心の病・零和の法則

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
「ゼロの法則」なんてものはネットを徘徊すれば出てきます。
引用はしません。

「ゼロ和の法則(零和の法則)」なんてものは出ません。
ジロコが考えた法則です。

どういうことかというと、関連するものを足すと
答えがゼロになるということです。
A+B=0

令和の時代は「零和の法則」で動いているということです。
<バカジロコ!バカすぎるぜええ!>

バカジロコ
例えば、あの変態〇〇〇のコンビニ業界を例にとると

本部の大漁利益+加盟店の犠牲=ゼロ

わかりやすく言うと、変態〇〇〇は加盟店の犠牲の上に成り立っているということです。
引用画像
言い換えれば、加盟店がお客様なのです。
人手が足りようが、足りまいがどうでもいいことです。

自分の利益だけで、加盟店の不利益などシラーです。

最近あっちこっちの店に行っても、洗浄便座が働かないところが目立ちます。

それも長期間放置?です。

問題があるので店名は書きません。
お客様(加盟店)をどんどん増やせばいいことです。
本部の担当者がどんどん勝手に注文して、加盟店への売り上げを増やしていけばいいことです。

引用画像

元旦休みたいぜええ!

なんて言っても、ダメだぜええ!

「変態〇〇〇は全店元旦休業にします」

とやればイイだけじゃん!

そうすれば加盟店の不満も減少します。

そうは言っても利益第一だぜええ!

引用画像

ジロコは元旦仕事で房総へ行きます。
ということは元日でも営業している店があるということです。

当然店名は明かせません。守秘義務です。

途中に成田空港とか鹿島神宮なんて看板が目に付きます。

下流国民は遊びでそのようなところにも行けません。

 

カウンセラーに限らず、どんな業種にも暗黙の守秘義務が存在します。

就業規則にはないかもしれませんが、暗黙の了解を要します。

大手スーパーの店員さんが店の暖房が不具合で・・・・・

なんて増すゴミにペラペラしゃべっていいのか?

お店のイメージダウンになります。

経営責任者の許可を得たのか?
とジロコは感じます。

都合の悪いことは隠さないとこの国はうまくいきません。

しかし〇〇人の犯罪は明らかにしなければならないでしょう。

引用画像

ジロコは貧困ですから正月休みなんて関係ありません。

休みたいぜええ!なんていえば

来なくていいぜええ!

この国自体も零和の法則で動いています。
上流国民のうるおい+下流国民の貧困=ゼロ

つまり犠牲者の上に成り立っている国と言えます。
<バカジロコ!妄想がひどくなってるぜええ!>

バカジロコ

特にひどくなっているのが、下流国民である
労働者諸君です。

昔は企業の一番の役割は「雇用の確保」でした。

ところが現代では利益最優先思想に染まってしまいました。

いわゆる、グローバル化の影響でしょうか?

心理カウンセラーのジロコにわかるわけがありません。

必要な時だけ労働者を確保し、不要になれば即座に切り捨てる。
世界を相手に経営を続けるには、労働者諸君の犠牲はつきものだゾウ!

いわゆる将棋のコマです。

マッ、誰でも社会のコマの一コマですから、替わりはいくらでもいます。

イヤなところは、生きているうちにさっさとやめるのがおすすめです。

そうは言っても変態バカジロコの替わりはいないと推定されます。

何も、世界を相手に荒らしまわる必要はないじゃん!
この国のせいで、やがて世界が荒れ果てる?

よその国では貧困でも生きているそうです。

この国は貧困でなくても・・・・・

日本の神様が、いい加減にしろ!
と怒れば?
末法時代のこの世は
いじり画像

できの悪いものは社会から排除?
そのような雰囲気がこの国には蔓延しているような気がします。
変態バカジロコは排除じゃああ!
バカジロコ

この国では人権が尊重されているように見えますが、実体は
どうかというと定かではありません。
貧困大国、格差大国、洗脳大国、絶滅危惧大国
いくらでも都合の悪い言葉が出てきます。

令和元年でいい加減にしろ!
とジロコは感じます。

太陽エネルギーは一定ではないそうです。
エネルギーが大きくなれば、照らされる地球の温度は上がる?
単純に考えれば当たり前です。
「 二酸化炭素のみしか見ない気候変動対策では、天に唾する結果にもなりかねないと思うのだが…。気候変動は温暖化よりも寒冷化の方がはるかに怖い。」
なんて記事もあります。

二酸化炭素が原因だと決めつけないとお金儲けができません。
ジロコはそのように思います。
個人の感想です。
引用画像
マッ、CMもそのうち個人の感想では言い訳にならなくなるでしょう。
言い訳と言えば、あの知事を思い浮かべます。
引用画像
狂団M氏と同じ〇〇です。
M氏は社会的使命は持たないと言っていますから
先祖は同じなのかもしれません。

人間には
社会的使命を持たないもの
タダ目立って有名にないたいだけのもの
目立たないからバカやって目立ちたいもの

ひとそれぞれです。
歌にもあります。
人世〜♫

マッ、人権が尊重される自由社会ですから
君たちはどう生きるなんて、カラスの勝手です。

ジロコはどう生きろとか、人生に目的をもてとか
生きがいうんぬんなんてことは言いません。

カウンセラーは聞いているだけでいい場合もあります。

生きがいを持つと、生きがいが無くなった時の反動が大きく立ち直れない危険があります。

あなただけが生きがいよ!
なんてのは最悪です。

憎悪に変化する場合があることをドラマでやっています。
最近のTVドラマはお金をかけていないせいか、見ていてすぐ飽きます。

ジロコはTVは照明の一部と認識しています。
画面が灯っていればいいぜえ!だけです。

最初から生きがいが無ければ・・・・・
何もありません。

ドラマでは○○だけが生きがいよ、なんてやっています。

<バカジロコ!何もなければドラマにならないゾウ!>
ドラマと言えば
もしも人生〜♫ドラマなら〜♪

人世なんて神様が創ったドラマだぜええ!
と認識すれば、心の病にならないかもしれません。

常に自然のままにふるまえばいいのです。

そうはいっても最低限十戒は守ったほうが無難です。
引用画像
人世なんて、般若心経で説くところの「空」です。
般若心経は生きがいを持つな!と説いているのかもしれません。
マッ、謎の多いお経です、
バカジロコに理解できるわけがありません。
バカジロコ

世間では「空」ではなく「食う」ばかりが話題の上っています。
食うことをあおって、今度は痩せろとあおります。

成功本とか啓発本とか○○すればお金持ちなんて本でもあおります。
引用画像
引き寄せられないぜええ!

あおられた人は悩み、疲れます。

引き寄せに使った偽の札束が実証済です。
ジロコ
ジロコのようにあおってるだけじゃん!と感じ

で、だれが儲けた?
の法則を使えば、真理がわかります。

真理を悟って仏陀になったジロコ仏陀です。
ジロコ仏陀
仏のジロコではありません。
仏のジロコ
仏には簡単になれますが、仏陀になるにはその前に菩薩になる必要があるそうです。

菩薩⇒真理を求めるもの
仏陀⇒真理を悟ったもの
<ジロコよ!愚だ具だいつまで書いてんだああ!>

年が明けるまで書き続けていたら?
いじり画像

ダンゴムシがゾロゾロ這いまわっているところを見ていると
人世がわかります。
ジロコの考えた「ダンゴムシ心理療法」です。

この国が零和の法則のような国になってしまいましたが、最近では正規労働者の賃上げも一律ではなく、会社に貢献している良い子は大きく、あまり貢献しない普通の子は中くらい、不要と思われる悪い子は、最低、
などと労働組合が主張しているそうです。

ジロコがはるか昔在籍していた、一部上場企業では
労働組合の幹部をしていたものがなぜか昇進が早かった記憶があります。

いわゆる経営者と労働組合幹部が裏で宴会をやっていたようなものです。

最近では、ジロコは野党と与党が裏でこっそり宴会をやっている?
なんて疑惑を持ったりします。

国会が劇場化?
引用画像 
<ジロコよ!本当の認知症になってないか?>
ジロコ

しかし零和の法則なんていい加減にしろ!
下流国民がそのように熱唱する必要性を感じます。

下流国民へのいじめをいい加減にしないと
引用画像
他人を犠牲にして生きていくような社会は終わりにしよう
ジロコはそのように感じます。
引用画像
経済の三橋先生の記事を引用します。

引用画像
ネットで拡散することが目的です。
引用〜

続 滅国の安倍政権
2019-12-26 07:32:33
テーマ:政治
チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。

スポンサーリンク

【Front Japan 桜】製造業の復権こそ成長戦略の目玉! / 安倍総理、正しい日本の少子化対策を![桜R1/12/25]

https://www.youtube.com/watch?v=h2ifN1XkGMA

桜の番組内で、日本少子化の真因と正しい解決策について「データ」を語りました。ちなみに、わたくしの価値観は一切入っていません

データから、日本の少子化の主因は、
1.国民(特に結婚適齢期の男性)の実質賃金の低下
2.東京一極集中
であることが「証明」されています。無論、他にも要素があることは否定しませんが、「主因」ではないです。

現在の安倍政権は、まさに実質賃金を引き下げ、東京一極集中を加速する政策を推進しており、憲政史上最強にして最長の「少子化推進政権」です。つまりは、滅国の政権なのです。

日本において、「正しい少子化対策」は「正しいデフレ対策」であり、「正しい経済政策」になります。昨日、挙げた正しい少子化対策、
1.移民を入れない
2.緊縮財政から転換し、公共投資の「選択と集中」を中止し、地方を中心に交通・防災インフラを整備する
3.医療・介護・土木建設など、政府が労務単価を引き上げられる分野の支出拡大
4.非正規の公務員をすべて正規化する
5.労働規制を強化し、実質賃金引き上げを目指す(※労働分配率上昇による)
6.政府が企業の生産性向上の投資を全面支援(※実質賃金上昇は「生産性向上」と「労働分配率上昇」以外では起きない)
7.東京から地方への家計・企業の移動を免税・減税政策で推進

は、全て「正しいデフレ対策」であり「正しい経済政策」であることがわかるはずです。つまりは、安倍政権は絶対に「正しいデフレ対策=正しい少子化対策」は推進しません。

さすがに批判が殺到するため、やっているフリはする。とはいえ、実際には逆効果の政策になります。

「地方創生!」(実態は、地方同士に構造改革の競争をさせ、民営化やPFIを進める自治体の交付税を厚くする。やらないところは交付税を出さない)
「ふるさと納税!」(実態は、単に地方交付税を払いたくないため、地方自治体に「自分で稼げ!競争せよ!」と言っているだけ。稼げない自治体は、見捨てられる)
「待機児童解消!」(もちろん、保育施設の「規制緩和」を進め、ビジネスにしたいため。介護のときと同じです)
「氷河期世代を救う!」(氷河期世代をトレーニングすると20万円、半年正社員として勤めれば40万円という、パソナの新規ビジネスになるだけ)
上記の通り、一見、正しそうに見える政策が、構造改革や緊縮財政に利用される。例えば「老朽化した水道管の交換」が、水道コンセッションにつながったのはご記憶の通り。

水道コンセッションの「裏」については、以下が参考になりますので、是非、ご視聴ください。

国際ジャーナリスト堤未果による新プロジェクト始動!

『三橋貴明×堤未果の緊急特別対談』

https://in.38news.jp/cpm_ttdw1_s_d_12800_mag

さて、出生数が90万人割れどころか、86万人台という異様な状況になり、少子化対策が喫緊の課題になるのは間違いないのですが、正しい解決策は実行に移されないでしょう。

それどころか、「出生数90万人割れ」というショックを利用し、さらなるグローバリズムのトリニティが進む。これが「正しい施策を打つ」はもちろん、「何もしない」よりもありそうなパターンです。

『自然減51万人=鳥取県分が消滅 出生数90万人割れ、担当相「驚異的な数字」

https://www.sankei.com/life/news/191224/lif1912240034-n1.html
厚生労働省が24日に発表した令和元年の人口動態推計は、出生数が初めて90万人を割り、自然減は初めて50万人を突破する見通しとなった。出生数は近年約3万人ずつ減っていたが、今年は昨年より5万4400人減る見込みだ。少子化に歯止めがかからず、政府は政策を総動員して対策を強化する必要がある。
衛藤晟一少子化担当相は出生数が86万4千人との推計について「驚異的な数字が出てしまった。相当思い切った手を打つことがどうしても必要だ」と語った。(後略)』
相当思い切った手、とはいっても、緊縮財政、規制緩和、自由貿易というグローバリズム路線からはみ出すことは絶対にないでしょう。今の安倍政権に、政策のピボット(転換)ができるとは思いません。

そして、日本国民は少子化、人口減により「消滅の悪循環」に入る。

【日本人消滅の悪循環】
<div style=”max-width:793px;position:relative”><div style=”padding-top:calc(65.61314791403286% + 58px)”></div><iframe frameBorder=”0″ sandbox=”allow-popups allow-scripts” src=”https://ameblo.jp/p/embed/takaakimitsuhashi/image-12562285528-14685092528.html” style=”height:100%;left:0;position:absolute;top:0;width:100%” title=”続 滅国の安倍政権 の記事内画像 | 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba”></iframe></div>

人口の自然減が大きくなったことを受け、国民は、
「人口が減っているから、もう経済成長はしない」
と思い込む。あるいは、思い込ませるプロパガンダが進む。

これ幸いと、財務省が、
「人口が減っているのだから、予算は増やせない」
と、緊縮財政を推進。となると、政府は企業の投資や生産性向上をもたらす需要拡大はできない。減り続ける投資予算は「選択と集中」というわけで、東京一極集中が進む。

結果、結婚が減り、少子化が深刻化し、人口減少。すると、
「人口が減っているから、もう経済成長はしない」
 日本は、この悪循環により消滅することになるでしょう。

消滅が嫌ならば、「言論」により戦うしかありません。具体的には、正しい少子化対策=正しいデフレ対策の「政策」を多数派にするのです。民主主義国家である以上、多数派を作る以外に勝ち目はないのです、残念ながら。
「日本の消滅を防ぐ!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

引用画像
この国が消滅しないため三橋先生の記事をどんどん拡散していくことが重要です。
引用画像 
あのIR事件は、IR禁止に繋がるのでしょうか?
工事を始めた横浜市の損害は???

引用画像
和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜
★2019年年間ランキング発表★今年の第3位を発表します!
2019-12-29 00:00:00NEW !
テーマ:ニュース・年間ランキング
★★★2019年年間ランキング発表★★★
お待たせしました。今年の第3位を発表します!
アクセス数 33,110件
第3位に輝いたのは、3月26日掲載『プー小室と皇室猟奇事件 ②』です!
どうぞ、お読みください!!

『プー小室と皇室猟奇事件 ②』

セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません
※プー小室の魔縁が出ている顔です。

小室佳代は、遺産と保険金で7億円入って、本人たちは王侯貴族になったようなつもりで「王子」と呼んでいたのです。王子は「おたあさま」と言って2人でやってきたのです。このお金の流れを追えば、よくわかるのです。小室佳代は自慢して「お金は7億円もっている。でも、お金は大切だから一銭も出しません」と言ったのです。
だから、男をつくってAさんから430万円を引っ張ったのです。「借りた金は返しません。もらった金は返さない」というのですから、そのような性格です。
このような性格ができたのは、在日朝鮮人がお寺の三畳間に6人家族で住んで極貧の生活をしていた頃です。下駄を売っていたと言いますが、下駄など売れるわけがありません。そこで貧乏が骨身にしみて、「必ず金持ちになってやるぞ!」と、小室佳代が仕組んだ芝居です。
小室家の遺産と保険金が入ったので小室佳代は夢が大きくなってしまい、「皇室に入る」と思ったのです。そうでなければプー小室も皇室には近づきません。いくらなんでも恐れ多くて、「皇族がICUに入ってきた。俺も行くぞ」と思うかもしれませんが、本当に貧乏人であるならば、たじろいでしまいます。
「やはり俺はふさわしくないな」と思って皇女には近づきません。小室佳代と一緒になって遺産を相続したのですから、お金があることを知っていたのです。だから「俺は、金はあるのだ」と言っているのです。そのような猟奇事件です。
小室佳代とプー小室は本当に仲が良くて、大倉山駅で別々に電車に乗る前に人前で平気で抱き合っていたのです。まさにそれは「親子の抱擁ではない。恋人同士の抱擁だ」と、大倉山の商店街の人達はそのように言っているのです。
「地元では小室さん一家の“悪評”が噴出しているというのだ。「小室さん一家の母子愛は、少し“異常”とも見られるものがありました。圭くんの学生時代、佳代さんも圭くんも通勤や通学に地元の大倉山駅を使っていました。そこで“別れの熱烈なハグ”を恋人同士のようにしてから、別々の電車に乗り込むんです。仲良し母子なんでしょうけど、いい年して……と正直、あきれていました」(大倉山駅利用者)」(日刊大衆)
しかも抱擁の時間が長いのです。これは考えてみると間違いなく母子相姦です。母子相姦は朝鮮文化です。気持ち悪い話です。この話の結論はどうなるのでしょうか?
それだけではありません。今度は、秋篠宮さまの陰謀が入ってくるのです。秋篠宮さまは、そんなに悪いとは知りませんでした。何しろ子供の頃、カエルを生きたままで解剖してしまうのです。それを見た天皇にこっぴどく叱られたのです。生き物を殺すのは、慈悲がない子にとっては面白いのです。
紀子さんも悪いウワサがあります。最近は、「ズベ公だ」と言われています。今の紀子さんは写真を見るとそのようには見えませんが、化粧をする前の学生時代はズベ公のような顔が写っています。
ああそうか、下卑ているのだなとわかります。何が面白くないのかというと、兄貴である皇太子が天皇になることです。これが2人にとっては面白くないのです。今でも、宮内庁で「私は皇后陛下になるのよ」と紀子さんは威張っているというのです。自分で言うらしいのです。
それはそうです。秋篠宮さまは、皇嗣になられたのです。すると紀子さんは皇后陛下になれるのです。秋篠宮さまは、皇室の権威を落としたいのですから、皇室を困らせるようにプー小室に命令しているのだと思います。
「もっとやれ。その代わり、あとは眞子と一緒にしてあげるからな」と言えば、プー小室は命令を聞きます。本当にヤバクなったら、秋篠宮さまは陰に隠れているから本当のことは言いません。
しかし、プー小室も躁うつ病の気質があると言われていますから、それが出てきて自殺する可能性が強いのです。その場合は、親子そろって親子心中です。気持ち悪いでしょう。
新天皇の即位式の前にこんな気持ち悪い事件が起きてきているのです。それも、妖怪までからんでいます。この妖怪は、崇徳天皇の呪いです。天皇は崇徳天皇の呪いを解かなければいけません。
呪いを解く方法は、竹田恒泰さんに教わればよいのです。竹田恒泰さんは、みんな知っています。呪いをかける方法も、呪いをかけられない方法も知っています。竹田恒泰さんは、「私は生年月日と住所は人に教えません。教えると呪いをかけられる」と言って、呪いを恐れていました。崇徳天皇の呪いも信じているはずです。
崇徳天皇の呪いを解けるのは、天皇しかいません。天皇しか、この呪いは解けません。崇徳天皇の呪いは、天皇にかけられているのです。天皇家に伝わる呪いを封じる儀式をやって、まず崇徳天皇の呪いを解くことです。そうすれば呪いがだんだん解けてきます。呪いが解けるとプー小室が自殺するかもしれません。そうなればこの猟奇事件は、全て終わります。
秋篠宮さまは、最近、このようなことを言いだしました。「眞子は馬鹿なのです」と堂々と言っています。それから、「佳子も馬鹿です」と言っているのです。2人が学習院を辞めたのは、勉強ができないからだと言われています。「佳子も馬鹿だけれども、眞子はもっと馬鹿だ」と言っているのですから、これは責任逃れです。
この猟奇事件を早く終わらせるためには、神の力を借りて魔物を封じて皇室から追い出すのです。小室佳代が逮捕されるのも一つの方法、プー小室が自殺するのも一つの方法です。何しろ、この事件は終わりにしなければなりません。崇徳天皇の呪いを解かなければいけません。

〜引用終わります。(人気ブログランキング)
続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA