心の病・お経の分裂

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
分裂というと、核分裂を思い浮かべるのがジロコの性質です。
家族分裂とか、派閥分裂、国家分裂なんて類は思いつきません。

そうは言っても国家分裂を企んでいるやからもいるといわれています。

人類多様性が大切と言われていますから、自分が他の人と性質が大きく異なっても気にすることはありません。

自分の性質を変えようなんて神に言わせれば無駄な行為やバカな行為かもしれません。

あるいは神に対する反逆?

自分の性質は変えられるなんて思っていませんか?

当然自己の性質に悩んでカウンセリングを受ける必要もありません。
悩む原因があおられているからかもしれません。

過去に貧乏父さんとか、金持ち父さんとか言ってあおっていましたが
あおられた結果が倒産なんていう人もいるようです。

引用画像

引用画像

引用画像

引用画像

いきなり大量閉店だぜええ!
なんていうのも目立ちます。

ネーミングには現実との関連性があるそうですから注意が必要です。

べえべえ言葉を使うと運がよくなると主張している人も見られます。
ジロコもつられて使っています。
使っているべえ!です。

中国では歩いていた人が、 いきなり・・・・・

ジロコがなぜ、自分をムームージロコと名乗っているか?
それは普段ムームーを着ているからです。
ムームージロコ
寝る時もムームーを着て寝ています。
上からかぶるだけですから、簡単に着られます。

脱ぐときは?
多少困難が伴う場合もあります。

マッ、何事もいい面ばかりではないのが世の中の決まりと言えます。
良い子の二面性は?
悪い子には二面性がなく、単なる悪い子と言えます。

この国では、将来に夢も希望も持てない若者が、スリルを求めて挑戦するなんていう場面がジロコには感じられます。

夢や希望をあおるのではなく
この国には夢も希望もないぜええ!
とあおっていれば、バカな挑戦をするものが減少するでしょう。

引用画像

般若心経で説いているように、人生には意味がありません。
そのことをキッチリと理解すればいいかもしれません。

そうは言っても人間は生き物ですから、生きていくことが使命と言えるでしょう。
人生の目的は生きて行くことだぜええ!

ウイ―ルスがそのことを人々に教えているのかもしれません。
<バカジロコ!ウイ―ルスは神の使いかよう!>
バカジロコ

だったら、ウイ―ルスは誰が造ったんだよう?
引用〜
新型肺炎、最初の発生源はどこ? 深まる謎 「海鮮市場ではない」中国政府系機関が分析産経新聞1738
 【北京=西見由章】新型コロナウイルスの最初の発生源は中国湖北省武漢市の華南海鮮市場で取引されていた野生動物だ-。そうした中国当局による従来の見解が揺らいでいる。政府系の機関が、ウイルスは別の地域から同市場に流入したとの分析結果を示したためだ。ただ「最初の感染者」がどこでどのように生まれたのかを突き止める手掛かりは少なく、謎が深まっている。
続きを  〜引用終わります。(2/26(水) 22:52産経新聞)

深まる謎?真相は闇に!

今後ウイ―ルスの影響は、この国を地獄化するかもしれません。
少子化や、貧困化、虐待をさらに激化するようにジロコは感じます。

マスクを配るゾウ!
なんて話題になってるようです。
どんな狙いがあるのでしょうか?

鶴の恩返しでしょうか?

そうは言っても、この国の政治屋さんにはマスクを配るゾウ!
なんていう人は見られません。
1000万円くらい使ってマスクを配りまくれば拍手喝采で
票集めには最強とジロコは思います。

1億円使えばさらに強力です。

環境大臣は?
マッ、どうでもいいことです。

そうは言ってもMADE IN CHINAが無くなれば

ジロコのようなこの国の貧困者は

生きていけないでしょう。

チュウゴクジン ワルクナイ!

悪いのは・・・・・

 

この記事はお経の話しを書いています。

第4回仏典結集のころ、お経が文字化されたということです。

すんなり文字化されたのか?
国会を見ていればわかりますが、みんなが仲良くきめたゼええ!
なんていうことはまずありません。

ごたごたガヤガヤワイワイ・・・・・
視聴者そっちのけ?

イヤ!
視聴者意識過ぎだぜええ!
なんていう画像も見られます。
引用画像

拍手喝采だゾウ!

と、自己満足しても

ジロコは非難喝采と感じます。

感じ方にも多様性があると想像されます。

引用画像

ケーフルTVを見ていたら、砂の中を泳ぐサメが人間を食っていました。

仏陀の教えがそのまま伝えらていた時代は、原始仏教と呼ばれます。
原子仏教ではありません。

引用〜

初期仏教(しょきぶっきょう、英: Early Buddhism)とは、 釈迦が生きていた時代を含む初期のおよそ150年から200年の間のプレ部派仏教(英語版)をいう[1]。
原始仏教根本仏教、主流仏教[2]とも呼ばれるが、「原始」「根本」「主流」という言葉にはさまざまな価値的な判断の意味が含まれるため、ここでは中立的な時間的に先であることを示す「初期仏教」という用語を使用する。必ずしも時代区分ではなくオリジナルという意味で「原始仏教」という用語を用いる学者も多い[3]。初期仏教を原始、根本、主流と見る見方に福音主義の影響を見る学者もいる[4]。
〜引用終わります。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

第2回仏典結集の時に二つの派閥に分裂されたといわれています。

人間は多様性ですから、十羽からげてひとまとめなんていうことは困難と言えます。

人生観や価値観などは人によってそれぞれです。
人世いろいろ〜♩

マッ、民族によっての独自の傾向もあるでしょうが。
引用画像

一つは保守派で「上座部」と呼ばれます。
引用~
根本分裂[編集]
釈迦の没後100年ほど後、十事の非法[3]・大天の五事などの「律」の解釈で意見が対立し、教団は保守的な上座部と進歩的な大衆部とに根本分裂した(部派仏教時代)[1]。また別の意見として、根本分裂は上座部と大衆部と分別説部に分かれたという説もある[4]。

〜引用終わります。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
今日はここまでです。
引用画像

愚だ具だ書いてもきりがありません。

人間の欲望と同じかもしれません。
欲望にキリをつける!
そのことが重要とジロコ仏陀は感じます。
ジロコ仏陀

三橋先生の記事を引用します。

引用~
店じまい国家」からの脱却を!(前編)
NEW!2020-02-26 07:55:28
テーマ:政治


さて、これは確定的な話ではないのですが、安倍政権が1月末時点で中国人の入国禁止、中国への渡航禁止措置に出なかったのはなぜなのでしょうか。(今に至ってもやっていませんが)

アメリカは、国務省が1月31日に、アメリカ国民の中国への渡航を禁止。大統領令により、アメリカ入国前14日以内に中国(香港とマカオの特別自治区を除く)に滞在歴のある人間の入国を禁止。さらに、政府の方針を受け、アメリカの大手航空会社は、中国便の運航を全面停止しました。

2月4日には、イギリス外務省がCOVID-19の感染拡大を受け、イギリス国民は可能な限り中国から退避するよう勧告を出しました。
ロシアも、1月31日に対中陸上国境を閉鎖。さらに、2月20日に中国人の入国を禁止。

なぜ、安倍政権は「他の主要国」に倣い、早期の段階で中国人もしくは中国に滞在している外国人の入国禁止措置を出さなかったのか。
というわけで、仮説の話になるわけですが、

仮説1:中国人様向けインバウンドの「カネ」を惜しみ、入国禁止措置に踏み切らなかった。
仮説2:4月に習近平国家主席来日を控えているため、中国サイドに気を使った
仮説3:仮説1と仮説2双方が理由

何しろ、安倍内閣は
春節に際して、そしてまた、オリンピック・パラリンピック等の機会を通じて、更に多くの中国の皆様が訪日されることを楽しみにしています。その際、ぜひ東京以外の場所にも足を運び、その土地ならではの日本らしさを感じて頂ければ幸いです。(後略)」
という「安倍晋三内閣総理大臣春節祝辞」を、1月30日まで在日中国大使館のHPに掲載させていました。

また、時事通信は、2月19日に配信した「政府、広がる批判に焦り 「水際で失敗」、支持率に影―新型肺炎」において、

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021800962&g=pol
『(前略)政府は当初、発熱症状や中国・武漢市への渡航歴、武漢滞在者との接触がある人らをウイルス検査の対象にしていた。ところが2月に入り、感染経路の分からない感染例が続出。首相側近は「1月時点で中国人全ての入国を止めるしかなかったが、もう遅い」と頭を抱えた。
政府関係者によると、習近平国家主席の国賓来日を控えて中国側から「大ごとにしないでほしい」と要請があったといい、これも後手に回った要因だとみられる。(後略)』
と、書いています。

「もう遅い」。はい、わかります。なし崩し的に中国人を入れてしまい、COVID-19のアウトブレイクが起きてしまえば、その後は、
「もはや中国人の入国禁止をしても手遅れだ。あとは国民の自己責任
とか何とかいって、中国人に対する国境強化を「諦めさせ」、日本人が次々に感染、死亡していく。現在の日本では、よくあるパターンでございますよ。

もっとも、「仮説1」は悲惨なまでの「逆効果」となりました。中国人を入れ続けたため、日本国内でCOVID-19のアウトブレイクが始まりつつあり、インバウンドは激減。

訪日客で混雑していた「京の台所」錦市場も閑散 新型肺炎で「売り上げ3割以下」と店主悲鳴
いつもは満員電車のような混雑の「京の台所」の錦市場(京都市中京区)を買い物客が悠々とすれ違う。「ここ数日、売り上げは例年の3割以下。こんなに悪いのは初めてだ」。長年、食料品店を営む男性は嘆く。
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は、訪日外国人でにぎわいをみせていた京都の風景を一変させた。特に中国政府が海外への団体旅行を禁止した1月末以降は観光客が激減。インバウンド需要を追い風に好調だった宿泊・小売などの観光関連産業に深刻な影響をもたらしている。
男性の店舗では、数年前から中国人観光客の好む高額商品を増やすなど品ぞろえを変えた。「爆買い」に支えられ、売り上げを伸ばしてきただけに、「東京五輪までに何とか終息してほしい」と先行きの見えない状況に不安を募らせる。(後略)』

そもそも、インバウンドへの依存を高めた観光業が悪いんだ!とは、言いません。悪いのは日本政府です。安倍政権です。

日本国民のデフレによる貧困化を放置し、観光業が外国人様頼みにならざるを得ないように仕向けた。安倍政権による緊縮財政、規制緩和、自由貿易のトリニティの結果が、現在の惨状なのです。

仮説2の方ですが、十日前の時点でも、日本政府は習近平を予定通り招待すると断言していました。

『習近平国家主席の訪日 現時点で予定どおり 茂木外相

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012288941000.html
ことし4月に予定されている中国の習近平国家主席の日本訪問について、茂木外務大臣は衆議院予算委員会の集中審議で、日中両国間は連携して準備を進めていくことで一致しているとして、現時点では予定どおり行われるという見通しを示しました。(後略)』

もっとも、中国自体が全国人民代表大会(全人代)の延期を正式決定した有様です。

『中国、全人代の延期を正式決定 開幕時期は決まらず

スポンサーリンク

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55998160U0A220C2MM8000/
中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部は24日、全国人民代表大会(中国の国会に相当)の常務委員会で、3月5日に開幕する予定だった全人代の延期を正式に決めた。新型コロナウイルスによる肺炎の収束が見通せず、新たな開幕日も示せなかった。全人代の先延ばしは極めて異例。習氏の4月の国賓訪日にも影響する可能性がある。』
そして、ついに来るべきものがきた、という感じです。

『IOC委員、東京五輪開催の判断「5月下旬が期限」

https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20200225-OYT1T50276/
AP通信は25日、国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員(カナダ)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の開催の可否について、5月下旬が判断の期限になるとの考えを示したと報じた。(後略)』

これほどまでに危機管理能力がなく、アウトブレークに際しても「自己責任」的な対策しか出さない日本政府、店じまい国家である以上、五輪中止の検討が始まって当然です。

日本が「店じまい国家」である証拠を、一つだけご紹介しましょう。

厚生労働省は、COVID-10に関するQ&Aにおける

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
『問13 感染が疑われる場合、どこの医療機関に行けば検査、診療をしてもらえますか? 』
という質問に対し、
『風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合には、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。』
と、回答していますが、この「最寄りの保健所」を削りに削ってきたのが、97年の橋本政権以降の日本政府なのです。

【日本国内の保健所数(合計)】

 

わたくしが「国家の店じまい(最初に使ったのはたぶん、佐藤健志先生ですが)」という表現を多用する理由が分かるでしょ。

店じまい国家は、消費税増税のショックにCOVID-10による消費激減が加わっても、何の対策も打ちません。店じまい中の店舗が、客からの要望に答えますか? 商品仕入れに支出しますか?

『新型肺炎で麻生氏、追加経済対策「いますぐ何か考えているわけではない」

https://www.sankei.com/economy/news/200225/ecn2002250013-n1.html
麻生太郎財務相は25日の閣議後の記者会見で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの拡大を受けた追加経済対策について、「今すぐ何か考えているわけではない」との認識を示した。(後略)』

はいはい、どうせ「今すぐ」はもちろん「将来に渡り」何も考えないし、何もしないのでしょ、店じまい国家の経理部長殿。

もっとも、わたくしは日本国家が店じまいを進めている段階で非常事態に直面したからといって、
「もうだめだ~っ!」
と、言いたいわけではありません。

むしろ、こんな有様だからこそ、国家の店じまいの「転換」のために努力しなければならない。現在の我が国の非常事態は、店じまい国家ら脱却するためのラストチャンスかもしれないのです。(明日に続く)

「店じまい国家からの脱却を!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

国家の店じまいだけではなく
その辺の店がドンドン閉められるぜええ!

ジロコの近くの変態○○○のコンビニに入ったら
「3月から、午前一時から午前5時まで閉店します」
なんて貼り紙があったぜええ!

ジロコはこのような店を3件見ています。

いよいよコンビニ地獄へ突入か?
引用画像

末法時代だから当たり前だぜええ!
皆地獄へ行くぜええ!
引用画像
オリンピックが中止に追い込まれるか?
で、
いくらかけた?

<バカジロコ!なんのこっちゃああ!>
バカジロコ

ジロコは恐怖をあおる性質です。
昔、原発が狙われるぜえ!
なんて叫んでいました。

どこに?

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜
神は多様性を望む ②
2020-02-27 00:00:00NEW !
テーマ:エボラ出血熱・コロナウイルス・ウイルス

※神は、これからも様々な生命を創るでしょう。全て多様性です多様性の反対の者を独裁者というのです。中国の独裁者には神罰が下るのは間違いありません。もう神罰が下っています。

人間性の違いを知る、歴史の違いを知る、国の成り立ちの違いを知る、様々な郷土料理を知る、それを楽しむところに人間の良さがあるのです。クルーズ船に3000人も乗って世界を回っても何も面白くもありません。

神は多様性を好むのです。生物を見てもわかるでしょう。過去には恐竜がいました。進化論で言うと、「アメーバが進化して様々な動物になった」というのですが、事実は違います。

生命は神が創っているのですから、進化論は完全に否定されています。「人類は、猿人が原人になって、原人がホモ・サピエンスなった」というのは違います。猿人も原人も滅びてしまっているのです。

クロマニヨン原人も、北京原人も滅びてしまい、この世には存在しません。今のホモ・サピエンスは、猿人でもなく、原人でもなく、全く新しい「ヒト科」の種族です。どのような種族かというと、「ヒト科」に属するホモ・サピエンスです。これも多様性です。

過去には、肉食恐竜もいれば、草食恐竜もいました。地上をノシノシと歩く恐竜もいれば、海に潜る恐竜もいれば、空を飛ぶ恐竜もいました。ウイルスもそうです。野生動物の中にウイルスができて、突然変異をするのです。生命は多様性です。

神は多様性を好むのです。この多様性がわかれば、独裁者はいなくなるのです。「共産主義の思想に統一してしまおう」など、くだらないことを考えているものではありません。どうして習近平が独裁するのでしょうか?

「お前がいて、俺もいる」でよいのです。そうでないと、「何故、お前の命令を一方的に聞かなければいけないのか?」ということになります。独裁者は「従わない者はぶっ殺す!」というのです。ふざけた野郎です。

それは神の摂理に反するのです。神は多様性を求めているのです。そのようにして世界が造ってあるのです。植物にしても何万種類あります。魚にしても多種多様です。人間でもいろんな種族がいます。

1メートルの身長がない人間が雲南省にもいます。その連中の最高の身長は90センチです。「ニヤッ」と笑うと顔はジジイです。アフリカには、ピグミーという人種もいます。ピグミーの身長も1メートルくらいです。

ピグミーは人間かサルかわからないので、土人が捕まえると食われてしまうのです。ピグミーは、一応人間です。それも人間です。或いは、アフリカのマサイ族は、2メートルくらい身長があります。3メートルある人間もいます。同じ人間なのに、恐ろしい差です。

犬でもそうです。ドーベルマンや土佐犬のように獰猛で大きな犬もいれば、チワワやパグのように小さくて可愛い犬もいます。犬といっても種類が何百種類もあるのです。

世界は多様性により成り立っているのです。言語もそうです。たった一つの言語ではありません。世界の言語は何百種類もあるのです。神は多様性を望んでいるのです。

その多様性の繁栄をわかった人が指導者にならないと「あいつはダメ、こいつもダメ」ということになってしまいます。

世界は多様性があってよいのです。これを人間に置き換えると、勉強ができて頭の良い人は東大に行ってしまいます。東大に行かなくても普通の大学へ行き、サラリーマンになってしまうのです。

昔はそうではなかったのです。東大に行けるような頭脳を持った人が町の大工さんであったり、経師屋さんだったりしたのです。その連中が文化の花を咲かせるから、江戸文化はすごかったのです。

「江戸時代によくこんなものができたな」と思うくらいです。小さい目釘を見てもそうです。着物の柄を見てもそう思います。日本の着物姿は実に格好がよいのです。

鬼平は超かっこよいのです。しかも編み笠は何十種類もあります。三度笠もありますが、武士のかぶる傘は上が平らです。そのような傘もあります。形は一つだけではありません。いろんな傘があるのです。

着物の柄も何千種類もあったのです。こんな多様な文化をもった国は日本意外、世界のどの国にもありはしません。韓国は赤・黄色・青です。原色を着ているだけです。日本の文化は文化の質が違うのです。

髪の毛の髷(まげ)も何十種類あるのです。女の子の髷も島田髷など何十種類もあるのです。時代劇の髪型はカツラですが、江戸時代は髪結いで髪の毛を結っていたのです。

日本人は昔からおしゃれです。日本のように、こんな多様性の国は他にはありません。服装もそうです。家にいる時とお城に行く時の服装は全く違います。旅へ出る時はまた服装は違います。持つ刀も違います。実にかっこよいのです。

日本は多様性の文化です。「日本文化とは何か?」ということを一言で言うと多様性の文化です。みんなが花を咲かせているのです。大工さんは大工さんで花を咲かせているのです。法隆寺へ行ってみてください。図面もなくて、あんな立派な建築物がどんどん建ってしまうのです。

昔は図面などありません。筆で「何本の柱を使うのか」ということを記したくらいで、正確な図面などありません。それでどんどん造ってしまうのです。だから、大工さんも優秀だったのです。大工の棟梁も優秀だったのです。

日本の文化は多様性です。宗教も多様です。それを日本人は認めるのです。「多様性をもって根本を究める」というのが本物の仏教です。それが日蓮大聖人様の仏教です。

多様性をそのまま認めて、「何が何だかわからなくなってしまう」というのではなくて、多様性の中にも筋があります。そのようなことです。多様性こそ神が望むことです。

神は、これからも様々な生命を創るでしょう。全て多様性です多様性の反対の者を独裁者というのです。中国の独裁者には神罰が下るのは間違いありません。もう神罰が下っています。

それが大量のイナゴが中国に向かっていることであり、ブヨの大量発生であり、カラスの大発生であります。湖北省の空を真っ黒にして「ギャー、ギャー」とカラスが飛んでいるのです。そのカラスは黒くないのです。普通、カラスは黒いか白いかですが、中国に現れたカラスはぶちなのです。白と黒のぶちのカラスは1メートルある大きなカラスです。湖北省の上空を飛んでいるのは、異常な行為です。

モンゴルでは5つの太陽が出たのです。これは不吉な現象です。中国の空には2015年から鬼城が映っていたのです。どこの城が映っているのでしょうか? 鬼城は中国の空中に浮かんでいるのです。しかも中国の各都市に現れているのです。不気味です。

そのようなものは、滅びの前兆です。何故かというと、一体一路などで世界を一つに結ぼうとしているからです。それは多様性に反するのです。ということは、神の原理に反するのです。

神は、「共産主義者め!」中国に怒っているのですこれがコロナウイルスの発生です。独裁者たろうとする者は、これからも神が許しません。僕が許しても神が許しません。

金正恩も頭が狂ってしまい、死にそうです。自分だけがどうして偉いのでしょうか? そんなことはありません。生命は多様性です。「貴方も偉いね。俺も頑張っているぞ」ということです。自分だけ偉くて、「お前は死んでよいのだ」という身勝手で傲慢な思想は神の思想とは違うのです。

■動物による珍しい現象
というのは、「カラス」のことなんですけれど、コロナウイルスの発生源とされる武漢のある湖北省(北緯33度線上)で、1月の29日前後、各地で「カラスの大群が目撃され続けた」ということを記していた記事でした。
https://indeep.jp/real-apocalypse-now-january-2020/

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

ジロコを見て神は喜んでいるのでしょうか?

ジロコ

神に問うて見ればいいぜええ!

自撮り画像

カラスといえば最近カラスを見ません。
食べ物がなくなったので奥地へ移動したのでしょうか?

奥地なんて言うと、ポチ集団を思い浮かべます。

TVを見ていたら、今でもカラスを追い払え!
なんてやってるそうです。

カラスは神が造ったぜええ!
もし、カラスの大群が押し寄せたら?
電気が来ないどころの騒ぎではないでしょう。

末法の地獄かと言えるかもしれません。

なにが起こっても不思議ではない末法時代と言えますから
堂々巡りの生活が続けられるよう神に問うて見ればいいでしょう。
自撮り画像
この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA