心の病・「中道」の中にみつけたもの

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
中道というと政治を思い浮かべるのが普通かもしれません。

中道政治なんて言えば○○○会が思い浮かびます。
なんで宗教と政治が一緒なんだ?

マッ、それはともかく、ここでは仏教の記事を書いていますから
引用〜

中道
仏教用語としての中道(ちゅうどう、梵: Madhyamā-pratipad[注釈 1], マディヤマー・プラティパッド[2]、巴: Majjhimā-paṭipadā, マッジマー・パティパダー[3])は、2つのものの対立を離れていること[4]。断・常の二見、あるいは有・無の二辺を離れた不偏にして中正なる道のこと[4]。中行[5]、中路あるいは単に中ともいう[6]。
中道の語は仏教において広く重んじられているため、その意味には浅深があるが、各宗がその教理の核心を中道の語で表す点は一致する[6][4]。 〜引用終わり。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

何かわけがわかりません。

前回の続きです。
仏陀は5人の修行僧を引き連れナイランジャナー川のほとりのウルヴィルヴァ―に住み着き苦行を行ったそうです。

マッ、後で考えれば意味があったのか?

生活習慣病にならなくてよかったゾウ!
と感動するのが関の山とジロコは感じます。

結果
6年もバカなことをやっても悟りは得られません。

ところで悟りってなんだよう?
引用〜
悟り(さとり、梵: bodhi)とは、迷いの世界を超え、真理を体得すること[1]。覚、悟、覚悟、証、証得、証悟、菩提などともいう[1][注釈 1]。仏教において悟りは、涅槃や解脱とも同義とされる[1]。
日常用語としては、理解すること、知ること、気づくこと、感づくことなどを意味する[2]〜引用終わり。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

弱ったゾウ!
6年も無駄にしたぜええ!
悟りは王宮での快楽生活にも、修行の苦行でもないときずいた
そうです。

中間をとって「中道」にすればいいじゃん!
と、悟ったのかもしれません。

だったらこの国の下流国民の生活と同じじゃん!
バカバカしくて苦行なんかやってられんぜええ!

仏陀は挫折したゾウ!と5人の修行僧たちは去って行ったそうです。
さ〜って〜♩ いく〜♪
マッ、ここでやめておいたから生き延びたのでしょう。

仏陀は苦行を止めてナイランジャナー川のほとりで身を清め
しかしこの川の名前は「内乱じゃー」を思い浮かべます。
<バカジロコ!関係ないこと書くなよ>

バカジロコ

菩提樹のもとで瞑想を始めたそうです。
その時悪魔の誘惑があったそうですが、仏陀は無視して瞑想を続けたそうです。

瞑想から7日目の満月の夜、ついに悟りを開いたそうです。

なんか満月なんていうと、作り物では?と疑いたくなるジロコです。

そうは言っても悟りは普通の人には理解不能で、布教は無理だぜえ!
と思っていたそうです。

マッ、現代で言えば、この投資に手を出すかなあ?
とか、この副業に手を出すかなあ?
なんていう迷いと同じかもしれません。

ジロコは、迷ったらやめろと主張しています。

できるぜええ!なんて安易に考えると
泥沼の地獄に落ちるかもしれません。

ジロコの感想です。

ジロコ

本を読むと、できないと思っても挑戦しないと、脳が委縮するなんて書いてあります。

だったらやってみればああ?

今まで通りでいいや!
が、一番でエネルギーの消費が少なく、地球にやさしいかもしれません。
地球神がいるとすれば喜ぶでしょう。

そうは言っても地球上の争いが多いのはなんでだ?
しかし、仏陀がそこで挫折して布教を止めたら?
今の世界はどのように変わっていたのでしょうか?

ネットで検索してもヒットしません。
悟りの世界と言えば、涅槃寂静があります。
引用〜
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年8月)
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、仏教用語で、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。涅槃寂静は三法印・四法印の一つとして、仏教が他の教えと根本的に異なることを示す。
この言葉は、『雑阿含経』などには、涅槃寂滅(巴: nibbāna vūpasanna、निब्बान वूपसन्न)、『大智度論』には涅槃実法印などと出てくる。「涅槃寂静」という用語が登場するのは、『瑜伽師地論』である。
なお、漢字文化圏では10-24を示す数の単位としても用いられる(単位としての涅槃寂静を参照)[1]。 〜引用終わり、(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

欲望を持たなければ悟りは得られるということでしょうか?
それでは〇国の現状と言えます。

夢も希望も持たず生きていく?

ところがこの国もそのような状況に陥っている?
ジロコはそのように感じます。

ジロコ

三橋先生も貧乏人はいきていけないゾウ!なんて言ってます。

ジワジワと忍び寄る末法時代の恐怖?

新型コロナウイ―ルスの次は何か?

そしてオリンピックは?

よその国でやればああ!

引用画像

悟れば人生これで充分だぜええ!なんて仏陀は思っていたそうです。
だったら自分だけ良ければいいじゃんと変わらんじゃん!
引用画像

ところがバラモン教の神プラフマー
〜続きます。

三橋先生の記事を引用します。

 

景気は緩やかに回復しているんだってさ!
NEW!2020-02-21 07:20:15
テーマ:政治


もう、ここまでくると、完全にオーウェルの「1984年」ですよ。新世紀のビッグブラザーですよ。しかも、顔がある方の。

経済指標が続々と「アベ・ショック」「令和恐慌の可能性」を示し始めている状況で、しかも経済成長率が年率換算▲6.3%という凄まじい落ち込みを示している中、
「景気は緩やかに回復している」
と、言い続ける。報道を知らない人は、
「嘘でしょ!」
と、思った方が多いでしょうが、事実です。

景気、統計とズレる回復判断 2月の政府月例経済報告

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55879480Q0A220C2EE8000/
政府は20日公表した2月の月例経済報告で景気は「緩やかに回復している」との判断を維持した。雇用や所得の環境が底堅く、個人消費は回復傾向にあるとみるが、世界経済の減速で弱含む生産や設備投資などの統計とのズレも目立つ。足元では新型コロナウイルスの感染拡大が新たなリスクとなっており、市場では日本経済は後退局面にあるとの見方も出てきた。(後略)』

気持ち悪い・・・・。

 嘘に嘘を重ね、嘘を塗り付け、現実に裏切られ、さらに嘘をまき散らす。
現在の安倍政権は、まさに「1984年」のオセアニア政府そのままです。

「1984年」において、オセアニア政府はユーラシアだか、イースタシアだかと戦争をしているわけですが、ある日、突然、交戦国と和睦が成立しており、それまでの戦いは「なかったこと」にされます。交戦国が入れ替わってしまったのです。

ラジオがそのニュースを伝えた途端、誰も疑問を口にせず(思ってはいたのだろうけど)、普通に戦争相手を交換し、
「○○を打倒せよ!」
と、シュプレヒコールを上げる。

恐らく、オーウェルは1938年、仇敵のソ連と突然、不可侵条約を結んだナチス・ドイツ、さらには1941年に地獄の独ソ戦が始まったことをイメージしていたのだと思います。

それはともかく、そもそも我が国は2014年4月に「景気後退」に落ち込んでいるのです。

【日本の景気動向指数CI(一致指数)の推移(2015年=100)

ところが、14年3月を「景気の山」としてしまうと、14年消費税増税が「景気後退をもたらした」ことを政府が認めることになる(もたらしました)その時点で、「嘘」が始まった。

14年4月以降の猛烈な景気動向指数の悪化は「なかったこと」にしてしまい、さらには18年春に再び山をつけたにも関わらず、それも見て見ぬふり。

「景気は緩やかに回復している。イザナギ越え!」
などと、頭のおかしいことをやり続け、ついには経済成長率が大きく落ち込み、一致指数が第二次安倍政権初期の水準に戻ってしまったにも関わらず、
「景気は緩やかに回復している」
要するに、現在の安倍政権は以下の状況にあることになります。

1.「あからさまな嘘」をついても、野党やメディアや国民から糾弾されず、支持率も落ちないと「舐めている」
.状況が悪化していることを認めないため、対策は打たない。

対策を打つと、「嘘をついていた」ことを認めることになってしまう。最悪です。

そして、さらに状況が落ち込んだとしても、「新型コロナウイルスのせいだ」と、決して自らの失政は認めない。

もう、ここまでくると楽しくなってくるな。安倍政権は、国民を舐めている。我々は安倍政権にとって、あからさまに「嘘をついても平気」と思えるレベルの国民に過ぎない

スポンサーリンク

さあ、これが現実です。

安倍政権の閣僚、与党議員、野党議員、そして国民。我々がいかに愚かであったかを記録し、共有し、「次、どうするか?」を考えましょう。

ここまであからさまな嘘をついてくれると、むしろ動きやすくなったってもんです。

もちろん、結果がどうなるかは分かりませんが、楽観的な気持ちを失わずに足掻きましょう。勝てるからやるのではなく、やらなきゃいけないから、やるのです。

「やらなきゃいけないから、やる」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

こうなったら地球神に救いを求めてみればいいかもしれません。
地球神よ!この国の下流国民を救ってくれよう!
緊縮財政廃止
消費税廃止
規制緩和廃止
自由貿易廃止
これを言えば議席がとれるかもしれません。
引用画像

引用画像

危機感をあらわにしています。

引用画像

バカなジロコは国の借金がいくらあろうと

1万円札ドンドンすれば済むことじゃん!

と思います。

ジロコの感想です。

ジロコ

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用~
中国滅亡 ②
2020-02-21 00:00:00NEW !
テーマ:中国人・中国・共産党・文化大革命

※2019年イナゴに占領されたモスク
4000億匹のイナゴの大群が中国国境に接近中!

中国が援助を感謝する国ならば、援助をしてもよいのです。事実は、中国人は右手で握手をして、左手には武器を隠しているのです。ウイグル人をブッ殺して臓器狩りをやっているのです。中国は生きている人間を殺して臓器移植をやっている鬼の国です。

それから中国は、人肉食いをやっているのです。本当に恐ろしい連中です。人間ではありません。中国は精力剤を売っていますが、あんなものは人間のキンタ○だと思っています。精力剤には、ホルモンが入っています。

「中国の精力剤はよく効くよ。3回もいっちゃったよ」と言っているK君がいますが、止めなさい! 何を飲んでいるかわかっているのでしょうか? 中国の精力剤は、多分、人間のキンタ○です。

人間のキンタ○からホルモンを取って、それを粉末にしてカプセルに詰めて売っているのです。だから効くのです。

ホルモンの話で、ついでに話をしておきますが、金正恩が打っているのは、ステロイドホルモンです。それの打ち過ぎです。これも効くのです。金正恩がどのような生活をしているのかというと、夕方になるとビールを1ダースくらい一人で飲んでしまうのです。

ビールを1ダースぐらい飲んだところで、今度はワインをIO本以上飲むのです。一度にワインをIO本以上飲む馬鹿がいるのでしょうか? ワインが終わると、ウイスキーを飲むのです。

ウイスキーもコニャックなどの、高級ウイスキーです。それをガブ飲みするのです。その後は、「喜び組」の女が70人くらいいるのです。交わるためにはホルモンが必要です。だから金正恩はホルモンを打つのです。

そんな生活をしていたら、体が持つわけがありません。それで医者に「後、3年しか持ちませんよ」と言われたのです。「今、出てきているのは、金正恩のダミーだ」と言われています。金正恩は、そんな生活を送っているのです。たらふく食べて、たらふく酒を飲んで、たらふく女と交わっているのです。

金正恩の妹の金与正がいます。あれもシャブ中らしいのです。上念司さんがそのように言っています。しかも、「シャブシャブ」というくらいの中毒です。シャブはセックスのために使うのです。だから、金与正は痩せて気持ち悪い顔をしています。シャブをやりすぎると、あのような冷たい顔になってしまうのです。

そんな国はやがて滅びるのです。「金正恩は死んだ」とも言われています。もう出てきません。もうどうしようもなりません。韓国も滅びるのです。北朝鮮と道連れで韓国も滅びるのです。
「どちらが勝つのか?」ということはありません。両方ともに滅びるのです。韓国では革命が起きて、文在寅は滅びるのです。北朝鮮でも革命が起きます。追放のようなことになり、北朝鮮も韓国も滅びるのです。これも前兆が出てくるのです。前兆は中国から連なって出ているのです。

日本には災いは来ません。日本には不吉な前兆はありません。日本は神の国です。鬼がのさばってくると、そのようなことになるのです。だいたい、1つの国で人口が15億人もいるなど、そんなことが許されるはずがありません。どのように考えても、1億人が限界です。中国の人口は15億人です。その他に、2億~3億人いるのです。
何故かというと、中国では一人っ子政策で子供は一人しか産んではいないのです。届け出る子供は一人です。すると後3~4人の子供がいるのです。貧乏人は子供をたくさん生みます。その連中は戸籍がありません。

戸籍のない中国人が2億~3億人いるのです。恐ろしいでしょう。そんな連中がウロウロと世界中で動いていたら、人類全体が中国人になってしまいます。そのようなことを神は喜びません。

神は多様を喜ぶのです。タンポポがあり、すみれがあり、桜があり、様々な生命があって世界は楽しいのです。神は生命を創って楽しんでいるのですそれを「中国人一色にしてしまおう」ということやると神は怒るのです。
「私が創っている世界をお前は壊すのか? 中国人で世界をあふれさせてしまえなどと言っていないぞ!」と神は激怒するでしょう。誰でも狙うことは、一局支配です。
「全世界を俺の力で支配する」という野望を持っているのです。人間は神とは反対のことをやるのです。だから神が怒って、中国人は罰されてしまうのです。この現象を皆さん、覚えておいてください。

中国上空に現れた鬼城、イナゴの大群、カラスの大発生、ブヨの大発生です。しかも、ブヨは冬眠しているので、冬には地上に出てきません。季節外れに出てくることはないのです。ところが、今、北京ではブヨが大発生しているのです。
北京は寒いからブヨなど発生することはありません。それが大発生しているのです。まさに聖書で教えている通りです神が滅ぼす前には、「このような前兆があるぞ」と言われているのです。

中国人は心を悔い改めないと、とんでもないことになるのです。コロナウイルスの件でわかりました。日本は無事です。日本はコロナウイルスに感染した人は出てきますが、そんなにひどくなることはありません。そのように僕は思います。
日本は大丈夫です。後、6ヶ月で日本のコロナウイルスは終息すると僕は思っています。日本がやがて世界の中心になるのです。日本のことは神が喜ぶのです。中国のことは悪魔が喜ぶのです。だから、悪魔が仲間をたくさん連れてくるのです。

イナゴが今、すごいことになっています。アフリカから30キロの長さをもった3000億匹のイナゴの大群が中国に向かっているのです。北京がイナゴだらけになってしまいます。習近平の頭の上にイナゴがとまるのです。日本は神の国ですから、大丈夫なのです。

■モーゼの10の予言
ナイル川の水を血に変え、魚を殺し水を飲めなくする
カエルを異常発生させる
ブヨを異常発生させる
あぶを異常発生させる
疫病で家畜を殺す
膿を出す腫物を流行らせる
雹で畑の作物を全滅させる
イナゴを大発生させる
3日間エジプト中を暗闇にする
初子は人も家畜も全て殺す
※10番目の災害を起こす前に、神はモーゼに告げる。「子羊の血を門柱に塗りなさい。私はエジプト中の初子は全て殺す。しかし、血の塗られた家は過ぎ越していくだろう」 これが過越祭(pass over)の始まりです。

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

十戒を守っているか?

引用画像

 

日々このような態度をしているか?

自撮り画像

 

猫でもいいのか?

引用画像

神に問うて見ればいいかもしれません。

変態バカジロコを創った神は?

この世は矛盾の塊だぜええ!
もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!
新型コロナウイ―ルスはジロコに無効だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
ジロコの画像は記事を縦に伸ばすために多用する場合もあります。

©2020 riter-jiroco.com ®ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA