心の病・外国人依存の終焉

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
明るい希望のある船旅が絶望の旅へ?

貧乏なジロコには無縁の話しです。

無煙や無塩ではありません。

明るい希望のある人生が絶望の人世に!
なんていうのはその辺にゴロゴロしています。

スマホをいじりながら運転すれば、実感できるでしょう。

スマホさへいじらなければ?
後の祭りです。

もおお〜そ〜い〜♫ もおお〜そ〜い〜♪
涙の〜ひ〜び〜♬

ジロコがお金があれば趣味で
®ム~ム~ジロコのカラオケ教室なんてやりますが
ウイ―ルスが感染しやすと言えます。

引用画像

マスクをして歌えばいいじゃん!

末法時代の現代は、日々、神の意地悪さが感じられるとジロコは感じます。

引用画像

日々というとジロコがいつも気になりますが

日々神社というものがあります。

検索ヒットしますから省略します。

記事中にわけのわからぬ文章が入るのもジロコの記事の特徴です。

マッ、ジロコが書いている証拠と言えます。

<バカジロコ!意味わかんないぜええ!>

バカジロコ

貧乏なのでただで手に入れた、長靴をはさみで切ってはいています。

長くつの左右の長さの違いがバカさを強調しています。

ワンピースの裾も自分で裾上げしたので、左右の長さが不ぞろいであることも、ジロコのバカさを強調しています。

クルーズ船がクズ船に?
マッ、創るのには500億円以上はかかっているでしょう。

船代金の返済に、維持費、人件費などお金がかかります。
で、だれも乗らなくなったら?
地獄が見えます。

500億円を20年で割れば

500億円÷20年=25億円

25億円÷12か月=約2億円

従業員1000人×2万円×30日=6億円

維持管理費燃料費 推測できず

マッ20年船を使うとして

2億円+6億円+?=8億円+?

毎月8億円+? 費用が掛かって

誰も乗らなくなったら?

地獄だぜえええ!

当然従業員は解雇になります。

人の不幸を喜ぶのがジロコの性質です。

間もなく地獄に突入する都市もあるそうです。

なにか一点に頼ると地獄に落ちやすいという実例と言えます。

あなただけが生きがいよなんていうのは一番危険と言えます。

一番いいのは、生きがいが無くても生きてい行ける態度です。

般若心経の空でいけばいいでしょう。

マカハンニャハラミタシンギョウ!

引用画像

生きがいが敵に回れば、目も当てられません。

引用画像

神が与えたジロコの性質ですから、批判しても意味がありません。

反省しないのもジロコの特徴と言えます。

引用画像

後悔しない人生ではなく「反省しない人生」で行けばいいでしょう。

〇すつもりで刺したぜええ!なんていう事件もありました。

以前にも、人を〇してみたかったなんていう人もいました。

動機は解明されていないようです。

マッ、誰もが、自己の利益にならないことはやらないでしょう。

末法時代の性質そのものとジロコは感じます。

動機で「神の声がきこえた?」

なんていえば恐怖が見えます。

クルーズ船を軍艦に転用すればあ?

陸に上げてホテルにすればいいじゃん!

刑務所にすればいいじゃん?脱走できないぜええ?

<バカジロコ!バカ言ってんじゃないよ!>

今回の新型コロナウイ―ルスで、今後クルーズ船に乗る人は激減するか、誰も乗らなくなったゾウ!
なんて事態になる可能性を否定できません。

誰も乗らなくなったから、保険金支払えよ!
なんていう保険があるのでしょうか?

車に乗らない場合は、車両代金の保険金を支払います。

<バカジロコ!バカ言ってんじゃあないよ!>

と、思われるかもしれませんが

今後免許が更新できない人が激増する!

免許を更新できない場合に保険金が支払われる!

そんな保険が必要だぜええ!とジロコは感じます。

誰ものらないクルーズ船をホルムズ海峡に浮かべておけばあ?
撃沈されるかもしれません。

撃沈されれば保険金が出るぜええ!
なんて思っても・・・・・

 

関連業界は地獄へまっさかさま?
末法時代の地獄を見る可能性をジロコは否定できません。

地獄はその辺にゴロゴロ転がって獲物を待ち受けていると言えます。
引用画像
クルーズ船は陸から隔離できますが
もっと怖いのは旅館やホテルです。

感染者が出たら、建物を大きなシートをかぶせて遮蔽しなければならないでしょう。
マッ、そこまでしなくても出入り口を閉鎖すれば?

あまいぜえ!
空気や下水道の閉鎖も必要だぜええ!
とジロコは感じます。

引用画像

外国人観光客相手の業界は今後崩壊の道を歩むのか?

外国人が住みよい国にすると言ったことで、この国の神が怒りだしたのか?
あるいはこのような態度が気にさわったのか?
引用画像
神に問うてみればいいでしょう。

自撮り画像

マッ、誰かにお金をもらってやっているだけで

本質は理解不足と想像されます。

ジロコの勘です。

ジロコ

恐怖をあおるのがジロコの性質です。
最悪の事態を想像するのがジロコの性格です。

引用画像

この国の下流国民を餓死に追い込む、自己利益最優先の思想がこの国の神の怒りに触れた?
ジロコはそのように感じます。
ジロコ

この国の国民が餓死しているのに知らん顔をしている風潮にも神が怒りを感じているかもしれません。
引用画像

この国の国是は下流国民の貧困化推進だとジロコは感じます。

皆貧困にしてやるゾウ!

もっと苦しめええ!

引用画像

見すぼらし下流国民を一掃して美しい国にするゾウ!

引用画像

末法時代の今こそ神が本気で怒るぜええ!
とジロコは感じます。
個人の感想です。

ジロコ

今後は、鎖国になる可能性を考えて行動すればいいかもしれません。

引用画像

世界中を金もうけのために荒らしまわるのはやめたほうがいいぜええ!
とジロコの主張です。
ジロコ

今回のウイ―ルス騒ぎは神の警告かもしれません。
誰かの造った細菌兵器だとも言われています。

国境の警備を厳重にして、むやみやたらに外国人を入国させない
移民は阻止、この国の国民もむやみやたらに出国させない
という、鎖国並みの態度が必要とジロコは感じます。

よその国を救う前に、自国を救えよう!
そんなことしたら儲からないゾウ!
なんて言っても
命あっての物種だぜええ!

命(いのち)あっての物種(ものだね) の解説
何事も命あってできることで、死んでは何にもならない。
出展:デジタル大辞泉(小学館)

あなたは命がけでお金儲けがしたいですか?

新型ウイルスの正式名称は? WHO、汚名を着せないよう慎重に検討AFP=時事2640
【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの名称について、流行が始まった中国・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)、そして中国国民に汚名を着せることがないよう、慎重に検討を進めている

WHOってなんなのだ?
そのように思う人が増えてきたと言えます。

アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に
1/21(火) 6:00配信

アマゾンに出品するネット販売業者が集まる中国・深圳の坂田地区
 大手通販サイト、アマゾンでは金銭を受け取って「コスパ最高」「大満足」などと、高評価のレビューを書き込む「やらせ」が横行している。実際にやらせレビューを投稿した人の証言がテレビやネットのニュースたびたび報じられてきた。ただ、やらせを司令している首謀者のインタビューにたどり着いた報道は皆無だ。
中略
では単刀直入にお聞きします。王さんは日本にいる協力者を通じて、アマゾンにやらせレビューを書き込ませているんですよね。

王:その通りです。金銭を支払う見返りに高評価のレビューを書かせて、自社で開発したワイヤレスイヤホンや携帯型スピーカーなどのIT関連製品の販売を促進しています。というか、そんなことはこの辺りでは誰でも当たり前のようにやっていますよ。坂田地区にはアマゾンにIT機器を出品するネット販売業者が集まっていますが、やらせに手を染めていない業者は存在しないのではないかな。
後略
1/21(火) 6:00配信   日経ビジネス

何かと中国が話題にのぼります。
中国には気ずかいが必要かもしれません。

〇マ〇〇で中国製品を買ってみれば実感できるかもしれません。
中国に気をつけようなんて言ったら?
引用画像
罰金50万円だぜええ!

おかしな国になっていくぜええ!
いじり画像
引用画像
引用画像
引用画像
三橋先生の記事を引用します。
引用〜
株主ではなく、働く国民が豊かになる国を
NEW!2020-02-09 08:34:32
テーマ:日本経済関連
さて、実質賃金です。
予想通り、2019年は12月もマイナス。結局、2019年に実質賃金が対前年比プラスになったのは9月のみで、それ以外は全滅。
 通年でも、▲0.9%と、ついに90年以降の最低水準(2015年)を下回ってしまいました

『19年12月の実質賃金、前年同月比0.9%減 残業代や賞与の減少で
厚生労働省が7日発表した2019年12月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.9%減少した。残業代やボーナス支払いの減少が響いた。
名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は56万5779円で横ばいだった。内訳をみると、基本給にあたる所定内給与が0.4%増、残業代など所定外給与は2.6%減、ボーナスなど特別に支払われた給与は0.2%減だった。
パートタイム労働者の雇用環境は引き続き堅調だ。時間あたり給与は2.9%増の1180円だった。パートタイム労働者比率は0.30ポイント上昇の31.71%だった。
同時に発表された19年の実質賃金は前年比0.9%減と、2年ぶりに減少した。』

というわけで、2015年基準(最新)、2010年基準、2002年の基準を連関させた長期の実質賃金の推移をグラフ化しました。

【日本の実質賃金の推移(2015年=100)】

スポンサーリンク

日本の実質賃金は、ピーク(97年)から19年までに、▲12.8%、12年からは▲4.4%。これほどまでに「貧困化」した国は、内戦や革命でもやっていない限り、例がないのではないでしょうか。
さらに恐ろしいと思うのは、ここまで国民を貧困化させておきながら、政権には「失政の自覚」が全くないことです。

考えてみれば、不思議でも何でもないのですが、グローバリズムという「主義」は、国民を貧困化させる形で株主利益最大化を目指す政策パッケージです。

具体的には、
1.正規雇用の非正規雇用化。(派遣社員化、フリーランス化など)<名目賃金切り下げ目的
2.労働市場への労働供給拡大(女性の社会進出、高齢者の労働市場への投入、移民受け入れ)<名目賃金切り下げ目的
.デフレ深刻化による生産性の低下<実質賃金が切り下がる
の三つになります。

本来、国民経済(というか資本主義経済)とは技術投資、設備投資、インフラ投資により生産性を高める、つまりは「生産者一人当たりの生産量」を引き上げることで成長する経済モデルです。

資本を投じるからこそ、資本主義なのです。

ところが、技術投資、設備投資には「リスク」が生じる。さらには、インフラ投資は政府の緊縮財政で不可能。

さらには、生産性向上は短期の利益にならず、しかも国民の実質賃金を引き上げてしまうため、
「国際競争力(=価格競争力)が低下する!」
というわけで、我が国ではひたすら国民の実質賃金を切り下げるデフレ化政策が採られてきたのです。

つまりは、橋本政権以降の実質賃金の低迷、国民貧困化は、「政策の成功の証」なのです。国民貧困化のデフレ化政策が、ここまで成功した事例を、わたくしは他に知りません。

最終的には、日本は働いても、生産性が低すぎるために国民が豊かになれず、
「人々が外国人観光客相手の白タクや民泊、女性は外国人に身体を売って小銭を稼ぐ国」
に落ちぶれることになります。まさに、発展途上国化です。

大東亜戦争敗北後、いやそれ以前から、我が国は「投資」により生産性を高め、国民が豊かになる形で経済規模を拡大してきました。それが、1980年代にグローバリズムのトリニティが始まり、97年のデフレ化以降は特に、
「国民が豊かになる経済」
を破壊することで、一部の(しかも多くは外国人の)株主の利益を最大化する、しかも、
「国民が貧困化する形で、株主利益を最大化する」
形に構造を改革されてしまったのです。

しつこいですが、働いて稼いだ所得から徴収される所得税の最高税率が(住民税入れると)55%であるのに対し、上場企業の株式配当金の税率は、どれだけ配当金が多額でも20%って、おかしいだろ、こらぁ!

別に、所得税の最高税率を下げろとは言わない(これでも下がった)。株式配当金への分離課税を廃止するか、もしくは配当金は税率90%とかにしても一向に構いませんよ、わたくしは。

【資本金10億円以上の法人企業の配当金(兆円)の推移】

ちなみに、日本がいかに「株主優先の国」に構造を改革されてしまったのかは、上のグラフを見れば誰にでも一発で分かるでしょ(あえて解説しない)。

株主ではなく、働く国民が豊かになる国を取り戻す。そのためには、まずは国民が「祖国の構造がいかに歪んでいるのか?」を「データ」で明確に理解する必要があるのです。(三橋経済塾第九期第二回講義では、本件も取り上げます)

「株主ではなく、働く国民が豊かになる国を!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

この国はおかしいことをおかしいと感じないようにたくまれている!
思考を奪い取られたゾンビが増殖し
引用画像
おまけにウイ―ルス、

ところで日本人の感染者は、何ら影響がない?
ジタバタしてマスクをつける必要もない?
ジロコはマスクをつけません。
ジロコ
特定の種族を狙った、種族差別攻撃か?
ジロコはそのように感じます。

ゾウさんが日本国の貧困化革命を実行している?
何のために?

決まってるゾウ!

この国の・・・・・・

だとしたら?
下流国民は?
いじり画像

和菓子の恩M氏の記事を引用します。
引用~
ハーバード大学チャールズ・リーバー教授の逮捕
2020-02-10 00:00:00NEW !
テーマ:中国人・中国・共産党・文化大革命

※ナノテクノロジー分野の世界的権威でハーバード大化学・化学生物学部の学部長、チャールズ・リーバー教授。中国当局との関係について米政府機関に虚偽の申告をしたとして、米司法省は28日、ナノテクノロジー分野の世界的権威でハーバード大化学・化学生物学部の学部長、チャールズ・リーバー容疑者(60)を逮捕し、発表した。

1月28日にハーバード大学のチャールズ・リーバー教授が逮捕されました。なぜ逮捕されたのかというとスパイ容疑です。
このハーバード大学の教授が人工ウイルスを研究していたらしいのです。ある程度の研究成果が出たので、「実際にこれを作ってみよう」ということでカナダの研究所に預けたのです。
「何故、カナダの研究所に預けたのか?」というと、このコロナウイルスは人工ウイルスです。中国人の遺伝子だけに感染するのです。エボラ出血熱がそうです。黒人の遺伝子にしか感染しません。白人には感染しません。
それと同じようなものができたらよいなと思って研究していたのです。その現物をカナダの研究所でつくらせていたのです。もっと言うと中国人にしか感染しないウイルスを研究していたのです。
その研究所に中国人の邱香果博士が近づいて、その研究所に入り、中国にそのウイルスを持ち帰ったのです。武漢には、細菌研究所があり、ふとしたはずみでそれが漏れてしまったのです。
簡単なことです。ウイルスを大量につくってばらまくというのではなくて、一ビンあればよいのです。それをパッとばらまけば終わりです。後は人から人へ増殖するのですから、大量にウイルスを増産する必要はありません。小さなビンでよいのです。するとどんどん中国人が感染するのです。
アメリカは、中国の覇権主義に完全に押されてしまっているのです。「このままいくと中国に主権を取られる」という危機感がアメリカにはあるのです。習近平は「必ず主権を取る」と考えているのです。それが一帯一路です。
アメリカは、「関税で中国を締め上げているのです。またさらに、いろんな問題で中国を締め上げようとしているのです。今度は人権問題で締め上げるのです。これはまだやっていません。
国連に提訴していますが、ウイグル人の人権問題の証拠をアメリカは全て握っているのです。アメリカは、人工衛星で上からすべて見ているのです。今までで空き地だったところに巨大な収容所が何百もできているのです。
村が消えて「村人は強制収容所に入れられているのだな」とわかるのです。次に強制収容所を出るとトラックに乗せられて臓器を取られてみんな死んで出てくるのです。アメリカはわかっているのです。
アメリカは人権問題では弱いと思っているのです。造機移植の問題は「信じるか、信じないか」の問題です。「そんなことをまさか中国がするはずがないだろう」というのが世界の世論です。世界の人々はそんなことを信じないのです。
中国人は臓器狩りをしてウイグル人を殺しているのです。チベットでは坊さんをほとんど殺してしまったのです。まだ少し残っていますが、ほぼ全員殺してしまったのです。坊主がいる限り、チベット人に共産主義思想は教えられません。どうしても言うことを聞かない奴らは集めて食ってしまうのです。このような話です。
アメリカは中国に貿易摩擦を仕掛けて、関税で仕掛けて、様々な締め付けをやっているのです。ファーウェイも悪いのです。言葉ではまともなことを言っているのです。「一番安い情報の組織網をつくる」と言うのです。おっと、どっこい、それはすべての情報を盗るためなのです
そのようなことにアメリカは頭にきているのです。それに対するアメリカの攻撃は、武力侵攻が一つ、或は中国を世界の物笑いにするということです。
今のところはWHOも中国に乗っ取られているのです。WHOは、「この問題を正確に判断を下して国連として決議をする」という機関です。そこに中国資本が入ってしまったのです。だから、中国寄りの見方をするのです。
中国寄りの見方というのは、「このウイルスはたいしたことはないですよ。全世界に広がってパニックになるようなことではない。あまり騒がないで様子を見ていましょう」ということです。
WHOは、「大変だ、パンデミックだぞ! 渡航を禁止しなければいけません」と言っていません。逆に「国連が保証するから中国は大丈夫ですよ」と使われてしまうのです。すると、世界の人々は「WHOがそのように言っているのだから、間違いはないのかな」と思ってしまいます。ところが実際は、WHOは中国の資本で動いているのです。恐ろしい状態です。
もう一つ大事なことは、中国は元の電子マネーをドルに変わる基軸通貨にしようとしているのです。基軸通貨は美味しい仕事で、それはアメリカの利益をすべて奪うことになるのです。そんなことは許されるはずがありません。例えば、外国から物を買う時に、ドルに換えなければ物は買えません。
日本が石油を買う時も、円を持っていき「これで石油を売ってください」と言っても、売ってもらえません。「ドルでしか取引しません」と言われてしまうのです。
日本が持っている円をドルに換えて石油を買うのです。世界がみんなそうやっているのです。イギリス、ドイツ、フランスもドルに換えて石油を買っているのです。それを世界の基軸通貨というのです。
するとアメリカは世界の覇権を握ることができるのです。「ドルを下げるぞ」「ドルを上げるぞ」とアメリカに言われると、みんなビビッて言うことを聞かざるをえません。
それを「中国が取って代わろう」と言ったら、アメリカは激怒します。だから、アメリカは研究をしていたのです。「中国人だけを殺すウイルスができないか?」それが半分はできたのです。
それを中国の工作員がかっぱらって持ち帰ったのです。アメリカがぶちまいたのではなくて、中国は自分で自分にウイルスをかけてしまったのです。これが真相だと思います
ウイルスの恐ろしさの意味を本当に知っているのはアメリカです。アメリカがつくった設計図ですから、どれほど恐ろしいか知っているのです。ウイルスが武漢で拡散したので、「これはアメリカがつくったウイルスだ。恐ろしいぞ。ただちにアメリカは封鎖だ。中国人をアメリカには一人も入れない」ということをやったのです。
日本はまだ「中国人を一人もいれない」ということをやっていません。アメリカはすぐに手を打ったのです。それから、「アメリカ人は一人も中国にはいかせない」と手を打ったのです。「ウイルスからアメリカ人を守る」ということをやったのです。
ところが、ウイルスは人間の思い通りにはいきません。「中国人にしか感染しない」と言っても、遠くの先祖に中国人の遺伝子が入っている場合もあります。すると、その遺伝子にコロナウイルスが付着してしまうのです。恐ろしい人工ウイルスです。
黒人だけが感染するエボラウイルス、中東の人が感染するMERSウイルス、中国人が感染するSARSウイルスというウイルスがあるのです。
アメリカはそのような姿勢です。中国はアメリカの基軸通貨を破ろうとしているのですから何でもやります。
ビル・ゲイツは、もうすでに言っています。「この次の戦争は原爆戦ではない。細菌兵器戦だ。これは誰がやったのか確証がつかめません。しかも大量に人が死にます。次は細菌兵器による戦争が起こるだろう」とビル・ゲイツは予言しています。その通りになってきたのです。
中国も細菌兵器で何かやるかもしれません。白人しか感染しないウイルスなどやるかもしれません。するとお互いに自滅してしまうのです。
これは高みの見物をするのが一番よいのです。二階俊博のように「医療団を送りましょうか?」などとくだらないことを言わないことです高みの見物です。「隣人は挨拶をしても近づかず」です。
「中国さん、こんにちは」でよいのです。そこまでは言ってよいのです。「中国の野郎、コノヤロウ!」と言わなくてよいのです。「中国さん、こんにちは」と言えばよいのです。これが日本外交の基本になるはずです。

■ハーバード大の著名化学者逮捕 中国との関係虚偽申告か
中国当局との関係について米政府機関に虚偽の申告をしたとして、米司法省は28日、ナノテクノロジー分野の世界的権威でハーバード大化学・化学生物学部の学部長、チャールズ・リーバー容疑者(60)を逮捕し、発表した。
発表によると、リーバー容疑者は12~17年、中国湖北省の武漢理工大から給料として毎月5万ドル(約550万円)、住居費や生活費として年間15万8千ドル(約1700万円)をもらう契約を交わしていたという。
契約は中国共産党が外国の優秀な人材を引き抜く「千人計画」の一環で、契約書も残されていた。だが、リーバー容疑者は18年4月と19年1月、米国防総省や国立衛生研究所に「千人計画に参加するよう言われたことはない」などと、うそをついた疑いがある。両機関は08年以降、リーバー容疑者に計1500万ドル(約16億4千万円)超の研究費を提供していた。
(朝日新聞デジタル 2020年01月29日 05時45分)

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

テクノロジーが人類を滅ぼす!
が現実化しつつあるようです。

人類は絶滅へと向かっているのか?
神に問うて見ればいいでしょう。

ポチがしっぽをふらなくなれば?

この国は救われるかもしれません。

良い子より、ウイ―ルスに強い子に育てるゾウ!

この世は矛盾の塊だぜええ!

もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
ジロコの画像は記事を縦に伸ばすために多用しています。

©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA