心の病・いきなり失速

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
いきなり○○-〇なんて、まるで選挙をバカにしたような不気味な政党のような名前の飲食店が赤字転落になったそうです。

一時期、桜を見る会の話題のように盛り上がっていましたが
この国の国民性に気ずくのが遅かったと言えます。

「熱しやすいが、冷めやすい!」
がこの国の国民の大きな性質だ、とジロコは感じます。

言い換えると、思考が停止していると言えます。

TVでサバ缶だゾウ!
とあおらえて・・・・・
顛末はサバ缶の値段が上がっただけ?

いわゆる自業自得です。

この国は借金だらけだぜええ!
なんてあおられて?
消費税10%でも還元セールで思考を停止され
「なんか増税で儲かったような気がする?」
なんて感じる人もいると、報道されていました。

丸暴さんが自動小銃で武装していることが判明しました。
自動小銃ってなんだよう?

大辞林 第三版の解説
じどうしょうじゅう【自動小銃】

弾丸の装塡・発射、空薬莢の排出が、引き金を引くだけで自動的に行われる小銃。

簡単な説明です。
詳しく説明すると、銃に興味を持つ人が出てくるので、反社会行為と言えます。

今では反社会勢力なんて言われていますが
すぐ昔までは・・・・・
書くと非難喝采になります。

表現や言動の自由がないこの国ですから
表現の自由なんて勘違いすることは危険な行為と言えます。

中国でまた一人拘束されていたことが判明したそうです。
中国は「日本人よ!中国にちかずくな!」
と警告しているとジロコは感じます。

警告を無視すれば?
なんでもありの国でしょう?

それでもお金儲けのために中国へ行きますか?
<ジロコよ!威力業務妨害になるぜええ!>

ジロコ

そうは言ってもあきれ果てますね!
いまだに桜を見る会で賑わっています。
ほかにやること無いんですかね?
まじめ糸くずの特徴として
『心配や想定は人一倍してるのに
対策をあきらめて何もしない』
といわれています。

心配や想定をしていないで、ただ時間稼ぎのために
桜を見る会で賑わってるとしたら?
たんなるバカじゃん!
バカジロコと同類と言えます。
いわゆる ソウルメイトです。
バカジロコ
ソウルってどこかの国にあるじゃん!

馬鹿言ってんじゃあないよ!ジロコはソウルとは無関係だぜええ!
ソウル=粗売る じゃん!
粗大ごみ売ってんのかよう?

あの経済の三橋先生が、消費税は国家を滅亡させると言ってんじゃん!

政治屋さんも自己利益最優先思想を止めて
三橋先生の言ってることを考えみたらどうでしょうか?

<バカジロコ!野党の目的がわかってないぜええ!>

日本が2800年も続いてきたのは
消費税がなかったことが大きな要因だ!
などと言い出す政治屋さんはいないのか?

丸暴さんがどこから自動小銃を調達したか?
そんなことはどうでもいいことです。

今こそ消費税廃止の議論を?
マッ、いうだけ無駄ですから
引用画像
この態度が一番無難です。
君子危うきに近揺らず
引用画像キャリアピックス

良い子は危ないところに近ずかないほうがいいということです。
だったら中国へ行くのは?

自己責任でいけばいいのです。
だれも止めたりはしませんから、ご自由にです。

そうは言っても、誰か消費税を止める人が出てこなければ
この国の下流国民はゲゲゲの貧困国民になり果てるでしょう。

一日2食
お風呂は週一
洗車は雨水
お米は標準米以下
駅まで歩いてバス代節約
終電後は帰宅困難歩行訓練
お買い物は見切品最優先
などなど

生き延びることで頭が一杯になります。
その成果、心の病が激減するでしょう。

悩んでる暇がないぜええ!
生き延びるのが精いっぱいだぜええ!

琉球王国が独立後?
「中華人民共和国倭族自治区」の住民でございます。

になったら?
<バカジロコ!愚だ具だいい加減にしろ!>

バカジロコ

まっ、国営?ラジオをきいていると
愚だ具だ意味のないことを喋りまくっていますが
温暖化ありきの洗脳をかけていますので、注意が必要です。

「注意1秒!温暖化説の陰で誰が儲けている!」

引用画像
あの経済の三橋先生の話によると

儲けているものの反対は損しているもの
儲けの反面、同額の損をしている人がいるということです。

エネルギーは不滅ということと同じ原理かもしれません。
だったら諸行無常との整合性は?
エネルギーは常にその形を変えていくことで、諸業無常にぴったりじゃん!

ところで車をブレーキを踏んで止めるとエネルギーはどこへ行くかというと
ブレーキパットの発熱と摩耗に大半が変わるでしょう。
前方の信号が赤なのに、思いっきり吹っ飛んで行って
思いっきり止まるのは?

ストレス解消だぜええ!
マッ、人間はどこかでストレスを発散させなければなりません。

ジロコは具だ愚だと記事を書いて、イライラを発散しています。

自分では人畜無害と思っていても
世の中には、ジロコは目障りだぜええ!
なんて思っても、お金を使ってまでジロコを消し去るなんてことはないでしょう。
そうは言っても夜道とか、川や海の近くにはちかずかないほうが無難と言えます
当然大衆が集まるオリンピックなんて行くわけがありません。
<バカジロコ!いい加減にしろ!>
いじり画像

人気ブログランキングから引用します。
引用ジロコ、ジロッペです。
いじり画像
引用〜
永田町の税金泥棒たち、「追及本部」設立し、シュレッダー視察でパフォーマンスの愚
← 応援クリック、ありがとうございます。

「桜を見る会」を材料に野党や左派メディアが作り出す喧噪は、いまだ続いているようだ。倒閣野党の連中は、いままで活動していて何ら成果を出せない「追及チーム」を、党派を超えた70名規模の「追及本部」に昇格させ、この問題を徹底的に深堀しようと息巻いているようだ。

放送プロデューサーのデーブ・スペクターが、「そもそも、首相の主催なんだから、自分と縁のある人を招くのは当たり前。民主党政権の時は民主党の後援者が来ていましたよ。それを批判するのは“和田アキ子が『アッコにおまかせ!』を私物化している!”と叫ぶようなもの」だと、上手いたとえ話をしている。要するに、それほどバカバカしいイシューなのである。デーブが指摘するように、民主党政権時代、鳩山由紀夫もこの会を私物化していたのだが、野党の連中にすれば、その事実はなかったことにされるようだ。ご都合主義も甚だしい。

対策本部の本部長は、あの陳さんである。陳さんは、本部立ち上げ後の初会合で、威勢よくこんな演説をぶちかましたようだ。

「『小さいことではないか』とか、『国会でそんなことをやっている場合か』という批判をしている人たちがいるがとんでもない。魂は細部に宿る」と続け、「桜を見る会」でこうした私物化というひどい状況を作っている安倍政権だからこそ、これまでも森友学園や加計学園の問題、大学入試での英語民間試験をめぐる不公平・不公正といった事態が起きたのではないかとの認識を明示。「行政監視機能をズタズタにし、役所の仕事もズタズタにし、自分たちのお友だちだけ大切にし、国民生活はほったらかし。こうした安倍政権に対してしっかりとこの追及本部で、新しい証拠、新しい証言、皆さんの力で、国会に安倍総理が出てくるべきだという声をさらに強く上げていただきたい」と求めました。

言っていることがむちゃくちゃだ。「桜を見る会」を森友や加計と結びつけるのであれば、その根拠を示すべきだろう。森友や加計を「本丸攻め」の二大テーマとしたのは野党の連中だが、実際のところ、彼らはそれらのテーマにおいて、安倍総理に責任を負わせることに大失敗している。森友や加計は、野党の敗北事案なのだ。いまだ疑惑のように話を盛っているが、言っていることに何の進歩もない。

「桜を見る会」や森友、加計、大学区入試の英語民間試験等々を、一緒くたにして批判しているその材料には相互に関連性がないから、陳さんはただの感情論を述べているに過ぎない。こんなロジックもない無茶な批判を真顔でできる陳さんの論理は理解不能で、こんな論理とも言えない論理と議論せざるを得ない安倍総理は、つくずくお気の毒である。

さて、25日に発足した対策本部の初仕事らしきものとして、連中がシュレッダー視察をしたという記事を、毎日新聞が発信している。

野党議員 疑惑のシュレッダー視察 A4判800枚を34秒で細断 (毎日新聞)
 立憲民主党などの野党議員は26日、内閣府を訪れ、首相主催の「桜を見る会」を巡る疑惑の解明に向け、招待者名簿を処理したとされる大型シュレッダーを視察した。野党は招待者名簿約1万5000人分の資料を紙800枚と想定。名簿と見立てた800枚のA4判の紙を処理したところ、約34秒で細断が終わった。
 野党は前日25日に視察しようとしたが、内閣府に「アポイントがない」などとして視察を拒否されていた。【東久保逸夫】

画像省略
小学生の社会科見学じゃあるまいし、いちおうは国民の負託を受けてバッジを付けた政治家が、シュレッダーを視察するとは、情けなくて言葉もない。また、こんな報道記事を配信していったい何の意味があるのか、毎日新聞にも問い質したくなるというものだ。紙面やウエブをただ安倍批判で埋めたいというのが本心なのだろうが、こんなクソみたいな記事を書く前に、読者・国民のためになる有益な情報など、いくらでもあるだろう。

陳さんは、「魂は細部に宿る」とカッコよく言い放ったが、野党の税金泥棒の連中たるや、細部どころか表ヅラからバカ丸出しで、こんな活動に私たちの税金が使われている現実には、素直に怒りを覚える。この連中は、この前日にも内閣府を訪ねて門前払いを喰らっているが、これはアポなし訪問で門前払いにされるところをカメラに撮らせるという、彼らが過去に何度も使った常套手段である。意図が見え透いたあざとい芝居だ。

スポンサーリンク

我々国民は、こんなパフォーマンスのために税金を払っているわけではない。政治をやるつもりがない議員らは、即刻バッジを外し、三流記者にでも転身するがよい
〜引用終わります。

時給うん万円ももらってシュレッダー視察?

下流国民を舐め過ぎです。

ジロコの家にの業務用シュレッダーはあります。

34秒で数百枚は裁断できます。

一般国民のジロコの家にあるくらいだから、政治屋さんのアジトには

当然業務用のシュレッダーはあります。

引用画像

単なる時間つぶしじゃん!

この国の下流国民もあきれ果てていると思われます。
これじゃあああ、この国が下流国民の住みよい国になるはずがありません。
「当たり前だゾウ!外国人が住む良い国にするゾウ!:
なんていう態度ですから、下流国民もいい加減に目を覚まして
ザケンナよう!
と声を上げる時が来た。
ジロコはソのように感じます。
国会ごっこはいい加減にしろ!
引用画像

かといって過激な行動に出ても意味がありません。
引用画像
マスは、国民の自縛、国家の自縛を解くことです。
自縛ジロコ

簡単に言えば、洗脳から目を覚ますことです。

モットわかりやすく言えば、増すゴミの言っていることは
全てうそだ!と一度疑ってかかることです。

丸暴さんが撃たれたなんて言っても、下流国民が恐怖を感じたりすることはありません。

怖いのは丸暴さんの射撃の腕前がいまいちで、流れ弾が当たることです。

普段から射撃訓練をしてもらう必要があります。

そんなことより、空からものが降ってきたとか、アクセルとブレーキを踏み間違がえたとか、一家3人がいきなり・・・
なんてことに気を付けたほうがお利巧です。

引用画像

恐怖は突然やってくるからいいのです。

丸暴さんとはなにか?
超法規的存在と言えます。
法を超えていますから神様と同類かもしれません。

<バカジロコ!非難喝采になるぜええ!>

そうは言っても、丸暴さんと集金団体では
どちらが国民や国に被害を与えているかと言えば
圧倒的に集金団体のほうが被害を与えていると言えます。

ジロコは宗教団体=集金団体のイメージしかありません。
個人の感想ですから、非難の対象外です。
消費者庁の出るシーンはありません。

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜
政治家の役割 ①
2019-11-28 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

画像省略
※亀井静香さんが面白いこと言っていました。「何故、自衛隊を加憲するのだ? もう自衛隊は立派に出来ているではないか」といっていました。

火曜日のプライムニュースは、大変面白かったのです。出演者は石井一氏、亀井静香氏、武部勤氏です。特異なメンバーで大変面白かったのです。
要点を言うと、「安倍一強はまだまだ続く」と言っていました。どうしてかというと、その理由は、以下の通りです。公明党と自民党が手を組んでいます。今は小選挙区制ですから、選挙区を小さくして、そこから1名しか当選しないような仕組みです。
そこに自民党の立候補者には創価学会の組織票が入ります。2万から3万人の組織票が入るといっていました。そこで自民党も組織票です。この二つの組織がカチッと組んでしまうと小選挙区制は、自民党の当選ばかりになってしまうのです。だから、自民党が勝ち続けていくわけです。
 これは石井一さんも言っていましたが、「この小選挙区制を作ったのは自分である。今では後悔をしている。本当に間違ったことをしてしまった」と言っていました。このような小選挙区制の場合、政権は変わらないのです。
安倍政権が8年間も長く続いているのはそれが理由です。もう壊れません。敵がいないのです。「公明党と自民党が手を結びましょう」といえば、組織の票だから必ず当選してしまうのです。他の立候補者が入ってくる余地はありません
だから最高の票が取れて、議員数も安定しています。安倍政権が長期政権なのは、そのような理由です。石井一さんは、「今後もまだ自民党政権は続くであろう。本当はこの政権を終わらせなければいけないのだけれども、まだまだこれは続くのではないか」と言っていました。
安倍政権が長期政権で安定期に入ってしまっているので、官邸主導の政治になってしまったのです。政治には2つあって、「政治が主導して日本を動かす」というのが本来の姿なのですが、安倍政権は官邸主導になってしまっているのです。
官邸主導ということは、官庁には役人が大勢います。その連中が「こうしたいのですけれどもどうでしょうか?」と首相に書類を持ってくるのです。首相は目クラバンを押して、官僚の言うことすべて聞いてしまうのです。
首相官邸がその役割をしているのです。首相官邸に役人が来るのです。その中に大臣がいるのですから、そこでみんな決まってしまうのです。「ハイハイ」とみんな決まってしまうのです。
 安倍政権は官僚主導の政治です。政治家の意向が全く入らないのです。田中角栄のような有能な政治家は、集まってくる官僚をアゴで使ったのです。官僚をバンバン追いまわして使い切っていたので、いろんなことができたのです。
日本列島改造論なんかもそうです。田中角栄は、言うだけではなく本当にやったのです。あれは政治の意見なのです。官僚からは、このような意見は出てきません。「日本列島を改造して全国に新幹線を引いて駅を造り、経済を活性化していこう」などという発想は、官僚からは出てきません。これは政治が主導でないと出てきません。
今は安倍さんがすっかり官僚主導になってしまい、何も新しいことは出てきません。考えてみると歴代の首相が8年もやっていれば、何かをやっていたのです。岸信介は、日米安保です。佐藤栄作は沖縄返還です。田中角栄は日中国交回復です。
そのような政治家が出てこないから何もできないのです。安倍さんは官僚主導でやっているから北方四島も返ってきません。拉致被害者も帰って来ません。尖閣列島は中国に荒らされ放題、竹島も返ってきません。
倍さんは何もやっていないのです。8年も首相をやっているのに、何一つ実現されたことはありません。これを皆さん、忘れないようにしなければいけません。安倍さんの任期は後2年もあるのですが、第三期はあるのでしょうか?
安倍さんは、「やる」とは言わないけれども、結局やるようなことになってしまうでしょう。後継者が育っていないのです。「後継者、石破茂」と言ったら、5パーセントぐらいしか支持が取れません。後は小粒で誰もいません。
安倍さんは何もやっていないのですが「もう一期やりますか?」と聞かれたら「はい」と答えてずるずるとやってしまうのではないでしょうか? それて憲法改正もできません。何故なのでしょうか?
安倍さんは憲法を改正する意思がないのです。安倍さんは口を開けば「憲法を改正する」といいます。でも何もやっていません。国民会議すらやっていません。国民会議をやらないと前に進みません。安倍さんはやる気もありません。
安倍さんは保守に見えるけれども、保守の陣営ではありません。やっていることはリベラルです。リベラルということは現実主義ということです。安倍さんは、「憲法改正をしよう」と思うのですが、そう言いながらあちこちを見ているのです。安倍さんは現実主義なのです。
「この党は反対するのか? では止めよう」ということです。これを押し切ってやるのが政治ですが、安倍さんはそんなことはしないのです。「これをやったら反対が出る。公明党も反対だな。では、公明党の意見を入れて加憲しよう」となるのです。
現行憲法はもとのままで、新しい文章を加えることを加憲と言います。「自衛隊を加憲すればよい」と言っているのです。このようなこと言っているのです。
しかしここで亀井静香さんが面白いこと言っていました。「何故、自衛隊を加憲するのだ? もう自衛隊は立派に出来ているではないか」といっていました。僕はこの意見は面白いと思いました。
何故、わざわざ加憲して、自衛隊を書き換えるのか? 「自衛のための自衛隊をもつ」と入れたいのです。「自衛隊は憲法違反ではない」と言いたいのでしょう。それは入れる必要がありません。
世界第三位の立派な自衛隊はあるのです。立派な実力を持った自衛隊はもう存在しているのです。何故、あとから憲法に書き加える必要があるのでしょうか? 亀井さんは「こんな馬鹿なことは反対だ」と言っていました。これには深い意味があるのです。
これは僕の見方ですが、もし憲法に自衛隊を入れていないと、どうなるのかというと自衛隊は憲法外です。憲法に自衛隊を明記して、自衛隊がいるのならばわかります。ところが憲法において自衛隊は明記されていないのです。
しかし自衛隊は存在しているのです。すると「自衛隊は何か?」というと、憲法外です。だから、何だってできるのです。自衛隊は憲法に書いていないのです。自衛隊は憲法外の存在なのですから、何だってできるのです。(②に続く)

〜引用終わります。

架空の軍隊?日本の神が創ったのでしょう!

夜から朝にかけてジロコは10時間も睡眠してしまいました。
眠り過ぎです。
そうは言っても目が覚めなければ楽だぜええ!
なんて思える国は、この国の国民にとって住みよい国なのでしょうか?

懲役刑よりましだぜええ!
と思えばいいでしょう。

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の意志で変えています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA