心の病・コロナウイ―ルスよりも怖いもの

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ジロコがいつものスーパーに買い物に行くと?

なんなんだこれは?

第三次世界大戦がはじまるのか?

トイレットペーパーの棚に商品が皆無!
貼り紙がしてあります。

お客のほぼ全員がマスクをしています。
マスクをどこで買った?

ジロコはマスクをしていません。

ニュースでも賑わっています。
引用〜
「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験BuzzFeed Japan7271
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人々の不安は、購買活動にも影響を与えている。そうした中、Twitterで「コロナよりも怖いのは人間だった」と悲痛な叫びをあげたドラッグストアで働く女性がいた。体験とともに思いを投稿すると、同じく店員であり、同様の境遇にあるというユーザーたちから「共感しかない」「まさにその状況」との声があがった。彼女は、何を語り、どんな体験をしているのか
続きを読む

〜引用終わります。(3/1(日) 20:22 。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】)

ジロコは先週房総へ行きました。
異様にカップ麺の量が多かったのです。

スーパーの在庫スペースもガラガラ。
マッ、置き場が空いているので納品が楽です。

次の日もアクアラインを走って千葉県へ

すごいですね!
海の下をもぐって、海の上を橋で渡って。

この国の力はすごいもんだとジロコは感じます。
マッ、お金の力と言えますが。

この日も異様にカップ麺の量が多く、荷室に積みきれないものを
運転席に積みました。
自撮り画像

誰かが陰で笑っています。

誰かが陰でボロ儲けしています。
引用画像

ジロコは、この国の国民は愚の骨頂だぜええ!

ジロコ

新型コロナウイ―ルス直接の害ではなく
この国の国民の性質による害が今後多発する?
ジロコ仏陀はそのように感じます。

この国は自滅する運命なのか?
引用画像
引用画像

神に問うて見る必要をジロコは感じます。
自撮り画像

末法時代の恐怖がじわじわと忍び寄ってくる?
今年の夏の恐怖が感じられます。
引用画像

食料輸入が止ったら?

引用画像

原油輸入が止ったら?

引用画像

食べ物が無いぜえ!

トラックが動かないぜええ!

庭の雑草が消えたゼええ!

ペットが消えたゼええ!

行方不明者が急増だぜええ!
葬式が急減したぜええ!

ジロコの性質は、恐怖をあおることです。
あお〜げば〜♪

まだあります。

華麗なる人生?が一転して地獄へ!

免許さえなければ?
そのような事件が起きました。

車が勝手に動いたぜええ!
なんて言ってるそうです。

ジロコと違って加害者は華麗なる経歴です。
ジロコなんか前歴がないぜえ!
程度の経歴で、どこかのポチ集団の足元にも及びません。

マッ、家があるホームレスと言えます。
ジロコ

ジロコのように貧困でつまらない人生は?
何事もなくそのまま終わるでしょう。

人生の収支は皆平等だぜええ!
なんて神が思っているのでしょうか?

甘いゾウ!
なんていう声が聞こえます。

あなたの人生が華麗ではなく、単なる加齢であっても、そのまま人生が続く可能性は高いとジロコは考えます。

他界するまでジタバタせずに人生を続ければいいかもしれませんが
個人の勝手です。
引用画像

この国ではすべてが自己責任ですから、そのような心構えが重要と言えます。
国民の財産と生命を守るゾウ!
なんて言っても、言うだけならだれでもできるぜええ!
引用画像 
だったら批判だけならだれでもできるぜえ!
と、同じじゃん!
当たり前だゾウ!
同じポチだぜええ!
いじり画像

トイレットペーパーがないぜえ!
マスクがないぜええ!
どうすんだよう?

ポチに言っても無駄だぜええ!
この国の程度?が感じられます。

愚だ具だ書くのもジロコの性質です。
性質は変えられません。

だったらポチの性質は?
神に問うてみればいいでしょう。

神への関心が皆無になれば?
ジロコにはわかりません。

中国から朝鮮半島を経由し、大乗仏教の経典が日本に伝えられたそうです。
ネットを徘徊してみても、捏造の話しではなさそうです。

仏陀の入滅後100年間くらいは、仏陀の教えは忠実に受け継がれたそうで、この時代を原始仏教の時代と言います。

トイレットペーパーやマスクが一夜にして世間から消え去る現代をなんて呼ぶか?
末法時代だぜええ!
ピンポーン!
引用画像

新型コロナウイ―ルスも末法時代に現れた恐怖の一つかもしれません。

恐怖は限りなくやってくる?
ダンゴムシの数ほど恐怖は存在する?

仏陀は数千年後に末法時代が来ることがわかっていた?
やはり宇宙神の使いだったのでしょうか?

ジロコは何の使いか?
自分は自分か?
あるいは単に操られているのか?

般若心経を唱えてみればいいかもしれません。

第二回仏典結集の時に大きく二つの派に分かれたそうです。
マッ、今でも一つの党が派閥で分かれて、意味不明な派閥闘争なんてあるらしいそうです。

何のために?
般若心経を唱えてみればいいじゃん!

第二回仏典結集の時に、仏陀の教えに忠実な保守派の上座部と、自己勝手に都合よく教えを変えた改革派の大衆部にわかれたそうです。

人間が多く集まれば意見が分かれるのは当然と言えます。
同じ意見が過熱すれば
巷からトイレットペーパーやマスクが消え失せます。

上座部と大衆部に分かれてから400年ほどの間に、分派を繰り返し
11の上座部と9つの大衆部に分裂したそうです。
引用画像
マッ、何事もこの画像のようになるのが自然の法則と言えるかもしれません。

だったら新型コロナウイ―ルスは?
ジロコはコメントする立場にありません。

分裂を繰り返した時代を部派仏教の時代と呼びます。

そうは言ってもこれら20の部派はいずれも、自己満足の範囲
自分さへ良ければそれでいい!
自分さへ悟りを得れば満足だぜええ!
なんて今の末法時代と同様な考え方だったそうです。

マッ、自分さえ乗れればそれでいいということで、小乗仏教と呼ばれました。

マッ、今では真理を求める菩薩も、真理を悟った仏陀もいない末法時代です。
ジロコ仏陀は貴重な存在かもしれません。

<バカジロコ!自分で自分を褒めてんのかよう!>
ジロコ仏陀
いつも神様は見ていますので、日々の言動には注意が必要でしょう。

法律なんか関係ありませんが、いつも神に見られているという自覚が人生を続けるには重要とジロコ仏陀は考えます。

法律は抜け穴で勝負するためにある?
法律に違反しなければ何をしてもいい?
マッ、免責事項を作り出すためにあるのかもしれません。
ジロコの感想です。

そうは言っても法律が無ければ?
やり放題だぜええ!

末法時代の現代では、自己優先真っ盛りですから
落ちし穴に陥りやすいと言えます。

そして自己優先真っ盛り思想が・・・・・

マッ、今日はこのへんでいいでしょう。
引用画像
三橋先生の記字を引用します。
引用〜
安倍政権の朝令暮改と臨終
2020-02-29 07:31:48
テーマ:政治

店じまい国家では、大規模な所得補償や休業補償、国内消費や「日本人」の観光旅行を喚起する「追加的予算」など出てこないのでしょうが(精々が「融資枠設定」という、国民に借金を求める対策)。」
と書きましたが、あまりにも予想通りで笑ってしまいました。

『新型ウイルス 売り上げ急減した中小企業の全額保証実施へ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012305951000.html
新型コロナウイルスの感染拡大で中小企業の経営に影響が出ていることから、政府は、売り上げが急激に減った企業を対象に、「セーフティネット保証」と呼ばれる各地の信用保証協会が中小企業の借入金を100%保証する制度をすべての都道府県で実施することを決めました。
この制度は「セーフティネット保証4号」と呼ばれ、災害など突発的な事由で中小企業の経営の安定に支障が出ている場合に自治体からの要請を受けて国が適用するもので、各地の信用保証協会が中小企業の借入金を100%保証します。(後略)』

NHKの見出しは「問題」があります。上記の見出しでは、あたかも政府が中小企業の損失を「全額」補償してくれるかのごとき印象を受けてしまいます。

実際には、単に中小企業が借り入れる際に、信用保証協会が保証するという話です。つまりは、予想通り「国民に借金を増やすことを求める対策」なのでございます。ちなみに「貸付・保証枠」は、5千億円。

 必要なのは、「追加的」な財政支出により、企業の売上を創出することです。緊縮財政至上主義の店じまい国家が、大規模な保障や給付、財政拡大に乗り出すとは全く思いませんが。
それにしても、27日の安倍総理の「小中高休校要請」は、本当に行き当たりばったりだったようです。日付が変わった途端に、いきなりトーンダウンしています。

『臨時休校要請 安倍首相「実情踏まえ柔軟に対応を」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012305671000.html
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は28日、全国すべての小中学校や高校などに来月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう各都道府県の教育委員会などを通じて要請しました。これについて安倍総理大臣は衆議院財務金融委員会で「今回の要請は法的拘束力を有するものではなく、最終的な判断は学校を設置する地方自治体や学校法人などで行われるものだ。それぞれの地域や学校で事情が違うわけで、基本的な考え方としてお示しした。各学校や地域で柔軟に判断いただきたいと考えている」と述べました。(後略)』
ちなみに、27日の「新型コロナウイルス感染症対策本部(第15回)」

スポンサーリンク

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/27corona.html

の総理の発言は、以下。

「全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について、来週3月2日から春休みまで、臨時休業を行うよう要請します。」

27日時点では「全ての小中高に要請」と言っておきながら、翌日には「各学校や地域で柔軟に判断いただきたい」と来たもんです。
まさに、朝令暮改。

恐らく、27日の第15回対策本部の時点では、
「COVID-19に対する我々(日本政府)の対応に対して批判が多い。何か、起死回生の策はないか(但し、予算は使わない)」
「(誰かが「ピコーン!ひらめいた!)総理! それならば、全国すべての小中高を休校にしちゃいましょう! 要請という形にすれば、責任は自治体側に押し付けることができますし」
「それだ!」
と、25日の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」をひっくり返す決断を下し、翌日、唐突な休校要請に日本中がパニック状態になってしまい、慌てて、
「いや、地域や学校で事情が違うから、それぞれが判断して」
と、言いつくろったとしか思えません。というか、↑この流れで合っていると確信しています。(他に、考えようがない)

総理の国会での答弁の後、羽生田文部科学大臣が、
「休校の期間などは、地域や学校の実情を踏まえ、柔軟に対応してもらいたい」
とコメントしていますが、だったら初めからそう言えや!
『麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」

https://mainichi.jp/articles/20200228/k00/00m/010/121000c

新型肺炎対策
麻生太郎財務相は28日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた小中高校などの臨時休校を巡り、共働き家庭などで生じる学童保育などの費用負担について質問した記者に対して、「つまんないこと」と発言した。
記者は「出費について政府が臨時の支出をすることも具体的に考えているか」などと質問。麻生氏は「(休校などの)要請をして費用がかかる場合は、政府が払うのは当然のことなんじゃないですか」と回答した。麻生氏は次の質問を待つ間、記者に「つまんないこと聞くねえ」とつぶやいた。(後略)』

毎日新聞の「失言クローズアップ」的な見出しはどうかと思いますが、休業補償や家庭支援の「支出」は「つまんないこと」ではありません。国民の生活やビジネスはもちろん、生命、人生すら左右する重大事です。

麻生財務大臣が、
「経費がかかるとかいろんなことについては、対応することになるんだと思います」
と、まさに他人事のように回答しているからこそ、わたくしは今回の政府が引き起こした「大失政」に対し、まともな対策予算はつかないと確信しました。

理由は、麻生財務大臣が国民にとっては洒落にならない「所得の損失」について、矮小化しようとしているためです。本気で緊縮財政を改め、財政拡大に転じる気ならば、むしろ、
「休業補償や家庭支援は当然である。国民にとって極めて重大事であると認識している」
と、アピールし、財政拡大を既成事実化するべきなのです。

財務大臣が国民を助ける政府の費用負担について「つまんないこと」と矮小化しようとしているということは、「何もやらん」という可能性が濃厚なのでございます。

目をそらさないで、事実を一つ一つ、見ていましょう。もちろん、見るだけではなく、声を出しましょう。

わたくしたちは、朝令暮改を繰り返し、国民を救うためであっても緊縮路線を改めない「最悪の政府 三冠王」の臨終を目撃しているのです。

しかも、我々日本国民が主権者として、この政権を生み出してしまったわけですから、絶望が沸き起こってくると思います。とはいえ、昨日も書きましたが、今の日本にとって、希望は絶望の先にしかないのでございますよ。

「絶望の先の希望をつかみ取ろう!」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

マッ、このような政権を選んだ国民の責任と言えるかもしれません。

俺は投票にいって無いぜえ!

そのような態度が政権登場に寄与してきたと感じます。

そうは言っても?

野党を選べば?

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜
救世主、アビガン現る!
2020-03-02 00:00:00NEW !
テーマ:コロナウイルス・エボラ・ウイルス

いよいよ、安倍さんもアビガンの使用を認めました。アビガンとは何かというと富山化学工業が社運を懸けて開発したウイルスをやっつけるための薬です。富山大学の白木教授が監修して共同開発したのです。
なんと驚くことに日本政府は約200万人分保存しているのです。ところが日本では薬としての認可は受けられません。もう何年も経っているのです。従って、アビガンを使っても保険は適応されません。
全て自費で払わなければいけません。変な話です。その理由は「効くか、効かないかわからないから」というのです。効くか、効かないかわからないものを、厚生省が200万人分もつくって持っているのでしょうか? この話はおかしいのです。
その時点で政府は「アビガンが効く」とわかったのです。だからアビガンを製造して在庫を持っているのです。速やかに承認すればよいのですが、承認はできないのです。

それは反対意見があるからです。反対意見は必ずあるのです。ある物をつくると、変な奴が出てきて、「こんな薬は効かないよ」と言うのです。そうすると、「効くか、効かないか」になってしまいます。

何年にもわたって検査をして初めて薬として認められるというのが日本の制度です。「効くか、効かないか」わからないものを200万人分もつくるでしょうか? そんなことはあり得ません。

白木教授は「ウイルスが蔓延して人類が絶滅するようなことになったらアビガンが世界を救う。もし、自分がウイルスに感染したらアビガンを使ってくれ」と言っているのです。この薬はウイルスに効くのです。未開発の部分が40%あったとしても、60%は効くのです。

ここに今回のウイルス騒ぎで、早々と富山化学工業と契約を結んで製造方法がわかって、特許まで申請してしまったのです。中国で特許を申請して降りてしまったのです。

本来ならば、新薬の開発は5~6年かかります。それを10日で許可してしまったのです。すると中国はアビガンが使えるので、コロナウイルスの感染者が減るでしょう。

現在、中国でアビガンをつくっている会社がストップ高です。当然そうなります。全世界から買いにくるのです。ストップ高です。富山化学工業も儲け損ねた感じです。

なんだかみんなそうなのです。小保方晴子さんの研究もそうです。竹田恒彦教授は、「あれは完全にできたのだ」と言っています。潰されたのです。「効かない」と言われて、「インチキだ」まで言われて、一人死んで、研究までめちゃくちゃにされてしまうのです。
その間に似た新しいやり方でアメリカが特許を取ってしまったのです。美味しい仕事は日本にやらせるわけがありません。アメリカがやるのです。日本人は嫉妬して、「あんな奴につくらせてたまるか!」と邪魔をするので、良い研究はなかなかできません。
薬ができたところで、7~8年もまたないと使えないようなスピードでは役に立ちません。中国は10日でやったのです。アビガンができてきて、本当に効けば、感染者が減っていくのです。

それはよいことです。それと同時に安倍さんは「未承認の薬を使え」と言ったのは、このような事情です。厚生省のお役人が2人感染しました。コロナウイルスが厚生省の中で広まって薬がないとなると、厚生省は全滅です

管理する役人がコロナウイルスに感染してしまい、「それを治す薬がない」となるとどうにも格好がつきません。厚生省の役人の感染がわかったから、役人に火がついたのです。

では、「アビガンを使え」ということです。すると「何故、役人だけアビガンを使うのだ?」と言われてしまいます。「アビガンは希望者には全員使わせます」ということになったのです。

役人がコロナウイルスに感染しなければ、アビガンなど誰も知りません。厚生労働省の倉庫にアビガンは眠ったままだったのです。日本はすごい技術を持っているのです。

 1993年、富山化学工業は白木公康の監修のもとウイルス感染治療薬の開発を開始する。そして1997年に方向転換をし、インフルエンザなどの治療薬の開発を始めた。この当時、手作業で週に約600化合物を試験し、ウイルスに効果のあるものを探したという。そして1998年、アビガンのもととなる化合物を発見した。当時を振り返り、白木公康は「 これまでの考え方に全くない新しい化合物だっのでこれが効くのならば素晴らしい結果が出るだろうと判断した」と語った。そして2000年に学会でインフルエンザの薬として発表されたが、前年に発表されたタミフルによってアビガンは注目されることはなかった。そして2002年にアビガンの開発は中止された。
 https://kakaku.com/tv/search/keyword=%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%8C%A0/

僕の考えでは、アビガンの研究チームを至急つくってあとの40%をつくればよいのです。「妊娠している母親が使うと子供が奇形児になる」というのです、これも単なるウワサです。
 アビガンは使われていないのです。「そうなったらどうするのだ?」という言い方をするのです。まだ未承認の薬ですから使っていないのです。「妊娠中の母親が使ったら奇形児が生まれる」かもしれないということです。
 だから「こんなものを安易に使ってはいけない」というのです。すると申請が止まってしまいます。もうすでに白木教授は、「これで全てのウイルスが消滅する。今後、いかなるウイルスが発生してもアビガンが退治してくれる」と自信を持って言っているのです。
 自身もウイルスに感染したら「アビガンを使ってくれ」と言っているのです。このようなことを日本は直さなければいけません。利権と嫉妬で開発が遅れてくるのです。
 日本政府の根底には、「いざとなったら、アビガンがある」と思ったのでしょう。これを飲めば治るのです。それを日本政府は持っているのですから、態度がでかくなります。
 「イチイチ、中国の門戸を閉めなくていいよ。開けておけ。入りたい奴は入っていいよ。自由でいいよ。心配するなよ、お前ら全員がだめになりそうになったら、アビガンがあるで!」と思ったのでしょう。すると、大きな気持ちになるのです。そこのところを注意して、何でも早くできる国家にしなければいけません。

■中国政府は新型コロナウイルス対策として富士フイルム富山化学のインフルエンザ治療薬「アビガン」に含まれる有効成分を使った薬の生産を始めました。
中国政府の発表によりますと新型コロナウイルス対策として既存の薬を役立てようと臨床試験を行った結果、「ファビピラビル」という成分が副作用が少なく効果が高いことがわかり、16日から薬の生産を始めました。
「ファビピラビル」は2014年、富士フイルム富山化学の前身で富山市に研究生産拠点を置いていた富山化学工業と当時、富山大学医学部に勤務していた白木公康教授が共同研究して開発した薬「アビガン」に含まれています。

https://www.fnn.jp/posts/2020021700000007BBT
〜引用終わります。(人気ブログランキング)

マッ、物事には二面性が必須ですから

効くぜええ!
なんていう反面・・・・・

ほっとけば治ったのに?

先祖が本物の日本人だったら?
日本の神が救ってくれるでしょう。

このような態度でいれば?
引用画像

ジロコが恐怖に思うのは
万引きなどで捕まえれば?
最低2週間監禁だぜええ!

感染者が立ち寄ったところは?
最低2週間閉鎖だぜええ!

資金繰りが苦しいところは?
永久に閉鎖したゾウ!
続々と発生する?連鎖倒産?

引用画像
平和ボケの弊害だぜええ!

自業自得じゃん!
いじり画像

この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA