心の病・嘘はウソつきの始まり

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
4時禁ルールなんてものがあるそうです。

4時になると金がもらえる?

4時になると菌がまかれる?

校則「4時禁ルール」もうやめたら!早く帰宅しても外出禁止――見つかると学校に連れていかれ反省文20枚 
2020/1/22 12:35 J-CASTテレビウオッチ

反省させると犯罪者になるそうです。
引用画像
お弁当はおにぎり以外禁止なんていうものもあったそうです。

何のための校則か?
誰もがよくわからないそうです。

マッ、昔からの慣習かもしれません。

空の堂々巡りと言えるでしょう。

引用画像

教師が巡回して違反者を見つけると
反省文では済まなくなっているのが現状といえるかもしれません。

子どもを守るために巡回はやめるべきとジロコは感じます。
ジロコ

道徳自警団なんてものが巡回したら?

恐怖の社会になるかもしれません。

学校が犯罪者を創りだしている?
あなたも私も犯罪者?

文部科学省ではなんて言ってる?

義務教育では,次の点が必要。
日本国民として必要な基礎学力を身に付けさせること。
公民として必要なルールを身に付けさせること。

そうは言っても4時禁は法的には守る必要がない?
とジロコは思います。

この国は法的に問題なければ
問題にはならない国と言えますから、反省文などを強制的に書かせたら「強要罪」にならないのでしょうか?

強要罪きょうようざい)とは、刑法で規定された個人的法益に対する犯罪。権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立する。保護法益は、意思の自由。「刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪」に、脅迫罪とともに規定されている。
人を逮捕・監禁して第三者に行為を要求した場合には、特別法である人質による強要行為等の処罰に関する法律により重く処罰される。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

生徒をさらって無理やり反省文を書かせる?
税金を払っている生徒の人権侵害に当たらないか?
ジロコは疑問に思います。

生徒の親が弁護士さんだったら?
当然適用外になるでしょう。

丸暴さんだったら?

引用画像

丸坊さんだったら?

引用画像

○○人だったら?

引用画像

なんなんだこの国は?

引用画像

よその国では
公共の安全を害したものは死刑なんて言ってるそうです。

死刑を止めて公共の安全を害したものには新型コロナウイ―ルスを塗りずけるゾウ!
なんてやればいいぜええ!
とジロコは思います。

クルーズ船には大きな問題が隠されていますが、報道されることはないでしょう。
それを知ればパニックになる可能性を否定できません。

関連ニュースが出たようです。
ここでは引用は回避します。

恐怖をあおりすぎだゾウ!と神から警告されるかもしれません。
過ぎたるは及び難しです。
やりすぎだぜええ!というのはこの国の政権と言えます。
引用画像
〇国はこのような状況になりつつあるのでしょうか?

先に崩壊したゾウ!

ほうかいな!

ジロコはなんてバカなんだと神が興味をしめし、ジロコは生かされ続けると感じます。
が、何事にも限度があります。

神に見放されれば
仏のジロコ

良い子なんて興味が無いぜええ!
と、神が思ってるかもしれません。
引用画像
マッ、神に問うてみればいいでしょう。
自撮り画像

常に神様に関心を持つことが、末法時代を生き抜く
智恵とジロコは感じます。

飛行機が車に追突する?事故が発生して犠牲者が出ました。
なにが起こるかわからない末法時代です。
引用画像

恐怖をあおるバカジロコ!その正体は?
バカジロコ

個人の感想ですから、感想には個人差があります。
<バカジロコ!CM見過ぎだぜええ!>

嘘はウソつきの始まりなんて誰も言いません。

●嘘つきは泥棒の始まり
読み(ひらがな)
うそつきは どろぼうの はじまり。

意味
うそを、平気でつくようになると、やがて、盗みも、平気でやってしまう、 ということ。

解説
うそをつくことに、恥ずかしさや、悪いことをしているという意識がなくなり、 平気で、うそをつくようになると、悪いことへの恥ずかしさや、罪悪感が、 なくなり、やがて、盗みも、平気でしてしまう、ということです。うそをつくことを、 習慣にしては、いけないという、いましめのようです。 うそをつくということは、他人をだますことで、それは、人と人とのコミュニケーションを、 妨(さまた)げる原因であり、基本的に、うそをつくことは、いけないこと、であると知るべきと思います。 (ことわざ学習塾)

うそをつくことに、恥ずかしさや、悪いことをしているという意識がなくなり、 平気で、うそをつくようになる
まるで○○人の性質に似ていると言っている人が目立ちます。

ところが○○人だけではなく、この国にもそのような性質の人が多数いるそうです。

先祖が○○人だったのか?

ピンポ~ン!

あるいは本物の○○人なのか?
統計はとられていないようです。

世論調査なんていうものは真実が証明されたものではなく
単なる報告されているものと同じだぜええ!
と、バカなジロコは感じます。

うそつきだらけの社会!

嘘で固められた社会!

嘘大国!

ジロコの感想でした。

<バカジロコ!この記事はなんなのだ!>
バカが書き、おりこうさんが読む、バカジロコの記事
引用画像

三橋先生の記事を引用します。
引用画像は三橋先生の正体をわかりやすくするためのものです。
クリックしても書籍は注文できませんのでご注意願います。
引用画像
引用画像
引用画像
引用〜
安倍政権の最大の特徴は「平気で嘘をつく」こと
NEW!2020-02-08 07:44:23
テーマ:政治


いわゆる言論活動を始めるようになり、衝撃的だったのは、誰もが平気で嘘をつくことです無論、政治家、官僚、学者、ジャーナリスト、評論家など、メディアに登場する人もそうなのですが、一般人にもそういう人が少なくない。

一体、これはどういう世界なのだ、と思ったのですが、要するに「手段と目的の乖離」なのでしょう。

例えば、
「Aという目標を達成するために、Bをする」
と考えていたとして、実はBでは実現できないことが分かった。となると、手段を変えればいいのですが、そのタイミングで「Bをすること」に目的が変化してしまい、
「Bをすることは正しい。なぜならば~」
と、ひたすら歪んでいく。嘘に嘘を生み重ねていくことになる。

例えば、
「日本をよくするため、安倍総理を支持する」
で、実際に総理は「日本を悪くする」ための政策ばかりを猛烈な勢いで推進したのを見て、
「いやいや、実は安倍総理にはこういう深謀遠慮があって、実はあの政策も・・・・」
と、懸命に「あら探し的な政策の正当化」を始め、「嘘」をつくことになる。結果、それまで本人が言っていた政策と不整合が生じてしまいますが、それは「新たな嘘」で誤魔かす。

スポンサーリンク

この段階に入ると、もはや「嘘」をやめることができなくなり、嘘を嘘だと指摘する人を攻撃し始める。罵詈雑言、誹謗中傷、(言論的)藁人形を作って攻撃、人格攻撃、レッテル貼りなどなど。

わたくしは過去十二年間、様々な経験をして参りましたので、慣れっこですが、普通の人は「嘘だらけの世界」を知ると、昔のわたくしのように衝撃を受けるでしょう。

言論、政治分野が厄介なのは、「嘘を言い続けても、後に責任を取らされることはない」という点です。というか、責任を取らされるのであれば、これだけ嘘が蔓延することもないわけです。

わたくしたちが日常生活や仕事において「嘘」を言わないのは、何らかの形で責任を取らされるためです。「嘘」により顧客の信頼を失い、仕事がなくなれば、食えなくなる。日本人の倫理やら国民性やら以前に、「所得」の問題は重いのです(そういう社会を日本人が構成しているという話ではありますが)。

それに対し、政治や「経済評論」の分野では、消費税議論を見ていれば分かると思いますが、嘘つきだらけ。しかも、誰一人、「嘘」の責任を問われない。まさに「耳が汚れる」と表現したくなるほど、腐った世界です。

ちなみに、わたくしは過去の言論活動において「嘘」をついたことは一度もありません(間違えたことは、そりゃ、ありますが)。理由は、単に「データ」を恣意的な余計な小細工せずに、普通に見て解説してきたからです。

2月17日のGDP発表を前に、政府が見たくないであろう数字が次々に出て参りました。
『家計調査 消費支出が増税後3か月連続で減少

去年12月に家庭が消費に使ったお金は、前の年の同じ月を4.8%下回り、去年10月の消費税率引き上げ以降3か月連続で減少しました。増税前の駆け込み需要の反動に加え、暖冬で冬物衣料などへの支出が減ったためです。
総務省が発表した家計調査によりますと、去年12月に1人暮らしを除く世帯が消費に使った金額は1世帯当たり32万1380円でした。
物価の変動による影響を除いた実質で前の年の同じ月を4.8%下回り、去年10月に消費税率が引き上げられて以降3か月連続の減少となりました。
また、12月のマイナスの幅は、前回6年前に消費税率が引き上げられてから3か月目よりも大きくなっています。(後略)』

実質消費が昨年10月以降、三か月連続で減少になったことを受け、西村経済再生担当大臣のコメント。
「暖冬で、コートやエアコン、ストーブなどの消費が非常に低くなっている。また、交際費などの支出が大きく落ちていて、前の年の12月と比べて土日祝日の休みが2日少なかったことが背景にあると考えられる」

総務省の官僚のコメント。
「マイナス幅が大きくなったのは、諸雑費など毎月の振れ幅が大きい品目が影響していて、消費の持ち直しの動きは続いているとみている」

 安倍政権の最大の特徴は、政治家や官僚が「平気で嘘をつく」ことである。

【日本の実質消費(二人以上の世帯)の推移】

対前年比%なので、何となく横ばいに見えますが、指数でみると14年4月に一気に落ちて、その後は横ばい。19年10月に階段をさらに下ったイメージになります。つまりは、
L
L
↑こんな感じのL字型。

この状況で、
「消費の持ち直しの動きは続いているとみている」
と言える。あるいは、
「暖冬のせい」
と、相変わらず天気のせいにする。

政治家や官僚たちも、もはや嘘をついている自覚もないのかも知れません。この状況こそが、危ない。

困ったことに、国内のマスコミというか、マスコミに登場して偉そうなことを言っていた連中は、政治家や官僚の嘘の片棒担いできた共犯者たちです。つまりは「事実を直視する」ことは、自分が嘘つきであることを見据えることになるのです。

結果、マスコミで正しい情報が流れ、嘘が修正されることもない。

というわけで、我が国は今後、ひたすら経済が落ち込み、国民が貧困化していく中、
「台風のせい」
「暖冬のせい」
「新型コロナウイルスのせい」
と、全ての責任を「他所」に押し付け、政策転換(緊縮財政の転換)はせずに、ひたすら日本は衰退していくでしょう。

衰退を食い止めたいならば、まずは嘘をついている政治家に「嘘をつくな!」と叫び、彼らに嘘の責任をとらせなければなりません。
結局、嘘がまかり通る現在の政治は、「政治家が一切の責任を取らなくても許される」ことを意味しているのです。

嘘が蔓延する政治からの脱却を!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

嘘が蔓延するこの国を、この国の神様は黙ってみているでしょうか?
引用画像
このようなことをやって神様は怒らないのでしょうか?

マッ、今年の夏が見ものと言えるでしょう。
いじり画像
神様が「いい加減にしろ!」と成敗を下すぜええ!
と、ジロコの感想です。
ジロコ

 

どこの国が最初に崩壊するか?

みものだぜええ!

引用画像

崩壊に備え、このような態度でいればいいでしょう。

引用画像

<バカジロコ!崩壊あおってるぜええ!>

人気ブログランキングから引用します。
コピッペジロコ、ジロッペですからコピッペしまくります。
いじり画像
<しっぽをふるポチだぜええ!>

引用〜
李文亮医師の死をも利用する中共という人災国家
← 応援クリック、ありがとうございます。

新型コロナウイルスがパンデミックの様相を呈すなか、小池東京都知事が都が備蓄している医療用の防護服を最大で10万着程度追加で支那に提供する考えを示した。二階自民党幹事長との会談で要請を受け、その要請に応えたかたちだ。善意がないとは言わないが、都知事再選を目指すうえで自民党の組織力を取り込むため、小池の政治的判断という意味合いが強いと思われる。支那への朝貢をライフワークとする二階が小池を巻き込み、中共への貢物をメディアの前で間接的にアピールしたのだ。東京都内でもひっ迫するマスク不足の解消など、小池の頭の中にはないようだ。

支那では、SNSでいち早く新型肺炎の警鐘を鳴らした李文亮医師が亡くなったという。李文亮医師はネットで「デマ」を流布させたとして中共公安当局に取り調べを受け、訓戒処分を受けた。支那という国では、情報は中共がコントロールする類のもので、言論とか表現の自由は存在しない。中共の情報統制を無視した者は、その発信内容の真偽にかかわらず、罰を受けるのだ。この地球規模で被害を拡散し続ける新型コロナウイルスという一大事でも、その法則は変わらない。

引用画像

李医師がSNSで新型肺炎への警鐘を鳴らしたその4日後、中共公安省の職員が李医師の元を訪れ、書簡への署名を求めた。書簡は、李医師を「社会の秩序を著しく乱す」「虚偽の発言をした」として告発する内容だったという。

「我々は厳粛に警告する。頑なに無礼な振る舞いを続けたり、こうした違法行為を続けるのであれば、あなたは裁かれることになるだろう。わかったか?(出典:BBC)」

李医師はやむなく所感に同意の署名を行った。これが彼の国での現実だ。あちらでは、「善」は中共の意図と反する場合には「悪」になる。もっとも、李医師の死は、中共による情報統制を炙り出すトリガーとなり、その情報統制によって被害を拡大させたとする人民の不満は高まりを見せている。中共はたまらず、機関紙である人民日報を使って、李医師の追悼記事を掲載した。

「武漢中央病院の李文亮医師は昨年12月にこの危険な病気について警告した8人の医師の1人だった。今から振り返ると、彼のプロフェッショナルな警戒心は敬意に値する」

「新型肺炎に対する彼の警告はすぐには聞き入れられず、その代わり訓戒を受けた。この出来事は私たち社会が反省する顕著な例を提供してくれる」

「私たちは団結し、より多くの患者の命を救い、李文亮医師らが最初に警告してくれた病気に感染するのを防ぐためにより多くの人々が最善を尽くさなければならない。私たちはこの戦争に勝たなければならない」

記事に白々しい賞賛を散りばめ、美談によって人民の不満を交わそうとする。その根底にあるのは、人命尊重でもなければ国家の信頼でもない。まさに、中共自身の保身だ。

すべてではないにせよ、この新型コロナウイルスのアウトブレイクと世界への拡散は、中共による人災である。彼の国の国家監察委員会は昨日、李医師の死を追及するため、武漢市に調査団を派遣すると発表した。恐らく、武漢で悪玉を仕立て上げ、処罰することで、責任を中央から地方へ擦り付ける魂胆だろう。まさしく習近平の保身だ。

こんな国の代表を、国賓で迎えることなど、到底容認できるものではない。
習近平国賓来日反対国民運動実行委員会 署名活動
https://kokuhinhantai.jp/
ちなみに、
テドロスWHO事務局長罷免要求署名
https://www.change.org/p/united-nations-call-for-the-resignation-of-tedros-adhanom-ghebreyesus-who-director-general

〜引用終わります。

しっぽをふるポチだらけだゾウ!

ウイ―ルスで駆除すればああ!

良い子より、ウイ―ルスに強い子に育てるゾウ!

この世は矛盾の塊だぜええ!
もう一丁おまけに、この世はウイ―ルスの塊だぜええ!

続くべええ!
書きやむべええ!

®ムームジロコムームージロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。
ジロコの画像は記事を縦に伸ばすために多用しています。

©2020 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA