心の病・消費税やめろう!の声が聞こえない

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
だれにも10万円なんて言う声が聞こえますが
言ってるだけだゾウ!
いつになっても国民にお金を配る気配が見えません。

助けるふりをしてるだけじゃん!
ジロコはそのようにしか思えません。
ジロコ

この国はいつになっても国民を救わない国だ!
国民のことより意味のない財政健全化なんて叫んでいる狂気の国とジロコは感じます。

引用〜

前文略
田崎氏が最後にいみじくも語った「『これ!』というものはない」という現状。
それこそが今回の新型コロナ対応をめぐって様々な「しわ寄せ」を受ける人たちへの「政策」の実態だ

「『これ!』というものはない」という現状は、実は10年ほど前と比べてもあまり変わっていない
2008年のリーマンショックの後に派遣切りが相次ぎ、年末年始に東京・日比谷公園で行われた「年越し派遣村」や1年後に代々木のオリンピック・センターで行われた「公設派遣村」でも同じような問題が存在した。この時期、派遣労働者らが仕事と家を同時に失い、お金もない、食事もないという人々が殺到し、厚生労働省の職員たちも出勤して対応した。
生活に困窮した人が生活保護の相談も就労の相談も一つの窓口で対応してもらえるとして民主党政権が一時期提唱された「ワンストップ・サービス」はその後は定着もしていない。
思い起こせば2008-9年の頃も休業補償、所得補償、雇用調整助成金など今回と同じ言葉が国会やメディアで話題になってきた。
構図はほとんど同じだ。
だが、制度の狭間からこぼれ落ちてしまう人には十分に届かないままで終わっていた。 
現在も「『これ!』というものはない」という現状を変えなければ今度は派遣村の頃と比べても飛躍的に多くの犠牲者が出てしまうだろう。
玉川氏が口にした「ネットカフェ難民も含めて社会(全体)を守る」という考えを突き詰めると、10年前の派遣村のような大がかりな支援活動を官民合わせて行う以外に「『これ!』という方法は存在しないのかもしれない。
※Yahoo!ニュースからの転載

〜引用終わります。(BLOGOS)

なんやみんながコピッペしてるじゃん。
それはどうでもいいことです。

今回も結局助けるゾウ!
というだけと言えるかもしれません。

だったらどうすんだよう!

お客が来ないホテルや旅館を借り切り
当然行政が宿泊費を負担すべきでしょう。
一泊2500円程度は政府などが負担すべきでしょう。

どうしてだよう?
誰がネットカフェ難民をつくったのだよう?
つくった人が責任をとるのは当たり前だぜええ!

自己責任の国だから、原因をつくった人の責任だぜええ!

グローバル化にしたのは誰だよう?
外国人が住む良い国にすると言ったのは誰だよう?
派遣労働者を増殖したのは誰だよう?
虐待を増やしたのは誰だよう?

ネット難民に限らず
生活が終焉するしかない人
自己完結するか
最悪強制収容所に入るぜええ!

なんてなったら、道徳自警団とか自粛自警団の手には負えません。

まして丸暴さん系統だったら素人の手に負えるわけはありません。

丸暴さんも組合費の集金にいったら
店が閉まってるぜえ!
では収入が枯渇するでしょう。

保障しろよう!
なんて言っても
帳簿は?
証明できないぜええ!

なんていう人も世の中には少なくありません。

だったらどうすんだよう?
無条件で国民にお金を配ればいいのです。
とりあえず10万円程度を配ればいいでしょう。

住所がないぜええ!
戸籍がないぜええ!
なあんていう人もいるでしょうから
そこは消費税をゼロにして救うしかないでしょう。

本当に困った人は救われないこの国ですから
せめて消費税だけでもやめていただきたい
ジロコの主張です。

ジロコ

ところが
救わないゾウ!
消費税なくさないゾウ!

コロナ復興で財政健全化が遅れるので
消費税15%にするゾウ!

国民に配ったお金を取り戻すために
コロナ復興税をとるゾウ!

ジロコにはそのような態度が感じられます。
消費税やめろう!
なあんていっている政党もありますが
人気投票でいまいちと言えるかもしれません。

政治は人気かよう?

この国の国民が住みよい環境にするのかよう?
引用画像
引用画像
愚だ具だジロコが言っていても
ダンゴムシが這いまわってるゾウ!
程度の意味しかないでしょう。

引用画像
国民が
消費税やめろう!
と、唱え続けることが自業自得の地獄から抜けられる
唯一の方法とジロコは感じます。
ジロコ
消費税やめろう!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
三橋(みつはし)先生の記事引用します。

三橋〇〇なんていう歌手がいましたが当時は
三橋で開けて三橋で暮れるといわれたそうです。

令和の時代も三橋であけてというようになるとジロコは感じます。

呪われた?令和の時代に明るい光を輝かせるぜええ!
オリンピックの聖歌などあかるい希望をもたらさないゾウ!

オリンピックが中止になったらどうなるか?
なってみないとわからないと言えるでしょう。

10万円だ、30万円だなんていっても
言ってるだけで終わりだぜええ!

旅行割引券などいらないぜええ!
トイレットペーパーのほうがましだぜええ!
いじり画像

台所洗剤でコロナウイ―ルスを消毒?
なんて記事が出ています。
儲かるゾウ!
で、いくらもらった?

売り場から消えたゼええ!

引用画像
そのまえにメールが来ましたので拡散します。

引用〜

■政治家は「給料20%減」でなく、
国民を救うために「財務省」と戦うべし!
藤井聡(京都大学大学院教授)

が公開されました!
コロナの影響を受けた厳しい経済状況に対し、
国会議員歳費(給料)2割削減が決定。

これを受け、苦しみを分かち合おう…
国民も我慢して耐えよう…
という論調が広まっています。

しかし、藤井聡氏は、
これは本末転倒の施策だと警鐘を鳴らし、
国民に向けて緊急解説します。

ご覧いただいた方は、ぜひ
チャンネル登録・拡散をよろしくお願いします。
登録者の皆さんの応援が活動の力となります!

『三橋貴明の「新」経世済民新聞』
2020年4月15日

政府は「現代貨幣の仕組み」(MMT)に
基づいて財政規律を撤廃し、
 100兆円を給付せよ!

From 藤井聡
@京都大学大学院教授

■□━━━━━━━━━━━━━━━━□■
※配信解除は、最下部でできます。

世界はもはや「コロナ世界大恐慌」に突入しています。
各国は今、感染症と同時にこの大恐慌とも徹底的に戦う「戦時体制」をとっています。例えば、EU各国は、平時には「財政赤字を国内総生産(GDP)比で3%以下に抑える」という規律を設定しているのですが、3月にこれを「凍結」することを決定しました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57162170U0A320C2FF1000/

そんな財政規律を守っていては、国民を守れなくなるからです。これこそまさに戦時体制です。有事において「借金を増やすのはダメだから・・・」といって何もしなければ、国が滅んでしまいます。だから今、EU各国は、財政規律を度外視した徹底的な国民経済支援を敢行しているのです。つまり有事に平時の財政規律を守っている様な輩は、単なるバカなのです。
それは、戦闘中に戦車が赤信号を守って一時停止しているようなもの。それはほとんど『天才バカボン』の世界です。

しかし、我が国の安倍政権、とりわけ、財政を取り仕切る麻生財務大臣だけはどうやら、「天才バカボン級の生粋のバカ」であることが、この度明らかになりました。

『麻生太郎財務相は13日の衆院決算行政監視委員会で、2025年度に基礎的財政収支(PB)を黒字化する政府の財政健全化目標について「放棄することはない」と語った。
野党共同会派の松原仁氏への答弁。』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00000018-jij-pol

基礎的財政収支(PB)の規律というのはつまり、政府は税収の範囲でしかオカネは使わない、というもので、これがある限り、政府は国民がどれだけ困っていようが死にかけていようが絶対に給付金を配ることはできません。

つまりこれは、麻生さんが、

スポンサーリンク

「わたくしにとりまして大切なのは、国民の生命ではなく、政府のサイフなのであります! 国民が死のうが生きようが、わたくしは特に感心がないのでございます!!」

と国会のど真ん中で叫んだわけです。

もはやここまでくれば、麻生財務大臣を更迭でもしないと、現政権は国民に対して示しがつかない
のではないでしょうか?

念のために言っておきますが、麻生さん(あるいは、財務省)がここまで頑なに財政規律を守るといっているのは、「借金が増えると政府が破綻するかもしれないから」というのが唯一の理由。

しかし、当の財務省自身が、「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルト(※つまり破綻)は考えられない」と、公文書の中で断定しているのは、知る人ぞ知る、ちまたでは有名な話しです。
https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm
つまり、麻生さんは、自分の優秀な部下である財務官僚達ですら「アリエネ〜!」って思っている「政府の破綻」なるものが怖いからっていうだけの「ウソの理由」で、国債を発行して国民全員を救い出すという仕事を、「やらねーよ」と言ったのです。

これをバカと言わずして、一体誰をバカというのでしょうか。

じゃあなぜ、財務省はそこまでしっかりと「破綻は考えられない」と断定するのかといえば・・・その理由はビートたけしさんが、4月11日 TBS系「新・情報7DAYSニュースキャスター」にてしっかりお話しされています。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/takeshi_jp_5e926562c5b6f7b1ea82dfce
たけしさんはまず、こんな非常事態なんだから、国民に給付金を配れば良い、という主旨をお話しした上で、次のようにおっしゃっています。

日銀がオカネするだけだろこれ、銀行に国債発行するだけじゃない」

そして、それを受けて、TBSの安住アナウンサーが間髪を入れず、

「そうですよね、確かに日本はね、自分の通貨を自分の国で刷ってますから、何のことはないですけれど。」

と発言されました。
まさにその通り!!涙!!

そもそも現代日本は、「貨幣」を「政府が供給」しているのです。だから、税金が多かろうが少なかろうがそれとは無関係に、(国債を利用しながら日銀を通して)自ら貨幣を造り出して、国民にいくらでも給付することができるのです!

これは経済学では、

現代貨幣理論(MMT)

という理論の中で明確に定義づけられている「事実」です。ただしこの事実は、「オカネ」の事をある程度知っている銀行マンだとか、税理士さんだとか、財務官僚だとかなら、「当たり前の常識」として知られている事実です。

だから、たけしさんも安住さんも、そういう「常識」を知っていたのです。

だから、「政府支出は税収の範囲ですべきだ!」なんていう財政規律なんて、何一つ要らないのです! つまり、麻生さんの様に「皆さんのためにも、財政規律は守んなきゃいかんのであります」と説教臭い事を言う人たちは皆、一見、「皆さんのために言ってるんですよ」、さも僕たちを慮ってくれてるかのようなフリをしながら、僕たちを苦しめる「お為ごかし」な皆さん達なわけです。
(※お為ごかし:表面は相手のためになるように見せかけて、実は、相手を傷つけて自分の利益をはかること)

もちろん、「政府ならいくらでもオカネを給付できる」といっても、無論、供給しすぎると景気が過熱して過度なインフレになります。が、今のようにコロナショックで瀕死の日本経済にその心配は一切無用です! それは、栄養失調で死にそうなヒトには、ダイエットなど気にせず、食べさせれば良いのと同じです。そんな時に「肥満」を心配する奴は単なるバカ。

そして、麻生財務大臣は、そういう途轍もないバカなのです。

・・・こういうことを考えますと、麻生大臣、あるいは、彼を裏で操っている財務省のバカなのか悪い奴なのか分かりませんが、その一群の人たちさえ黙ってさえいれば、後は「現代貨幣の仕組み・常識」に基づいて、50兆円でも、100兆円でも政府はオカネを用立てることができるのであり、それを使って国民全員を救い出すことができるのです!

・・・

ただし、どういうわけか、「インテリ」というか「インテリぶりたい政治家・官僚・ジャーナリスト」達は、たけしさんのように「オカネが無ければ刷りゃ良いじゃん!」という「真実の発言」を、何やら「バカ」な発言だと侮蔑する習性を持っています(ご存じでしたでしょうか・・・?)。

ホント、そういう似非インテリどもは「おぞましい俗物」そのものですが、彼らは普段、日本の中枢で「ふんぞり返ってエラソーにしている」ので、政府はオカネを刷ればいくらでも調達できるという真実が「ずっと隠蔽されていた」のです。

ですが、この「非常事態」において社会がぐらついてきてはじめて、「オカネは刷ればいくらでもできる!」という現代貨幣理論MMTが明らかにしている真実が、表に出てきたのです!

今こそ、普段のくだらない俗物インテリどもを一斉にお払い箱にして、日本を救うために「真実の貨幣の仕組み」に基づいて、国民を救うべき時です。

是非、この機会に

1)現代の貨幣の仕組みの「真実」を、そして、
2)如何にその「真実」が、似非インテリどもに隠蔽されてきたのか、

という二点をしっかりとご理解ください!

この「戦時体制」とも言える緊急事態の機会、真実が国民にしっかり伝わらなければ、日本の未来は完全に失われてしまいます。

(例えば、今は売り切れているようですが、Kindle版で是非、こちら、ご一読ください

あるいは、こちらでもMMTをしっかりご理解いただけます。

是非ともこの危機の時代に政治家と似非インテリどもにコロされないように、貨幣の真実をしっかりとご理解ください!

それが皆さんの命を守るのです。

追申:
もし、「貨幣の真実」が分からず、今の日本を牛耳る「似非インテリ」達がのさばり続ければ、日本には悪夢の様な未来が確実に訪れます。
『このパンデミックを通して、日本は戦わずして「米中のダブル属国」への道をひた走る。』
https://foomii.com/00178/2020041114283065413
/// 事務局より ///

〜引用終わります。(藤井聡「新」経世済民新聞)

バカなジロコでさへ、1万円札どんどん刷って配ればいいじゃん!
と思います。

ジロコ

バカ丸出しのジロコよりも、もっとバカな人が政府に存在する?

この事実は

お笑いか?

恐怖か?

どのように感じるかで

この国の未来が決められるかもしれません。

消費税を廃止して、1万円札を配りまくればいいでしょう。
オレオレを減らすには効果的だぜええ!
セリフを覚えなくでも、お金がはいって来るぜええ!
お金があれば犯罪やらないぜええ!
全てが貧困が原因だぜええ!

引用画像

引用画像

引用画像
ジロコの感想です。
ジロコ

市議レベルでもそうですが
身を切る改革なんて意味がありません。

職員の給与増に反対?
馬鹿言ってんじゃあないよ!
給与をどんどん上げて住民のためにセッセせっせと働いてもらわなければ困ります。

財政健全化だぜええ!
が社会の目的になり、国民の生活は二の次?
当たり前だゾウ!

外国人の住む良い国にするノダ!
ノダなんて言うと誰かを思い出しますが
今では影もないようです。

まっ、ゾウさんは歴史に残るゾウ!
この国始まって以来の・・・・・

しかし、令和なんていう元号は
変えたほうがいいとジロコは感じます。

霊が輪になって呪うぜええ!霊輪!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
消費税やめろう!
呪うなら政府を!
引用画像
引用画像

戦後200万人以上の怨霊の呪い
崇徳天皇の呪い
下流国民の恨み

ジロコの呪い?

今年の夏に集中するぜええ!
引用画像

末法時代の恐怖はこれからだぜええ!
引用画像

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA