心の病・コロナ禍救済は国民の絆で??? 2020.5.6

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
あの3・11の後に
絆が盛んに叫ばれました。

頑張ろう日本なんて言葉も流行りました。
ジロコは
何を頑張るのだよう?
と常に思っていました。

ジロコは頑張るという言葉が嫌いです。
とともに
絆という言葉も嫌いです。

ところで絆の意味は?

引用〜

人と人との結びつき、支え合いや助け合いを指すようになったのは、比較的最近である。

〜引用終わり。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

なんだよう?
絆なんて言ってるから、新型コロナウイ―ルスが蔓延したんじゃないかよう!

人と人が結びつくのは今では大変危険な行為と言えます。
相互監視密告社会へ突っ走っていますから、やがて自粛警察
自粛自警団が実力行使をしかねません。

外出するのは危険な行為になるかもしれません。
ニュースです。

引用〜
「公園でサッカー」「店が営業」 住民イライラ、警察通報相次ぐ 産経新聞4840
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が続くなか、外で遊ぶ子供などに危害が及びかねないケースや、警察に通報されるケースが相次いでいる。5日は子供たちの歓声が聞かれない静かな「こどもの日」となった。コロナ禍でストレスがたまるなか、将来をになう子供への視線が冷たくなっていないだろうか?

〜引用終わり。

砂場にカッターの刃があったと通報があったそうです。

子どもたちを狙った嫌がらせでしょうか?
認知的不協和による不快感を解消するためでしょうか?

マッ、犯罪心理学のプロも重大犯罪実行の実績がありますから
単なる下流国民が何をしてもおかしくはない時代と言えます。

コロナ禍の被害はドンドン大きく広く深く広がっていきます。

そうは言っても、いまだにジロコは10万円を手にしていないし、10万円くれてやるゾウ!なんて通知も来ません。

世間では倒産や倒産予備軍、ばかりか
いままで倒産しなかったのが七不思議だぜええ!
なんていうところや
帳簿なんてつけたことがないぜええ!
いろいろな人生があります。

しかし国民を全員救う義務が国にはあるでしょう。
当然刑務所に入っている人々にも
10万円支給されるでしょう。

中には国の政策の影響で犯罪に及んだものもいるでしょう。
国の政策の影響で貧困に陥り、犯罪に至ったものもいるでしょう。
10万円支給するのは当然といえます。

マッ、それはそれとして
ゾウさんが、「宗教法人日本国」かよう?
と、思われるような発言をしたそうです。

神頼みかよう?

国民が自滅する前に国債をドンドン発行すれば済むことじゃん!
おまけに消費税やめればいいことじゃん。

全世代型社会保障改革なんて言っても
国民がいなくなったぜええ!
なんてなったら意味がないと言えます。

<バカジロコ!最初から意味なんかないゾウ!>
バカジロコ

この国は意味のないことを意味あるように増すゴミや政府がでっち上げるのが得意と感じます。

どこかの国の性格に似てきた?

財政健全化なんて意味のないことをいつまで続けるのか?

マッ、1000兆円も国債を発行すれば大半の国民は救われるでしょう。

しかし救われない人々も残りますが
一律100万円支給するゾウ!
なんてやれば、救われない人も微々たるものになるでしょう。

そして微々たる人は・・・・・

財政健全化だゾウ!
なんて言い続けるなら、1000兆円を1000年かけて償還すればいいじゃん!

今必要なのは、まともな考え?ではなくバカな考えだぜええ!
とジロコは感じますが
ゾウさんの言ってることも意味不明と感じます。

三橋先生の記事を引用します。

引用〜
「絆の力」とやらでは、国民は助からない
NEW!2020-05-05 07:59:54
テーマ:政治
三橋TV第231回【今、日本の政治家は国民を救える。必要なのは、ただ「意思」のみだ】

総理が緊急事態宣言の一か月延長を宣言し、記者会見で、

『私たちの暮らしを支えてくださっている皆さんへの敬意や感謝、他の人たちへの支え合いの気持ち、そうした思いやりの気持ち、人と人との絆(きずな)の力があれば、目に見えないウイルスへの恐怖や不安な気持ちに必ずや打ち勝つことができる。私はそう信じています。』
と語りました。

 宗教か? 絆の力とやらが、我々の所得を補填してくれるのか?

【令和2年5月4日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見】

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0504kaiken.html

 現実には、絆の力とやらでは、国民は助かりませんから。

政府が緊縮財政路線を改めず、国民の「犠牲」により事態を乗り切ろうとしているのを誤魔かすべく、「絆の力」とやらの抽象論、精神論を叫ぶのは本当にやめて欲しい。

こう言っては何ですが、日本が大東亜戦争に勝てなかった理由が、今の総理や官邸、官僚、政治家たちを見ていると如実に理解できます。現実を見ず、経路依存性から抜け出せず、自分の認識共同体の中のみで会話し、分かった気になり、実質的な対応は可能な限り絞り、責任を国民に押し付け、精神論で煽り、誤魔かす。トップがこんな有様では、勝てる戦争も勝てませんよ。

そもそも、外出禁止、イベント自粛で、所得を稼ぐことができず「飢え」「自殺」に直面している国民を、総理は「絆の力」とやらで、どのように救うつもりなのですか?

本気で国民を救きたいならば、財政拡大の決断、他にはありません。

総理は、会見で、

『感染症の影響が長引く中で、我が国の雇用の7割を支える中小・小規模事業者の皆さんが、現在、休業などによって売上げがゼロになるような、これまでになく厳しい経営環境に置かれている。その苦しみは痛いほど分かっています。こうした中で、緊急事態を更に1か月続ける判断をしなければならなかったことは、断腸の思いです。』

とも発言しましたが、苦しみが分かっているならば、やることは「総額100兆円の新規国債発行」の宣言です。

安藤裕衆議院議員が代表を務める「日本の未来を考える勉強会」の提言について、「(いつものように)検討を指示した」と発言するだけで、多くの国民が救われます
事態は切迫しており、

『経済損失45兆円の試算、そぎ落とされる体力…宣言延長予断許さず

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000594-san-bus_all
(前略)緊急事態宣言の延長は、窮状を深めかねない。第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは、宣言が5月6日から1カ月間延長された場合の経済損失額を累計45兆円と試算する。6日までの損失額(21・9兆円)から上積みされ、ほぼ倍増となる見通しで、政府は経済活動を部分的に容認する姿勢を打ち出した。(後略)』

スポンサーリンク

4月、5月の経済損失、より具体的に書くと「生産、需要、所得の消滅額」が45兆円。GDPの一割弱。

そこに、19年10月の消費税増税による所得消滅分、1-3月期の所得消滅分が加わるのです。今の日本は、2020年9月末までに「良くて、GDPの二割が消滅する」という状況なのです。

「日本の未来を考える勉強会」や国民民主党が提言している「100兆円の新規国債発行」であっても、「最低限の手当てができるかどうか、微妙」という有様です。

予想通り、大企業も悲鳴を上げ始めました。

『正常化へシナリオ明示を 経済界、追加対策求める声も 緊急事態宣言

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000052-jij-bus_all
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が31日まで延長されたことを受け、経済界は4日、政府の決定を支持する声明を相次ぎ発表した。ただ、緊急対応が長期化するため、経済活動の正常化に向けた道筋の明示や追加経済対策の検討を求める声が出た。(後略)』

わたくしは常日頃は経団連の「政治活動」を猛烈に批判し、すでに書き終わった書籍(小学館)のテーマは経団連批判ですが、それでもあえて書きます。
大企業はもちろん、中堅企業も、中小企業など企業で働く生産者も、個人事業主も、公務員も、生活保護受給者も、風俗嬢も、ネットカフェ難民も、銀座のクラブのママも、一切の選別なく、例外なく、全ての国民を救わなければなりません。そのために、総理がやるべきことは、まずは「充分な対策の規模」を決断することで、こまごまとしたことは、それこそ閣僚や官僚に任せればいいのです。

ところが、総理は「断腸の思いです」の後に、「持続化給付金」や「融資」「社会保障費猶予」「家賃負担軽減」「雇用調整助成金」など、細かい話を始めましたが、そうではない。ミクロな(しかも、大したことがない)施策をクローズアップさせることで、全体が「しょぼい」ことを誤魔かすプロパガンダは、いい加減にしてください。

結局のところ、マクロ(財政規模)の面で財務省の壁を突破できないからこそ、ミクロな事例を繰り返し、「成果をアピール」するしかないのでしょう。

総理がくだらない「木を見せ森を見せないプロパガンダ」や、「絆の力」とやらの精神論に興じている間に、国民が一人、また一人と死んでいく。この「目の前の現実」を、我々は決して忘れてはなりません。

「総理は精神論・抽象論ではなく「財政規模」を語れ!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

国民の寄付で国民を救えというのかよう!

自治会で寄付金を集めてなんてバカなことを言い出す人も出てくるでしょう。

地震が目立ってきたけど、被害が出たらボランティアの出動だゾウ!

寄付を集めるゾウ!

で、国は?

いつものフレーズですから省略です。

聞き飽きたゼええ!

あの震災でも、絆なるものをあおって、自粛ムードをあおり

それにのった業界が経費節減に走り

結果復興が遅れているぜええ!

とジロコは感じます。

ジロコ

マッ、この国の国民は思考が見られないためか?

あおられやすいと言えます。

引用画像

サバ缶やタピオカは?

トイレットペーパーやマスクを買いすぎた人は?

巷でも、足元を見つめなおし・・・・・
なんて精神論が湧き出ています。

ジロコは足元を見つめても、小銭しか落ちてないぜええ!

ジロコは服に小銭をいれたまま洗濯をしてしまうことが
多く、それを防止するために洗濯した小銭を
洗濯機の周りにバラまいています。

洗濯機の前に立ち、足元を見れば・・・・・
小銭が散らばっています。

ジロコ

足元を見つめなおしても、ただそれだけです。

今どき精神論を持ち出しても意味がありません。
生活態度を変えたいなら、ご自分だけ変えればいいでしょう。

人間に戻り思考を取り戻すことが重要です。

引用画像

 

このような態度になれば

引用画像

怒りを同じ国民に向けても意味がないでしょう。

引用画像

引用画像

今言うべきことは
消費税やめろう!
緊縮財政やめろう!
財政健全化やめろう!
国民全員を救えええ!

コロナ復興税やめろう!コロナ復興税やめろう!
コロナ復興税やめろう!コロナ復興税やめろう!
コロナ復興税やめろう!コロナ復興税やめろう!
コロナ復興税やめろう!コロナ復興税やめろう!

一日100回唱えましょう!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA