心の病・捏造された?仏陀の教え

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
一時期話題に乗った高輪ゲートウエイ駅が、駅名がおかしいぜえ!
なんてさわがれていましたが、今度は高輪ゲートウエイ駅の看板の書体がおかしいぜえ!
なんて話題になっています。

マッ、何ともおかしな駅とジロコも感じます。
今後どんなおかしい事態が生じるか?
注目していればいいかもしれません。

アメリカでは減税の話題が出たとたんに株価が急騰したそうです。
やはり自国民第一主義のアメリカです。

この国は沈没しそう?なのにいまだに
消費税廃止だゾウ!
なんていう気配は感じられません。

引用画像

マッ、自国民などどうでもいいぜええ!
なんていう気配をジロコは感じます。
ジロコ
新型コロナウイ―ルス騒ぎが終焉したら?
どのような顛末になるのでしょうか?
崩壊無尽演技になるのでしょうか?
崩壊無尽演技ってなんだよう?

新型コロナウイ―ルスでお金を使いすぎたので

消費税15%だゾウ!

ウイ―ルス復興税だゾウ!

引用画像

崩壊無尽演技はジロコが考えた言葉です
当然検索してもヒットしません。

大乗仏教は六波羅蜜という戒律を実践しなければならないといわれています。
六波羅蜜ってなんだよう?
わかりやすい解説を見つけたので、引用します。

引用~

六波羅蜜とは
六波羅蜜とは、この世に生かされたまま、仏様の境涯に到るための六つの修行をいいます。波羅蜜とは彼岸(悟りの世界)に到ることです。
布施
見返りを求めない応分の施しをさせていただく事をいいます。貪欲の気持ちを抑えて、完全な恵みを施すことです。布施行は物質だけではありません。
持戒
道徳・法律等は人が作り現在はますます複雑になっています。私たちは高度な常識を持ち、瞬時瞬時に自らを戒める事が肝要です。
忍辱
如何なる辱めを受けても、堪え忍ぶことが出来れば苦痛の多い現代社会において、自らが他の存在に生かされていることがわかり、全ての人の心を我が心とする仏様の慈悲に通じることとなります。
精進
不断の努力をいいます。我々人の生命は限りがあります。ひとときも無駄にすることなく日々誠心誠意尽くすことです。
禅定
冷静に第三者の立場で自分自身を見つめることをいいます。
智慧
我々は本来仏様の智慧を頂戴してこの世に生をうけております。しかし、貪りや怒り愚痴によってその大切な智慧を曇らせてしまいがちです。 布施・持戒・忍辱・精進・禅定の修行を実践しどちらにもかたよらない中道を歩み、此の岸から彼に岸へ・・・。
〜引用終わります。(六波羅蜜寺)
六波羅蜜寺というのは京都市に実在しています。

ジロコが6つの項目について解説していきますなんてやれば
六波羅蜜の批判が出てくるのが目に見えてわかります。

批判と愚痴ばかりのバカジロコです。
バカジロコ

ジロコの世間の評判は?
その辺にいる、お散歩ワンワンと同じで、関心を持たれません。

「あそこにバカジロコがいるぜええ!雑草でも食ってんのかなあ?」
ポチハウスのポチ以下です。

ところで大乗仏教では各流派が仏陀の教えに関係なく、勝手に経典を創りまくったそうです。

捏造し放題です。

「如来」とか「菩薩」なんていう存在を創ったそうです。

引用〜
如来 (にょらい)とは、サンスクリットのタターガタ(梵: तथागत, tathāgata)の漢訳であり、語義は諸説あるが、仏教で釈迦や諸仏の称呼に用いられる[1]。

仏陀の10の称号である十号の一つ[2][3]。如来を総名として十号の内に数えない場合もある(十号#異説を参照)[4]。
〜引用終わります。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

よくわかりません。
引用~
菩薩(ぼさつ)とは、梵名ボーディ・サットヴァ(梵: बोधिसत्त्व, bodhisattva, 巴: bodhisatta) の音写であり[1][注釈 1]、仏教において一般的には菩提(bodhi, 悟り)を求める衆生(薩埵, sattva)を意味する[1]。菩提薩埵とも音写される。仏教では、声聞や縁覚とともに、声聞と縁覚に続く修行段階を指し示す名辞として用いられた[2][3]。〜引用終わります。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

なんかいまいちです。
引用~
如来とは何か、菩薩とは何か、これらがわかればどちらが偉いのかもわかります。
如来とは
阿弥陀如来、釈迦如来、大日如来、薬師如来など、いろいろな如来の名前を聞きますが、如来とは仏のさとりをひらいた仏さまのことです。

ですから「阿弥陀仏」「釈迦仏」と言っても、「阿弥陀如来」「釈迦如来」と言っても呼び方が違うだけで意味は同じです。

力士と言っても序ノ口から横綱まで色々な位があるように、「さとり」と一口に言いますが、低いさとりから高いさとりまで、全部で52の位があります。これをさとりの52位といいます。

52段目の最高のさとりの名前を、仏のさとり、仏覚といい、これより上はありませんから、無上覚(むじょうかく)ともいいます。

仏教のさとりとは、何をさとるのかというと、私たちが本当の幸せになれる大宇宙の真理をさとります。

大宇宙の真理のことを真如(しんにょ)といいます。この真如をすべてさとったのが、最高のさとりをひらいた仏さまです。

如来とは「真如来現(しんにょらいげん)」を略したものです。

真如の如と来現の来をとって、如来といいます。

来現とは、すべて体得したということで、最高のさとりをひらいた仏さまを「真如来現」、略して如来といいます。
菩薩とは
弥勒菩薩とか地蔵菩薩とか、菩薩と言われているものがたくさんありますが、菩薩とは「菩提薩埵(ぼだいさった)」を略したものです。
菩提の菩と薩埵の薩をとって、菩薩といいます。

菩提とは仏のさとり、薩埵とは求める人のことですから、仏のさとりを求める人を「菩提薩埵」=「菩薩」といいます。
さとりの52位でいうと、52位が仏=如来で、それを求めるのが菩薩ですから、菩薩とは51位以下をいいます。

よって、如来と菩薩はどちらが偉いのかというと、如来=仏になるために努力しているのが菩薩ですから如来の方が偉いです。

そして数ある如来の中で最も偉い如来が阿弥陀如来であると、お釈迦さまは教えておられます。

阿弥陀如来とはどんな如来なのかについては、こちらの記事で解説しています。
〜引用終わります。(1から分かる親鸞聖人と浄土真宗.)

如来や菩薩が各宗派の本尊になりました。
浄土真宗では阿弥陀如来が本尊です。

引用~
本尊(ほんぞん)とは、仏教寺院や仏壇などに最も大切な信仰の対象として安置される仏像・経典・仏塔、お守りとして身辺に常時携帯されるもの、仏や菩薩などの彫刻・絵画・曼荼羅(まんだら)・名号などをいう。
また比喩として派生した用法として、
仏教以外の宗教において信仰の対象として大切に扱われるもの。
日常生活において、ものごとの張本人や端倪すべからざる人物、大切にすべき物。
などにも用いられる。 〜引用終わります。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

浄土宗とか真言宗とか日蓮宗とか10以上の宗派があります。

マッ、当然ながら各宗派同士で仲がいいわけではありません。
世界平和が絵にかいた餅であることの証明といっていいと思います。

世界平和を唱える者は?
お隣と仲良くしてる?

お隣とも仲良くできないのに、世界中と仲良くできるわけないじゃん!

学校でも誰とでも仲良くする必要はないと、心理カウンセラーのジロコは感じます。

当然バカジロコも感じます。
バカジロコ

各宗派が勝手に仏陀の経典をいじくりまわして、7000巻も経典をつくりだしたそうです。

まさに「捏造された仏陀の教え」と言えるでしょう。

同然のことながら、各宗派において、うちの本尊が最高だゾウ!
なんてやるのが人間の心理で、真理と言えます。

仏陀より地球神のほうが偉いぜええ!
なんて言っても自然といえます。

自分のことをバカと言ってるのはジロコくらいでしょう。
ポチレベルでもバカジロコよりましだゾウ!
バカジロコ

自己を理解していない人がおおいためか
自分探しの旅なんてバカなことをするぜええ!

コロナウイ―ルスに感染するのが関の山だぜええ!

<バカジロコ!国内旅行をあおれよう!>

外国人が住みよい国にする必要はありません。

この国の国民が住みよい国にしなければ
何のために国があるのだ?

 

このような態度が頻繁に見られるようになるかもしれません。
引用画像

新型コロナウイ―ルスも
感染源は日本だゾウ!

倍賞だああ!
と賑わう感じをジロコは感じます。
ジロコ

真っ先にあの国が
ばいしょうだあああ!
バイショウ!
배상!
いじり画像

三橋先生の記事を引用します。

引用〜
令和恐慌 始まる
NEW!2020-03-10 07:33:46
テーマ:日本経済関連


安倍総理大臣は、昨年の消費税増税前に、
「リーマンショック級の出来事がない限り、消費税率を予定通り引き上げる」
と、繰り返していましたが、おめでとう! 総理の19年10月の消費税増税恐慌と、年明けの新型コロナウイルス襲来により、リーマンショック級の経済危機が始まりましたよ。

コロナショックという表現は不適切でしょう。何しろ、始まりは19年10-12月期なのです。我々日本国民が、例により、
「三か月後に、新型コロナウイルスのアウトブレイクが起きるから、今のうちに消費や投資を減らそう」
と、神をも超える洞察力を発揮したならばともかく、19年10-12月期の実質GDP年率換算▲7.1%という悪夢は、
「そりゃ、消費税を上げたから」
と、二秒で説明がついてしまいます。

政府はどうせ「台風のせいだ~」とやるのでしょうが、

台風が来たからといって、日本国民が消費や投資を年率二桁も減らすか!

というか、本当に台風のせいでこれだけGDPが減ったのなら、むしろそっちの方がヤバいわ。どれだけ脆弱な経済なんだよ。

『19年10~12月期GDP改定値、年率7.1%減に下方修正

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05HCB_V00C20A3000000/
内閣府が9日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比1.8%減、年率換算では7.1%減だった。速報値(前期比1.6%減、年率6.3%減)から下方修正となった。法人企業統計など最新の統計を反映した。
QUICKがまとめた民間予測の中央値は前期比1.7%減、年率6.6%減となっており、速報値から下振れすると見込まれていた。
生活実感に近い名目GDPは前期比1.5%減(速報値は1.2%減)、年率は5.8%減(同4.9%減)だった。(後略)』

というわけで、細かく見てみましょう。

・経済成長率(実質GDP成長率) 年率換算▲7.1(対前期比▲1.8%) 以下同
・民間最終消費支出 ▲10・6%(▲2.8%)
・民間住宅 ▲9.7%(▲2.5%)
・民間企業設備 ▲17.3%(▲4.6%)
・政府最終消費支出 +0.9%(+0.2%)
・公的固定資本形成 +2.8%(+0.7%)
・財・サービスの輸出 ▲0.3%(▲0.1%)
・財・サービスの輸入(控除) ▲10.2%(▲2.7%)

スポンサーリンク

消費投資共に「民間需要」が壊滅状態なのは変わらず、輸出減少にも関わらず、輸入がそれ以上に減ったため、純輸出がプラス化しているのも変わらず。
1次速報と比べて大きく落ち込んだのが、民間企業設備です。何と、年率換算で▲17.3%と、脅威の落ち込み率になってしまいました。
【日本の経済成長率の推移】

改定値では、名目GDPの下落率も拡大しました。まさに、現在の日本国民が「もはや支出を増やせない」状況に至っていることが分かります。
このタイミングで、新型コロナウイルスが襲来したわけです。

そして、昨日、いよいよ本格化した株価の暴落。円高。金融経済においても、リーマンショックの再来です。

『日経平均終値1050円安 1年2カ月ぶり2万円割れ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56557390Z00C20A3I00000/
9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落し、前週末比1050円99銭(5.07%)安の1万9698円76銭で終えた。終値ベースでの2万円割れは昨年来安値を付けた19年1月4日(1万9561円)以来、1年2カ月ぶり。下げ幅は18年2月6日(1071円)以来、2年1カ月ぶりの大きさだった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で景気や企業業績の減速懸念が一段と高まるなか、原油安と円高の急速な進行がリスク回避目的の売りに拍車をかけた。石油関連株や金融株を中心に全面安の展開となった。(後略)』

リーマンショックは、日本政府の責任というわけではありません。とはいえ、今回は完全に「安倍政権」の責任です。

19年10月に消費税増税を強行したこと。
20年1月時点で、中国からの外国人入国を規制せず、アウトブレイクを許してしまったこと。
曖昧な基準で「自粛」を要請し、国民に責任を丸投げし、結果的に消費の凄まじい減少を引き起こしてしまったこと。
国民の所得を強制的に減らしておきながら、まともな損失補償策をパッケージで発表しなかったこと。

全て安倍政権の失政なのです。

政府は、今すぐに以下を決断しなければなりません。

1.PB黒字化目標の破棄(閣議決定一発でできます)
2.消費税の廃止もしくは一律10%の軽減税率の適用(野党も反対しないでしょう)
3.政府の自粛、休校要請で被害を受けた国民、企業への全面的な損失補償
4.消費を喚起するために、国民一人当たり10万円規模の給付金
5.医療、防災等、安全保障強化の「長期計画」を立て、予算をコミットし、企業が安心して設備投資できる状況を作る

5について、例えば今回、マスクの生産が需要に追い付かなくなりましたが、政府が企業に「マスクを増産し、必要があれば設備投資しろ」といっても、将来的な安定需要が見込めない以上、企業側は無視するでしょう(当然です)。

これが、
「地方交付税を増額に転じ、各自治体にマスクを含めた非常用品の備蓄を促し、各自治体は計画に則り、備品を蓄積していく」
ということになれば、企業は喜んで設備投資をすることになるでしょう。

日本政府に欠けているものは多数ありますが、その一つが、
「長期的に、計画的に安全保障を強化していくコミットメント」
であることは疑いないのです。(今回、思い知ったでしょう?)

令和恐慌が始まりました。これから様々な災厄、悪夢の指標が報道されていくことになりますが、繁栄の未来を諦めずに戦い続けましょう。足掻くしかないのですよ、結局は。

「繁栄の未来を諦めずに足掻き続けよう」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

一万円札ドンドン刷って貧乏人に配ればいいじゃん!
円安になって、○○〇もよろこぶぜええ!

<バカジロコ!バカ丸出しだぜええ!>
バカジロコ

末法時代に待ち受ける未来とは?
引用画像

引用画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用~
武漢ウイルスの謎 ②
2020-03-11 00:00:00NEW !
テーマ:コロナウイルス・エボラ・ウイルス

※写駐日中国大使館での抗日70周年(産経新聞より)
公明党の山口那津男は、中国共産党の70周年戦勝記念に参加したのです。こいつは、キチガイでしょうか? そんなところへノコノコと出かけている公明党の山口は、「敗戦国民として戦勝国の中国様、おめでとうございます!」という儀式に出席したのです。

中国利権の構造は、検察庁も必死で追っています。すごい利権です。中国は日本のマスコミ、政界、実業界にものすごい勢いで網を張っています。中国はたいした国ではありません。本当は中国のGDPは、日本以下です。

すでに、中国は「コロナウイルスの出所は日本だ」と言っているのです。「また、始まったな」と思いました。「中国は非常に上手く対策をした。有効な対策をとった。その有効な対策を取れなかったのが日本だ。日本が対応を謝ったおかげで、世界中にコロナウイルスが広まったのだ。悪いのは日本だ。中国は悪くない。悪いのは日本だ!」と言い出したのです。

日本が黙るからそのイメージを世界中に植え付けているのです。悪い奴らです。中国は「何もかも全て日本が悪い」ということで塞いでしまおうとしているのです。二階俊博は、何も言えません。

日本が中国に対してもの申すと二階が「ちょっとまってくれよ。あまり、中国を刺激しないでくれ」と言うのです。すると日本は何も言えなくなってしまうのです。

それと同時に公明党の山口那津男は、中国共産党の70周年戦勝記念に参加したのです。こいつは、キチガイでしょうか? 皆さんももう知っていると思いますが、中国共産党と日本は、一度も戦争したことはありません。

日本と戦争したのは、蒋介石の中華民国です。中国共産党は、山の中を何千キロも逃げ回っていたのです。共産党が山の中から帰ってきたら、日本と戦った国民党がよたよたです。そこで中国共産党が国民軍に襲いかかったので、蒋介石は台湾に逃げたのです。

中華民国は日本に負けたのです。中国共産党は日本に勝ってなどいません。それを「日本に勝った」という式典をやっているのです。一回も中国共産党と戦ったことはありません。何を馬鹿なことを言っているのでしょうか?

そんなところへノコノコと出かけている公明党の山口は、「敗戦国民として戦勝国の中国様、おめでとうございます!」という儀式に出席したのです。こんな馬鹿な国会議員がいるのでしょうか? 公明党の山口は中国からお金をもらっているのでしょうか? それはもらっているのです。大変大きな金額が政党には、「支援」と称して払われているのです。

秋元衆議院議員が中国人から500万円もらって逮捕されました。「地検の狙いは、二階俊博だろう」と言われています。こいつは、そんな金額ではありません。もらっている金額は何十億円でしょう。

それを野放しにしておいて、秋元のようなチンピラ一人を討ち取っても仕方ありません。あれにゲロをはかせて逮捕しようとしているのです。ゲロッている人間は誰かというと、中国側の人間です。

中国人「私はお金をあげました」警察「誰ですか?」中国人「秋元です。秋元にはこれだけのお金をあげました」という証拠でどんどん追い詰めているのです。中国側の人間が「お金をあげました」としゃべっているということは、これで終わりではありません。

もっと大きなお金をもらっている奴が大勢いるのです。「お前ら、言うことを聞かないと全部、バラすぞ!」という中国人の脅かしです。百田尚樹さんが言っていました。これはお金をもらっている代議士への脅かしです。

お金をもらっている連中は、ブルッています。一言でも中国に対する攻撃をしたら、「お前が中国マネーをお金をもらったことをしゃべるぞ!」という脅かしです。中国人が「お金をあげました」としゃべるのですから、お金をもらった代議士は参ってしまうのです。

「二階俊博に、10億円あげました」などと中国人がしゃべったら、地検は「それ~!」と色めき立って、二階は逮捕されてしまいます。地検は、二階俊博をやってしまおうと思っているのでしょう。

国会議員のほとんどの連中が中国の紐付きですNHKだけではありません。テレビ局の中に中国の支局があるのです。そこで仲良くしているのだから、当然、お金も配られるのです。

情報を取るだけではありません。中国人と一杯飲みに行って、「今日はご苦労様」と交通費をもらったり、おごってもらったりすると、テレビ局は中国に関する報道ができなくなってしまうのです。新聞社にもそのようなお金が回っています。

国人のやり方は上手いね。生意気な政治家はハニートラップで引っかけるのです。ハニートラップの時には、麻薬を与えられているのでしょう。
中国に招かれると宴会で料理が出ます。そのときに人間のキンタ○を食べさせられてしまうのです。人肉のキンタ○を食わされて、おそらく麻薬も出るのです。中国にはいくらでも麻薬はあります。

すると女が欲しくなり、代議士はハニートラップで討ち取られてしまうのです。原価は安いのです。強い酒と、人肉のキンタ○と、女です。日本の政治家は簡単にハニートラップに引っかかってしまいます。

だらしない奴らです。代議士はほとんどみんなハニートラップに引っかかっているのです。それで日本の代議士が中国パイプになって、中国のために働くようになってしまうのです。「中国に行けばお金がもらえる」ということになるのです。

すると、「テメー、中国からお金をもらっていることをバラしてはいけないよ。俺の縄張りに口出しをするのではない。中国は俺の縄張りだ。手を出すなよ!」というのが親中派です。

「日本のためにどのように中国と付き合うのか?」というのではありません。中国様の都合のよいように日本から収奪して、中国様に持っていくのです。二階俊博がやったことは、3千人の実業家を中国に連れていったのです。

すると習近平閣下にお目にかかって大宴会です。日本から行った連中は、みんなハニートラップをしてもらい、何を馬鹿なことをやっているのでしょうか? みんな気がついていませんが、3千人の日本人を連れて習近平に会いに行くことを朝貢というのです

「中国皇帝にご挨拶に行き、貢ぎ物を持ってきました」ということが、3千人の実業家です。二階俊博は、「この連中が全員、中国に投資します」と習近平に差し出したのです。習近平は「二階俊博よ、よい子、よい子」と褒めたのです。

「よし、よし、帰りにはお前だけにたっぷりとお土産を持たせてやるからな」と言われて、味をしめてずっとその利権を離さないのです。このようなだらけた関係を直さないと日本の未来はありません。

安倍さんは何も言えません。二階俊博は幹事長です。自民党の幹事長ということは、自民党のお金を全部握るのです。一人1億円の党費ですから、400~500万円を党費として幹事長が握っているのです。

その他、何千億円というお金を自民党の幹事長が握っているのです。だから、前法務大臣の妻の河合あんりが選挙資金でもらったお金は1億5千万円です。他の奴らは1千500万円くらいなのに、あのババアだけが1億5千万円もらったのです。

誰にいくら渡すのかも幹事長の自由です。「お前のところは3億円やるよ」と幹事長が割り振りするのです。だから、幹事長には絶大な権力が身につくのです。そのためには、お金がもっと欲しいのです。そのような権力の構図です。

政治家は中国頼りのだらしない構造を早く直しなさい! 二階俊博よ、「日出処天子至書日没処天子無恙云々(日出処の天子、書を没する処の天子に致す。つつがなきや…)」と言った聖徳太子の書を思い出せ!

お前は朝鮮人だな。中国は朝鮮の宗主国だったのですから、「中国にお土産物を持って参上する」ということが朝鮮人には先祖伝来身についているのです。

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

仏陀は欲望に振り回されるな?
と言ったのでしょうか?

あるいは・・・・・

 

地獄は人間が造るぜええ!
この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA