心の病・結婚できない男の国

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
父の日なんて言うのがあります。
父になれなかった人の日
とか
結婚できない男の日
なんて作れば、この国の現状を物語っているとジロコは感じます。

世界中で人口が増えて問題になっているのに、なぜこの国は逆なのでしょうか?

経済の三橋先生が言うように、適齢期の男性の貧困が、結婚が減少し、少子化に拍車をかけているとジロコは確信します。
だったら、男性の貧困をなくせばいいじゃん!

そうは問屋が卸さないゾウ!
政治屋さんは黒幕?に支配されているので、黒幕の利益第一に動くことを強要されます?

引用画像
おまけに下流国民は間違った思考?に支配されていますから、現状から抜け出すことはほぼ困難と推定されます。

引用画像

政府が非正規公務員にボーナスを出すゾウ!
なんて言っても、自治体はその分毎月の給料を減額するぜええ!
なんて言ってるそうです。

下流国民の生活などどうでもいいことです。

下流貧困国民の我慢の限界にちかずいている?

引用画像

引用画像

引用画像
今年はどんなことが起きても不思議ではない?
そのような予感をジロコは感じます。

引用画像

末法時代の今ではジロコ仏陀も無力です。

ジロコ仏陀
自己利益最優先で?道路を渋滞させて、年一回神社にお参りに行っても、
この国の神様はどういう態度をとるでしょうか?

他国の侵略も密かに、じわじわと進行しているようです。
それに手助けをする政治屋さんまで表面化したそうですが
ニュースでは名前が出てきません。

今年はいよいよこの国の陰謀?が暴露されるときか?
ジロコはそのような期待を持ちます。

引用画像

身の丈を考えずに、夢や希望が持て、わずかな努力でそれが実現できる。
そのような国になってもらいたいものです。

引用画像

現状は必死になれば必ず死だぜええ!
ではしゃれにもなりません。

仏のジロコ

必死になって金メダルをとっても、その後の人生は?
現状は夢や希望は待たず、身の丈に合った人生を歩め!
ジロコはそのように感じます。

スマホゾンビだぜええ!
踊らされるピエロだぜええ!
と、ジロコにバカにされるような国民であってはならないと
国民が洗脳から目覚めることが必要でしょう。
バカジロコ
おかしいことをおかしいいぜええ!
と、抵抗なく言えるような国に戻さなければならないとジロコは思います。

おかしいことをおかしいと言えないのはおかしいい!
なんて言ってた人もいましたが、今ではどうしているのか。
引用画像

引用画像
おかしいぜえ!
と言えない国にどんどん退化している。
ジロコはそのように感じます。

結婚できない男がゴロゴロしている?

引用画像

引用画像
この国は世界中の笑いものになっているかもしれません。

アフリカを引っ掻き回して「おかしいぜええ!」
なんて言った現地人が消去されたそうです。

「政府のODA事業の実態は――続く「土地収奪と言わざるをえない状況」 日本が推進するモザンビーク・プロサバンナ事業の現地報告 2014.10.29:」
なんていう記事がありますが、ここでは引用しません。

ここでは三橋先生の記事の引用を続けます。
引用画像
引用画像
注)クリックしても本の注文はできません。
引用〜
「全国」でインフラ投資を拡大しよう
2019-12-30 09:35:49
テーマ:政治
2019年は、台風19号など自然災害の多発、消費税増税によるアベショックの始まりなど、色々とショッキングな出来事が多かったのですが、個人的には、
「出生数が90万人割れ、自然減50万人超」
が、最も衝撃的だったりします。

スポンサーリンク

安倍政権のおかげで、我が国は、完全に消滅の悪循環に入ってしまいました。
【日本人消滅の悪循環】
図はコチラ
http://mtdata.jp/20191226-1.jpg
人口が減少するから、経済成長しない。だから、投資しない。政府の支出も削り、東京圏に一極集中。
生産性が低迷し、実質賃金が下がり、東京圏に人口流入。結婚が減り、少子化。人口減少。
人口が減少するか・ら・・。

さて、暗い話ばかり続きましたので、一つ明るい話を。いや、明るくはないかな。

日本政府は予算を抑制する中東京圏への「選択と集中」をしています。結果、東京は、いや「東京だけ」は、確かに便利になっていっている。

『首都高3号渋谷線に待望の渋谷入り口オープン、どれだけ便利になる?

https://diamond.jp/articles/-/224138
◆渋谷駅から400m 東名へのアクセス便利に
首都高速道路は2019年12月10日、開通(12月19日・木曜日深夜2時)直前の3号渋谷線渋谷入り口(下り)の建設現場を公開した。渋谷線は都心環状線から用賀出入口を経て東名高速道路につながる主要道。都心部と東名を結ぶ路線だ。
ところが、この渋谷線、不思議なことに下り線の入り口は、池尻出入口しか設定されていなかった。六本木や渋谷付近から渋谷線を経由して東名高速を利用する場合、池尻まで行くか、霞ヶ関出入口まで戻る必要があった。
首都高速道路は2015年に中央環状線の全線開通後、その機能強化を図ってきた。具体的には18年に板橋宿・熊野町JCT間と、堀切・小菅JCT間を、それぞれ3車線から4車線に変更。19年は12月1日に小松川JCTが開通して埼玉~千葉間のアクセス性が向上した。そして、3号線下り・渋谷入り口(1レーン・1ブース)の開通である。(後略)』
わたくしは、渋谷での仕事が多いのですが、渋谷から首都高で品川に帰るには、六本木近辺の「高樹町」から高速に乗り、谷町、浜崎橋経由で芝浦に向かう必要がありました。

首都高3号線を使っている方はご存じでしょうが、谷町近辺は(特に夕方)必ず渋滞するのです。これでも、山手トンネルが開通して以降は楽になったのでございますが。

首都高を使っても、渋谷から品川まで40分から50分はかかってしまう(空いていれば速いのですが)。高速に乗らない場合は、信号だらけの東京でございますので、やはり40分超。

渋谷から首都高3号線下りの高速に乗り、大橋JCTから湾岸線に入り、五反田に抜ければ早いのに・・・・。と、思っていたのですが、渋谷から首都高3号線下りに入るには、何と「霞が関」まで迂回しなければならない。

これまでは、渋谷から五反田に首都高で向かうことは困難だったのですが、先日、まさに待望の3号下り渋谷入口が開通したのです。

というわけで、開通直後に渋谷入口から入ってみました。六本木通りの一車線を潰し、無理やりこじ開けたような入り口ではございますが、首都高下りに入れるのは間違いありません。

そして、渋谷入口から大橋JCT経由の、五反田出口まで、何と七分! ワープしたかと思った!

以前、大石久和先生が解説して下さった「道路のネットワーク効果」を堪能したわけですが、問題は日本の投資が「東京圏」に集中しているという点です

より便利に、より早く、より楽に。東京だけではなく、全国に高速道路ネットワークを張り巡らせましょう。

一路線が事故等で渋滞していたとしても、別の道に迂回できるようにしましょうよ。一般道路ではなく、高速道路で。

結果的に、日本の生産性は上昇し、国民が豊かになる経済が実現できます。

まずは、政府に「財政的な予算制約」があるという「嘘」から解き放たれましょう。制約はカネではない。供給能力です。

政府が長期の高速道路整備計画を決定し、長期予算を確保すれば、土木・建設業が投資を増やし、供給能力は高まっていく。

それこそが、経済成長なのです。そして、高まった供給能力が、次なる災害時に「将来の国民を救う」のです。

東京圏の便利さを、地方にも拡大していく。選択と集中をやめ、全国的なインフラ投資の予算を増やす。計画を立てる。

国家としての当たり前の姿を取り戻しましょう。何しろ、どれだけ東京圏に投資を集中させ、メガロポリスを発展させたところで、大地震が来たら「はい、オシマイ」なのですよ。

「”全国”でインフラ投資を拡大しよう!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

国民の災害からの復旧がボランチェア便り?

引用画像

で、誰が儲けている。

そうは言っても誰もがおかしいぜええ!

と声を上げません。

バカな国だぜええ!
今年の冬はどうなるか?
引用画像
屋根に融雪装置を普及させればいいじゃん!

電気代は?
国民の生命を守ると言っているゾウさんに払ってもらえばいいじゃん!
太陽光発電パネルが融雪装置の代用になるか?
それとも更なるお荷物になり・・・・・

<バカジロコ!融雪機能付き太陽光パネルがあるぜええ!>
バカジロコ
これを設置すれば雪おろしは不要だそうです。
だったら税金を使ってどんどん貧困家庭につけりゃああいいじゃん!
業者もぼろ儲け?して経済活性化するぜええ!

しかし、そのような話題は聞かれません。

アベ政権打倒なんて声も聞こえてきますが、下流国民の生活向上を図ろうなんて声は聞こえません。

だったらどうすんだよう!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA