心の病・無くてもよかったもの 2020.6.3

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ジロコは心理カウンセラーですが書いている記事は愚だ具だです。
記事を書いてイライラを解消する「記事書き心理療法
を実践しています。

昔、心の隙間を埋めますなんて流行っていました。
ところがジロコは心の隙間を広くしますと主張しています

重要でないことは心の隙間を通り抜けていけばいいぜええ!
いちいち一喜一憂していたら心がもたないぜええ!
ジロコ

ところがジロコも一喜一憂する性格なのです。
しかし性格は治らないと言えますから無駄な努力はしないことにしています。
<バカジロコ!挫折の連鎖じゃん!>
連鎖する挫折なんて検索すればヒットします。

マッ、それはどうでもいいことです。

頑張ってみたところでコロナ禍のようなものが発生すれば
私の人生、なんだったのだ?

コロナで社会が強制的に変わってきます。
TVを見ると、学校の机をビニールの衝立で囲い
なんなんだ!この光景は?

コロナ禍に乗じて
感染予防だゾウ!

金儲け企んでも非難を浴びない時勢になってきた?
と、ジロコだけが感じます。

火事場泥棒?ジロコだけが感じます。

ジロコ

やがて人々は
無くてもよかったもの
いなくてもよかった人
そのようなものを探し始める?
政府も国民もそのような態度に陥るでしょう。

これまで必要だゾウと思っていたもの
これまで必要だゾウと思っていたお店
これまで必要だゾウと思っていた行動
これまで必要だゾウと思っていた役職
これまで必要だゾウと思っていた企業
これまで必要だゾウと思っていた業界
これまで必要だゾウと思っていたお金
これまで必要だゾウと思っていた人
これまで必要だゾウとおもっていた国?

結果、国民は余計なものにお金を使わないゾウ!
なんていう態度に至り
この国の国民の消費は減少の一途をたどるでしょう。

給料が10%あがれば、税負担や社会保険料負担が急増し
手元には数%の手取り金額しか増えません。

頑張れば頑張るほど負担割合は増加していきます。

年収UPを試みても、あまり意味がない?
そんなことより
直ちに消費税を廃止すれば、年収が10%以上UPしたことに等しいといえるでしょう。

年収200万円の人は、直ちに年収220万円だぜええ!
年収300万円の人は、直ちに年収330万円だぜええ!

しかも租税公課や社会保険料負担も増加しません。

下流国民は本気で真剣に
消費税やめろう!
と叫び
行動を起こす必要があるでしょう。
引用画像
さらなる恐怖はコロナ復興税が必ず創設されると懸念されるということです。

財政再建だゾウ!
国民救済で大量の国債発行したゾウ!
財政破綻するゾウ「
国民は恩返しをしろう!

増すゴミも政府の手先になって?
財政破綻論をあおってくるでしょう。

国民は増すゴミのあおりにどれだけあおられてきたか?
今後もあおられ続けられるのか?

これまで必要だゾウと思わされていた業界の一つは増すゴミかもしれません。
引用画像
増すゴミ☞ゴミを増やすだけではありません。
国民に洗脳を仕掛けてきたし、これからも洗脳仕掛け続けるぜええ!
と、ジロコは感じます。

今、どこかの国の暴動?を盛んに報じています。
よその国などどうでもいいじゃん!

自国の火事場泥棒のような態度を報道しろよう!
とはいっても、財政破綻論の無意味さ有害さを報道しません。

逆に「財政再建の道が遠のいた」なんて財政破綻論をあおっています。
♪あお〜げば〜♩ とお〜とし〜♫

これまで必要だゾウと思っていた行動はあおられることだぜええ!
引用画像
あなたの悩みはあおられることから生じていませんか?
モット白く?
モット細く?

年齢とともに変化することは神が決めた?自然の原理です。
それに逆らうような態度はどうなのか?
神に問うて見ればいいでしょう。
画像

人生はジタバタせず、水の流れに乗ったように
川の流れと言ってもいいでしょう。

♫あ〜あ〜川の流れのよ〜うに〜♩
歌にもあります。
引用画像

いなくてもよかったぜええ!
なんて思うことのない人生を送ればいいかもしれません。

マッ、どう生きようと個人の勝手ですが
消費税やめろう!
と、叫び続けることは必要でしょう。
いじり画像

ジロコはテレワークの落とし穴なんて記事を書きましたが
今後正社員は不要になり業務委託が激増するぜええ!
なんて気がします。

<バカジロコ!お前があおってるだけじゃん!>
バカジロコ

業務委託にすれば、社会保険の負担も皆無になり
福利厚生費とか、退職手当積立金、原価償却費
などの面倒くさい勘定も減ります。

新聞社のビルを借り切り
四井物産などと、大きな看板を掲げ
ビルの内部は?
引用画像
各室が貸し部屋だゾウ!
四井物産は貸室の一室にあるだけ!
わっはっは
貸室でも利益が出てるゾウ!
社員は3人しかいないのでボロ儲けだゾウ!

利益第一に突っ走るゾウ!
今だけ金だけ自分だけだゾウ!
困ったときはだれも助けてくれないせええ!
という思想が蔓延し
企業は内部留保確保第一にまっしぐら!

労働者諸君の生活は?
自己責任だゾウ!

自業自得だゾウ!
そのような社会になっていくでしょう。

どうすんだよう!
三橋先生の記事を引用します。
引用ジロコ ジロッペです。
いじり画像
犬かよう!

引用〜
財政制度審議会に巣くう国民殺したち
NEW!2020-06-02 07:58:06
テーマ:日本経済関連
三橋TV第243回【「日銀による国民への現金給付」について議論してみた】


リベラルタイム 2020年7月号に「生産性を上げ「日米連携」で「パックスシニカ」を防げ!」寄稿しました。

スポンサーリンク

三橋TVで「日銀による国民への現金給付」について議論していますが、
「国民一人一人が「日銀預金」の口座を持つ」
という環境が実現しているならば、現金給付は簡単です。日本銀行が自らの負債となる「日銀預金」を、国民の通帳に書き込むだけです。

この場合、日本銀行は「一切の債権(資産)の差し入れ無しで、債務(負債)となる日銀預金貨幣を発行する」形になるため、あっという間に債務超過になるでしょう。

つまりは、今の日本政府の「一方的に債務超過(純負債)を膨らます」役割を、日本銀行が担うことになります。同時に、「国民が日銀をいかにコントロールするのか?」という問題が生じるため、財政主権上の懸念点も生じます。

もっとも、この種の議論を繰り返し、積み重ねることで、国民に「貨幣」「誰かの純資産は、誰かの純負債」「財政主権」といった国家の基本が広がっていけばいいと思います。

何しろ、上記の番組に登場している三名は、確実に「貨幣は債務と債権の記録」「純資産=純負債」を理解しているわけです。だからこそ、上っ面ではなく、会計上の動きや「主権」に絡んだ本質の議論もできる。

逆に、この種の基本を全く理解せずに、
「国の借金で破綻する~っ!」
と、ナイーブ(幼稚)な議論を数十年も繰り返し、日本を亡国に追い込んだ(あえて過去形)財政破綻論者たちは、今回の国債増発を受けてさえ、相変わらず、
「財政悪化で将来世代への負担が~」
とやっています。

正直、三橋TV243回の議論と比べると、彼らがやっている議論には、「大人と幼児」レベルの開きがあるでしょう。
というわけで、幼児たちが巣くう財政制度等審議会。

『政府の財政悪化、急加速 将来の負担に懸念―新型コロナ対策

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100797&g=eco
政府の新型コロナウイルス対策に伴う歳出の膨張により、財政悪化が急激に進んでいる。2020年度の歳出と国債発行額は過去最大を大きく更新。1日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会では、将来世代への負担先送りが加速することへの懸念の声が相次いだ。
分科会は、一連のコロナ対策での巨額の支出に対し、「緊急的なものでやむを得ない」との認識を共有。その上で、コロナ収束後のいっそうの財政再建の必要性を強調した。
第1次・2次の補正予算策定で、20年度の一般会計歳出は当初予算と合わせ160.3兆円に拡大。過去最大だった19年度(104.7兆円)の1.5倍に上る。補正の財源は全て国債発行で賄い、今年度の国債発行額は90.2兆円となる。一方、コロナ禍の企業業績悪化などで税収の下方修正は避けられず、さらなる財政指標の悪化は必至だ。
政府は国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)を25年度に黒字化する財政健全化目標を掲げるが、国のPB赤字額は20年度当初予算段階の9.2兆円から66.1兆円に一気に跳ね上がった。分科会の増田寛也会長代理は1日の記者会見で「現時点で、目標達成はなかなか大変だ」と語った。 』

はい、「将来世代への負担先送り」って、なあに? 将来世代が、今、日本政府が増やした国債を償還するということ?

 国債は基本的に借り換えですが、そもそも現在は47%を日本銀行が保有しているため、そもそも償還や利払いの必要すらないという「現実」は、
「絶対に見ない! 言わない! 聞かない!」
というわけでございます。

だいたい、将来の負担云々言うけど、
「お前たちは、過去の日本政府の国債増発の負担を背負っているのかよ!」
と、心の底から突っ込みたい。

【政府貨幣発行残高(旧:長期債務残高(左軸))と国債金利・インフレ率(右軸)】

日本政府の長期債務残高(要するに政府貨幣発行残高)は、1970年と比較すると150倍以上に増えていますが、国債金利もインフレ率も上がっていない。それどころか、財政制度等審議会に出てくるような連中は、
「過去の日本政府の国債発行により、経済が成長し、所得が増える形で恩恵を受けた」
のでございますよ。

そして、わたくしの下の世代は、
「ありもしない財政破綻論のせいで政府の債務(国債)が十分に増えず、結果的に貧困化し、結婚もできず、子供を作れず、世代ごと消滅する」
という形で「負担」を押し付けられたのでございます。

財政制度等審議会で幼稚な財政破綻論を主張する連中が、いかに罪深いか分かるでしょう。財務官僚や緊縮派の政治家を含む、「彼ら」財政破綻論者ほど、日本国民を殺した連中はいません。何しろ、財政破綻論に基づく緊縮財政により、自殺激増はもちろん、生まれるはずだった命までもが奪われ続けたのです。

リーマンショック期の二倍以上の新規国債発行(PB赤字拡大)になったにも関わらず、金利も上がらず、インフレにもならない。つまりは、「何も問題がない」という現実を見てなお、これまでのように「将来の負担が~」とやってくる。

【日本の政府貨幣発行額(兆円)】

いや、財政制度審議会に巣くう国民殺したちは、現実を見ているからこそ、これまでの自分たちの「嘘」というか「罪」が露見するのを恐れ、「将来の負担が~」とやっているのでしょう。

この種の財政破綻論者を撲滅しなければ、我々に繁栄の未来はありません。皆様、お一人お一人ができることをやって下さい。

ちなみに、「私にできることは何なのでしょう?」との質問をよく受けるのですが、分かりません。何しろ、適切なソリューション(解決策)は、環境、時期、関係によって変わるのです。

「ぴこ~んっ! 閃いた!」
と、リーサル・ウェポンが登場することはないのですよ、残念ながら。

それでも、各人が試行錯誤しつつ、何度も失敗しつつ、挫折を味わいつつ、声を出し、状況を変えるべく足掻き続けるしかありません。

そして、一つだけ確かなのは、我々が諦めたとき、全てが終わるという現実です。今後も日本の緊縮財政は続き、コロナ禍が収まれば、途端にコロナ増税、消費増税でしょう。

許してはなりません。そして、一人一人の「ちっぽけな行動」が合成されたとき、歴史が動くのです。

「財政破綻論者を撲滅しよう!」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

下流国民が、消費税やめろう!と叫ばない限り
貧困の連鎖や
虐待の連鎖は
なくならないでしょう。

引用画像

引用画像
そればかりかさらなる災難に
あなたは生き延びられるでしょうか?

人類に皆共通な、人生の目的は?

生き伸びることだぜええ!
消費税やめろう!
コロナ復興税やめろう!
と叫び続けましょう。

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA