心の病・集合的無意識

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
狂団M氏の記事に集合的無意識という言葉が出てきます。
何やそれ?

大辞林 第三版の解説
しゅうごうてきむいしき【集合的無意識】

ユングの用語。個人的な意識の領域を超えた、民族・集団・人類など人々の集合のもつ無意識。

日本民族なら、その民族特有の無意識、
例えば、〇国を植民地にした?
〇国で悪いことをした?
などの
学校教育や洗脳、遺伝による無意識があるということです。

わかりやすく言えば日本国現代人の無意識は、遺伝や学校教育
朝日新聞?などにより作られたものとジロコは思います。
引用画像

○〇らの集団というものには、集団特有の無意識があると思われます。

引用画像
世間を騒がせたあの事態も
どのような無意識か根底にあったのか解明されていないようです。

この無意識は遺伝なのか?
学校教育によるものか?
マスゴミの洗脳によるものか?
この記事では関係ありません。

引用画像
ただ言えることは、日本人と外国人の無意識には違いがあるということでしょう。
当然〇国人には教育?による無意識が存在していると想像されます。
引用画像

引用画像

狂団M氏の記事の続き(抜粋)です。
ところでM氏は評判がいいかというと?
二面性です。

こんな記事があります。
ネットから引用〜
人を騙して金をもらうには相当の知恵が必要。
振り込め詐欺やワンクリック詐欺も頭が良くなければできなが
振り込め詐欺やワンクリック詐欺と違うところは
合法的に騙してお金をもらうというところ。
森田先生は、一言も買えとはいっていない。
〜引用終わります。

M氏は社会に奉仕しませんと言ってます。
引用画像
マッ、いうだけ政治屋さんよりはましとジロコは感じます。
ジロコ

被害者の会なんてあるそうです。
そうは言っても政治の被害者の会なんてあるのでしょうか?
下流国民は、政治の被害者の会を設立すればいいと思いますが
先頭に立つ人が現れません。
引用画像
M氏の記事から引用します。
引用〜
神と繋がる
「される」関係の事例は、一つはコンピューターメーカーで
小型機移行に気ずいたこと、もう一つはトラさんの関係で億万長者になれたことでした。
今度は違いに注目します。

この二つには面白い違いがあります。
コンピューターメーカーのほうは、海外のデータが目の前にありました。
つまり
二次元で見える範囲にあったということです。
しかし、トラさんとの出会いはどうでしょう。
新聞広告を見る確率は大変に低いです。
しかも見たのは友達です。
その友達がトラさんに伝えなけれなりません。

これがまさに「される」の状態です。

「される」ことはネットワークが絡んでいるのです。
例えばAとBが知らない人同士だったとき、この二人の間にはふつうなにもないです。
ところが目に見えない世界で線がいくつも張られているのです。
この線がなにかといえば「集合的無意識」です。
無意識というのは自分の枠を飛びだして、他の世界と繋っているのです。
それを「集団的無意識」というのです。
私とトラさんが結びついたのは、まさにこれなのです。

では、すべての人にこういう現象が起きるのでしょうか?
私は、もう一つの要素が必要だと思っています。
それは、神に繋がる問です。
(続く)

〜引用終わります。
ジロコがいつも神に問うてみよといっているのは
M氏の思想に洗脳されたからと自己評価しています。
ジロコが生まれつき持っていた思想とは言えません。

ジロコの家

人間は常に周りの環境に影響を受けていると感じます。

どこかの島国が温暖化の影響で沈んでいると大騒ぎしていますが、原因は単なる地盤沈下だとも言われているそうです。

引用〜
沈みゆく島国」ツバル、実は国土が拡大していた 研究
2018年2月10日 10:06 発信地:ウエリントン/ニュージーランド [ アジア・オセアニア ニュージーランド ]
中略
論文の共著者の一人ポール・ケンチ(Paul Kench)氏によると、この研究は低海抜の島しょ国が海面上昇によって水没するという仮説に一石を投じるものだという。
波のパターンや嵐で打ち上げられた堆積物などの要因によって、海面上昇による浸食が相殺された可能性があるという。
オークランド大学の研究チームは、気候変動が依然として低海抜の島国にとって大きな脅威であることに変わりはないと指摘する一方、こうした問題への対処の仕方については再考すべきだと論じている。
同チームは、島しょ国は自国の地形の変化を考慮に入れたクリエーティブな解決策を模索して気候変動に適応していかなければならないと指摘し、海面が上昇しても安定していることが分かっており、これからも面積が増えていくとみられる比較的大きな島や環礁への移住などを提唱している。(c)AFP
〜引用終わります。(AFPBB News)

ジロコは、二酸化炭素による温暖化説は
この世の大きな陰謀と感じます。
島が沈むぜええ!
安全なところに移住すればいいじゃん!
引用画像

ミサイルうちゃああ5分で沈むぜええ!

なんてことは誰も口にしません。

<バカジロコ!それでは大儲けはできないぜええ!>
バカジロコ
この世は陰謀の塊だ!

引用画像
ジロコ仏陀はそのように感じます。

ジロコ仏陀

それでは経済の三橋先生の記事を引用します。
引用ジロコ、ジロッペです。
<犬かよう!>
いじり画像
引用〜

アベ・ショックが始まった(中編)
2019-12-11 08:39:36
テーマ:日本経済関連

さて、消費税を増税すると、毎度毎度、実質賃金が大きく下がります。何しろ、消費増税は強制的な物価の引き上げですが、給料は物価上昇分は上がらないため、実質賃金は下がります。

ところが、今回の増税では10月の実質賃金が対前年比+0.1%になるという珍現象が見られました。もちろん、理由があります。

『10月実質賃金は前年比0.1%増、2カ月連続増=毎月勤労統計

http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN1YA00C.html
厚生労働省が6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、10月の実質賃金は前年比0.1%増と、2カ月連続で増加した。
名目賃金に当たる現金給与総額は前年比0.5%増の27万3466円で2カ月連続でプラス。ボーナスなど特別に支払われた給与は同4.4%減の6219円となった。
基本給にあたる所定内給与は前年比0.6%増の24万7118円だった。残業代など所定外給与は同変わらずの2万0129円だった。』

実質賃金は、名目賃金の変動から物価上昇率の影響を排除することで求めます。ここでいう物価上昇率とは、具体的には「持家の帰属家賃を除く総合消費者物価指数」のことです。

というわけで、持家の帰属家賃を除く総合と、わたくしが最も重視する「コアコアCPI(食料(酒類除く)エネルギーを除く総合)」で消費者物価指数をグラフ化しました。

【日本のインフレ率の推移(対前年比%)】

http://mtdata.jp/data_67.html#CPI

持家の帰属家賃を除く総合は、エネルギー価格を含んでいるため、2008年(資源バブル期)に大きくプラス化しています。とはいえ、コアコアは全く上がっていません。当時の日本もデフレでした。

96年以降、コアコアCPIがプラス化したのは二回のみ。97年と、14年のみです。つまりは、96年以降、日本のインフレ率は「消費税増税以外では上がったことがない」と理解するべきです。その後は毎回デフレに逆戻り。まあ、消費税を増税するとデフレが深刻化するので、当たり前なのですが。

問題は、上図は19年10月を含んでいるという点です。19年のインフレ率は、持家の帰属家賃を除く総合も、コアコアも対前年比+0.3%。14年には、両者ともにいきなり4月に+2%超になったのと比べると、えらい違いです。

この違いは、なぜ起きたのか。幼児教育無償化の影響です。

10月から、幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供たちの利用料が無料になりました。さらに、住民税非課税世帯は、0歳から2歳までの利用料も無料です。

無料とはいっても、政府が代わりに出すわけですが、いずれにせよ該当世代の子供たちを持つ世帯は、これまで2万円、3万円と支払っていた利用料が「ゼロ」になったのです。結果、消費者物価の統計でいえば、「教育費」が下がり、インフレ率の上昇を抑制したのです。

というわけで、「持家の帰属家賃を除く総合」がわずか+0.3%の上昇で済み、実質賃金が+0.1%となった。

もっとも、上記はあくまで幼児、乳児を持つ世帯の話で、そうではない世帯は関係ありません。普通に実質賃金が下落しているでしょう。
ところで、実質消費が14年4月を上回る落ち込みになったことは触れましたが、ちょっと(いや、かなり)凄まじいことになっています。

【日本の実質消費指数(季節調整値)の推移(2015年=100)

http://mtdata.jp/data_67.html#RC19Oct

上図は日本の実質消費について、対前年比ではなく、指数そのものをグラフ化したものです。

21世紀に入って以降、日本の実質消費は漸減が続いていました。消費税という「消費に対する罰金」が存在していた以上、当然ですが、14年3月に跳ね上がり(駆け込み消費)、14年4月に大きく落ち込みました。

その後、政府は「V字回復する」と寝言をほざいていましたが、我々は「L字型低迷に陥る」と警鐘を鳴らしました。どちらが正しかったか、分からない人は目玉を取り換えて下さい。

2019年9月、やはり多少の駆け込み消費があり、10月に駆け込み消費分を上回る落ち込みに。(2020年7月1日に、ポイント還元がなくなり、再増税なので、もう一度同じ軌跡を描くと予想)

スポンサーリンク

注目点は、2019年10月の実質消費指数の水準は、2014年4月を「下回ってしまった!」という点です。

2019年10月、我々は2014年4月以上に消費できなかったのです。さすがは、”三冠王”安倍総理大臣、見事なものです。

ちなみに、三冠王とは、
「憲政史上、最も実質賃金を引き下げた総理大臣」
「憲政史上、最も実質消費を引き下げた総理大臣」
「憲政史上、最も出生数を減らした総理大臣」
という意味です。総理はルソーの定義でいう「最悪の政府」の三冠王です、おめでとう、安倍総理!

というわけで、実質消費は2014年4月以上に落ち込んでいるわけですが、さらにとんでもないデータが公表されてしまいました(明日に続く)。

安倍総理は最悪の政府、三冠王!」に納得された方は↓このリンクをクリックを!

〜引用終わります。(経済評論家 三橋貴明)

三橋先生は野党からお金をもらったのか?
と思われるほどゾウさんを批判しているようです。

そうは言っても野党は桜を見る会など、下流国民にはどうでもいいことで時間つぶしをしています。

下流国民も被害者の会を作り
ゾウさんに損害賠償を請求すればいいでしょう。

貧困が急加速していくこの国に、誰かがブレーキをかけなければ、大惨事が待ち受けているかもしれません。
ウっ、第三次世界大戦?

引用画像

引用画像

引用画像

引用画像

引用画像
世界は軍拡まっしぐらです。

引用画像

この国も軍拡に参加しなければ
たちどころに敵に占領されるでしょう。

<バカジロコの妄想だぜええ!>
なんてことですめばいいのですが?
バカジロコ

引用画像

ところで無意識自動運転法なんて使ってジロコは高速道路を走ります。

悪く言えば目を開けたまま眠って運転する方法です。
しかしこれを使うには、普段正しい運転をしていなければなりません。
一時停止や踏切の手前ではキチンと止まって3秒間待つ

一瞬タイヤが止まっただけでは一時停止とは言えないでしょう。
そうは言っても3分間も一時停止していては世間の迷惑になります。

日頃の行動も規則はキチンと守るようにしておけば
認知症になっても、無意識で正しい行動ができると想像されます。

なぜ、認知症が多いか?
たとえわかっていたとしても誰もが口に出さないでしょう。
口に出せば、社会から抹殺されるだけではなく
例えば、野党お得意な「辞任だけでは済まないゾウ!」
なんて程度のものではありません。
生まれ変わりを要するでしょう。

罪状を申し上げる!
「貴殿は憲法の定める統治の基本秩序を壊乱した」
よって無期懲役に処す!

中国だったら?
仏のジロコ

ジロコは保険証に、臓器は提供しませんて〇をつけてあります。

そうしないと、この国がかわったときに大変な目にあいます。

提供希望者を優先しろう!

?????

引用画像

法律が正義ではありませんが、国民は国の法律を守ることが強要されています。
脱税は犯罪です。
そうは言っても、法律で国を守ることはできません。

が、自衛隊は憲法に書かれていませんから「幻の軍隊」としてなんでもできるのかもしれません。

日本の神が「幻の軍隊」を作ったのでしょう。

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜

中国の侵略はもう始まっている! ②
2019-12-14 00:00:00
テーマ:中国人・中国・共産党・文化大革命


※沖縄21世紀ビジョンは日本侵略計画です。だまされないように要注意!
道州制における沖縄単独州のあり方の検討、大量の外国人(中国人)を沖縄に入れて日本から沖縄を切り離す作戦です。まさに孫子の兵法です。「戦わずして、沖縄・北海道を中国の手に入れる」ということです

日本は今、アメリカと仲が一番良いのです。すると中国はアメリカとの離間工作をやるのです。「アメリカを日本と離間させる」という工作を中国は常にやっているのです。沖縄にはこのように言っているのです。「沖縄は日本人ではない。琉球民族である。だから日本と別れるべきだ!」と言っているのです。
 アイヌに言ったように、沖縄も離間させて日本列島をバラバラにしていく作戦ですもう中国の工作が成功し、そうなってしまっているのです。中国は対馬列島も盗りたいのです。
中国はこのような離間工作をずっとやってきて、マスコミで洗脳を行い、教育界にも中国の手が入っていて洗脳を行い、文部省の役人にも手が入っていて、教科書で本当のことを言わせないのです。
 誰がそんなことをやったのでしょうか? 文部省のクソ役人が、中国からお金をもらってやっていることなのです。これがほぼ完了しているのです。もう完成しているというのです。
マスコミを見ても中国引きです。中国の恐ろしい臓器移植のことは一切報道しません。「中国は年間10万人も殺して臓器狩りをして、余った肉は食っている」ということを日本のマスコミは一切報道しません。「黙っていろよ」と中国の鼻薬が効いているのです。これは早いのです。
そして、アメリカと仲良くさせないのです。日本とアメリカを分断していくのです。分断統治というのです。それも中国の工作員がやっているのです。この部分は目に見えません。次に中国の軍隊を日本に入れるのです。そのようなシミュレーションがもうできているのです。
中国は一斉に日本の各都市にロケット落ち込む計画を立てています。500発~600発のロケットを撃つと、日本はよけようがありません。するとアメリカの海軍はもう日本に上陸できません。
日本の周りに空母がいると、500発から600発のミサイルが飛んでくるのです。空母は飛行機が離発着するだけで、あまり攻撃能力はありません。空母は危ないからどんどん後ろのほうに下がっていくのです。日本列島の周りにいたら、沈められてしまいます。そのようにアメリカも考えていたのです。
しかし近年になって「それは間違いだ」と気がついたのです。徹底的に日本から下がるという考えはなくなったのです簡単なことです。中国の海軍を全滅させてしまうというように作戦が変わったのです。
中国からのミサイルを待っていないで、こちらからも攻撃すればよいのです。相手がミサイルを撃ってくるならば、こちらのミサイルのほうが有能です。中国海軍を全滅させてしまえば、中国は大陸国家だから何もできません。アメリカ軍はそのように作戦を変えているらしいのです。だから戦争が起こり得るわけです。中国の侵略の意志さえあれば戦争は起こります。
日本はこのような事態に直面しているのですから、政治家はもっと緊張感を持って日本の国のための法案をつくりなさい。何故こんな時に安倍さんは、習近平の馬鹿を国賓で呼んで、「天皇陛下に会わせたい」というのでしょうか? 
 習近平の頭の仲は、「やがてこの日本は中国の仲の日本省ができるのだ。その日本省を治めるのは天皇でもいいだろう」このような考えです。習近平は、天皇の顔を見定めに日本にやってくるのです。
中国は習近平を国賓で待遇された見返りに、中国も天皇陛下を国賓でお招きするのです。これは、中国に対する日本からの朝貢になってしまうのです。天皇陛下が中国に行って頭を下げて、貢ぎ物を持っていくことになるのです。これは属国の印です。習近平は天皇陛下を中国へ呼んで、属国の印を与えて、既成概念化しようとしているのです。
このような日本に対する中国の工作が毎日行われているのに、政治家どもは何もやっていません。「中国人が日本の土地を買うこと、外国人が日本の土地を買うことについて規制をする」という法律を一本つくればよいのです。それは人間の意思一つでできるのです。
安倍さんは、それをやりません。何もやりません。まあ、自衛隊の先生方も頭を悩ませているところです。元自衛隊幹部は「結果的には電磁波でやる」と言っていました。電磁波の技術はもう完成しているのです。
電磁波は直径500メートルを守るのです。だから、日本列島に10基入れればよいのです。日本列島は約4千キロです。10基配置して、一斉に電磁波を出せばロケットが500発~600発飛んできても、すべて落ちてしまいます。
ドローンもすべて落ちてしまいます。日本の自衛隊は、そのような体制ができるのです。そのような技術は完成しているのです。自衛隊は国を守るために必死です。政治が機能していないのです。政治家は中国の言いなりになり、自分の懐を肥やすことしか考えていません。中国利権に群がり日本の国を売る政治家は国賊です。
二階俊博は、「隣の国と仲良くしないでどうするのだ?」と言っています。隣の国は食人種です。仲良くできる相手ではありません。二階俊博も食われないとわからないのでしょうか?

〜引用終わります。(人気ブログランキング)

マスゴミや学校教育などに長年洗脳?され続け
永久に平和な国でいられるぜええ!
なんて幻想を抱いていたとしても、世界は軍拡の真っ盛りと言えます。

マッ、バカな国民がオリンピックや動物園の動物に気をとられているうちに・・・・・

ジロコはいつも大きな陰謀の影を感じます。
引用画像
<バカジロコ!認知症の前ぶれだぜええ!>
バカジロコ
マッ、来年の夏がまちどおしいとジロコは感じます。
ジロコは人間の本能丸出しで、他人の・・・・・

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・文字色は著者の意志で変えている部分があります。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA