心の病・国民精神総動員 2020.5.3

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
最近
「欲しがりません勝つまでは」という戦時中の思想が蔓延してきたとジロコは感じます。

誰かが有事を想定して訓練をしているのでしょうか?

どんなことだよう?
なんて思われる方も多いと想像されますので
引用します。

引用〜
国民精神総動員(こくみんせいしんそうどういん)は、第1次近衛内閣が1937年(昭和12年)9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動[1]。略して精動とも言った。
中略
長期戦と物資不足が懸念されていた日中戦争及び太平洋戦争(大東亜戦争)において、国民の戦意昂揚のために「欲しがりません勝つまでは」「ぜいたくは敵だ!」「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ!」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」「遂げよ聖戦 興せよ東亜」「聖戦だ 己れ殺して 国生かせ」「進め一億火の玉だ」「石油(ガソリン)の一滴、血の一滴」「全てを戦争へ」などの戦時標語を掲げ、女性や子供を含む非戦闘員の国民にまで耐乏生活を強いた[3]。この頃には、飯の真ん中に梅干しを1個乗せただけの「日の丸弁当」奨励、「パーマネントはやめましょう」、国民服やモンペ姿を男女の制服として推奨した教化運動なども叫ばれた[4]。

〜引用終わります。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

「聖戦だ 己れ殺して 国生かせ」なんていうのがありますが
現在のこの国の態度にぴったりとジロコは感じます。
ジロコ

「欲しがりません勝つまでは」のようなことを県知事が県民に緊急速報メールを送り
「やりすぎだぜええ!」???
と批判を浴び、知事が謝罪したそうです。

引用〜
「GWはがまんのウィーク」 緊急速報メールで自粛要請も批判相次ぎ、知事陳謝 県の担当者は「最も効果的」カナロコ by 神奈川新聞2634
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を巡り、神奈川県は2日、携帯電話に災害情報などを一斉送信する「緊急速報メール」を活用し、県内全域に外出自粛を呼び掛けた。午前10時に黒岩祐治知事の名前で「GWはがまんのウイークです」とメッセージを配信。県には「大音量で鳴って驚いた」などの問い合わせが相次ぎ、黒岩知事が謝罪する事態となった。 

〜引用終わります。(yahoo Japan ニュース)

ジロコは
くだらんことやっていないで、さっさと10万円配れよう!

明日から食べ物を買う金がないぜええ!
なんていう人も少なくないと想像されます。
一秒を争う事態と言えますが
それはさておき

「欲しがりません勝つまでは」なんて思想を
県民に押し付ける?

自粛なんて、他人の目や、批判を気にしない人には
まったく効果がないと言えます。

県民は自粛するから金くれよう!
という権利があるぜええ!
とジロコは感じます。
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
と県民は叫び続けなければ
「欲しがりません勝つまでは」なんて戦時標語が復活し
県民は耐え忍ぶことを強要されるでしょう。

国のために犠牲になりたくなければ
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
自粛するから金くれよう!
と、叫びを拡散させることが重要です。

来年のオリンピックまでに何人の国民が生き延びるか?
ジロコはそのような危機を感じます。

マッ、生き延びるのが確実な人々もいますが
そのような人々にとっては他人事でしょう。

そうはいっても
ウイ―ルスの攻撃に耐えられるか?
誰もがわからないといえるでしょう。

一寸先は闇だぜええ!
いじり画像
三橋先生の記事を引用します。

引用〜
今の日本には二派の政治家しかいない
NEW!2020-05-02 08:24:50
テーマ:政治
三橋TV第230回【ショック・ドクトリン コロナ危機に乗じた竹中平蔵のワクワクビジネス】


かつて、これほどまでに財政拡大派の提言が大手マスコミに取り上げられたことはないでしょう。

テレビ朝日:一律10万円あと2回…自民若手が100兆円の追加提言

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200501-00000036-ann-pol
『一律10万円の給付をあと2回、総額100兆円の追加対策が取りまとめられました。
自民党の若手議員らは新型コロナウイルスに対する第二次補正予算案の編成を急ぐべきだとし、100兆円の財政出動を求める提言をまとめました。減収した事業者に対する「持続化給付金」に50兆円、一律10万円の給付をあと2回実施するために26兆円などとなっています。財源はすべて国債を発行して賄うとしています。今後、政府に提出する方針です。 』

TBS:自民若手議員グループ「100兆円規模の第2次補正を」

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3968880.html

NHK:自民若手議員グループ 100兆円規模の第2次補正予算案求め提言

https://www.google.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200430/amp/k10012411891000.html

朝日新聞:「100兆円補正ためらうな」自民若手、給付金拡充要求

https://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASN515D59N51UTFK00R.html
産経新聞:2次補正で真水100兆円を 新型コロナ対策で自民若手が提言

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00000535-san-pol

産経新聞に安藤裕衆議院議員のコメントが載っています。

『目の前で企業がばたばたと倒れ、国民生活が困窮に瀕している。発生する可能性の極めて低い財政規律を重視するのは本末転倒だ。提言を実施しないと、日本の生産能力が失われる。』

別の書き方をしてみましょう。
目の前で、人々が死んでいく。その状況で、
「人々を救うためには、おカネを支出しなければならない。それは、ちょっと勿体ないなあ・・・・」
 などと言ってのける政治家は、果たして存在価値があるのでしょうか。もちろん、ありませんが、日本の政治家の多くが上記の有様に至っているのです。

スポンサーリンク

しかも、現時点で「財政規律」を理由に、「国民を救う」のを拒否するということは、財やサービスの生産能力(=経済力)の毀損を受け入れ、我が国が途上国化することを見過ごすことです。皮肉な話ですが、その時点で日本は「総需要>供給能力」というインフレギャップが過大になり、デフレ脱却が「実現」してしまっているでしょうけれども。

政府はコロナ危機後の「V字回復」などと妄想を抱いていますが、本気で危機終息後の経済成長を目指すならば、当たり前ですが「現在の生産能力」を温存しなければなりません。

政府が需要を創出し、国民の所得を補償する財政支出、新規国債発行という「貨幣発行」は、政治家の「意思」のみで可能です。冗談でも何でもなく、政治家の「よし!やろう!」以外には、何もいらないのです。

それに対し、一度、毀損していた生産能力の復興は困難であり、ときには不可能です。

理由は、生産能力=供給能力=経済力は、設備投資、人材投資、公共投資、技術投資という四投資を「長期に渡り」継続し、様々な知見を蓄積しなければならないためです。

つまりは、現在の日本政府の「補償なき強制自粛」は、現在の国民の所得を奪うことで死に追いやり、同時に将来の復活を(少なくとも長期間)不可能にするという、最悪最凶な政策なのです。正直、国家をぶち壊す上で、現在の日本政府の「補償なき強制自粛」以上に効果的な策を思いつきません。

安倍政権は、現在の日本国民を殺しつつ、将来の日本国民をも殺していることになります。
自民党「日本の未来を考える勉強会」の100兆円「真水(新規国債発行)」提言に、国民民主党の玉木雄一郎代表がエールを送っています。

『国民・玉木代表、100兆円対策提言の自民若手に連携呼びかけ

https://www.sankei.com/politics/news/200501/plt2005010030-n1.html
国民民主党の玉木雄一郎代表は1日の記者会見で、自民党の若手有志らが新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として100兆円の財政支出を求める提言を発表したことに関し、「党の政策にぜひしてほしい。できないなら『集団離党して連携してやりませんか』と呼びかけたい」と述べた。
玉木氏は「それぐらいの政治的な覚悟を持って決断してほしい」とも語った。
玉木氏は政府が償還期間100年の「コロナ国債」で資金を調達し、最低でも100兆円規模の経済対策を行うよう求めている。』

【参考動画】
【与野党緊急コラボ】政府は自らの過ちを認めよ!”全部コロナのせい”は真っ赤なウソ【第1回】


【与野党緊急コラボ】10万円給付では不十分!国民を守る「裏ワザ」とは【第2回】


【与野党緊急コラボ】民放NG 財務省タブー「財源がない」という大嘘【第3回】

鼎談をご覧頂ければ分かりますが、自民党の安藤裕衆議院と、国民民主党の玉木雄一郎代表との間に、政策的な齟齬はありません。

と言いますか、現在の日本で「政策的な違い」は、財政破綻ウイルスに冒され、拡張的財政政策を拒否する(あるいは、可能な限り抑制しようとする)か、もしくは「財政破綻問題などない」という事実を前提に、国民を救う政策を主張するか、以外にはありませんし、意味もありません。

 国民を救う政策は、
● 継続的な現金給付
● 企業の事業継続を可能にするための粗利補償(国民民主は減収補償)
 消費税率0%への引き下げ
が三つの柱であり、その他については「枠」に基づき、議論し、優先順位をつければ済む話でございます。

というわけで、今の日本には二派の政治家しかない。

一派.財政破綻といった妄想から解き放たれ、正しい財政政策で国民を救う政治家
二派.ありもしない財政破綻というウイルスに冒され、国民を救うことを拒否する政治家

の二人です。
あなたは、どちらの政治家なのですか? と、是非とも地元あるいは全国の国会議員に問いを突き付けて下さい。

「国民を救う政策を!財政拡大を!」に、ご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

「欲しがりません勝つまでは」の態度の国ですから
国民は権利を行使しなければなりません。

自粛するから金だぜよう!
消費税やめろう!
自粛するから金だぜよう!
消費税やめろう!
自粛するから金だぜよう!
消費税やめろう!
自粛するから金だぜよう!
消費税やめろう!
自粛するから金だぜよう!
消費税やめろう!
国民は叫び続けなければ
元の木阿弥どころか
元も子もなくなるぜええ!

思考停止はやめろう!
思考を起動しろう!

何もしないで飲んだくれるのはやめろう!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA