心の病・大乗仏教と小乗仏教

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
昨日の午後、いつものスーパーへ行きましたが
トイレットペーパーなどは棚にならんでいませんでした。

ジロコは〇〇の陰謀だぜええ!
と感じます。

一時的に消費を盛り上げる?

国民が大変だああ!
と、一時的に日用品を買いだめします。

あらゆる日曜必需品が2週間分程度買いだめされます。
一気に売上上昇だゾウ!
景気は登り坂だゾウ!

マッ、投資話と同じで、ある程度の期間はごまかせますが
やがて凍死や、通常の消費ペースに戻ります。

マッ、当然便乗値上げが見られるでしょうが?

次はなにを仕掛けようか?
洗濯石鹸がいいじゃん!

早速デモを飛ばすゾウ!
国民が買いだめに走る様子を見て誰かが笑っています。

「バカな国民め」と思って笑っているでしょう。

引用画像

この手で当分は安泰だゾウ!
なんて、国民をバカにしてるぜええ!

今回の騒動を徹底的に原因調査の必要があると
ジロコは感じます。

ジロコ

今現在は、商品が並んでないので普通に考えれば、誰も買いだめなどできません。
だったらなぜ商品が入荷しないのか?

<バカジロコ!くどいゾウ!>

週刊誌とか夕刊紙などが調査に乗り出さないのでしょうか?
消えたトイレットペーパーの謎?真実は?
なんて見出しで記事をかけばいいでしょう。

ジロコはいつまでもトイレットペーパーが消えたことに恨みを持っています。
恨みを晴らすぜええ!

お経の記事を続けます。
カウンセリングとお経には関係性があるとジロコは考えます。

また占いや、暦にも関係があるでしょう。
引用ジロコであり、陰陽ジロコでもあります。
<バカジロコ!愚だ具だいい加減にしろ!>
バカジロコ

ジロコの家まで愚だ具だしています。

タダで物が手に入ると、ろくなことはありません。

まず仏陀入滅後の出来事を垣間見てみましょう。

仏陀入滅から100年ほどは「原始仏教」と呼ばれて。仏阿の教えは忠実に受け継がれていたそうです。
仏陀入滅後

100年間くらいは原始仏教

およそ200年後の第2回仏典結集の時に大きく二つの派閥に分裂したそうです。
☟         ☞大衆部
上座部

大衆部なんていうと、どこかの出版社が
「大衆は常に間違っている」なんて言ってることを思い浮かべます。

ジロコはまだ本物の認知症にはなっていないと感じます。
そうは言っても、時々言葉が思いうかばないこともあります。
マッ、どうでもいいことです。

仏陀入滅後400年ほどの間に、両派から分裂して、20もの部派ができたそうです。
この時代は「部派仏教」の時代とよばれています。

マッ、この国もいいろいろな党ができたり、消えたり、くっついたりしています。

どんな意味があるのでしょうか?
マッ、バカなジロコにはわからなくて当たり前です。
バカジロコ
しかしこれらの部派は皆、自己利益最優先思想というか
自分自身の悟りにのみ関心をもっていたそうです。

だったら今と同じで、自分さえよければいいという思想じゃん!

マッ、現代では思想を持たない人が目立つとジロコだけが感じます。
引用画像

食堂でスマホいじりながら飯食ってるぜええ!
何とも奇妙な光景です。

スマホがおかずかよう?
スマホに映る美味しい料理を想像して、おかずかわりにする?

引用画像

ジロコは〇オ〇で買った、100g47円なんていう豚肉を食べています。

食べられりゃあなんでもいいぜええ!

グルメなんか関係ないぜええ!

貧乏人は貧乏人らしくすればいいでしょう。

貧乏人が金持ちのふりをするから問題が起こると言えます。

いじり画像
今日は房総へ大量のペットボトル飲料水を運んだので疲れました。

なぜか、カップ麺等は配送しませんでした。

デマが弱すぎるぜえええ!
お経の記事はここまでです。

三橋先生の記事を引用します。
引用〜
総理、ピコーンッとひらめきました!(後編)
2020-03-05 08:17:19
テーマ:政治

昨日の疑問、フリーランスや個人事業主等への補償をどうするのか。

『臨時休校・休業補償 菅氏「フリーランス、個人事業主は融資で」 働き方で保護者に格差

https://mainichi.jp/articles/20200303/k00/00m/010/236000c
菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校対策の一環として導入する保護者への休業補償について、雇用関係がないフリーランスや個人事業主は「対象とならない」と述べた。希望者は政府系金融機関などから有利な条件で融資を受けられることとする。ただ、休業補償と違って返済の義務があり、「働き方」によって保護者間で格差が生じる形だ。 (後略)』

また、貸付。政府の非科学的な全国一律休校の結果、所得を稼ぐ術を失ったフリーランス、個人事業主たちに、補償が出るかと思えば、
「カネ、借りろ」
スゲー国家・・・・。

ちなみに、経産省はフリーランスを礼賛していたよね。「多様で柔軟な働き方」とか言って。

『旅行予約が大幅減 新型ウイルスの影響 4月は前年比50%減

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200304/k10012312321000.html
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今月の国内旅行の予約

が前の年の3分の2程度、来月は約半分に減るなど、旅行や宿泊が大きく落ち込むことが旅行会社や宿泊施設などの業界団体の調査で分かりました。
大手の旅行会社でつくる日本旅行業協会が、主要7社の個人旅行の予約状況を調べたところ、国内旅行の予約は、3月は前年と比べて34%、4月は50%、5月は30減少していました。(後略)』

19年10月の消費税増税の影響に加えて、COVID-19。洒落にならん。
皆さん、できるだけ国内旅行に行きましょう。わたくしは行きます。

【日本人国内旅行消費額および前年比(億円)】

http://mtdata.jp/data_68.html#kankou

図の通り、2014年、前回の消費税増税の年、観光業は対前年比で大幅に落ち込みました。今回は、消費税増税+COVID-19。しかも、インバウンド依存は14年時より高まっています。
愚かな政府には、怒りしかわいてきません。

国民民主党の玉木雄一郎代表が、安倍総理と対談し、新型インフルエンザ特措法のCOVID-19への適用、15兆円規模の緊急経済対策等を提案しました。

が、どこも報道しておりません。

『玉木雄一郎@tamakiyuichiro


安倍総理との党首会談では、感染拡大防止に全面的に協力すると伝えた上で、主に3点を提案しました。
①特措法は改正せずとも今のまま適用できる
15兆円規模の緊急経済対策が必要(特に消費税減税を含む10兆円規模の家計減税が重要)
③与野党政府合同会議を設置し国を上げて取り組む体制を構築すべき』

さらに、興味深い動きが。

『中島岳志「安倍内閣ではコロナ危機を収束できない。今は『石破内閣』しかない」https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020030400004.html?page=3

(前略)こうした状況を受けて、私の消費税に対する見方も変わりました。私はこれまで社会保障のためには消費増税が絶対に必要だと主張してきましたが、逆進性の高い消費税に社会保障を委ねることが本当に正しいのだろうかと考えるに至りました。(中略)
日本経済全体の好循環を望むなら、低所得者の所得を上げることを集中的に考えねばならないと思っています。(後略)』

驚きました。あの石破茂元幹事長が消費税を否定的に語るとは。

政界が全体的に「反・緊縮財政」の方向に動きつつある感触はあります。とはいえ、間に合うかどうかは、別の問題です。
すでに、我が国は国会議員や官僚には、政権(内閣総理大臣)の独断を止められない構造が完成してしまっているのです

【安倍政権の意志決定の構造】

 

スポンサーリンク

上図が、現在の安倍政権の意識決定「構造」です。アメリカ、財務省、経済界(経団連など)という強大な「政治力」があり、空虚な器である安倍総理は、基本的には三大政治力の言うがままに動くだけです。ちなみに、中国共産党は「経済界」の向こう側にいます。

最大最悪の問題は、国民の代表である国会議員(特に自民党議員)、さらには行政の立場から政治の暴走を防ぐべき官僚組織が、過去の改革により無力化していることです。

自民党の国会議員は、小選挙区制(公認権)、政党助成金、派閥形骸化などにより、党中央(総裁)に逆らえない構造になっています。官僚(※財務官僚除く)は、2014年の内閣人事局設置以降、政権に抗うどころか迎合し、政権を庇うため様々な不法に手を染めるようになります(そうしなければ出世できないため)。

そして、アメリカやグローバリズム、経済界の「代弁者」である各種諮問会議のメンバー、一部の官僚(今井尚哉首相補佐官など)、総理の側近が、
「総理、ピコーンッとひらめきました!」
とやると、一切の議論や根回し、調整なしで首相の口から発表され、既成事実化される。今回の「小中高全国一律休校」は、専門家や文部科学大臣、現場の自治体、事務方の官僚などに一切計られることなく、今井の「ひらめきました!」だけで強行されました。結果、日本国民は凄まじい損害を被る。

もっとも、昨日も書きましたが、安倍総理は「独裁者」ではありません。独裁者ならば、何らかの政治目標があるはずなのですが、総理にはありません。目標というか目的は「長期政権」です。憲政史上最長の長期政権は達成したので、次は「五輪開催後の勇退」だと思います。

その「目的」が危機に陥ってしまったからこそ、パニック的状況になり、「ピコーンッとひらめきました!」があっさりと採用されてしまったと確信しているのです。

今後、安倍政権が長く持つとは思いませんが、誰が総理の座に就いたところで、上図の「構造」が変わらない限り、アメリカ(&グローバリスト)、財務省、経済界(及び向こう側の中共)の政治力が圧倒的で、国民のための政治は行われないでしょう。我々を代弁する国会議員は公認権や政党助成金分配権で縛られ、官僚も人事権により骨抜き。

この「現実の構造」を理解した上で、「どうするか?」を考えなければなりません。そして、現実の構造を理解する上で、今回の「唐突な小中高全国一律休校要請」は格好の事例なのです。

冷静に、政治を見ましょう。今の日本で、誰が「権力」を持っているのか。なぜ、国民や事業者への財政的な支援もなしに、小中高全国一律休校が強行されたのか。

我々の代表たる国会議員がパススルーされ、政策が決定するこの現実

是正することが可能なのは、主権者たる我々日本国民しかいない。日本国民が現状を追認している限り、我が国は永遠にこの構造のままで、皇統も民主制もやがては「消滅」することにないります。
日本国を守るためにどうすればいいのか。日本国民一人一人が「正しい情報」を元に考えなければならない時代です。しかも、考えることが許される時間は、それほど残されていません。

「日本国を守るためにどうするかを考えよう」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

国民が思考を取り戻すことが重要でしょう。

ポチ達はトイレットぺーパーなどが消えたことに何ら疑問を感じていないようです。

あの有名な方も
ソウリ、なぜトイレットペーパーが消えたのですか?
なあんていう質問はしないでしょう。

デマのせいにしときゃあいいじゃん!

奥地に意味あんのかよう!
いじり画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜
ここのところ、中国人の鼻息が荒くなってきた ②
2020-03-06 00:00:00NEW !
テーマ:中国人・中国・共産党・文化大革命

※湾岸戦争の時に「show the flag(ショーザフラッグ)」とアメリカが日本に対して言ったでしょう。日本はアメリカに1・5兆円もお金を出していながら、世界各国から認められないで寂しい思いをしたのです。
http://www.at-douga.com/?p=14017

日本の識者は習近平を国賓で呼ぶことに反対です。中国がウイグル人の臓器狩りをやっていることをわかっているのです。それで、「習近平を国賓として呼ぶことは賛成できない」と言っているのです。

習近平から見たら、天皇陛下を尊敬して日本に来るわけではありません。「どうやって天皇を食おうかな。頭から食おうか。足から喰おうか。バクッと喰うぜ」と考えているのです。その様子を見にくるのです。

習近平は、「天皇陛下にお目にかかって光栄だ」などとは絶対に思いません。自分の方が上だと思っているのです。習近平は「こいつがこの島の国王か。いつかぶっ殺して、この島を乗っ取るぞ!」と思って、天皇陛下に会いに来るのです。

それを頭に置いて外交をやらなければいけません。事実そうです。中国に10万個のマスクを送ったその日のうちに、中国は爆撃機を4機も飛ばして、そのほか、尖閣諸島には、軍艦を3艘も入れてきたのです。馬鹿な奴らです。

中国は「沖縄も俺たちのものだ!」と言っているのです。そのうち、言い出します。「昔から日本は中国のものであった。日本は中国の領土であった。その証拠に女王卑弥呼が朝貢しただろう」と言い出すのです。

「これが日本の歴史だろう。女王卑弥呼が多くのお土産物を持って、魏の王様を訪ねて貢物を持ってきて、参上したのだ。その見返りに臣下になった印に魏の王様は女王卑弥呼にお土産物を渡したのだ。それが銅鏡100枚、「親魏倭王」の刻印だ」と言うのです。

「親魏倭王」ということは、「魏の属国が倭王だ」ということです。その判子を魏の王が女王卑弥呼に与えたのです。それを与えると女王卑弥呼は喜んで泣いたのです。このような話です。バカを言ってはいけません!

中国は女王卑弥呼の朝貢の話を持ち出してくるのです。だから、「日本は中国領である」このように言いたいのです。それを東大の学者も、京都大学の学者も「中国の書物に書いてあることは全て事実である。日本の古事記や日本書紀はウソばかり書いてある」というのです。このような馬鹿学者がいるのでしょうか?

「中国人の書いた書物は全て事実である」と言うのです。本当でしょうか? 中国の書物は全てウソです。「東方魏志倭人伝」の記述通りに進んでも、邪馬台国にたどり着くことはできません。

女王卑弥呼の論争は本居宣長の時代から、何百年も論争しているのです。未だに、女王卑弥呼がいた邪馬台国はどこにもありません。

ただ、一つだけ考えられることは、魏の王様が「俺の国にはよ、遠い国から女王卑弥呼の邪馬台国があり、わざわざ朝貢しにきたぜ。そんなに遠い国の連中まで俺の支配下にいるのだ。わしが偉いのがわかったか!」ということを自慢したかったのです。それで架空の国が朝貢に来た話をつくったのです。

だから邪馬台国は存在しません。邪馬台国が遠ければ遠いほど、魏の国の名前が知れ渡り自慢になるのです。そんな国はありません。それを今のうちにハッキリさせておかないと、とんでもないことになります。

外交は友好だけではありません。友好の裏にドスがありです。右手で握手をして、左手にはドスを握っているのです。これが世界の歴史です。アメリカもそうです。隣の国はみんな怖いのです。

のようなことを国民にしっかりと教えなければいけません。「隣の国は敵性国家である」ということを教えなければいけません。日本に原爆を400発も向けているのが中国です。誘導ミサイルも1千発、日本に向いているのです。

中国はステルス機が2千機あります。そのほか、戦闘機は1千機あります。軍艦も潜水艦もどんどん増やしています。日本を追い抜こうとしているのです。「中国は恐ろしい国なのだ」ということを日本人はなぜ自覚できないのでしょうか?

中国からしたら簡単です。「よい子だな。よい子、よい子、二階俊博よ。もっと我らの味方をしろよ。俺たちが日本を占領したら、お前だけは助けてやるぞ」ということです小池百合子も良いことをやったのか? 今のうちだぞ。良いことをやっておけよ。日本は中国のものになるのだから」という考えです。

安倍さんも、もっとしっかりせんかい! 安倍さんはどちらを向いているのでしょうか? 湾岸戦争の時に「show the flag(ショーザフラッグ)」とアメリカが日本に対して言ったでしょう。日本はアメリカに1・5兆円もお金を出していながら、世界各国から認められないで寂しい思いをしたのです。

その原因は、「show the flag(ショーザフラッグ)」です。日本は旗色を鮮明にしないからです。今回もそうです。「日本は中国の味方なのか、アメリカの味方なのか?」ということです。

今のところ日本は、アメリカの味方に決まっています。そのようなことを明確にやっていかなければいけません。安倍さん、あっちを向いたり、こっちを向いたり、都合の良い方向を向いて、風見鶏のように体制ばかり伺って見ていると、事態はどんどん変化をして手遅れになってしまうのです。

オリンピックも多分、できないでしょう。安倍さんは、もう辞めどきです。中国にくっつぎすぎて、アメリカも怒るでしょう。アメリカが必死になって中国の封じ込めをやっているのに、日本は習近平を国賓で呼ぼうとしているのです。何という節操のない連中なのでしょうか?

アメリカは中国から本気で引こうとしています。アメリカの代わりに日本が中国を奪おうなどと考えているのでしょうか? 何という馬鹿なことを考えているのでしょうか?

そんなことを本当に考えているのでしょうか? 日本はどこからも奪う必要もありません。堂々とやればよいのです。天皇陛下を中心にして、世界の模範となる国家を造ればよいのです。それを国民に教えない、ウソつき安倍内閣はもう終わりです。
〜引用終わります。(人気ブログランキング)

マッ、今年の夏が見どころでしょう。
引用画
地獄は人間が造るぜええ!
この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコムームージロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA