心の病・今さえよければ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
「今さえ良ければ」というビジョンの無い人々が考えていた「今」が終わりつつあるのではないだろうか?」
なんていう記事がありました。

あの変態○○〇に関しての記事です。

今後は崩壊へと進む可能性を否定できません。
引用画像
マッ、現代の風潮とジロコは感じます。
今さえよければ
自分さえよければ

相手の苦しみなど関係ないゾウ!

契約通りだゾウ!

この国も緊急経済対策として
現金給付するゾウ!
なんて言ってるそうです。

そんなことで「今が終わる」のを防げるのでしょうか?
毎月生活費が30万円だった人は、10万円の給付では10日間しかもちません。
うちは5人家族だから50万円もらえるのかよう?

無収入になっても10日間生き延びたぜええ!

家賃や住宅ローンはどうすんだよう!
今後給付金詐欺が続出すると想像されます。

「もしもし、お宅に給付金が出ますので、キャッシュカードを持ってお近くのATMにお越しください。」
なんていうのが流行りそうです。

モット新手なのは
「もしもし、お宅の給付金を一か月で倍にしますから・・・・・」
なんていうのも出てくるでしょう。

平凡なのは
「お宅の給付金を投資に回せば月3%、年率36%の配当を差し上げます」なんていうものはザラでしょう。

うちはバス会社だぜええ!
毎月のバスリース料が2000万円だぜええ!

うちはタクシー会社だぜええ!
毎月のタクシーリース料が1000万円だぜええ!

今どき車を購入する会社はほとんどないと推定されます。
車はリースが主流です。

そうは言っても乗客がいなければ、収入がないのが普通です。

引用画像

密輸の金でも運べばあ?
なんて言っても
うちは菌を運んでるゾウ!
なんて笑い話にもなりません。

収入がないなら、支出カットだゾウ!
車がうごかないならドライバーは不要だゾウ!
続々と産出される失業ドライバー!

どうすんだよう!

空港へ行って非公共交通機関やればいいじゃん!
白タクだから非公共だゾウ!

<バカジロコ!無責任なこと言ってんじゃあないよ!>

バカジロコ

そうは言ってもどうしようもないでしょう。

引用画像

失業給付期間を延長すればいいじゃん!
失業給付金を増額すればいいじゃん!
なんて誰もいってないような気がします。

かわいそうだなああ?
ホラ10万円上げるよ!

国民は乞食かよう!

どっかの国と間違えていない?
うっ、それだけ?

引用画像

ありがたいと思えよ!
後で増税で返してもらうからな!
やがて新税のオンパレード
コロナ復興税
オリンピック復興税
税収補填税
国道通行税
地方へ行くと
地方道通行税
過疎地保存税
新税のオンパレードです。

ザケンナよう!
なんて誰も言いません。

相変わらず
引用画像
引用画像
<バカジロコ!まじめに書けよ!>

マッ、いよいよ本格的な末法時代の地獄に突入するゾウ!
そのような予感を感じます。
引用画像
地球がこのようなことを言っているのでしょうか?
引用画像
ところでお経の話しです。
仏教は仏陀の悟りから始まりインドを中心として広まっていきました。
そうは言っても新型コロナウイ―ルスのようにところどころにふって湧いたような広まり方ではなかったようです。

しかし、現在のインドでは1%ほどの仏教徒しかいないそうです。
発祥地に仏教徒がほとんどいなくなる。
まるで発生地に感染者がほとんどいなくなるなんていう事態に似ていると思いませんか?

最後にはよその国から入ってきたゾウ!
なんてことになるでしょう。

賠償じゃああ!补偿金!배상!

久しぶりの画像です。

引用画像

このような国が多いと想像されます。

ウイ―ルスが終焉した後の地獄がジロコは感じられます。

ジロコ
インドはなんで仏教徒が少ないのか?

インドはなぜ新型コロナウイールスの被害が少ないのか?
インドには昔からバラモン教があったし、4世紀ころからヒンドゥー教も生まれました。
7世紀ころまでは仏教とヒンドゥー教は共存していましたが、8世紀ころから仏教はヒンドゥー教に吸収されていきました。

この国も〇国に吸収されてしまうのでしょうか?

引用画像

今では企業の吸収合併が目立ちます。
吸収合併した大企業が世界を征服するようになったら?
怖いゾウ!とジロコは感じます。
ジロコ

値段は売り手が決めるゾウ!
文句言うなら買うなよう!

水道は中国に任せたゾウ!
文句言うなら中国に言えよう!

ペットボトル水が売り切れだぜええ!

ワタシ、チュウゴクゴ ハナセマセン!

またこのころからイスラム教徒が北インドに侵入してきました。
この国もやがて〇国が侵入してくるのでしょうか?
バカジロコ!侵入済だゾウ!

13世紀の初めに、北インドにイスラム政権(奴隷王朝)が建てられ、イスラム化が進みました。

この国も、居座り政権が建てられ、奴隷化が進むのでしょうか?
引用画像
マッ、今でもこの国は居座り政権と思う人もいるでしょう。
<バカジロコ!いちいち感想書くなよ!>

バカジロコ

居座り政権からの脱出なんて本が出るでしょうか?

南インドではヒンドゥー政権が建てられ、仏教を圧迫しました。
仏教徒は南北で窮地にたたされたそうです。

ジロコはこの国の未来が頭に浮かびます。
日本の神はこのような扱いを受け
引用画像
やがて〇国の居座り政権が誕生
この国の国民は奴隷に!

議員だった人は?

チュウゴクゴを話せれば助かるかもしれませんが
未知数と言えます。

ワタシ、チュウゴクゴハナセル ナカマ!
<バカジロコ!妄想しすぎだゾウ!>
妄想性認知症症候群のジロコです。
ジロコ
イスラム教徒による仏教弾圧はすさまじく
寺院や仏像を徹底的に破壊したそうです。

宗教が戦争の原因になりうることが理解できるかもしれません。

仏教徒は仏像に拝む習慣がありましたが、イスラム教徒は偶像祟拝を許さなかったのです。

ところでジロコがTVを見ていたらすごい生物が出てきました。
別にめずらしいものとは言えませんが、カブトエビです。

引用〜
2億年ずっと同じ姿、生きた化石「カブトエビ」
2億年前から同じ姿をしている「カブトエビ」。その秘密は、強い卵にあるんだとか。普通の生き物では考えられない卵の秘密に迫ります。

アメリカカブトエビ

科目: 背甲(ハイコウ)目カブトエビ科
体長: 約20~30mm
成体を見ることができる時期: 6月~8月
冬越し: 卵
田んぼでの愛称: 田んぼの草取り名人

アメリカカブトエビ

科目: 背甲(ハイコウ)目カブトエビ科
体長: 約20~30mm
成体を見ることができる時期: 6月~8月
冬越し: 卵
田んぼでの愛称: 田んぼの草取り名人
カブトエビの卵はとても強い
「生きた化石」とも言われるカブトエビは、甲殻類の中で最も原始的な種類で、祖先は2億年以上前の三葉虫と言われています。
アメリカカブトエビは元々、北アメリカの砂漠が故郷だと言われています。砂漠で生きのびるために、卵は数年間の暑さや寒さ、乾燥に耐えられるようになっています。一匹で産む卵の数は1,000個以上にのぼります。このような卵を乾燥卵、または耐久卵といい、カブトエビが現代まで生き残れたのも、この特殊な卵であったからと言われています。
カブトエビの寿命は短く、産卵を終えると約1ヶ月の短い一生を終えます。つまり、1年のうち11ヶ月を卵で過ごしているわけです。
田んぼを育てるのに役に立つ「カブトエビ」
カブトエビは田んぼの雑草を取る働きがあります。泥の中に生えた雑草の芽を食べ、泳いでいる時には水を濁らせるため、発芽した雑草の生育を抑える効果もあります。また、泥をかき回すことで稲の根に酸素を送り、根腐れも防いでくれるのだとか。そのため、カブトエビをわざわざ田んぼに放して、草取りをさせている人もいるそうです。
カブトエビは40数対の足を絶えず動かして泥を掻き分けたり、這い回ったり、埋まったりして小さな藻類やミジンコを食べています。それだけでなく、水草やコケ、魚の死骸なども食べる雑食です。1ヶ月と短い寿命ですが、脱皮を繰り返し3cmくらいまで成長します。その寿命の中でも、卵を泥の中に生み、次の年にはまた田んぼに現れるのです。

〜引用終わります。(クボタのたんぼ)

こういう生き物を誰がつくったのでしょうか?

マッ、宇宙の神以外にないでしょう。
神は何のために人間を創ったのでしょうか?

それにしても人間はウイ―ルスに簡単にやられてしまうような気がします。

人間が2~3年冬眠できれば、ウイルスなど怖くないかもしれません。

しかし神はそのように人間を創らなかった?
争いをしているのを見て楽しむためでしょうか?
だったら平和なんてあり得ません。

東京五輪「中止・延期」で宙に浮く「費やされた経費」の数々
2020.3.23 19:11
なんて記事が出ました。引用しません。(※週刊ポスト2020年3月27日号)
オリンピックが延期だとか中止だとか言い出せない理由がわかるような気がします。

誰かが責任を持って「延期」あるいは「中止」を言わなければならな

ないでしょう。
そうは言っても〇〇〇が行ったから延期だゾウ!
なんてことにしておかないと大変なことになるかもしれない?
なあんて感じるのがふつうかもしれません。

愚だ具だ言ってないで三橋先生の記事を引用します。

引用〜
政府は国民を安心させる「財政」を宣言せよ!
2020-03-23 07:00:41
テーマ:政治

スポンサーリンク


先日のチャンネル桜Front Japan 桜」で、


「事業規模30兆円超の規模の対策とあっても、騙されてはいけない。いつものパターンだと、半分は民間への貸付。あるいは貸付枠、あるいは信用保証」
と解説しましたが、案の定。

『政府、コロナ対策30兆円規模に 消費減税見送り公算、旅行代助成

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020032201001807.html
政府、与党は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、国の財政支出をリーマン・ショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入った。大規模な2020年度補正予算を編成する。国民への現金や商品券の支給のほか、外食や旅行代金の一部を国が助成することを検討。中小企業の資金繰り支援も強化し、事業継続や雇用維持を支援する。財源には赤字国債の発行を検討する。
与野党から消費税減税を求める声もあるが、社会保障の重要財源でもあり、見送られる公算が大きい。今月末から協議を本格化し、4月上旬にも決定する。』

 ね? 「民間支出も含めた事業規模30兆円」だったでしょ。

ちなみに、「消費税減税を見送りの公算」と書いていますが、これはいわゆる「既成事実化」です。

財務省に限らず、「自分の政治的望み」を新聞にリークし、いつの間にか「事実」であるかのように事を進めようとする、プロパガンダ手法の一種です。
現実には、何も決まっていません。

決まっていませんが、とにもかくにも財務省が「大規模、長期的、継続的」な財政拡大、つまりは緊縮財政からのピボットだけは「防ごう」と、情報戦が展開されていることが分かります。

彼らの「出世」のために推進される緊縮財政で、多くの国民が死ぬ(自殺で)。国民殺しの省庁、そして国民殺しの国家。

それにしても、新型コロナウイルス感染症がパンデミックの状況で、「旅行代金の一部」って、旅行させたいんだ・・・・。意味不明。

昨日は、さいたまスーパーアリーナで「「K―1 WORLD GP」が開催されてしまいましたが、政府が要請するのみで、損失補償がない以上、この種の「自粛破り」が出てくることは想定されていました。

こうなると、自粛破りが増えるのはもちろん、要請に従って自粛し、所得を失ってしまった方々が、
「なぜ、自分たちだけ・・・・」
と、不公平感を抱くのは必然です。

 日本政府は、早急に事業者に対し「粗利補償」を宣言しなければなりません。さもなければ、自粛破りが横行しかねません。というか、確実にするでしょう。
ところで、ドイツが新型コロナウイルスの感染拡大対応のため、1500億ユーロ(約18兆円)規模の追加予算を計上することが報じられています。信用保証を含めた全体の「事業規模」は、7500億ユーロ(約90兆円)を上回るとのことです。

ドイツは、ご存じの通り財政均衡を「憲法」に書いているほど、狂気の緊縮国ですが、財政均衡路線を断念。ショルツ財務相は、
「はっきりとした力強いメッセージを送ることが重要」
と、語っています。

まさに、人々が恐慌(恐れ、慌てる)状況になっている際に、政府に求められるのは、国民を安心させる「力強いメッセージ」と具体的な対策、あるいは対策の規模です。

 緊縮財政路線を棄てることができない安倍政権は、恐慌への落下ペースを緩めることすらできない不十分な対策を小出しにし、日本国民の恐慌感覚は日に日に高まっていくでしょう。

ありもしない「財政破綻問題」が理由で、国民が死んでいく。

 冗談じゃない! 

安倍政権は、速やかに「国民を安心させる規模の財政拡大(消費税廃止、PB目標破棄含む)」を宣言する必要があります。さもなければ、「生きるため」に国民は動き、自粛破りが増え、欧州のように感染拡大を食い止められなくなります、間違いなく。

「政府は国民を安心させる財政を宣言せよ!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

消費税を廃止してしまうと今までのうそつきがバレバレになってしまうでしょう。

そうなればゾウさん政権もアウトです。ブー!

引用画像

引用画像
絶対に消費税だけは死守するでしょう。
国民なんかどうでもいいゾウ!
政権死守だゾウ!

ジロコはそのように感じられます。
ジロコ

さらなる地獄が襲えば?

その時になってみればわかるでしょう。

和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用~
同文同種 ①
2020-03-24 00:00:00NEW !
テーマ:中国人・中国・共産党・文化大革命

※迦楼羅(カルラ)-インド神話上の架空の鳥。サンスクリット語のガルダgaruaの音写。拏(がろだ)、迦留羅(かるら)、掲路荼(がろだ)などとも書く。またガルダと同視される神話的な鳥スパルニンsuparin(金翅(こんじ)鳥、妙翅(みょうし)鳥)の訳でもある。鳥類の王で四天下の大樹におり、竜(りゅう)を食う獰猛(どうもう)な大怪鳥であるという。

「日本人と中国人は同文同種だ」と、日本人はなんとなくそのように思っているのです。中国は漢字を使います。日本人も漢字を使います。だから、「同じ民族に違いない」と思い込んでいるのです。日本と中国は親しい関係があるのです。
ところが、実際の漢字の成り立ちを見ると、同じ中国でも北と南では、全て言葉が通じません。北京と、南京でも発音も違い言葉が通じません。だからこそ秦の始皇帝から始まった同文同種としての絵文字を使ったのです。

「家」という絵文字を使うと意味が通じたのです。すると家の発音が「イエー」と言っても、「ヤー」と言っても、発音は何でもよいのです。字を見ると「家」だとわかるのです。発音は北京、南京では違います。

音も違います。今の中国人に向かって法華経の経典を見せても、全く意味が通じません。法華経の経典は、呉音です。呉の国の音なのです。今の北京語を習っている連中は全然意味が通じません。

「二時世尊 従三昧 安詳而起・・・」と経典を読んでも、呉の国の人には通じましたが、今の中国人には全然意味が通じません。すると知ってか、知らずしてか日本人は、「中国人と非常に親しい。同じ漢字を使っている」そのように思いたがるのです。

しかし、実態は全然違います。日本と中国は全然違う国なのです。同文同種ではありません。言葉も違えば、習慣も風俗も違います。違いがありすぎるのです。このような勉強をしていかないと、日本人は中国人に対する認識を誤ってしまいます。

日本人は「日本人と中国は同文同種だ」と言われると「兄弟なのか」と思ってしまいます。それに気がついた韓国人は漢字をやめたのです。漢字やめてハングル文字にしたのです。ハングル文字は発音記号です。

韓国人がハングル文字を使うと中国人にはまったく意味が通じません。ところが、韓国人が漢文を出すと漢文は、そのまま中国人に意味が通じます。すると意思疎通ができるのです。「韓国人は中国文明と離れないといけない」と焦ってハングル文字にしたのです。

ところがこのハングル文字は質が悪いのです。ハングル文字は発音記号なので意味が全く通じません。簡単な言葉しか言い表せないので、複雑な意味は表現できません。日本語で言うと、「てにをは」にあたるものがありません。ハングル文字はわけのわからない言語で、粗末な言語です。

「祖語」というのです。

それに比べて日本の場合は漢文もあり、昔からの和語もあり、「てにをは」もあり、すばらしい言語なのです。日本語にはすべて入っています。日本語は、世界的言語といるのです。

日本語は中国の言葉も入っているし、日本の言葉も入っているし、英語のような接続詞も入っていて、非常に分かりやすい言語です。世界で一番良い言語が日本語です。「ヒーフン、ハーフン」と鼻に抜けるような言語が中国語です。韓国語のように「ピーチクパーチク」とわめく言語でもありません。流れるように美しい言語が日本語です。

 だからこそ日本人は、同文同種にだまされてはいけません。もっとも違いがあるのは、中国人は人間を食うということです。古来から、人間を食うものを妖怪といったのです。中国でできた法華経がそうです。

お釈迦様のご説法を聞いた連中は、妖怪ばかりです。キンナラ・マゴラガ・カルラ・夜叉・・・・です。このような妖怪が釈尊の説法を聞きに集まったのです。法華経は、シナでできた経典ですから、そのような妖怪がたくさん出てきてしまうのです

 シナでは人間を食らうものを、化け物(妖怪)といったのです。孫悟空に出てくる猪八戒は豚の妖怪です。沙悟浄はカッパの妖怪です。孫悟空はサルの妖怪です。何しろ人間に仇をなす者を化け物(妖怪)と言ったのです。

鬼子母神の元はインドの神ですが、シナ人は漢字にしてしまったのです。鬼子母神は人の子供を捕まえて食うのです。そのような悪い神です。

中国人と日本人は全然違うのです。その中で最も驚く有名なお話しが、孔子の人肉食いです。あの、論語を書いた孔子様は、ジャンが大好き人間です。三度の飯にジャンがないと機嫌が悪かったのです。

醤(ジャン)とは何かというと、醤油の「醤(しょう)」の字です。醤(ジャン)とは、罪人を切り刻むのです。2センチくらいの角に刻んで、甕に入れます。その中に多くの塩と麹を入れます。甕の蓋をして、1年以上寝かしておきます。すると醤(ジャン)ができます。

醤(ジャン)というのは、元々は人肉です。あの難しいことを説いた孔子様は毎日のおかずに醤(ジャン)を食べていたのです。1回や2回ではありません。何十年も醤(ジャン)を食べ続けていたのです。孔子の十大弟子の顔回が何かの理由で殺されたのです。

すると孔子の下に醤(ジャン)が送られてきたのです。「貴方の大好物の醤(ジャン)を送ります」と言うと、孔子は「うれしいな」と言うので、「誰の醤(ジャン)か知っていますか? 貴方の弟子の顔回の醤(ジャン)ですよ」と言われて、「ゲ~」と思って孔子は醤(ジャン)を食べるのを止めたのです。それがしっかりと書物に書いてあるのです。

 そのように中国人にとって人肉食というのは、当たり前のことなのです。道ばたに死体が落ちていると、誰かがなんとかしないと死体は腐ってしまいます。あるいは、ハゲタカや、野良犬の餌食になってしまいます。

「どうせ動物に死体が食べられてしまうならば、人間が食べたほうがよい」と思って中国人は人肉を食べてしまうのです。そこから中国人の人肉食が始まり、人肉の料理の仕方は何十種類もあるのです。「ナマズ」というのは、生で食うのです。今でいうお刺身です。中国では人肉を焼いて食う、蒸して食う、様々な調理法が細かく本に書いてあるのです。そのような国は、他にはありません。

 しかし、それは合理的です。人間の肉も、豚の肉も、牛の肉も何も変わりありません。「肉」ということにおいては、一緒です。「ここにあるのが人肉なのか? 豚の野肉なのか?」と言われると、肉には変わりありません。中国人は食べられるものは、何でも食ってしまうのです。人肉の干し肉も食ってしまうのです。(②に続く)

〜引用終わります。(人気ブログランキング)
引用画像
仏教は人間は皆違うと説いてるぜえ!

感染した人は?・・・・・

いじり画像

地獄は人間が造るぜええ!
この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスの次は?

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA