心の病・流派対立

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
お経って言っても、魔法使いの呪文とは異なり
唱えればコロナウイ―ルスが消えるなんてものではありません。

1万回唱えればウイ―ルスが消えたゼええ!
なんて言っても、お経のおかげと証明することは不可能でしょう。

般若心経を唱えたら〇がよくなったぜええ!
なんて言っても
「猫ふんじゃった」を唱えても同じ結果になるかもしれません。

○○○○〇を1万回となえればなんていうのも同じ類とジロコの感想です。
感想には個人差があって当然です。

ジロコを見て
ジロコ
バカだぜええ!
変態だぜええ!
などと思うのが普通と思われます。

神はどう思うか?
神に問うてみればいいでしょう。

常に神に関心を持たれることが人生には重要かもしれません。
とともに、常に神に関心を持つことも重要かもしれません。

宇宙神、地球神、日本の神、下流の神
引用画像
神はどこにでも存在します。

常に神に見られている!

そのような自覚がこの国の国民にとっては重要と言えます。

良い子なんかぞろぞろいるぜええ!
なんて神が感じれば
引用画像

道徳自衛団?のように徘徊し、校則違反者を拉致拘束して
反省文を書かせるなんて事実があったなんて

社会の恐怖化にドンドンむかっているぜえ!
引用画像
仏陀入滅後約200年後に、700人の修行僧が第2回の仏典結集にあつまったそうです。
これが700結集です。

 

だったらこれは
引用画像
亡国結集かもしれません。

700人も集まれば、国会中継を見ていてもわかりますが
意見の一致が見られないのが普通です。

全員の意見が一致したら?
恐怖を感じるかもしれません。

人々の意見が無視され、独裁なら?

政権が間違った思いこみをしていたら?

ここでは関係ありません。

700人も集まれば、そうとうにぎやかになります。
国会のようにヤジが飛んだのでしょうか?
マッ、修行僧ですから、品行方正でしょう。

当時の動画が残っていないので想像の域と言えます。

誰かが捏造して、利害関係者の有識者がそうだぜええ!
そうだゾウ!なんていえば、そのようになるでしょう。

<バカジロコ!有識者の批判だぜえ!>
バカジロコ

700結集の時に、改革派の若手と、保守派の長老の間で対立が起きたそうです。

長く生きていると頭が働かなくなり、単なる惰性の力のみになるのかもしれません。

引用画像

そんな簡単に地球が滅びるかよう!

そうは言っても、ジロコは人生は堂々巡りだぜえ!
といっています。
ジロコ

改革派は、戒律も時代に合わせてかえていくべきだゾウ!
なんて、この国の憲法解釈に似ていると言えます。
引用画像
これに対し保守派は、仏陀が決めた戒律を勝手に変えてはいけないゾウ!
と反対したそうです。

考えが違ったら?
やがて分裂するのが当然カモしれません。

第三回、第四回と仏典結集が開かれたそうです。

仏陀の入滅が一説によると、紀元前383年
第一回仏典結集が、紀元前283年
第二回仏典結集が、紀元前183年
第三回仏典結集が 紀元前83年
とすると
第4回仏典結集は、紀元後17年頃になります。

あるいは
仏陀の入滅が一説によると、紀元前4世紀
第一回仏典結集が、紀元前3世紀
第二回仏典結集が、紀元前2世紀
第三回仏典結集が 紀元前1世紀
とすると
第4回仏典結集は、紀元後1世紀
になります。

正確なところはわからないそうです。
お経が文書化されたのは紀元後と言われています。

口伝えでは正しく伝わって行かないぜええ!
ということになったのでしょう。

そうはいっても仏陀の教えは二つに分裂していったそうです。

国会でも文章で回答してくださいなんて賑わっています。
口だけでは証拠が残らないぜええ!
で、なんの証拠?

ポチ集団の域を出ないのがこの国の国会だとジロコだけが感じます。
ジロコ

これじゃあ、貧困も少子化も虐待も無くならないのは当然と言えます。

貧困⇒少子化
虐待
貧困と少子化と虐待の連鎖!

連鎖大国日本
国際社会の笑いものだぜえ!
ジロコの感想です。

外国人ではなく、この国の国民が住みよい国を創るのが当たりまえと言えます。

外国人が住みよい国にするゾウ!なんてバカなこと言ってんじゃあないよ!

この国の神が怒るぜええ!
地球神も怒るかもしれません。
引用画像
引用画像
ここでお断りです。ジロコは〇〇の○○の信者でもなく
○○○○党の党員でもありません。

消費税やめろう!
緊縮財政やめろう!
規制緩和やめろう!
自由貿易やめろう!

カジノやめろう!

引用画像
下流国民がこのような意識を持つことが重要です。

バナナジュース店から10万円位盗んでも人生はかわらない?
甘いゾウ!
地獄に落ちるゾウ!

引用画像

目先の利益に踊らされると
地獄が見えるかもしれません。

そうは言ってもバナナジュース店は一日10万円の売り上げがある?
しかし、レジに現金をなんで残しておくのか?

夜中にお客さんが来る?
ジロコは危機感の皆無と感じます。
引用画像
世界平和だゾウ!
なんて口で言っていても

世界はウイ―ルスで繋がるぜええ!

潜水艦に核ミサイル搭載したぜええ!
北朝鮮の反応が見られません。

抑止力の重要性が感じられます。

バナナジュース店のような無防備な店が狙われるのは
自然の原理といえます。

人の物と、自分の物の区別が困難な民族も存在するそうですから
注意が必要です。

コロナウイ―ルスばかりに気を取られるのは危険です。

<バカジロコ!いつまで愚だ具だ書いてんだよう!>
バカジロコ

三橋先生の記事を引用します。
引用〜
問題を認識しない政府
NEW!2020-02-24 09:04:54
テーマ:政治


それにしても、改めて今回(19年10月)の消費税増税は「最悪のタイミング」でした。

まずは、景気が「緩やかに後退」している状況における増税ということで、97年、14年時よりも打撃が大きくなってしまった。(特に、名目GDPと設備投資)
日本国内の景気動向から見ても「最悪のタイミング」だったわけですが、2020年に入り、新型コロナウイルスの問題が襲い掛かってきた。
しかも、過去七年、安倍政権の下で日本経済はインバウンドへの依存度を高め、
「外国人様~」
「中国人様~」
と、やっており、感染症蔓延といった非常事態に対し、脆弱な経済構造に「改革」されてしまっていた。

今後、インバウンドはもちろん、我々日本国民の消費も激減することになるでしょう。理由は「タイミング」です。

スポンサーリンク

例えば、景気絶好調で、国民の所得が堅調に伸び、「消費ブーム」が起きているような状況で、新型コロナウイルスの脅威が襲来した場合、我々は少なくとも「マインド」的には、消費を減らそうとはあまり考えないでしょう。ところが、今回は19年10月増税で実際に消費が減り、消費マインドが凍り付いた状況で新型コロナウイルスの問題が発生。

ただでさえ、
「消費税が増税された(=消費に対する罰金が増えた)から、消費をしたくないなあ」
と思っていた日本国民は、新型コロナウイルスの感染者が増えるに従って、元々、低迷していた消費意欲を最低にまで引き下げることになります。

 実際、20年2月のデータは、「日本国民の消費意欲の最低化」を裏付けています。
『外出自粛、消費にブレーキ 新型肺炎で大阪など人出急減

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55959460R20C20A2MM8000/
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が個人消費を冷え込ませつつある。通勤や買い物といった外出を控える人が増えているためだ。百貨店やドラッグストアなどの小売店の販売が減り始めたほか、旅行やテーマパークの団体利用のキャンセルも相次いでいる。訪日外国人客の急減に加え、日本の国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費も振るわず、景気の停滞が懸念される。(後略)』

三越銀座店は、2月の来店客数が前年比一割減で推移。
そごう・西武は、2月1日~18日までの売上高が、対前年同期比▲5%。(今後、一割減にまで落ち込むのではないかと予想)
大阪城天守閣は、例年の2月と比べ、利用者が四割減。
東京タワーの入場者数は、例年と比べて三割減。
サンリオピューロランドは、感染拡大を受け、2月21日から3月12日まで休園。
JR東日本は、2月1日~17日までの新幹線利用者が対前年比10%減。
東京駅での切符の運賃収入は、前年同期比7%減。
舞浜駅(東京ディズニーリゾートの駅)は、前年同期比9%減。

 恐ろしい事態が、日本で進行しています。
もっとも、さらに恐ろしいのは、日本政府が「景気は緩やかに回復している」と繰り返し、現実を認めようとしない点です。彼らにとって「問題は発生していない」のです。

ならば、我々日本国民が問題を正しく認識しなければなりません。その上で、自分たち国民を「守る」「救う」政府を持つために、一人一人が努力する。

我が国は「問題を認識しない政府」により、衰退化が加速してしまいました。まずは、
安倍政権は失政を認めず、故に対策も打たない最悪の政権である」
という事実を共有するところから始めましょう。問題を認識しない政府など、不要なのです。

「問題を認識しない政府などいらない」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)
不況のどん底まで追い込まないと気ずかないぜええ!
と、神様が感じたのでしょうか?

引用画像
外は危険だぜええ!
閉じこもれええ!
この世は閉じこもっていたのが正解だった!
世間の怖さが身に染みるぜえ!
引用画像
今後ますます消費は低迷し・・・・・

引用画像

和菓子の恩N氏も恐怖をあおっている感があります。
あおーれば〜♪
引用します。
コロナウイルス、ついに小学生が感染!
2020-02-25 00:00:00NEW !
テーマ:エボラ出血熱・コロナウイルス・ウイルス

※小学校の男子児童2人の新型コロナウイルス感染などについて記者会見する北海道の鈴木直道知事=21日午後、札幌市 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022100692&g=soc

「虎ノ門ニュース」で、上念司さんが「アメリカはインフルエンザが流行しています。死者は1千万人です。感染者は数百万人いる」と言っていました。
「だけれども」と次の話が続くのです。「アメリカのインフルエンザというのは実はコロナウイルスではないのか?」という説がアメリカから出てきているのです。最初は熱が出てきて安静にしているだけで検査をしていないのです。
日本のように政府が感染者を調べて発表するのではなく、アメリカは自己申告です。「貴方はインフルエンザに感染していませんか?」と聞かれて、「はい、私は違います」と言って単なる風邪のウイルスだと思う人は、どんどん素通りしているのです。
アメリカは、インフルエンザの保菌者が1千万人くらいいるのです。すごい感染者の数です。死者は1万人いるのです。死者が1万人というと、中国の公式発表の死者よりも多いのです。同じものではないでしょうか?
コロナウイルスをつくったのがアメリカだとしたら、考えられるのです。サンプルでちょっといただいたものがブワーと広まってしまったのでしょうか?
アメリカの場合は騒ぎません。死者1万人といったら大変な人数です。中国の死者どころの騒ぎではありません。それもノーチェックでどんどん通ってしまうのです。恐ろしい話ですが、アメリカはインフルエンザでは政治的な話にはならないのです。
 これを問題にすると、日本からのアメリカへの渡航は禁止になってしまいます。日本に来るアメリカ人も禁止になってしまいます。そのようになると、日米は深い関係があるから、大変な問題になってしまいます。自衛隊と米軍の日米合同練習などもできなくなってしまいます。

大使館も「本国へ帰ってくれ」ということになると、現実的にはできないのです。だから、それを言わないのです。これもやはり用意しなければいけません。

このようなことを見ると、コロナウイルスの蔓延は、人類に対する神の反乱なのです。「お前達、やっていることが間違っているぞ」ということです。ウイルスが繁殖するためには条件があります。ウイルスの発生する条件と動物がおかしくなっていく条件が似ているのです。だから、バッタが出てきたり、ブヨが出てきたり、巨大なカラスが出てきたりするのです。発生条件が似ているのです。
これらの動物が繁殖すればブヨの天下になってしまいます。或いは、バッタが作物を食い荒らしてバッタの天下になります。カラスがギャオーと空を徘徊すれば、カラスの天下になります。わかるでしょう。
 ウイルスが蔓延するとウイルスの天下になります。「ウイルスは知能をもっているのではないか?」という人もいます。ウイルスは非常に上手く人間に寄生して、また他の人間に寄生して仲間を増やしていくのです。
人間がウイルスに対して手を打つと、ウイルスも対抗して手を打ってくるのです。そのような動きがウイルスにはあるのです。まるで知能をもっているかのようです。
これは、地球規模の反乱です。日本にだけはパンデミックは来てもらいたくありません。日本には来ないでしょう。とは言っても我々の住んでいる杉並区には、立正佼成会病院があって、そこの病院でコロナウイルスに感染した患者がいたのです。
我々が知りたいのは、院内感染をしたのか、或は具合の悪い人が入院して感染がわかったのか、或いは家族が見舞いに来て感染したのかが知りたいのです。
いよいよ、僕の地元の杉並区でもコロナウイルスに感染した人が出てきました。詳細はおいおい明らかになると思います。北海道では小学生の兄弟2人がコロナウイルスに感染してしまいました。今までは高齢者しか感染しないようなことが言われていましたが、これで小中学生にも感染することが証明されてしまいました。小中学生をコロナウイルスから守らなければいけません。
杉並区会での佐々木千夏区議会議員の質問がよかったのです。「小中学生にマスクを送りましょう」と提案したのです。その結果は数日後です。非常にこの質問が生きてくるのです。
「杉並区で感染者がいる」「小学生に感染者が出た」とわからない限りは、議員連中もコロナウイルスにそんなに関心を示さないでしょう。やはり、小中学生を守らなければいけません。佐々木千夏区議会議員の提案を断ったら「何故、やらないのですか?」と言えるのです。
区長がいえることは一つです。「お金がない」ということです。「本当にお金がないのですか?」ということを突っ込まれたら大問題になってきます。だから、「マスクを小中学生に入れましょう」と手を打つのです。
各小学校、中学校にマスクが届けられれば、全国に佐々木千夏区議会議員の評判が広がって、全国の市長村でも小中学生のマスクを入れられるのではないかと思います。杉並区発祥で、全国の小中学生にマスクが届けられれば、非常に良い仕事をしたことになるのです。小中学生の命を守る大変良いことをやっています。みんなで佐々木千夏区議会議員を応援しましょう!

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック
中国にWショック。同国武漢で発生した新型コロナウイルスは中国政府の19日発表で、死者2004人、感染者も計7万4185人に増加した。感染の恐怖が世界中を震撼させるなか、今度はイナゴ(バッタ)の大群が押し寄せて大飢饉をもたらすとの情報が飛び出している。仰天の3600億匹のイナゴが、アフリカ東部から中東、インドを経て、中国に侵入する可能性があると国連の専門機関が警告したのだ。襲われた地域は壊滅的被害を受け、数千万人が飢饉など大災害の犠牲になるというから、未曽有の天災になりかねない。
 国連食糧農業機関(FAO)が、新型ウイルス感染の“震源地”となった中国当局者に、西部・新疆ウイグル自治区に、近くイナゴの大群が到達すると警告した。
https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1750713/
〜引用終わります。(人気ブログランキング)

この国は国民を救わないぜええ!

この世は矛盾の塊だぜええ!
この世は陰謀の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
陰でボロ儲けだゾウ!

新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
ジロコの画像は記事を縦に伸ばすために多用する場合もあります。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA