心の病・家族療法カウンセリング・夜更かしの子

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
ジロコはバカな愚だ具だした記事ばかり書いている!
そのように思われるのも当然と自覚しています。
家族療法カウンセリングの記事を続けます。
ジロコはいろいろな仕事をして生計を立てています。
無職ならたちまち終焉です。
引用画像
このような人々は日々どのような生活をいていたのでしょうか?
政治の失策が明らかになるゾウ!
知らん顔するゾウ!
このような態度がこの国や増すゴミに感じられるのはジロコだけかもしれません。
ジロコ

ジロコは雪菜ちゃん(5歳)の父親と母親のカウンセリングを行っています。
雪菜ちゃんはおしゃべりが大好きで、幼稚園であったことをたくさん話してくれます。
マッ、この国の子供は元気がないといわれていますから
おしゃべりをすることは好ましいといえます。

このような態度でいられたのでは、親も心配と言えます。
引用画像

そうは言っても、おしゃべりがとても長く、時には夜12時近くまで喋り続けています。
親は「いい加減にしろ!」と言いたいところですが、我慢どころです。

引用画像

親は雪菜ちゃんを寝かしつけようと3人で布団に入りますが、それでも雪菜ちゃんは話を止めません。
幼稚園の出来事や、友達と遊んだことなど、様々なことを一生懸命話そうとする雪菜ちゃんの気持ちを踏みにじれないと考えた両親は、毎日クタクタになるまで話に付き合っているのです。

今日は夫婦そろってカウンセリングに来談しています。
この問題について夫婦がどう認識しているかを明確にします。

ジロコ「5歳のこどもが、夜12時まで起きて話続けるのが、良いことなのでしょうか?」

父「もちろん・・・・・それはよくないことだと思っています。

ジロコ「なるほど、良くないと思いつつも、つい続けているのですね。
その理由をお聞きしてもよろしいでしょうか?」

父「無理やり寝なさいと言うのはかわいそうで・・・・・」

母「それに、育児本にも子供の話をしっかり聴くようにって書いてあります。
しかも、話を聴かない親には、子供が気持ちを話さなくなるって書いてあります。」
ジロコは内心『バカかああ!物事には限度があるぜええ!』
と思いましたが、カウンセラーとしてはどのような態度をとればよいでしょうか?
(続く)

引用画像

物事には限度があるということは普通の人はわきまえています。

例えば、小銭の確保に協力してやるぜええ!
なんて言って、460円の煙草を買うのに、一円玉460個で買おうとすればレジで自分の後ろに誰も並んでいなければ、迷惑にはならないと言えます。

今夜は一人も客が来ないぜええ!

楽だゾウ!

なあんて思っても不安に思います。

引用画像

健康診断で異常がないと結果が出れば不安が増します?

おかしいなあ?

レジで自分の後ろに何人も並んでいれば・・・・・
100円玉4枚と、50円玉1枚、10円玉1枚か、500円玉1枚あるいは
千円札1枚で買うのが普通です。
1万円札を出すのは、迷惑と言えます。
ジロコは事前に・・・・・

<バカジロコ!例えがバカすぎるぜええ!>
バカジロコ

経済の三橋先生の記事を引用します。

引用〜
日本衰退の大本の理由は「緊縮財政」
2019-12-17 09:47:02
テーマ:政治
先日、ご紹介した日本の消費税収の推移でございますが、19年度の伸びが緩いのは、半年分のみであるためです(10月1日増税)。
というわけで、20年度はさらに一段、階段を上ることになります。20年度は、ついに消費税収が「最大の税収」になる見込みです。

【日本の消費税収の推移(兆円)】

http://mtdata.jp/data_67.html#zeisyuu

『消費税収、初の20兆円超 20年度、最大の税目に
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/256526
政府が20日に決定する2020年度予算案で、消費税収が初めて20兆円の大台を超えることが16日、分かった。19年度は半年分だった消費税増税の増収効果が年間を通して出るためで、21兆円台に達する見通しだ。所得税を上回り、消費税が最大の税目となる。
消費税は税収が景気変動を受けにくく財源として安定しているなどの理由で、1989年の導入以降も段階的な増税が続き、税収全体の3分の1を支える形となった。これに対し、税率を引き下げてきた法人税は20年度の税収が12兆円程度にとどまる見通し。』

改めてグラフを見て恐怖を覚えるのですが、消費税収は「異様」に安定しています。

何しろ、リーマン・ショックがあってすら、消費税収はほぼ減らず、10兆円前後をキープしているのです。

消費税は減らしにくい個人消費にかかる(というか、個人消費からはじき出される)税金であるため、変動が少ない。

つまりは「安定財源」という話ですが、まさに安定財源だからこそダメなのです、消費税は。

何しろ、弱者からも容赦なく徴収される税金が、消費税なのです。失業者であっても、子供であっても、消費税は払わなければなりません。(お小遣いから買い物をする子供も消費税を徴収されるので、「可処分小遣い」が下がります)

20兆円を人口で割ると、約15万7千円。我々は、消費税として「毎年」15万円兆の消費税を徴収されている。四人家族ならば、60万円。しかも、毎年。

デフレが深刻化し、リーマンショックのような経済危機が起きてさえ、年間15万円の所得を奪われる。デフレから脱却できなくて、当たり前です。

というわけで、消費税は廃止を目指さなければなりませんが、ポイントは、
「消費税のみならず、日本の緊縮財政が諸悪の根源」
 であることを共有しなければならないという点です。

昨日のエントリーとも絡むのですが、ナショナリズムに嫌悪感を持つ人々は、「減税」は好みます。何しろ、徴税とは「国家」が我々の所得を奪い取る行為です。

とはいえ、財政支出は? 現在の日本は消費税を廃止(最低でも減税)しなければならない局面ですが、同時に「国民を救う」ために政府支出拡大も必須です。

以前から気になっていたのですが、反グローバリズムを叫ぶ人には、なぜか同時に緊縮支持、厳密には「政府はムダなカネを使うな!」と主張する人が本当に多い。。

いや、あのね、政府が支出しないで、子供たちの安全を守れるはずがないし、食の安全も強化することはできません。

 政府が予算を使わずに、国民の安全を強化するなど、そんな魔法があるわけないでしょ。
もちろん、貧困層を救う。特に、氷河期世代、シングルマザー、激増中の高齢者の貧困、親の所得が理由で教育を受けられない子供たちを救いましょう。公務員の二割以上が非正規雇用で、官製ワーキングプア問題を引き起こしている時点で、日本の恥です。

同時に、防災投資を拡大し、国民を自然災害から守ろうよ。防衛力を強化し、科学技術を振興し、交通インフラを整備し、生産性を高め、国民が豊かになる社会を目指しましょうよ。

すべて、やればいいのです。

もちろん、予算ではなく「供給能力」というボトルネックはあるため、「優先順位」をつけるために政治家が議論する。大いに結構ですよ。

とはいえ、
「消費税を廃止し、不足する財源を公共事業や防衛費を削減して賄おう」
 これではダメなのです。

 トレードオフ発想から抜け出し、与党や野党の「国民を想う政治家」が、反・消費税ではなく「反・緊縮財政」で議論を深める(団結せよ、とは言いませんよ)。これ以外に、我が国が救われる道はないのです。

もちろん、
「我々は消費税として、毎年、一人当たり15万円もの負担を強いられている」
というレトリックは、財務省の緊縮路線を潰す上で、有効ではあります。とはいえ、消費税を廃止し、別の支出を削るのでは、結局は我が国の衰退は止められないのです。

アベ・ショックが始まりました。残念ながら、来年は五輪不況、7月1日の再増税(ポイント還元終了)と、アベ・ショックが深刻化することは避けられません。

なぜ、これほど悲惨な状態になるのか。安倍政権の緊縮財政路線が「たった一つの原因」であり、他にはないのです。

というわけで、枝葉末節の議論ではなく、大本の「緊縮財政路線を転換する」ことに、政治家には注力して頂きたいのです。いずれにせよ、緊縮路線が転換されない限り、国民が望む「政策」を推進することは不可能です。

それどころか、中途半端な緊縮の是正は、何しろ限られた予算のパイの分配を変えるに過ぎないため、新たなルサンチマンを醸成し、国民を分断していくだけです。

 日本衰退の大本の理由は、緊縮財政である。
この「真実」共有のために、皆様もご協力頂ければと存じます。

「日本衰退の大本の理由は緊縮財政である」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

最近地震が目立ってきたようにジロコは感じます。
いよいよ直下型とかが来るのでしょうか?

この国は自滅への道をまっしぐら?

自虐性障害国?

戦後200万人以上の怨霊の呪い、崇徳天皇の呪い
貧困者の呪い?・・・・・
この国は呪いで充満していると、バカなジロコは思います。
来年の夏ごろに・・・・・

引用画像

さて、お隣の国の話しも最近遠ざかっているので、人気ブログランキングから引用します。

引用〜
思想、言論の自由のない国とは、何を約束しても無駄である
← 応援クリック、ありがとうございます。

アマゾンでベストセラーとなっている「反日種族主義」。南鮮ではびこる「ウソの歴史」を紐解いた名著だが、反日教育に毒され、洗脳されてきた民族にとって、この書籍の主張は受け入れ難いらしい。そもそも南鮮では、日韓の固定された歴史認識を覆す言説を唱えると身に危険が及ぶというのは定説だ。「反日種族主義」の著者、李宇衍氏も例外ではなく、ソウルで襲われたという。

ソウル=名村隆寛】日韓でベストセラーとなった「反日種族主義」の共同著者で、韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員が18日、ソウルの日本大使館近くで集会を開いていたところ、サングラスの男に襲われた。警備中の警察官が男を制止し事情聴取した。李氏にけがはなかった。

 李氏は、韓国で浸透している「日本軍慰安婦は性奴隷」などの主張が、事実に反しているとの立場。大使館前に設置されている慰安婦像の撤去と大使館前で開かれていた日本政府糾弾集会の中止を求め、数十メートル離れた歩道で数人の支援者と集会を開いている最中に襲われた。(以下、略)

くだんの男は、李氏に近寄り、いきなり素手で襲いかかったそうだ。警察官が制止したが、「こいつ(李氏)を殺しに来た!」と何度も叫んだというから物騒極まりない。

画像

そういえば、南鮮のある歌手が、Instagramに日本の料理と写真を投稿したところ、「親日派」「売国奴」などとバッシングを受けたそうだ。その歌手は、「私が日本で感じたのは、日本の人たちは歴史教育を受けておらず、われわれが忘れることのできないことを、そもそも習ったことがなく、関心もない。(私が)それを伝えられる懸け橋ではないか、そのような使命感を抱いている。歴史意識がねじ曲がった人間ではない」と釈明したそうだ。日本食の写真をSNSに載せるだけで売国奴となるのを見ると、彼の国では民間による検閲が行われているようなものだ。

南鮮には思想や言論の自由など存在しない。今年10月、ある高校の学内マラソン行事で、生徒たちが教師たちの要求で反日スローガンを叫んでいる動画がSNSに投稿された。投稿者である高校生は「政治偏向教育の実態だ」と批判したのだが、これに逆ギレした高校側は、生徒に対して、動画に映った生徒に対する書面謝罪と15時間の社会奉仕措置を下し、生徒の両親にも5時間ずつの特別教育を課したという。

画像
写真や動画では、個人の情報が過度に出回らないよう、顔にはモザイク処理がされていたという。それでも学校側は「不特定多数に公開されるのを嫌がる個人の意思を十分に尊重しなかった」という理由を付けた。明らかに、不当な教育実態が露呈されることを嫌った報復である。今回、学生の投稿によって、高校の現場で反日教育が供用されていることも判明した

スポンサーリンク

ことほど左様に、彼の国では親日という思想、信条、言論は弾圧されるのである。いわば反日全体主義であり、日本に譲ることなど許されない。だから、元首が文在寅であろうと誰であろうと、この国との対話や協議などは無意味であり、やるだけ無駄なのだ。過去の約束を反故にし、決着した問題を蒸し返すのは、彼らの国是なのだ。今後、南鮮との約束などは一切しないことだ。

〜引用終わります。
引用画像
マッ、ごたごたは1000年続くでしょう。

引用画像

引用画像
だったらどうすんだよう!

下流国民には関係ありません。

引用画像
政治屋さんにお任せするしかないでしょう。

引用画像

この国の貧困の解消も政治屋さんにお任せするしかないでしょう。

引用画像

ボランチェアなどは貧困の加速に寄与するだけとジロコは思います。

毎日毎日餓死者が出れば・・・・・

今日は3人だぜええ!

いじり画像

ところで金土は忙しくて記事を書く時間がありませんでした。

世間では、バカジロコがいなくなったか?
なんて喜ぶ人が多いと想像されます。

「いなくなって喜ばれる人」
「いなくなって惜しまれる人」
「いなくなって感知されない人」

あなたはどのような人で人生を終わらせますか?

ジロコはいなくなって喜ばれる人でいいと思います。

それだけ周りに影響を与えてきた?
そのような人物であればいいでしょう。

息をしなくなっただけだぜええ!
では、あまりにも悲惨と言えます。

仏のジロコ

もう一丁引用行きます。
引用ジロコ、ジロッペです。
いじり画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜

妖怪とは何か? ①

2019-12-21 00:00:00
テーマ:中国人・中国・共産党・文化大革命

画像
※広東省で撮られた 「天空の鬼城」です。中国には鬼(妖怪)が住んでいるのです。

みなさんご存じ『西遊記』は、孫悟空が出てきます。『西遊記』というのは、三蔵法師が天竺に経典を求めて旅に出るという話です。
その道中で妖怪が大勢出てくるのです。「経典を取りに行かせない!」として様々な妖怪が出てくるのです。孫悟空自体がサルの妖怪です。猪八戒は豚の妖怪です。沙悟浄は河童の妖怪です。『西遊記』は、孫悟空と猪八戒と沙悟浄の妖怪が三蔵法師を守って天竺に経典を取りにいくというストーリーです。
とにかく、中国には妖怪がいるのです。人間を食らうのを妖怪と言います。法華経の中にも書いてあります。お釈迦様の初説法を聞きにきたのは、「天・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩・羅伽」などの妖怪です。夜叉は鬼神です。乾闥婆(けんだつば)は、外見は主に頭に八角の角を生やした赤く逞しい男性の上半身と、黄金の鳥の翼と下半身を持った姿で表されている獣です。妖怪がお釈迦様の説法を聞きにきたのです。
 昔から人間を食らう者は「鬼」なのです。またの名は、「妖怪」です中国人は人間を食らうのですから、中国人は鬼なのです。中国の上空に「鬼城」と言われた気持ち悪い都市が出てきたことがありました。中国は鬼が住んでいる街なのです。
恐ろしい話しです。『資治通鑑(しじつがん)』という文献、『水滸伝』など、たくさんありすぎて名前をあげたらきりがありませんが、すべて人肉食いの話です。人肉食いが行われるのは、まず第一番目に戦争です。すると互いに殺し合って食らい合うのです。
『資治通鑑(しじつがん)』という歴史書があります。有名な歴史書ですが、この中で隋末唐初の朱粲(しゅ さん)という将軍がいて、指揮を鼓舞するためにしばしば部下に激励しました。「よいか、この世で一番うまいものは人肉じゃ。しかも、どこへ行ってもいたるところにあふれておる。飢えてひもじいなど気に病む必要はないぞ。どこにでもいくらでもあるぞ!」という事を言ったのです。
それから、戦争でお城の中にろう城すると、食べ物がなくなってしまいます。すると飢餓で互いに殺し合い、食らい合うという状況が発生するのです。
それから、迷信を信じて「人間の肉を食べると不老長寿になる」というのです。
それから、「人肉は美味しい」という嗜好品として食べることです。この嗜好品は我々も身近に感じることができるのです。中国の孔子が食べていた、「醤(ひしお)」というものがあります。
「醤(ひしお)」というのは、美味しいらしいのです。孔子は、それが大好物だったのです。人間が一人入るくらいの大きな甕に人間を殺して刻んで、その人肉を入れておくのです。そこに塩と麹を混ぜて蓋をするのです。
1年くらいつけこむのです。場合によっては、3~4年ものになるのです。これは、「塩辛」のようなものだと思います。それで、ご飯を食べるのです。それが孔子の大好物だったのです。
孔子はご飯を食べるたびに、醤(ひしお)で食べたのです。孔子の時代から、人肉食いは当たり前だったのです。人肉の食べ方もいろいろとあるのです。まず、人肉を炙って食べる方法があります。今でいうと焼き肉です。これが一つです。
二つ目は、人肉を煮て食べるのです。すき焼きのようなものです。
三つ目は人肉を干し肉にするのです。このような人肉の食べ方があるのです。大東亜戦争の時に日本軍が中国共産党の八路軍を捕まえると、リュックサックの中に人間の手足が入っていたのです。干した足を食料にするためにリュックサックの中に入れていたのです。
中国では人肉食は当たり前です。中国大陸ではいつも飢餓が起きて、いつも戦乱が起きて、食べるものがありません。いつでも、人肉食が行われてきたのです。
人肉食をやると人口が半数になってしまいます。お互いに食らい合うのですから、半数になってしまうのです。1億人の人口があると、人肉食が行われて、5百万人ぐらいになってしまうのです。
戦争に負けた人間は食べられてしまうのです。戦争をやっている間は作物などできません。土地が荒らされて作物などありません。だから戦争が終ったあとは、飢餓状態になるのです。
すると「人間を食え!」と言ってお互いに食ってしまうのです。中国人にとって、人肉食は極悪非道のことではなくて、当たり前のことなのです。それで、「人肉ぐらい美味いものはない」と言っているのです。
中国の町に行けば、羊の肉と並んで人間の肉が堂々と売られているのです。人間の肉は、「二脚用」というのです。堂々と市場で人肉を売っているのです。それも、心臓・肝臓・足の肉・手の肉と切り分けて売っているのです。
それを天ぷらにして食べたりするのです。何しろ中国人は「人肉は美味い」と言っているのです。人間は美味しい物を食べています。豚のように臭くもなく美味しいのでしょう。だから、人肉を一度食べたらやめられないのです。
 人肉食が中国の歴史です。現在も人肉食は行われているのです。ある人の投稿で見たのですが、ひどいものです。自国民を6千万人殺した毛沢東は、晩年は人脳スープを飲んでいたのです。人脳スープとは、生きた人間から脳みそを取り出して、スープにして飲んでいたのです。
「人脳スープを飲むと、滋養強壮によい」というのです。毎日生きた人間を殺して脳みそを取り出して人脳スープにしていたのです。生きた人間を椅子に座らせて、後頭部に鉄パイプで穴を開けて、血を垂らすと脳ミソも出てくるのです。
脳みそが出てしまうと人間は死んでしまいます。その脳ミソをスープに入れて飲んでいたのです。それが病気に効くというので、周恩来も好んで飲んでいたのです。毛沢東に招待されたポル・ポトも人脳スープをご馳走になり、作り方をおそわって帰ったというのです。恐ろしい話です。(②に続く)

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

引用画像

引用画像

引用画像

引用画像

国営ラジオで財政健全化への道が遠のいたなんて国民を脅して洗脳しています。

あの「み〇〇〇」なんて言うアナウンサーは、下流国民をバカにしたような口ぶりで、ジロコは嫌いです。
三橋先生が財政健全化の思想が下流国民を貧困に落とし入れていると言っています。
引用画像
引用画像
引用画像

一万円札どんどん刷って、こっそりと貧困下流国民にばらまけばいいじゃん!

引用画像
ニュースで「貧困下流国民宅の郵便受けに1000万円の札束が入っている事件が多発しています。何者がやっているのか?動機も推理しかねます」
こっそり北朝鮮や韓国で、本物の1万円札を刷ってもらって使ってもらえば、いいじゃん!
バカなジロコは思います。
バカジロコ
それも関係者以外には誰にも秘密で行えばいいでしょう。
マッ、野党や増すゴミに気ずかれたら大変なことになるかもしれませんが。

下流国民に絶望しか見えなくなれば?

引用画像

自縛ジロコ

末法時代の恐怖と言えます。
いじり画像

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA