心の病・お経の文字化け

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
新型コロナウイ―ルス感染者が出社禁止され生活が崩壊しそうだぜええ!
なんていう人もいそうです。

引用〜
「マスクつけさせてもらえない」「無給で自宅待機」新型コロナで労働相談相次ぐ毎日新聞
 1人でも加入できる労働組合「ジャパンユニオン」(東京)は24日、新型コロナウイルスに関連する労働問題の特別電話相談窓口を開設した。「職場でマスクをつけさせてもらえない」「自宅待機を無給で命じられた」など、36件の相談が寄せられた。厚生労働省も14日から特別相談窓口を設けている。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】
続きを読む
〜引用終わります。(2/25(火) 19:19配信  毎日新聞)

学校も休講だゾウ!
イベント中止だゾウ!
たいへんな世の中になってきました。

自粛ムードの恐怖が再来か?

どうしたらいいのでしょうか?

どうすんだよう!

簡単です。

世界中の人々が感染すれば済むことです。
引用画像

マッ、時間の問題でしょう。

あなたも、私も感染者!


今まで通りの堂々巡りの生活が続けられます。

堂々巡りをバカにする人もいますが
堂々巡りの生活を続けることがいかに難しいか?
今回のウイ―ルス騒ぎで誰もが実感した?

ジロコ仏陀はそのように感じます。
ジロコ仏陀

個人の感想ですから批判の対象外です。

そうは言っても政治屋さんが個人の感想を言えば・・・・・

実例が豊富にあるのでいちいち書く必要はありません。

真理を悟れば誰もが仏陀になれるといわれています。
一番大事な真理とは?

で、
誰が儲けている?
かもしれません。

今回のウイールス騒動も
で、
誰が儲けている?

と考えてみると、真理が見えるかもしれません。

温暖化だぜええ!
なんて騒いでも
で、
だれが儲ける?
で、考えれば
いじり画像

バカジロコですから、普通のひととは考えが違うのは当たり前です。

人間は年とともにいろいろなものが減ってくると、サプリなどのCMで盛んに言われています。

しかし、それは神が決めた法則と言えます。

それを人間が勝手に増やすぜええ!
なんてやれば
自撮り画像

神が怒るかもしれません。

あの三橋先生も言っていますが、ここでは引用しません。

CMで脅してきますので、冷静な対処が必要とジロコは感じます。

個人の感想では済まないぜええ!
なんて事態になっても
この国は助けてくれないぜえ!

自分の身は自分で守るしかありません。

助けるゾウ!
なんて言われたら?
引用画像

コロナウイ―ルスを移されるのが関の山かもしれません。
余計なお世話と感じたほうが無難かもしれません。

ジロコはお経が文章にされた経緯を書いてきたつもりです。

お経が文書化されたのは第四回仏典結集が開かれたころだそうです。
文書にしておかないと勝手に言い放題になる恐れを感じたのかもしれません。

引用画像

第四回仏典結集はクシャーナ朝のカニシカ王が開いたそうです。

カニシカなんて言うと
蟹と鹿で、カニシカ
なんてバカなことを思うジロコです。
ジロコ

引用〜
カニシカ1世(Kanishka I、生没年不詳)は、クシャーナ朝の君主。ヴィマ・カドフィセスの子。カニシカ1世はクシャーナ朝の中で最も名の知られた王であり、バクトリア語資料では κανηϸκε κοϸανο (クシャーナ朝のカニシカ)、漢訳仏典では迦膩色迦などと表記される。のちの時代にカニシカ2世がいたことが知られるが、一般にカニシカ王といえばまず間違いなくカニシカ1世を指す 〜引用終わります。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

第四回仏典結集では意見の対立が目立ったそうです。
この世でも目立つ人もいます。
引用画像

この国と同じで単一民族?ではありませんから、お経を何語で書くか?
インドは地域によって言語が違ったそうです。

仏陀の本拠地は、ガンジス川の中流域で古代マガダ語がつかわれていたそうです。

引用〜

この項目では、インドの古代語について説明しています。現代インドの言語については「インド語派#東部語群」をご覧ください。
マーガディー(Māgadhī)は、中期インド・アーリア語(プラークリット)のひとつで、インド東部の方言を基礎とする文学語である。
マーガディー語、マガダ語とも呼ばれる。
〜引用終わります。。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ジロコの妄想だぜええ!
なんて「思われないように、いちいち引用しています。

文字化するときに、二つの派閥に別れ、それぞれ異なる言語で文書化されたそうです。

分離したり、名前を変えたり、合併したり
ただ当選すればいいぜええ!
なんていう考えがジロコには見え見えの勘がします。

人生の目的は当選すること?
<バカジロコ!危険だゾウ!>
バカジロコ

今回はお経が文字に化けたことを書きました。

三橋先生の記事を引用します。

お経で貧困が無くなるか?
自撮り画像
神に問うてみればいいでしょう。

引用~
引き上げられていく国境
NEW!2020-02-25 07:00:36
テhttps://youtu.be/LQxin53cxUwーマ:政治

今後はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)と書きますが、アジアのみならず、欧州や中東、アメリカにまで拡大していっているようです。

22日のWHOの発表によると、中国本土以外での感染者数は28か国で1400人。
イタリアは感染者数150人で、3名が死亡。ロンバルディア州とベネト州では、一部の街が封鎖されました。
イランは感染者61人、死者12名。さらに、バーレーン、クウェート、イラク、アフガニスタンの当局が、24日COVID-19感染者を確認したと発表。いずれも、イランからの流入のようです。
アメリカは、ダイヤモンドプリンセスの乗客253人が帰国し、うち11人が検査で陽性だったとのことです。現在、アメリカでは、季節性インフルエンザが猛威をふるっており、CDC(疾病対策センター)によれば、患者数が2600万人以上、入院患者約25万人、死者約1万4千人と推定されていますが、COVID-19との関係は現時点では不明。

COVID-19感染の広がりを受け、各国が他国との「国境を引き上げる」ケースが増えてきています。
トルコはイランとの国境を封鎖。イラクもイランとの往来を禁止。

アメリカ国務省は2月22日、日本と韓国に対する渡航警戒レベルを、4段階のうち下から2番目となる「注意を強化」に引き上げ。
イスラエルは、過去14日間、日本に滞在した外国人の入国を禁止。ミクロネシア連邦、ニウエ、ツバルも日本からの入国禁止。
トンガ、サモア、キリバス、ソロモン諸島、韓国、タイ、ブータンも、日本への渡航制限や延期を推奨。
インドネシアでは、日本人の入国拒否発生。

改めて、グローバリズムとは本当に、本当に「平時」を前提とした考え方であることが理解できます。中国武漢を中心にCOVID-19のアウトブレイク(大流行)が始まり、「国境を越えて動き回るヒト」が感染症を運んでいく。

本来、感染症や疫病から我々日本国民を守る「障壁」であったはずの国境が、グローバリズムの思想の下で引き下げられていた。

それどころか、日本政府は愚かなことに、中国人(だけじゃないですが)へのビザを緩和し、国境を引き下げ、
「インバウンドで経済成長」
などとやっていた。

日本国民の所得を引き上げるデフレ脱却ではなく、外国人様に依存する経済モデルを追求し、結果的に経済の脆弱性を高めた。平時はともかく、感染症の蔓延といった非常事態が発生した途端、どうにもならない状況に追い込まれる。

観光業もそうですが、中国とサプライチェーンで結びついていた日本の製造業においても、すでに悪影響が表面化し始めています。何しろ、中国からの部品供給がなければ、国内の生産ができない工場もあるのです(逆もあります、もちろん)。

そういえば、先週土曜日の「とある科学の超電磁砲」が六話の再放送になっていましたが、これはCOVID-19の影響で「制作上の都合がつかず」とのことです。

それはともかく、国境の引き下げ(自由貿易)というグローバリズムに加え、我が国はひたすら緊縮財政を継続してきました。要するに「小さな政府化」ですが、結果的に、日本国の「政府」は非常事態への対応能力が著しく落ちている事実を世界にさらけ出しました。
『政府専門家会議の見解全文「完全な感染防御、難しい」

スポンサーリンク

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56000670U0A220C2PE8000/
政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が24日に公表した見解の全文は以下の通り。
「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」
1.緒言
この専門家会議は、新型コロナウイルス感染症の対策について、医学的な見地から助言等を行うため、適宜、政府に助言をしてきました。
我々は、現在、感染の完全な防御が極めて難しいウイルスと闘っています。このウイルスの特徴上、一人一人の感染を完全に防止することは不可能です。
ただし、感染の拡大のスピードを抑制することは可能だと考えられます。そのためには、これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります。仮に感染の拡大が急速に進むと、患者数の爆発的な増加、医療従事者への感染リスクの増大、医療提供体制の破綻が起こりかねず、社会・経済活動の混乱なども深刻化する恐れがあります。(後略)』

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号では、乗客乗員計691人のほか、船内で事務作業をしていた同省職員2人、内閣官房の職員1人、検疫官1人の感染が確認されています。なぜ、中国のように防護服を着ていなかったのでしょうか。「予算」の問題ですか?

しかも、船内で作業した厚生労働省の職員のほとんどが、ウイルス検査を受けずに職場に復帰。省内に不安が広がり、慌てて全員検査。

さらに、乗客について、船内隔離後の感染の可能性を否定し、公共交通機関で帰宅させる。ところが、栃木県に帰宅した女性がクルーズ船の検査では陰性だったにも関わらず、感染が明らかに。
すると、慌てて帰宅した乗客に対して「公共交通機関を使わないで」と呼びかける。まさに、泥縄。

日本政府の危機対応能力が「低い(ない、とは言わない)」以上、各国が我が国に対して国境を引き上げていくのは当然です。

もっとも、グローバリズムのトリニティ(緊縮財政、規制緩和、自由貿易)とは、政府の非常事態、危機への対応能力までをも削る「小さな政府」の思想なのです。

ちなみに、非常事態への対応能力、備えのことを、グローバリスト、あるいは過去の我々は「ムダ」と呼んでいたわけです。

「ムダを削れ!」
というスローガンの下で、我々はいざというときに自分たちを守る「政府の機能」を削り続けてきた。結果が、現在の有様というわけです。我々に危機をもたらしたのは、我々自身です。

現在の日本の非常事態、あるいは「非常事態に対応できない政府」という問題の背後には、グローバリズムによる「改革=政府の機能削減」がある。この真実を国民が共有しない限り、たとえ今回の危機を運よく(首尾よく、ではない)切り抜けたとしても、すぐに「次なる危機」が日本国を襲い、国民を殺すでしょう。

「危機に適切に対応できる政府を望む!」に、ご賛同下さる方は、

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

感染なんか防げないぜええ!

どこから感染してんだよう?

ジロコは国境と聞くと、海峡を思い浮かべます。
もおお~そ〜い〜♪ 、もおお~そ〜い〜♩じゃじゃじゃじゃん!

もう遅いゾウ!
次なる国難が来るぜえ!
引用画像

自業自得だぜえ!
ジロコ仏陀の勘です。
ジロコ仏陀

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用~
神は多様性を望む ①
2020-02-26 00:00:00NEW !
テーマ:エボラ出血熱・コロナウイルス・ウイルス
※昔の大王は実際に人を殺してきたのです。ロシアのイワン大帝は、聖ワシリー大聖堂を造ったのです。あの建物は何によって造られたのかというと、権力によって造られたのです。

「習近平の一帯一路はいかに間違いであるのか?」ということを教えます。何が一帯一路なのでしょうか? 人間の文明というものは多様性なのです。文明を一つにしてどうするのでしょうか?

 共産主義者は本当に馬鹿だと思います。唯物論以外の思想を認めないのです。そして、秩序を自分で作ろうとするのです。それは神になり替わろうとする行動なのです。

習近平は神にかわらなくてよいのです。お前のような下卑た人間が、自然界をコントロールしようと思うことは間違っています。それにも関わらず、「一帯一路で世界を一つにつなげて大帝国を造る」などと言っているのです。

だいたい、「大帝国を造る」という発想がおかしいのです。人間が統御できるのは、せいぜい1千万人くらいです。中国は15億人も集めて一つの国を造っているのです。それでもまだ足りなくて、どんどん他の文明を吸収して、中国の文明にまとめてコントロールしようなど、本当に狂った考えです。

共産党はみんなそうです。共産党以外の考えは一切認めません。北朝鮮も同じです。共産主義の中心には人間がいるのです。それが主席や独裁者というものになって「帝王」と同じ働きをするのです。それで「世界を一つにしよう」としているのです。そんなことはできません。

習近平に教えてあげましょう。世界は多様性を好むのです。自然界を見てご覧なさい。タンポポがあり、スミレがあり、バラがあり、いろんな花を愛でることは楽しいのです。

どこへ行っても同じ花しか咲いていなければ、つまらないことこのうえありません。「あそこに行けば桜がある」「あそこに行けば菜の花がある」「ここにタンポポが咲いている」という世界が楽しいのです。

それなのに共産主義者は、一つにしようとするのです。馬鹿げた発想です。共産主義者は人間の種族などは認めません。だから習近平は、「チベット人はけしからん。消してしまえ」となるのです。「ウイグル人はイスラム教徒だから気にくわない。ウイグル人は臓器狩りをして皆殺しだ」となるのです。

習近平は皆殺しにできる力を誰からもらったのでしょうか? 結局、世界の皇帝といえども、共産党の主席といえども、暴力の権化なのです。暴力によって奪ったものなのです。

毛沢東は文化大革命で自分の地位を造ったときには、5千万~6千万人の自国民を殺しているのです。その上に立って権力ができてくるのです。人殺しをしないと権力などできないのです。

昔の大王は実際に人を殺してきたのです。ロシアのイワン大帝は、聖ワシリー大聖堂を造ったのです。あの建物は何によって造られたのかというと、権力によって造られたのです。
イワン大帝がレンガを積んでコツコツと造ったものではありません。お金の力によって、「やれ!」と命じて造らせたものです。モスクワの大聖堂は立派な建物です。

イワン大帝は、自国民を1万5千人殺したと言われています。皇帝になると疑心暗鬼になって少しでも疑いが生まれた奴はぶっ殺したのです。しかも、自国民をぶっ殺しているうちに、それが楽しみになってしまったのです。人殺しが楽しみになってしまうのです。
夜の宴会の肴が拷問と人殺しです。イワン大帝は、それを見て楽しんで一杯飲んだのです。それが夜の日課です。

習近平もそうです。ウイグル人の臓器狩りなど、くだらないことをやっているのです。法輪功の信者を殺して、チベットの坊さんを皆殺しにしていたら、必ず神罰を受けます。何故ならば、自然界は多様性を求めています。

地球上にいる生命を見てご覧なさい。全て違います。人間といっても、黒人もいれば、白人もいれば、黄人もいれば、赤人もいます。地球上には五色人がいるのです。青い人間もいると言われているのです。肌の色にしても一つではありません。

生命は多様性です。料理にしてもそうです。アフリカの料理と中国の雲南省の料理ではまるっきり違います。それを旅行者が楽しむのです。「雲南省へ来たら発酵食品だな。これは美味いな」と思えばよいのです。

わざわざ雲南省まで行って、マクドナルドを見つけて「ハンバーガーちょうだい!」というのはバカなのです。僕は全然そんなことは考えません。青森へ行って「青森の美味しいものが食べられるのかな?」と思って行くと「ワタミ」が出てくるのです。(笑い)
「こんなところまで、やめてくれよ」と思ったのです。青森へはるばるやってきて、「ワタミ」に入ろうとは思いません。やはり、青森の郷土の料理が食べたいのです。
ワタミは日本全国にワタミをつくり、中国まで出かけていったのです。結果的には、コロナウイルスの騒ぎになり、中国の7店舗を撤退することになったのです。バカなのです。そんなに大きくしなくてよいのです。何のためにチェーン店を造っているのでしょうか?
マクドナルトはアフリカの奥地に行ってもあるのです。コカ・コーラもそうです。どの国へ行ってもあります。そんなものは、つまんないのです。現地に行ったら、現地の飲み物があります。

ココナッツのジュースや現地の野菜ジュースがあるのです。それが美味しいのです。アフリカの奥地に行って「コカ・コーラが飲みたい」という奴はいません。それが多様性ということです。

家も日本とは違います。雲南省へ行けば釘を1本も使わない家が建っています。レンガで家を建てている国もあります。それが楽しいのです。日本の飛騨高山に来ると藁葺きの家が建っています。「風情があっていいな」と思うでしょう。
これらは多様性なのです。海に行けば海の幸がたくさん食べられるのです。アワビは、我々にとっては高級食品です。しかし、地元の漁師さんはアワビなど日常食です。アワビを生で食べるのです。バリバリと生で食べるのです。伊勢エビも刺身で食べるのです。それが楽しいのです。

 習近平は、もっと文化の多様性ということを理解したほうがよいのです。歴史も多様です。同じ歴史などありません。同じ歴史などありません。世界の歴史は全て違います。日本は独自の歴史です。(②に続く)
〜引用終わります。(人気ブログランキング)

引用画像
多様性なんて言っても分かり合う必要はありません。

アッ、あそこにバカジロコがいるぜええ!
バカジロコ
通りすがりの人は、お散歩ワンワンがいる程度の思いしか浮かばないでしょう。

ポチがゾロゾロいるゾウ!
なんて感じれば?
どこかの会みたいだぜええ!

ジロコは多様性ではなく変態性かもしれません。
そうは言っても神が喜べば・・・・・
いじり画像

この世は陰謀の塊だぜええ!

WHOってなんなのだ?

国連は?
もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA