事を書いています。

引用〜
まずは、こちらの動画をご覧ください…

月刊アンダーワールド最新号

あなたは、ご存知でしょうか。
外国人が日本に旅行する際、あるパンフレットを渡されることを…

「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります。」

こういったパンフレットを旅行代理店から手渡されるそうです。
『日本農業再生論 「自然栽培」革命で日本は世界一になる!高野誠鮮,木村秋則 (Japanese Edition) 』
驚くべきことに今や、日本の農産物が「安全・安心」と思われているのは、日本国内だけで、海外からは「汚染物」扱いされているのです。それもそのはず、日本は農薬使用大国で、農薬の使用量は、世界第3位と、中国・韓国とワーストクラスです。
実にその農薬使用量は、アメリカの5倍だといわれています。ブドウを例にすると日本は、安全基準値がヨーロッパの500倍という濃度でネオニコチノイド農薬を許容しています。

2013年のデータより作成

実にその農薬使用量は、アメリカの5倍だといわれています。ブドウを例にすると日本は、安全基準値がヨーロッパの500倍という濃度でネオニコチノイド農薬を許容しています。
  農薬基準を緩和し続けた日本政府

日本政府は、ブドウに限らず数々の農産物の農薬基準を緩和してきました…

2013年10月
ほうれん草、白菜、カブなど40種の食品の農薬:クロチアニジンの残留農薬基準値を最大2000倍に引き上げ。

2015年5月
ドイツ、イタリア、フランス、などで禁止されている農薬:クロチアニジンとアセミタプリドの食品残留基準を大幅に緩和。

2016年7月
日本人の主食である稲にまでネオニコチノイド農薬のドローンによる空中散布を解禁。

2017年6月
WHOが発がん性があると評価しているグリホサート農薬の残留基準値をトウモロコシ5倍、小麦6倍、甜菜75倍、そば150倍、ひまわりの種400倍という、レベルまで引き上げ。

2017年7月
フランス、ドイツ、スウェーデン、ブラジル、オーストラリア、アメリカ、他14か国などで使用を禁止しているグリホサー ト農薬の残留基準値を最大400倍も緩和。

しかし、これらは一例にすぎません…つまり私たち日本人が知らない間に、家庭の食卓に乗る農産物は日本政府の異常なまでの規制緩和によって農薬まみれになってしまったのです。

 農薬基準の緩和は序章に過ぎない・・
これは何も農薬の基準量緩和に限った話ではありません。 私たちの知らない間に、日本人の命が危機に晒される規制緩和・法改正が進められているのです。そして、今また密かにコロナ騒動の裏で日本の食・農業の安全を脅かす法改正が進められているのです。

一体、どんな法改正が進められているのか…

何の目的があって、日本政府が日本人の命を危機にさらすことを勧めるのか…

裏で手を引いているのは誰なのか…

これらの事実は、日本のメディアではその真実は報道されることはありません。
ワイドショーは簡単に私たちの生活を壊す
実はワイドショーがコロナ一色になっている今、新型コロナ治療薬としてレムデシビルが異例のスピード承認されたり、横浜市 議会でカジノ予算案がするっと可決したり、それ以外にも私たちの生活に密接する物事が大きく変えられているのです。

ドイツ国民を熱狂の渦に巻き込んだプロパガンダの天才ヒトラーは『わが闘争』(角川文庫)でこう言っています。
「民衆の圧倒的多数は、冷静な熟慮よりもむしろ感情的な感じで考え方や行動を決める」

こうしてコロナ騒動に意識が持っていかれている間に、着実に私たちの生活は変えられているのです… 日本はこれまで世界が驚くような発展をしてきました。 様々なセーフティネットが敷かれ、豊かな生活が守られてきました。

でも、それを当たり前のように受け取るようになった今、多くの国民がその制度のことすらほとんど知らないのではないでしょ うか? ほとんどの国民に認識されていないものは、壊すのも簡単です。 今まさに水面下で日本の破壊が進行中なのです…

そこで、「お金の流れを読む」ことで、少しでも多くの人に真実を知っていただきたいと思い始まったのが堤未果の『月刊アン ダーワールド』です。

堤末果の月刊アンダーワールド


【コロナシリーズ第2弾】
「破壊される種と米国の野望〜バイオメジャーが日本に送りこむ食料兵器の正体」

PART1
コロナ騒動の裏で進む「種苗法改正」

「ダイヤモンドプリンセス号と種苗法改正」
日本の農業を潰す、農水相の売国法案成立のカラクリ

「タネ取りで賠償金:3億円?」
なぜ、農家が自家採取できなくなるのか。

スポンサーリンク

「モンサントに支配される世界の種ビジネス」
中国シャインマスカット問題に隠れた日本政府の嘘

「日系企業は外資系企業の奴隷?」
住友化学、サカタのタネ、タキイ種苗…売国ビジネスの裏側

PART2
バイオメジャーが狙う日本の「食」
F1、遺伝子組み換え、ゲノム編集

「トランプ “ゲノム編集した種子は普通の種だ” 」
日本の食が米国の輸入品で毒される日

「ハイブリッド種子と特許ビジネス」
日本農家”種取りしても無駄だね。海外から買おう…”

「農協(JA) VS 米モンサント」
生物特許による恐怖の搾取戦略…コメの値段が2倍になる日

「経産省に侵食された農水省」
日本を滅ぼす三大法案と売国奴たちの正体…農業改革を進める日本の末路

PART3
日本が人体実験場になる!?
食卓に、恐怖の「ゲノム編集」がやってくる

「共産党が生み出すHIV免疫ベビー」
”ゲノム大国 中国”…ブタ、マッシュルーム、真鯛に隠されたタブー

「米国農務省に潜む3人のバイオメジャー幹部」
(株)コルテバ・アグリサイエンスが政界に仕掛けた賄賂

安倍首相 “ゲノムは安全”発言のウラ」
トランプ大統領に実験台にされる日本国民の末路

PART4
数社の化学兵器・製薬メーカーに
世界・日本の「食」が握られる

「NHKの放送差し止めと住友化学」
マスコミが農薬問題を報道できないたった一つの理由

「ベトナム戦争と米国バイオメジャー」
なぜ米国企業が世界を牛耳れるのか?…国防相と癒着したモンサント・デュポン・ダウの闇

「保護される海外産種子と駆逐される国産種子」
種子法廃止がもたらした日本の危機…日本から農家が消える日

「日本政府 VS 都道府県」
国産種子を守るために国民ができる唯一の行動とは?

堤未果の
『月刊アンダーワールド』とは?

『月刊アンダーワールド』は、国際ジャーナリストである堤未果による最新のニュース解説が月1回、毎月10日頃には速報として音声が届き、15日頃には、図解やテロップを含めて説明がより分かりやすくなった動画が届く会員制のサービスです。

短期利益、四半期決算、株主至上主義に社会構造が変わった今日…
国や地域、共同体に対する愛着がない彼ら大企業・大投資家は「お金」を唯一の価値として行動するため、より一層、裏の思惑が「お金の流れ」に顕著に表れるようになりました。
それら、お金の流れを丹念に紐解きつつ、事件や要人の発言を時系列に整理して並べてみると、マスコミで聞いていたのとは別の物語がキレイに見えてくるのがわかるはずです。

堤未果から学ぶ理由
1980年以降、それまでの資本主義は、アメリカでさらに進化し「強欲資本主義」となりました。
いわゆる〈今だけカネだけ自分だけ〉
堤未果さんはウォール街の米国野村證券に勤めていたので、金融の知識が普通のジャーナリストとは比べ物にならないほど豊富であるだけでなく、ウォール街の金融マンが何を考え、どのようなビジネスに投資をしようと考えているのかに精通しています。
そんなアメリカ発の「マネーゲーム」が、いま自国アメリカだけでなく世界中を飲み込もうとしており、もちろん、日本もそのターゲットのひとつになっているというのです…
1日で何千万、何億のお金を動かす証券会社でしたから、英語でもなんでも必ず「一次情報」で裏を取るというのはもう習慣となっているようです。
また、堤未果さん自身、国連で勤めていたこともあるので、国と企業のやりとりといった実務に詳しく、『月刊アンダーワールド』を通して、これら国際機関こそが「マネーゲーム」の駆け引きの舞台になっていることがよくわかることでしょう。
『以下略』

〜引用終わります。(経営科学出版『月刊三橋』事務局)

物事は

で、

誰が儲けた?

で考えれば真実が見抜きやすいと言えます。

三橋先生のブログが封殺された?

で、

誰が儲ける?

引用画像

引用画像

ジロコはWHOってなんなのだ?
と疑問を持ちます。
ジロコ
国際機関は何のために存在する?
<バカジロコ!危険だぜええ!>
バカジロコ

言論の自由はすでに封殺されている?
末法時代の恐怖の一つかもしれません。

引用画像

そうはいっても
このような態度で生きていけばいいかもしれません。
引用画像
何も知らなければ楽に生きていけるでしょう。
♩なにも〜♩しないで〜♫
昭和の時代の歌にありました。
♫それは〜♩たやすい〜♪

たやすく生きてきたツケが廻って来た?

三橋先生のブログは記事が閲覧できない状態になっています。
人気ブログランキング内では三橋先生の記事と中杉先生の記事が閲覧できません。

引用画像

どこかの勢力による仕業と推定されます。

コロナ騒ぎに紛れて、火事場泥棒的に法案が決められているようです。
引用画像

 

この国の国民はこんな態度をいつまでもしていたら
引用画像

 

ポチ同然の扱いが続くでしょう。
引用画像

国民は犬かよう?

戦いを忘れた国民?平和平和と唱えていれば平和だゾウ!
今こそ
引用画像
怒りをあらわにし
消費税やめろう!
PB黒字化やめろう!
コロナ復興税やめろう!
と叫び続け続けなければ
引用画像
引用画像
引用画像
引用画像

明るい未来?
馬鹿言ってんじゃあないよ!

堂々巡りのつまらない人生さえ失うかもしれません。
引用画像

和菓子の恩N氏のブログは記事が真っ白なのでタイトルだけ引用します。

引用〜
中杉 弘の徒然日記 の記事が更新されました。

記事タイトル: 日本の地政学(Geopolitics)②

▼ブログを見る

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12602041069.html?frm_src=favoritemail

〜引用終わります。(アメーバ)
記事が表示されるか試してみてください。

怖い世の中になってきました。

コロナ禍に気をとられるなよう!
気象の変化も待ってるゾウ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA