心の病・難民クライシス

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
イランがアメリカ軍基地を攻撃しました。
アメリカ軍は中東にいらん!と言ってるそうです。

そうは言っても増すゴミの情報ですから下流国民が真意であるかどうかは確認が困難であるといえます。

引用画像

この国の態度は?

引用画像

お友達どうしのけんかですから、言葉を失います。
今後、第三次世界大戦に発展するかどうか?

引用画像
世界はなぜますます混迷度を増すのか?
マッ、神が面白がってやっているのかもしれません。

引用画像

そうは言っても人類を滅亡させたら?

神様の楽しみもなくなります。

神は人々が苦しんでいるのを楽しんでいるのでしょう。

画像
コンコン狐の逃亡劇で増すゴミは賑わっています。
前代未聞だそうですから末法時代にふさわしい話題と言えます。
イランのミサイルなど興味がなさそうです。

この国が少子化、貧困化に向かっているのも
神が面白がってやっているのかもしれません。
引用画像

「バカな国民め!まだ気ずかないのか!」
神は人間の味方か?
おそらく味方でもあり、敵でもあるでしょう。

人間に都合よい世界は作らないぜええ!
ということでしょう。

というわけで、世界平和なんてあり得ない!
とジロコ仏陀は感じます。
ジロコ仏陀
老後が心配だぜええ!
なんて心配していれば?
神が「心配しないようにしてやるぜえええ!」
仏のジロコ

心配することは危険と言えます。

ホルムズ海峡閉鎖だぜええ!

引用画像
なんてなっても、あわてる必要はないそうです。

そうは言ってもパニックになる可能性は?

引用画像
ホルムズ海峡が閉鎖されたら、下流国民にどのような影響があるのか?
調べておけばネギカモになることを防げるかもしれません。
近隣の半島が有事になれば、この国も難民クライシスが発生するでしょう。
少子化だから都合いいぜえええ!
で、1000年たったら・・・・・
○○人しかいなくなったぜええ!
そして日本は消え去りましたとさ。
引用画像
「日本消滅のシナリオ」なんて本誰か書かないですかねええ?
引用画像

日本消滅に関する本を書けばヒットするかもしれませんが
意味があるとは言えません。

当たり前のことを書いて何の意味があるのだ?

引用画像

ジロコだけではなく、この国の国民も当たり前と思っているでしょう。

だったらどうすんだよう?
移民を入れればいいじゃん!
と安易な考えに落ち着きます。

経営者も「安く使って儲けるぜええ!」

今でもこの国のやってることは、外国人を現地で安くこき使って儲ける?なんてことが思い浮かびます。
ジロコが〇オ〇で
サバの缶詰(内容総量190g)を87円(税抜き)で買いました。

安いぜえええ!
国産の2~3分の一程度の値段です。
原産国は・・・・・タイ
輸入者・・・〇オ〇〇○○〇〇〇ー株式会社
食べてみましたが、国産品との違いはジロコにはわかりません。
国産品は値段では太刀打ちできないかもしれません。

そうは言っても安心の国産品だぜええ!
なんていう人は上流国民に多いと想像されます。

下流国民で貧困のジロコは、安けりゃああいいいぜええ!
です。
貧困ジロコ
ジロコは魚はほとんど缶詰を食べています。
理由は安いぜええ!骨まで食べられるゾウ!
日々安いものを追い求めています。

安けりゃああいいゾウ!
食えればいいゾウ!
グルメなんてジロコには無縁です。

無縁と言えば無塩バターなんて思い浮かべます。
無塩バターと有塩バターとの違い?
この記事はお料理の記事ではありませんから
書きませんが
関連する語句がすぐ出てくるのは、ジロコがまだ認知症になっていない証明と言えます。

無塩、無縁、無煙、無援、無鉛、むえん、ムエン
同じ発音でも意味が違うのがこの国の言語です。
英語では
salt free、Unrelated、Smokeless、Help、Lead-free
韓国語では
무염、무연、무연、무원、무연
なんか古代の絵文字のようですね。
<ジロコよ!危険だぜええ!>
引用画像

引用画像

引用画像
文字を見て感想も言えない時代になりつつあります。
引用画像
移民クライシスで日本は大揺れになります。
引用画像
そうは言っても
人口が増えたゾウ!
日本人が消えたゼえええ!

日本人が消えた日本!
意味あんのかよう?
ジロコは疑問に思います。
捏造された日本国と言えるでしょう。

スポンサーリンク

日本のコピッペ?
中国人が得意なコピッペです。
三橋先生の記事を引用します。
引用画像
引用画像
引用〜
日本に必要なのは「財政赤字拡大」
2020-01-04 08:56:01
テーマ:日本経済関連

本日はチャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」」に出演します。

http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

わたくしは「いわゆる言論人」として世に出て以降、緊縮財政関連を初めとする「経済の嘘」と戦ってきたわけですが、その際に重視したのは「レトリック」です。

何しろ、先方は「国の借金」が代表株ですが、レトリックの使いかたが巧みです。というわけで、わたくしは、
「国の借金ではなく、政府の負債」
と、言葉を正すと同時に、こちらも様々な新たなレトリックを編み出し、対抗するべく努力してきました。

昨年、ヒットした新レトリックは、「おカネのプール論」ですね。商品貨幣論というか「金貨銀貨の頭の連中」は、仮想的な貨幣のプールがあると思っているわけです。

貨幣のプールが造れる、おカネの量に限界があるならば、
「政府が財政赤字を拡大し、国債発行残高を増やせば、プールに残ったお金の量が減り、金利が上がる」
という、いわゆるクラウディングアウト論げ成立します。が、実際にはおカネは「債務債権の記録」という貸借関係であるため、おカネのプールは作れません。「関係」のプールって、なにそれ?でございます。
昨年夏にステファニー・ケルトン教授が来日し、わたくしと対談した際に、クラウディングアウト否定に際して、
「日本円のプールはありません」
と表現されたので吃驚したのですが、まあ、誰でも辿り着きますよね。主流派経済学者たちのクラウディングアウト論が、貨幣のプール前提になっているバカバカしい現実に。

主流派経済学者たちの頭の中に「おカネのプール」がある以上、金融業界や経済誌など、様々な分野に間違った貨幣観が広まり、
「財政赤字拡大が長期金利上昇をもたらす」
と、日本の「データ」が全否定してしまった理論を未だに信じている連中が少なくないのです。

『超低利回りを前提にするならリスク、財政支出拡大に潮目変わる可能性

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-30/Q3B0RMDWX2PS01
これからの10年間は債券投資家にとって厳しい時代の幕開けかもしれない。国債の歴史的な強気相場を維持してきた条件がはがれ落ちるためだ。
世界的な危機以降、各国・地域の中央銀行による前例のない措置が景気刺激で中心的役割を果たし、世界中で利回りの伸びを抑制してきた。しかし、今では財政拡大へのシフトが強まりつつあると見られ、金利を押し上げる可能性がある。緊縮財政は欧州で後退し、アジアで歳出策が導入されつつある。米政府借り入れは向こう数年間について過去最高を更新する方向だ。
経済協力開発機構(OECD)は2018年に国内総生産(GDP)比で2.9%だった世界の財政赤字が各国・地域の政府支出を背景に20年は3.3%に拡大すると推計している。
投資家にとって面倒なのは、政府支出が利回り押し上げにつながる臨界点にいつ達するかを見極めることだ。各国・地域の中銀は大規模な刺激策を継続しており、今はまだ初期的な段階だ。
ルーミス・セイレスのポートフォリオマネジャー、エレーン・ストークス氏は「これが次の10年の展開だ。世界的に財政支出が芽生えているが、政策協調の段階には至っていない」と指摘。「今後5-10年はそれが市場の要素になり、そこが市場の向かう場所だ。われわれは金利低下の状況から金利上昇の状況に考えを切り替える必要がある」とした。(後略)』
日本の財政赤字を「最大」で見るため、一般政府(中央政府+地方政府)の資金「不足」(=財政赤字)と長期金利をグラフ化しました。

【日本の一般政府の資金不足(=財政赤字)(左軸)と長期金利(右軸)の推移】

https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-12564460957-14690264136.html

図は、Y軸が「政府の財政赤字額」になります。つまり、上に行けば行くほど、赤字が多い

安藤先生との対談でも話題になっていましたが、恐ろしいことに、日本政府は本当に「プライマリーバランス黒字化」を達成しそうな勢いです。凄まじいペースで財政赤字を削っていっているのです。

その分、国民の黒字が減っているのが、第二次安倍政権発足以降の日本です。

逆に、2009年はリーマンショック後の景気対策の影響で、財政赤字が50兆円近くに膨張していました。

さて、上図を見て、それでも、
「財政赤字を拡大すると、金利上昇!」
と、言ってのける人がいるならば、目玉を取り換える必要があります。

無論、ユーロ加盟国などの「非・主権通貨国」は別ですが、日米英のような主権通貨国では、「財政赤字拡大=国債金利上昇」にはなりえません。というか、金利が上がるのが嫌ならば、中央銀行が国債を買えば話はオシマイ。

「そんなことをしたら、はいぱ~」

もう、いいよね。過去7年間で380兆円のマネタリーベースを拡大し、日銀が国債を買いまくった我が国は、はいぱー何とかになったのかな? ハイパーどころか、インフレにならずに困っているよね。

なぜ、日本のインフレ率が上がらないのかといえば、もちろん「財政赤字が足りない」ためです。そして、日本の「実績」が証明した通り、「財政赤字拡大=国債金利上昇」にはなりません。

政府が財政拡大を続け、インフレ率が健全な水準に上昇すると、やがて金利は上がるでしょう。とはいえ、国債金利が上がるのが問題だというなれば、日銀が国債を買い取れが話はオシマイ(しつこい?)

ちなみに、
「日銀が国債を買うと、はいぱ~」
な人は、おカネのプール論のみならず「おカネは一種類論」という、似たような病に冒されています。日銀が国債を買う貨幣は「日銀当座預金」。インフレ率に影響する貨幣は「銀行預金」。日銀がどれだけ国債を買っても、銀行預金は一円も増えません。政府が財政支出を拡大すれば、銀行預金は増えますが。

 我々は、日銀当座預金を使えないのですよ。日銀当座預金を銀行預金化できるのは、政府(の財政出動)のみです。

そして、政府の財政拡大で需要が十分になれば、企業がようやく投資を拡大し、供給能力が上がり始める。結果、日本経済は供給能力と総需要が追いかけっこをする「経済成長」を取り戻すことができます。

おカネのプールはない。この意味を正しく理解すると、現在の日本に必要なのは「財政赤字拡大」であることが誰にでも分かるはずなのです。日本政府に必要なのはPB黒字化目標ではない。PB赤字「額」目標なのです。

「必要なのは財政赤字拡大」にご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

赤字を目指せ!
なんていうと
おかしいゾウ!
というのが普通です。

ところが、普通に考えてきたから、このような国になったと言えます。

だったらどうすんだよう!
考え直せばいいことです。

罪などありませんから、考えなおすだけです。
考えなおさなかったら?
今まで通りじゃん!
引用画像

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA