心の病・コロナウイ―ルスよりも怖いもの②

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
明かりをつけましょうぼんぼりに~♪
今日は苦しい〜♪

ジロコが昨日いったのと違うスーパーへ行きました。
トイレットペーパー、ティッシュペーパーだけではなく、あちこちの商品棚に商品がありません。

コンビニによりましたが、同じ状況です。
トイレットペーパーなどはどこに消えた?

引用~
トイレットペーパーはなぜ消えたのか:みんなのことを考えることがあなたの家庭を救うことに

<トイレットペーパーの大量買いは、もはや社会的迷惑行為です。社会を混乱させ、そうなれば、あなたの家庭も困ります。>
■トイレットペーパーがなくなる?:本当はなくならないはずなのに
マスクの次はトイレットペーパーです。東京だけではなく、地方都市でもトイレットパーパーが店から消えつつあります。
トイレットパーパーが不足するのはデマで、問題なく生産されていて、在庫もあると、業界も政府も言っているのに。
以下略 〜引用終わります。(碓井真史
新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー)

ジロコも心理カウンセラーですが、ジロコの言うことなど妄想だぜええ!
なんて思われていると思うので、正確性を担保するために引用を多用しています。

引用ジロコ、ジロッペです。
いじり画像

陰陽ジロコの性質もあります。
いじり画像
しかし、この事態に誰も対処できません。

ゾウさんがいくら言っても、口だけだぜええ!
と思われているからでしょうか?

怖いのはこれからです。

本物の日本人なら新型コロナウイ―ルスの影響は
ゴクゴクわずかと考えられます。

根拠は?

 

結果を持てばいいでしょう。

クルーズ船に長期間監禁されれば、普通の状態でいられたとは考えにくいとジロコは感じます。
ジロコ

監禁致死?
あり得ないとは証明できないかもしれません。

それよりももっと怖いのは
デマに奔放される国民です。

発泡性アルコール飲料が新型コロナウイ―ルスに効くぜええ!
なんてなれば
たちまち店頭から消えます。

物流センターから、お店の運ぶ量には限度があります。
ドライバーに24時間働けよう!
なんて言っても無理があります。

ないなにが効くぜええ!
なになにが無くなるぜええ!

国民の生活が破綻へと向かうでしょう。

自分さへ助かればいいぜええ!
末法時代はそのような思想が蔓延しますから
恐怖はこれからだぜえ!
と、ジロコ仏陀は感じます。

ジロコ仏陀

新型コロナウイ―ルスで人世が終焉する人々が増えてくると
ますますパニックに陥るでしょう。

そうは言っても冷静に考えれば、人生が終わった人がたまたま新型コロナウイ―ルスに感染していただけで、直接の原因はほかにあるのではないか?
あるいはこの国の国民がすでに感染している?

だったら人生が終わった人から新型コロナウイ―ルスが見つかるのは当然といえます。

あり地獄のように、ジタバタすれば、事態はさらに混乱度を増すでしょう。

新型コロナウイ―ルスよ!来てみろよう!
ジロコは心臓の動きが弱いので、ウイ―ルスに負ける可能性は大きいと言えます。

一週間程度、ジロコの記事が更新されなかったら
ジロコの人生は終わったぜええ!
かもしれません。

末法時代ですから、さらなる恐怖に見舞われるでしょう。
しかも、自業自得だったら?

この程度の事態でも、政府は抑えることができません。

人生の目的がトイレットぺーパーを探すことだったら?

北朝鮮だったら?
買占めは死刑だぜええ!
なんてなるかもしれません。

しかし、消費者の買い占め説にはジロコは疑問が残ります。

マッ、国民の財産と生命を守れないのがこの国の性質とジロコは感じます。
だったら買い占めて自衛?

そのような態度に国民がなるのは自然と言えるかもしれません。

だったらどうすんだよう?

ポチ達に問うて見ればいいでしょう。

引用画像

神に問うほどのレベルではないでしょう。
いじり画像
お経の話しを書いています。

カウンセリングとお経と占いには関連性があるとジロコは感じています。

占いのできるカウンセラーなんて言ったら、信頼性がいまいちと言えます。

ジロコはカウンセラーのくせに、カウンセリングをバカにする傾向が見られます。

仏陀の入滅後
みんなを救うゾウ!
なんていう一団が現れたそうです。

ところでこのような人達は誰を救おうとしているのでしょうか?
引用画像

インドの下流国民の間に広まった、大乗仏教と言われていました。

みんなを救うゾウ!
国民を救うゾウ!
小乗仏教なんて呼んでバカにしているぜええ!

なんていうことで、小乗仏教は今では上座部仏教と呼ばれています。

試験問題で、答えに、小乗仏教と書くとブーか?
ここでは関係ありません。

仏陀の教えを忠実に守る上座部仏教は、パーリ語の経典で
スリランカを経てミャンマー、タイ、ラオス、カンボジアなど南のほうに伝わったそうです。

引用画像
南伝仏教と言います。
対して大乗仏教は、サンスクリットの経典で、今話題の中国に渡り
中国語に翻訳され、儒教や道教の影響を受け
引用~

この項目では、儒教全般について説明しています。日本における儒教については「日本の儒教」をご覧ください。

儒教(じゅきょう)は、孔子を始祖とする思考・信仰の体系である。紀元前の中国に興り、東アジア各国で2000年以上にわたって強い影響力を持つ。その学問的側面から儒学、思想的側面からは名教・礼教ともいう。大成者の孔子から、孔教・孔子教とも呼ぶ。中国では、哲学・思想としては儒家思想という。
〜引用終わります。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

引用~

どうきょう、拼音: Dàojiào)は、中国三大宗教(三教と言い、儒教・仏教・道教を指す)の一つである。中国の歴史記述において、他にも「道家」「道家の教」「道門」「道宗」「老氏」「老氏の教」「老氏の学」「老教」「玄門」などとも呼称され、それぞれ若干ニュアンスの違いがある[1]。そのため「道教」の定義については、学者の間では論争が行われている。~引用終わります。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

朝鮮、さらに海を越え、日本に渡ってきたそうです。

中国や朝鮮で経典をいじくりまわしたのでしょうか?
コチラは北伝仏教と言います。

ほかにチベットや、中国、日本に伝わった密教というものがあります。

三業による即身成仏を目指すもので

ところで仏には誰でもなれるぜええ!
仏のジロコ
今日はここまでです。
引用画像
三橋先生の記事を引用します。

引用~
絶望の帳の向こう側
2020-03-01 08:40:11
テーマ:政治

 近所のスーパーやコンビニから、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、そして紙おむつが消えました。
九年前と同様に、今年の3月も「非常事態」という言葉と共に、我々は生きていくことになります。

『「トイレットペーパー 在庫は十分」買いだめの動きに工業会

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012306191000.html
トイレットペーパーの買いだめが相次いでいることについて、トイレットペーパーの業界団体では「品切れになることはない」として消費者に冷静な行動を呼びかけています。
トイレットペーパーのメーカー各社で作る日本家庭紙工業会の林廣文会長は、「SNS上には『マスクとトイレットペーパーが同じ原料で作られていて品切れになる』という情報が出ているが、トイレットペーパーとマスクの原料は全く異なり誤った情報だ。また、『日本で売られているもののほとんどが中国製で輸入できず品切れになる』という情報も出ているが、日本の市場に流通しているおよそ97%は国内産でこれも誤った情報だ」と指摘しています。
そのうえで「現在、在庫は十分にあり、生産体制も問題ないので新型コロナウイルスの影響で品切れになる心配は全くない。仮に一時的に店舗からなくなってもすぐに供給されるので、消費者には安心して通常どおりの購入をしてもらいたい」としています。(後略)』

ちなみに、わたくしは常に二週間分くらいの在庫を保持していますので、特に困らないのですが、本日は、
「なぜ、日本国民は非常時になると、買いだめに走るのか?」
について、考えてみたいと思います。

ポイントは二つあり、
1.平時に非常時の準備をしない
2.非常時に周囲に頼れるコミュニティがない
の二点でしょう。

わたくしの場合、何しろ赤ちゃんと暮らしており、高潮が発生すると100%沈む地域に住んでいますので、非常時の備えは欠かせません。
とはいえ、多くの日本国民、特に都市の核家族は、平時に非常時の準備をしていない(していれば、買いだめに走る必要はないわけです)。

理由の一つに、
「長引くデフレーション(貧困化)により、非常時を考える余裕を失った」
があると思います。心の面だけではなく、所得の面でも。

非常時への備えは、文字通り非常時にしか役に立ちません。つまりは、平時に非常時に備えた出費をすることは「ムダ」に思われがちです。

まさに、この「非常事態への備えはムダ」という発想が国家に適用され、緊縮財政が強行され、日本国家は非常事態に対応が不可能なレベルにまで衰退しているのです。

無論、家計が貧困に陥り、非常時への備えに支出できないといったミクロな事情は分かります。とはいえ、だったらなおのこと、マクロな対応が可能な国家には非常事態への備えを求めるべきだった。

そして、政府が非常時への備え、すなわち「安全保障」を強化するために支出し、デフレギャップを埋めれば、日本経済はデフレから脱却し、国民の貧困が解消。ミクロレベルな非常事態への備えも可能になるのです。

スポンサーリンク

逆に、ミクロの困窮をマクロに適用し、
「自分が貧困で非常事態への備えができないにも関わらず、何を政府がカネを使って安全保障を強化してやがるんだ。ムダを削れ! 公務員も減らせ!」
といったルサンチマンを持つ国民が増えた結果が、現在の日本というわけですね。
二つ目。大東亜戦争敗北後の日本では核家族化、都市化が進み、家族・親戚や地域のコミュニティが破壊されてきました。

 いざというとき、誰にも頼ることができない。
昔であれば、あるいは「故郷」であれば、いざというときに家族や親戚、隣近所が助けてくれる。ならば、特にパニック買いをする必要はない。

ところが、現在は都市で「核」となった家族が孤立し、いざというときに隣近所が助けてくれることもない。というか、隣近所とコミュニケーションをとったことすらない。

だから、非常時にパニックに陥る。

さて、結論ですが、非常事態の最中であるからこそ、我々は上記二つのポイントについて一人一人が考え、「絶望の先の希望」に向かう必要があります。

「カネ」を削った結果、非常時に国民を救うためのリソース(モノ、ヒト、技術)が不足している現在の日本の緊縮財政路線は、本当に正しいのか? 無論、正しくはないのですが、頑なな緊縮財政論者であっても、「今回」の政府の体たらくを見ていれば、ピボット(転換)する可能性があります

さらに、人間は共同体に属さなければ生きていない生物であるという現実。平時はもちろん、非常時に助け合うことが「国民」の本質であること。

ナショナリズム(国民意識)という言葉に反射的に反発する人であっても、我々が助け合わなければ生きていけないという、この「現実」の下であれば、ピボットするかも知れませんよ。

我々は、日本国の主権者です。当たり前ですが、主権者である我々自身がピボットしない限り、令和の政策ピボットは実現しません。
一人一人、やれることがあります。

 安全保障を含めた「国家の役割」を縮小し、カネを削り、全てを「自由に」などとやっていた顛末が、現在の日本であるという現実に気が付く人が増えれば増えるほど、絶望の帳が開かれ、希望に近づく日が早まるのです。

「国家、ナショナリズム、安全保障について考えよう!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

貧困者はその日に必要なものを買うのが精いっぱいと言えます。

ジロコの家は物がゴロゴロしていて、買いだめしても置くところがありません。
電子ピアノ2台、乗馬型健康器具³3台
これだけでもかなりのスペースをとられます。

お前えんちリサイクルショップかああ?

引用画像
スタッフがいればネットオークションに出しますが
勝手に出入りしている野生のネコや、ダンごムシでは力量不足です。

かといって従業員を雇うほどの収入はありません。

どうしたら?

2週間分を前もって買い込めば・・・・・
今日の昼めし代ないぜええ!
燃料代がないぜええ!
車が走れないぜええ!

ジロコは燃料代やタイヤのヘリを防ぐためになるべく走行しません。
かといって走らなければ、獲物に遭遇する機会はなくなります。

走らにゃ獲物が手に入らないぜええ!
走れば燃料が減るぜええ!
毎日が博打と言えます。

そのためか、ギャンブルなど今はやりません。

マッ、人生なんて毎日が博打と言っていいかもしれません。

堂々巡りを続けられるのは奇跡と思われる末法時代です。
<バカジロコ!愚だ具だいい加減にしろ!>

バカジロコ

新型コロナウイ―ルスの次は何が出るか?
引用画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用~
ウイルス時代は世界平和をつくる ①
2020-03-03 00:00:00NEW !
テーマ:コロナウイルス・エボラ・ウイルス
※日下公人(くさかきもんど)評論家。1930年兵庫県生まれ。東京大学経済学部卒、日本長期信用銀行取締役、ソフト化経済センター理事長、東京財団会長などを歴任。現在は日本財団特別顧問。経済、経営から政治、外交、歴史、文化などについて独自の視点から幅広く発言、著書は百冊以上と多数
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38510

「ウイルス時代は世界平和をつくる」ということは極論ではあるが、面白い話題である。もし日本がウイルスに対する万全な防御ができる研究が進んで、「コロナウイルスが一発でやっつけられる」という薬ができれば、世界は日本を賞賛します。

もうアビガンという薬ができているけれども、これはまだ60%ぐらいの完成らしいのです。「この薬は妊婦の人が使えない」とか、「奇形児が生まれる」など、いろんな説があります。

これはあくまでも説です。まだ、アビガンは使われていません。動物実験の段階なのですから、人間の奇形児が生まれるわけがありません。そのような問題はあるとしても、後の40 %を研究すればよいのです。それを研究すれば完成してしまいます。

いちばん基礎のデーターは、白木教授が手作業で週に約600化合物を試験し、ウイルスに効果のあるものを探したといいます。40%で完成するというのですから、全国の秀才を集めて研究すればよいのです。

ウイルスの研究を徹底的にやればよいのです。そうすれば、日本は世界一のウイルス研究大国になってしまうのです。それで、世界に貢献するのです。「日本はすごい。日本の製薬技術が世界のウイルスに勝った。助けてくれ!」と世界中の人々がやってくるのです。これが一番です。

その次にどのような時代が来るのかというと、こうなるのです。日本は世界中のウイルスを基礎研究して保管するのです。考えてみると、ウイルス時代は、小国も大国もなくなってしまうのです。

これに気がつかなければいけません。どんな小さな国でも、生物兵器ができるのです。生物兵器は、一ビン作れば充分です。どんな小さな国でも、一ビンならば、できるのです。

過去には天然痘、ペスト、ジカ熱、エボラウイルス、マーズ、サーズが流行りました。全てのウイルスを冷凍保存しておくのです。それはどうなるのかというと、もし中国が核兵器を持って日本を脅かしたら、「ウイルスが行くぜ!」と言うのです。これでよいのです。

すると小国でも、大国と互角に戦えるということになるのです。それもはじめは「ウイルスを退治する薬をつくって世界に貢献しよう」という気持ちでやった結果が、そうなってしまうのです。

日本のウイルス退治の技術は世界一です。では、反対に日本が人口ウイルスをつくったら、世界は誰も敵いません。ウイルスは一番安いのです。サリンやタブンやソマンなどの化学兵器は結構原価がかかります。

専門のプラントをつくらなければいけませんから、結構お金がかかるのです。ウイルスは簡単な実験室でよいのです。冷凍室があるくらいで、チョロチョロとつくれるのです。

研究者「このビンの中に世界を滅ぼすウイルスが入っているのよ。ウイルスちゃん、行きたい?」、ウイルス「行きたい、早く外に出してくれよ!」、研究者「もうちょっとビンの中でまっててね」という感じです。それを一人にピュッとかければいいのです。

化学兵器は殺したい人、全員にかけなければいけませんが、ウイルスは一人でよいのです。一人にピュッとウイルスをかければ、全世界に広がってしまうのです。

すると小国もなくなってしまいます。ウイルスの研究により、世界のバランスが変わってくるのです。日下公人さんは『世界は沈没し日本が躍動する』という本を書いたのです。ウイルスの研究は、そのようなことも意味するのです。

アメリカは覇権国家です。ロシアも覇権でアメリカに対抗してきました。今度は中国が覇権国家として出てきたのです。一番質が悪いのは中国です。アメリカはまだ話がつきますが、中国は話がつきません。

こんな覇権争いをやっているうちに中国は終わってしまったのです。誰も中国のことを信用しません。「中国人はよい人だ」「中国人と仲良くしたい」などと誰も言いません。だから、中国は終わってしまったのです。
それに引きずられてきた朝鮮人も終わりです。トランプ大統領のゲッツーです。北朝鮮も韓国もコロナウイルスでひっくり返ってしまったのです。

中国を撃つことにより、北朝鮮も韓国もひっくり返ってしまったのです。これをゲッツーといいます。トランプも見事なものです。

では、「アメリカの次にどこの国が覇権国家で出てくるのか?」というと、もう出て来ないでしょう。ヨーロッパはもう終わっています。イギリスはEUを脱退して引っ込んでしまったのです。だから、覇権国家にはなれません。もう覇権国家は出てこないでしょう。それで世界は沈静化するのです。

 世界を仰ぎ見ると、日本だけが健全です。世界の頂点に立っているのが日本です。世界一のお金持ちが日本です。技術も世界一の技術です。世界一の秩序があり、天皇陛下がいる国が日本です。

世界は参ってしまいます。「日本を中心にやらざるをえない。我々は争いばかりやってきて人殺しをして、馬鹿なことをやってきたのだ。日本を見てみろ。すごい国だ」と拍手喝采がおこるのです。
その前に中国についてこれだけは言っておかなければいけません。中国は東洋人を裏切ったのです。日本が昔やったことは「中国よ、目覚めよ。アヘンを吸わされて、いつまでイギリスの植民地をやっているのだ。香港をあけわたせと言われて、イギリスに蹂躙されている中国よ、目を覚ませ!」と言ってきたのです。

他の東洋の諸国もしかりです。日本の思想家は「アジアは一つだ」と言ったのです。これが、大東亜共栄圏です。日本は「アジア人に対する欧米諸国の侵略を許さない!」と言ったのです。
中国には孫文などがいて、「日本の思想に感銘する」と賛同したのです。アジアは一つにならなければいけません。一つにならないから、滅ぼされてきたのです。だから、「アジアは一つになろうではないか」と日本は言ってきたのです。その思想を大アジアと言うのです。
それに対して中国人は裏切ったのです。日本を裏切って欧米列強についたのです。中国は、東洋人の枠の中から出てしまい、ドイツやアメリカについたのです。中国人は西洋列強の侵略のお先棒を担いだのです。(②に続く)

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

ジロコがオリンピックにペットボトルの持ち込みは危険だぜええ!

と、叫んでも

引用画像

勝手にするゾウ!

すればあああ!

引用画像

地獄は人間が造るぜええ!
この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA