心の病・消費税廃止が恒久的公平な救済策

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。

住民税非課税世帯のみが現金30万円支給の対象?
一般国民は自粛に協力して損害を受けても全くと言っていいほど救われないとジロコは感じます。

ジロコ
貧困者を救ったゾウ!
歴史に名を残したゾウ!
なんて思っていたら
とんでもハップンでしょう。

消費税は死守するゾウ!
なんてやっていますから

引用画像

国民が
消費税やめろう!
の大合唱を起こさなければ勝ちめはありません。

万一消費税を止めると
たいへんなことになるからでしょう。
引用画像
すべての陰謀が暴露される?
全世代型社会保障改革なんて言っていたのは何だったのだ?
全世代から税金を巻き上げ続ける陰謀だゾウ!
政府の陰謀?
ケンキン目的?
引用画像

輸出還付税?

下流国民をさらに苦しめ快感を味わう?
人間の本能は、人の不幸を喜ぶもの?

ジロコも他人の不幸を喜ぶ性質があります。

一般にはそのような性質の人間は幸福になれないといわれています。

だったら幸福ってなんだよう?

と、反論するジロコです。

マッ、一般国民は旅行割引券をもらって一件落着となるでしょう。
ジロコはそのように感じます。

ジロコ

旅行に行かない人が多いので、政府の負担は限りなく小さくなります。
一時的に現金を配るより、消費税廃止にすれば、恒久的かつ公平な救済策と言えるでしょう。

バカなジロコでもそう思うのに
お利口なゾウさんがなぜ口に出さないか?

引用画像

消費税を廃止すれば
月30万円使う家庭は単純計算で3万円支出が減ります。
1年で36万円、5年で180万円
10年で360万円
面倒な手続きも不要で、下流国民全員が恩恵を受けます。

住民税非課税世帯だけが恩恵を受ければ、不公平感が強烈に感じられます。
国民の間に不満感が増幅します。
ハウリングが起こる危険性も否定できません。

引用画像

そうは言っても国民がこのような態度にならなければゾンビとの違いが見いだせないでしょう。

 

引用画像

当然お金にこまっているジロコは収入が激減しても1円ももらえません。
旅行に行かないので、旅行割引券をもらっても
ゴミ箱へポイです。

そんなことで国民の生命と財産を救ったゾウ!
なんて言ってたら
ザケンナよう!
です。

ジロコは仕事で一日で関東をグルリと回ってきます。
神奈川☞東京☞千葉☞茨城☞千葉☞埼玉☞東京☞
神奈川 走行距離は470km
走りすぎだぜええ!

ジロコが万一感染していればウイ―ルスを関東にまき散らしていると言えるでしょう。

ジロコのように仕事で広範囲を移動している人は少なくないと想像されます。
旅行割引券をやるから家でジッとしてろよう!
なんて言われて、家に閉じこもっている人が何人いるか?
疑問の余地が残ります。

閉じこもってれば一日1万円やるゾウ!
なんてなれば
視界に残るのは野生のネコくらいでしょう。
そして誰もいなくなった!
を絵にかいたような光景になるとジロコは感じます。
ジロコ

マッ、緊急事態だなんて言っても、ジロコには意味が感じられません。
生活が破綻した人々が都市部から退避する!

ネットカフェから退避した人はどこへ・・・・・

ウイルスが全国津々浦々まで拡散されるぜえ!
ジロコの感想です。

一日2万人検査すれば・・・・・
パニック〜♪パニック〜♩
人手が余ってどうすんだよう!

移民の陰謀は白紙になったぜええ!
いじり画像

三橋先生が何を言っているか?
引用します。
引用ジロコ、ジロッペです。
いじり画像

<犬っころじゃん!>

引用〜
対GDP比、わずか3%の緊急経済対策
NEW!2020-04-08 07:41:27
テーマ:日本経済関連

まずい、まずい、まずい!
緊急事態宣言を受けた東京都の休業要請施設に「ネットカフェ」が入っている! 四千人を越すネットカフェ難民が行き場を失います。
住む場所を失った彼ら、彼女らはどうするのでしょうか・・・・。

『緊急事態宣言 東京都の方針案とは…

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200407/k10012372701000.html
東京都は6日までに、法律に基づく「緊急事態宣言」が出された場合にとる措置の方針案を取りまとめています。
具体的な措置について、小池知事は6日の記者会見で、「国と相談して決めていきたい」と述べていて、都は国と内容の調整を進めています。
案によりますと、基本的に休業を要請する施設は、
▼大学や学習塾、自動車教習所などの教育施設、
▼体育館や水泳場、ボーリング場、スケート場、ゴルフ練習場、バッティング練習場、スポーツクラブなどの運動施設、
▼遊技場、映画館やライブハウス、演芸場といった劇場など、公会堂や博物館、美術館、図書館など集会や展示に関する施設、
▼キャバレーやナイトクラブ、ダンスホール、バー、個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケ店、マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター、といった娯楽施設などが対象となっています。(後略)』

安倍政権の「緊急経済対策」は、不十分な財政赤字=国債発行に、「貸付枠」「財政投融資(これも貸付)」「地方に負担を押し付ける」といった形で膨らませてくるのは予想していましたが、まさか、
「社会保障や納税の支払い「猶予分」を上乗せする」
「前回の経済対策(事業規模28兆円。覚えています?)の未執行分を乗せる」
と、ここまでなりふり構わずやってくるとは思ってもみませんでした。

スポンサーリンク

しかも、ほっそいエビの周りに分厚く衣をつけて揚げたエビの天ぷら「事業規模108兆円」を、GDPと比べ、
「GDP比で20%の経済対策!」
などと胸を張るとは。

わたくしというか、我々が注目していたのは、一つだけ。新たな財政赤字=新規国債発行のみです。

【国民経済のシンク(水槽)】
http://mtdata.jp/data_69.html#sink

現在、日本は国民経済のシンクの水量が急激に減っていっている状況にあります。

当然、政府はジョウロから注ぐ水を増やす(財政赤字=国債発行の拡大)」及び「排水管から水を抜くのを減らす」の双方をしなければなりません。
排水管から水を抜くのを減らすとは、具体的には、「消費税0%」であり「社会保障費減免」になります。当たり前ですが、税金や社会保障費の支払い「猶予」は、配水管を閉じたことにはなりません。

また、すでに予算が決まっている、ジョウロAで注ごうとしていた水を、新たなジョウロBに移して注いだところで、シンクに新たに注がれる水量が変わるわけではありません。

安倍政権は、配水管を締めず、ジョウロから注がれる水量をほぼ増やさず、
「排水管から水を抜くのを、しばらく待っていやる(税金・社会保障の支払い猶予)」
「ジョウロAで注ぐ予定だった水を、ジョウロBに移して入れるぞ」
「シンクの中の企業どもよ、さっさとカネ、借りろ
といった手法で数字を積み上げ、「事業規模108兆円!」とやっていたわけです。
それでは、結局のところ、ジョウロBから新たに注がれる水はいくらなのか。16.8兆円でございました。対GDP比で、わずか3%。

『新規追加は86.4兆円、事業規模108.2兆円の緊急経済対策=政府筋

https://jp.reuters.com/article/new-package-idJPKBN21P0DH
政府は、新型コロナ感染拡大に伴う緊急経済対策で財政支出を39.5兆円、事業規模を108.2兆円とする方針を固めた。複数の政府筋が明らかにした。昨年末の総合対策や予備費使用を除く新たな追加分としては財政支出が29.2兆円、事業規模は86.4兆円で、通常の事業費以外に、納税や社会保険料の支払い猶予分などで規模を蹴り上げた。
緊急対策は、感染拡大防止策と医療供給体制の整備・治療薬の開発(財政支出2.5兆円、事業規模2.5兆円)、雇用の維持と事業の継続(同22.0兆円、80.0兆円)、官民を挙げた経済活動の回復(同3.3兆円、8.5兆円)、強靭な経済構造の構築(同10.2兆円、15.7兆円)、今後の備え(それぞれ1.5兆円)を柱とし、「戦後最大とも言うべき危機」に対処するものだ。国費15.4兆円を投じたリーマン危機時の事業規模56.8兆円を超え、過去最大の対策規模となる。
財政支出の内訳では、国・地方の歳出が27.0兆円、財政投融資が12.5兆円となる。このうち国費は25.0兆円で、緊急対策の策定に伴い総額16兆8057億円の2020年度一般会計補正予算案を編成する。財源に赤字国債14兆4767億円、建設国債2兆3290億円を充てる方針も併せて盛り込み、7日夕に閣議決定する。 』

ロイターの記事は実に分かりにくいですが、重要なのは、
「緊急対策の策定に伴い総額16兆8057億円の2020年度一般会計補正予算案を編成」
「財源に赤字国債14兆4767億円、建設国債2兆3290億円を充てる」
の部分だけです。

実は、108兆円事業規模だの、39.5兆円財政支出だのと騒いでいますが、新たに国会で補正予算として成立させる予算は、16兆8000億円のみなのです。他の支出は「貸付枠拡大」「他の予算からの付け替え」「財政投融資などの政府の貸付」「徴税徴収の猶予」など、プライマリーバランスに影響しないものばかりで、PB黒字化目標に影響するのは、16.8兆円のみです。

確率100%と断言しますが、上記の16.8兆円の補正予算は「第一次補正予算」と呼ばれることになるでしょう。理由は、すぐに「第二次補正予算」が必要になるためです。

これは想像ですが、安倍政権お得意の数字マジック(というか数字詐欺)による目くらましに、今回も多くの国民が騙されていることでしょう。
「ひゃっくはっちょうえんだってよ~! スゲー、安倍総理、サイコー」
といった感じです。

とはいえ、今回ばかりは、現実があまりにも悲惨すぎます。地獄の四月はすでに始まっているのです。最低でも、GDP10%の財政赤字=国債発行がすぐさま必要です。

ところが、現実はわずかに3%。

このままでは、政府の失政により多くの国民が所得を喪失し、飢え、死んでいくことになります。

安倍政権の「嘘」に騙されず、ただ、ひたすら必要な対策を声を大にして訴えて下さい。大変、厳しい現実ですが、疫病と恐慌、同時に襲われている我々を救えるのは国家、政府しかないのです。

「政府は対GDP比10%の新規国債発行を決断しろ!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを! an>
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

犠牲者の出方を見て、小出しに?

なんて考えているのでしょうか?

引用画像

美しい日本の意味とは?

引用画像

間もなく連鎖倒産の嵐に突入するでしょう。

巷に失業者が溢れ・・・・・

引用画像

大規模商業施設は?

その後は間もなく本物の嵐です。

引用画像

引用画像

末法時代の怖さを思い知ることでしょう。

引用画像

テクノロジーだけではないぜええ、人間の欲望も人類を滅ぼすぜええ!

と、神が警告しているのでしょう。

どうすんだよう!

神に問うて見ればいいでしょう。

画像

地獄は人間が造るぜええ!
この世は陰謀の塊だぜええ!

いうだけ国家の終焉は近いぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスの次は?

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコムームージロコ

注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA