心の病・思考停止大国

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
バカな国?はこの国だけではありません。

バカジロコよりもバカなことをやってる国が実在します。
国家でお笑い?

<ジロコよ!国家侮辱罪で逮捕されるぜええ!>

ジロコ

引用〜中国「国歌侮辱罪」を刑法に追加 3年以下の懲役
2017年11月10日 16:12 発信地:中国 [ 中国・台湾 中国 ]
刑法第299条に「公共の場において、中華人民共和国の国旗を燃やす、損壊、落書き、汚損、踏みつけるなどの侮辱的な行為をした場合、3年以下の懲役、拘留、取り締まりまたは政治権利をはく奪する」とする条文が追加された。また、国歌の歌詞と曲を故意に改ざんしたり、わい曲や毀損(きそん)するような形で国歌を演奏したり、またはその他の方法で国歌を侮辱したりするなどの深刻な場合にも同じ処罰を科すとしている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

甘い気持ちで海外へ行けば、危険が待ち受けています。
知らなかったでは済まされません。

知人に荷物運搬を頼まれて、荷物の中身を知らなかったなんて不自然なことはあり得ないとジロコでさへ思います。

運行日報に品名をかく欄があります。

今日は何運んでんのかなあ?

食品とか、衣料品なんて記入します。

運搬しているものが何だかわからないなんてことはありません。

そうは言っても移民や難民だったら

運送日報に人間なんて書けません。

人間を運ぶ資格がないと、この国では人間は運べません。

預かる人は「中に何がはいっているのですか?
タイマーですか?
大麻ですか?
アリですか?」
とたずねて、中身の確認をしてから預かるのが普通の人の態度です。

普通の態度を示していないところから怪しさがうかがえます。

このような原理で言えば
しらなかったで無罪になることはないと推定されます。
終身刑、しけいなどの恐れもあるでしょう。

外国へ行く場合は慎重な行動が必要です。
引用〜

不買運動で露呈した韓国の予期せぬ「限界」【崔さんの眼】
ジャーナリスト・崔 碩栄

画像省略
8月2日、日本政府が韓国を「ホワイト国」(優遇対象国)から排除することを閣議決定した。
経済産業省は韓国へ輸出した戦略物資の使用に関する「不透明性」を理由に「正当な措置」と主張したが、韓国側は徴用工問題に対する「報復」であると激しく反発。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定するなど、対立姿勢を打ち出すと、両国関係はまさに最悪の状態に陥った。
◇「いじめられる弱者」
優遇措置の中止であるとして、貿易管理の側面を強調しながらも、淡々と「事務的」に対応する日本側に対し、韓国側の反応は明らかに「感情的」だった。
韓国の与党「共に民主党」が日本の措置を「経済侵略」という刺激的な言葉を用いて攻撃したのを皮切りに、韓国マスコミは日本を「いじめる強者」、韓国を「いじめられる弱者」と描写し、日本に対する韓国国民の反感に火を付けた。
それに加わったのが、親政権性向の市民団体と反日性向の左翼市民団体だ。そこで市民団体が日本の「経済侵略」に対する反撃の手段として選んだのが「日本製品不買運動」である。
第1段階としてトヨタ自動車、日産自動車、キヤノン、ソニー、パナソニック、三菱自動車など、日本の有名企業がそのターゲットになったのだが、その中でも、重要ターゲットとして狙われたのが韓国市場で快進撃を続けているアサヒビールとユニクロだ。
アサヒビールは、2014年に韓国の輸入ビールの中で38%というシェアを誇る人気商品であり、ユニクロはこの10年間で売り上げが50倍以上に急増し、「国民ブランド」とまで呼ばれるようになった。
市民団体が反日デモ中にアサヒビールをゴミ箱に流すパフォーマンスでアピールすると、大学生グループは炎天下にもかかわらず、ユニクロの売り場前で反日スローガンが書かれたプラカードを持ってユニクロ不買を訴えた。
◇皮肉なことに
彼らの姿は、韓国マスコミによって「愛国的な行動」であるかのように国民に伝えられた。
だが皮肉なことに、それらの愛国的な行動は、韓国において日本製品の影響力がどんなに大きなものだったかを国民に強く認識させる結果を生み出した。
映像と写真、そしてSNSを通して国民の目に映ったこれらのシーンは、あまりにも滑稽だった。
反日デモを取材する記者たちのカメラは99%日本製だったし、反日イベントの公演に登場したあるバンドはYAMAHA,KORG、Rolandといった日本製楽器を持って、民族意識を高揚させる歌を歌う。

ソウル市内に掛けられた「ジャパン・ボイコット」の垂れ幕【AFP時事】
ソウル市内に掛けられた「ジャパン・ボイコット」の垂れ幕は、武藤工業の印刷機でしか作れないということが報じられると、さすがに失笑するしかなかった。
さらに、Tシャツに反日スローガンの刺しゅうを入れたのはブラザー工業のミシン、反日広告に登場したアンティークな雰囲気のペンはパイロットコーポレーションの製品であることが明らかになるなど、日本製品不買運動が実は「日本製」によって成り立っていることが次々と露呈した。
アサヒビールとユニクロは、韓国のコンビニ、商店街、そして一般家庭でも簡単に出会える「日本製」だから、それらを排除、不買にすれば、日本製品を全て排除することができる、日本に打撃を与えることができると思い込んでいたのだ。
◇代案もない排斥と排除
しかし、普段は意識することもなく当たり前に使っていたものの多くが、実は日本製だったことを思い知らされたのが、今回の不買運動という「騒ぎ」だった。
もし、日本製品の強みを認識していたなら、安易な不買運動は行わなかったかもしれない。
代案もない排斥と排除が得策ではなく、それは自己満足を得るための行為以外の何物でもないことくらいは分かったはずだからだ。
それ考えると、感情的な行動を愛国的な行為として持ち上げ、刺激的に伝えた韓国マスコミの責任は大きいと言わざるを得ない。
彼らはなぜ自分たちがソニーの放送設備を、三菱の輪転機を使っているかについて先に考えてみるべきだったのだ。
(時事通信社「金融財政ビジネス」より)
【筆者紹介】
崔 碩栄(チェ・ソギョン) 1972年生まれ、韓国ソウル出身。高校時代から日本語を勉強し、大学で日本学を専攻。1999年来日し、国立大学の大学院で教育学修士号を取得。大学院修了後は劇団四季、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど日本の企業に勤務。その後、フリーライターとして執筆活動を続ける。著書に「韓国人が書いた 韓国が『反日国家』である本当の理由」「韓国人が書いた 韓国で行われている『反日教育』の実態」(ともに彩図社)、「『反日モンスター』はこうして作られた」(講談社+α新書)、「韓国『反日フェイク』の病理学」(小学館新書)など。

〜引用終わります。

なんか増すゴミの態度ってどこの国も、こんなものなんて感じがします。
マッ、よのなかそんなものです。

真剣に考えても意味がありません。

だったら思考を停止すれば何も心配しないで楽に生きていけるじゃん!
と言うような理由のためか、この国でも思考を停止したと思われる人が多く見られます。

いわゆる、思考停止大国です。
絶滅危惧大国とか
貧困大国とか
平和ボケ大国とか
いろいろ呼び方があります。
もう一丁おまけに
思考停止大国です。

マッ、この国では「いまのところ」国家侮辱罪なんてありませんから、言い放題と言えますが、批判が拡散すると大変な騒ぎになります。

この前ちょこっと占いのことを書きましたが、続いて書いてみます。

昔はジロコは陰陽ジロコでした。
いじり画像
占いがカウンセリングに関係あるのかよう!?

ところでジロコは、この世でもあのよでも物事の全ては関連があると確信しています。

この世⇒一時的にあの世⇒次世代に表れる⇒一時的にあの世⇒次次世代に表れる⇒一時的にあの世⇒次次次世代に表れる⇒
と、限りなく堂々めぐりをしている?

しかし、そこには問題点があります。

だったらなぜ地球の人口が増え続けているのだ?
それは6〜7回人類が滅びたといわれるはるか過去から人類が生まれ替わってきている?
<バカジロコよ!救われないバカだぜええ!>
バカジロコ
それでは地球の人口が増え続ける説明としてはいまいちです。

そうは言っても生まれ変わりは証明できていません。
が、末法の現代では
証拠がなくても「お前しか考えられない」で極刑になっているのが現実です。

怨霊の呪いかもしれませんが、証明は不可能です。
証明のできない現実もあるのかもしれません。

ジロコのように夢と現実の区別ができないと、無駄なお金を使わないですみます。
夢の中で旅行をすればいいので、1円もかかりません。

しかしそのような国民が増えれば、この国は滅びます。
タピオカのようなものであおって、国民にお金を使わせなければなりません。
この国にあおりは必要なのです。
いじり画像

そうは言っても、あおられても気にしない態度も必要です。
引用画像
この国では、お金を使えば使うほどこの国に貢献しているといえるでしょう。

だったら毎年の個人消費額によって税金を決めればいいのです。
沢山使った人は税金を安くするのです。

貧困者は?
コメントできません。

お金があるのに使わない人は?
マッ、批判の骨頂になるので、ご自由に。
政治屋さんが言えば、辞任だけでは済まなくなります。
ごっこでも甘く見てはいけません。

この国の先哲(せんてつ=昔の哲人。昔のすぐれた思想家)の多くは、「気」が宇宙生成の法則により、人間生活の多大な影響を及ぼすものと考え、

・・・・・これは○○がなになにだと仮説を立ててから、実証に入るというようなもので、ジロコは変態バカだと仮定して、その変態や馬鹿さを実証するということと同じと考えられます。

連れ子が虐待にあう原因を貧困と仮定して問題解決を図る・・・・・ところがこの国は原因を隠して、なんでも法律や条令で規制を厳しくしていく、まるで中国のような国になっていく!

ジロコは日々そのように感じます。
・・・・・
これを、人間の本能を通して吉凶禍福を形成する星と定義しました。
・・・・・貧困の定義とは?

引用〜
貧困とはなんですか?」
あなたはこう質問されたら、貧困の定義を説明することができますか?

〜引用終わります。

この国では高校を出てすぐ働かなければならない人は貧困だそうです。

そうは言っても高校も出ていない〇藤〇と〇さんは高額納税者だそうです。
学歴と貧困は関連性が薄いと推定されます。

そのため、身の丈発言は何ら批判されるものではないと、ジロコは考えます。

この国の伝統と言えます。

2800年もこの国が続いているのは、国民が常に、身の丈を意識していることが最大の要因かもしれません。

平民は平民で、皇族は皇族で

いわゆる上流国民と下流国民です。

国民各自が自分のレベルを考えた行動がこの国を存続してきたと

ジロコは感じます。

引用画像

ところが○○人がふえたせいか、差別だ差別だぜええ!

なんていう声が沸き上がってきたようです。

この国では差別が当たりまえだと心得れば何の問題もないでしょう。

ジロコも○○を出て、東証一部上場企業に就職しました。
定年まで継続していれば、今ではこのような態度です。
引用画像
マッ、神がジロコをこのようにしたのですから、後悔しても意味がないと言えます。
人世に後悔なんて存在しないと言えます。

後悔しない人生!などとあおっても意味がありません。
初めからないのにあるようにあおって、金もうけを企んでいるだけです。

般若心経に意味をつけて、金もうけを企むようなものです。

空っぽだぜええ!と言っているのに
あるぜええと!言ってるようなものです。

マッ、卵が先か?鶏が先か?の類でしょう。

その当時はジロコは、まっとうな人生を歩み始めたかのように見えました。

ところが甘いぜええ!
神の意地悪さを身に染みた人生と言えますが
カウンセラーですから自己開示はできません。

単なる変態バカと思われればそれでいいのです。
安全地帯に踏みとどまってるといえるでしょう。

ジロコは、いつも神は意地が悪いので、願いをかけてはいけないといっています。
宝くじが当たるように!なんて願うのは愚の骨頂です。
引用画像

ジロコも借金生活を実行しています。
手元に「預金ではない」現金があっても
利息を払って借入金を利用しています。

ジロコ
理由は万一の時に、目いっぱい借り入れられるようにするためです。
万一はいつでもあり得ます。

マッ、神の杖が降って来たら心配も皆無になります。

人世どうにもならないときは、リセットをすれば済むことです。
が、このようなことはやめたほうがいいです。
引用画像
あの世まで問題は追いかけてこないでしょう。
世の中そんなものです。

<バカジロコ!それでもカウンセラーかあああ!>

時々自己規制?しないと記事が暴走します。
あなたの悩みを消しますなんて言っていて、面倒くさいから
あなたを消したぜええ!
なんてなったら、恐怖のカウンセラーです。

自己規制が効かないと、香港のようになる可能性を否定できません。
良い子よりも、自己規制できる子に!・・・・・

一方、実在する各天体の運行の法則をもとに・・・・・

ところで各天体は法則通り堂々巡りしています。
堂々巡りは宇宙にとっても重要なのです。

堂々巡りをマンネリだぜええ!なんてバカにするのはやめたほうが無難です。
マンネリがいけないと思うのは、経営陣に洗脳されていると
ジロコは感じます。・・・・・
引用画像

記事とジロコの感想がごちゃまぜでわけがわかりません。
とりあぜず記事は青色にして区別します。

差別ではありません、区別です。

差別と区別の違いが解らないと○○人と思われますので注意が必要です。

「こよみ」が作成されると、天体の星の動きに占術上の星の意義を重ね合わせ、何べんも試行錯誤を繰りかえしたあげく
色々の占術が考え出されて現在に伝えられました。
千支術、九星術、方位術、六輝、十二直、二十八宿
などなどです。

いちいち解説すると
千支術(かんしじゅつ);ある事柄を占おうとした時の日と時間の十干、十二支の関係をみて即座に判断をするものです。 具体的には ・占おうとした日の干支を出し、次にその時間の干支を出します。 ・その干支の相生、相剋を見て物事の吉凶成敗の判断をします。

九星術:のちに九星気学になりました。
九星気学:生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。

スポンサーリンク

方位術:方位術(陰陽五行を使った占いに限る) 方位盤から目的地の方向に何時出発するとどんな効果があるかを求める占いです。

六曜:(ろくよう、りくよう)は、暦注の一つで、先勝(せんしょう/せんかち)・友引(ともびき)・ 先負(せんぷ/せんぶ/せんまけ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・ … 友引を避ける」 など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。 六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。

十二直(じゅうにちょく)とは暦注の一つで、建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉のことである。 暦の中段に記載されているため、「中段」「中段十二直」とも呼ばれる。「直」 には「当たる」という意味があり、よく当たる暦注だと信じられていたと考えられる。

二十八宿とは、天の赤道に沿って選ばれた、1日ごとに月が宿る28個の明るい恒星のことです。太陽が地球上を運行する黄道にそって、月の一周が28個に分割されました。 この区分を宿(星宿とも)と呼び、星宿に星座名が当てはめられました。

カレンダーが単に日付けと曜日だけを記して、単に日数を数えるだけのため、
例えば来年のオリンピックまであと何日?
なんて言っても、オリンピックの盛り上がりが全然感じません。

災害の復興が進んでいないのに、オリンピックに言及すれば
「辞任だは済まないゾウ!」という恐怖感を感じているのでしょうか?

カレンダーと違って「こよみ」は宇宙生成の周期的放送を示し、
時間に空間の気を併記しています。
この空間の気が、暦(こよみ)を見る人に吉凶を判読されるカギになりました。

生まれた時に決まった人世では気に入らないぜええ!
貧乏から脱出するぜええ!
なんて、現状打破をもくろむ人は、こよみを活用して、明るい未来の扉を開いてみればよいでしょう。
しかし、そのような態度になることもうまれた時に決まっていたのかもしれません。
努力しないで下流国民になることも、努力して上流国民になることも生まれた時に決まっていたのかもしれません。

で、人生が終わる時期は?
神に問うてみればいいでしょう!

やはり人生は思考を停止していたほうがいいようです。

タピオカの次は何を仕掛けるか?
思考停止した国民の国ですから、操り安いと言えます。

いじり画像

踊らされるピエロですから、暴動なども起こしません。
いつも良い子でいます。

思考停止した国は平和と言えます。
国会ごっこや国連ごっこをしているうちは平和と言えるでしょう。

それでは引用ジロコ、ジロッペの出番です。
いじり画像

人気ブログランキングから引用します。
引用〜
緊縮派 対 緊縮派」からの脱却を!
NEW!2019-11-17 10:27:00
テーマ:日本経済関連
週刊実話の連載が@niftyニュースに転載されていましたので、ご紹介。
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-463793/
『世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第344回 医療の「余裕」を削減してはならない
 誰かの赤字は、誰かの黒字。誰かの黒字は、誰かの赤字。これは、誰も否定できない法則である。
大相撲を例にすると分かりやすい。1つの場所において、すべての力士が勝ち越すことは可能だろうか。もちろん、不可能だ。白星の力士の反対側には、必ず黒星の力士がいる。全力士の勝ち越し、あるいは負け越しの数字を合計すると、必ずゼロになる。
経済における黒字、赤字も同じだ。国民経済を織りなす4つの経済主体、すなわち「家計」「企業」「政府」そして「海外」の収支(黒字、赤字)の合計は、常にゼロである。
例えば、4つの経済主体の内、家計、企業、政府の3者が黒字になったとき、海外は絶対に赤字。そして、赤字額は家計、企業、政府の黒字額の総計と等しい。
安倍政権は、いまだにプライマリーバランス(基礎的財政収支、以下PB)の黒字化目標(2025年)を掲げている。政府が赤字を縮小すると、その分、民間(家計、企業、海外)の黒字が縮小するか、もしくは赤字が拡大する。(後略)』

昨日の青木先生の先生の講義にもあった「政府VS民間の貨幣流通(恒等式)」でございますが、

民間企業収支+民間家計収支+政府収支+海外収支=0

これは、GDP三面等価の原則と同様に、決して覆されない大原則です。

 コインの表の反対側は裏なんですよ! 手の平を下に向ければ、甲は空を向くということに他なりません。

と、某環境大臣風に言ってみましたが、誰かの黒字は誰かの赤字。誰かの赤字は誰かの黒字でございます。

というわけで、政府のPBを黒字化するためには、誰かの赤字を増やすか、黒字を減らすしか方法がないのです。
【日本の企業・政府・家計・海外の資金過不足(兆円)】
http://mtdata.jp/data_67.html#kabusoku
上記の通り、安倍政権は着実に政府の資金不足(≒PB赤字)を縮小していっており、2018年度は11.1兆円。これは、アメリカの不動産バブルを背景に輸出拡大で景気がそこそこ良かった2007年度(8.2兆円)に次ぐ小ささです。

記事中にも書いていますが、財務省は「表向き」は、海外の赤字(日本の経常収支黒字)が拡大することを前提に、PB黒字化2025年達成の目標を掲げています。

とはいえ、現在の世界情勢で、外需が06年並に拡大する(そういう前提になっている)など、あり得ません。

また、安倍政権の日本の柱は、「緊縮財政」と「ビジネス=投資家優位な改革」です。本来は、企業は赤字(損益計算書の赤字ではなく、キャッシュの話)になるべきなのですが、投資家に損を与える民間企業収支赤字化の政策は採らないでしょう。

となると、負担は確実に「家計」に圧し掛かってくることになりますつまりは、社会保障支出の削減と、負担増。そして、消費税再増税です。

『経団連、10%超す消費税など提言 財政・社会保障改革
経団連は13日、財政再建と社会保障改革に関する提言を発表した。消費税率10%超への引き上げや、高齢者に手厚い医療保険制度の是正などを盛り込んだ。
提言は「経済成長・財政・社会保障の一体改革による安心の確保に向けて」で、改革が遅れた場合、企業活動に悪影響が出て社会保障制度の存続も危ぶまれると指摘。75歳以上になった人の医療費の窓口負担や介護サービス利用時の自己負担の引き上げなど具体的な施策を示した。』

予想通り、財務省の飼い犬である経団連から、消費税増税や社会保障支出錯塩、負担増の提言が始まりました。

今後、財務省の飼い犬たちが次々に「提言」を出し、世論が醸成されたタイミングで、消費税再増税や社会保障負担引き上げの議論が始まることになります。

また、アメリカのトランプ大統領が、
<21年3月末の日米特別協定更新の期限を前に、日本が負担している約20億ドルを約80億ドルに増やすことを日本政府に求めた>
との報道が流れています。

属国としての宗主国様への支払い」がネットで増えるとなると、その分、「どこかを削るか、増税するか」という選択をせざるを得ないのが、PB黒字化目標です。

急がなければなりません。MMTが「経済学」として証明した、貨幣の本質、「誰かの赤字は、誰かの黒字」といった「事実」を早急に国民が共有するのです。
その上で、野党サイドに積極的にインプットし、自民党と「競争」させる。

次の総選挙で、せめて「緊縮財政派 対 積極財政派」の争いに持ち込む必要があるのです。
これまでの構造「緊縮派 対 緊縮派」から脱却しない限り、我が国に繁栄の未来はありません。

不毛な「緊縮派 対 緊縮派」からの脱却を!に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
https://blog.with2.net/link/?786810
〜引用終わります。(経済評論家・三橋貴明)

増すゴミは、国民を思考停止?させようと躍起になっていると感じられます。
どうでもいいニュースなどで、国民の関心をそらす手口は常道と言えます。

マッ、思考停止した国民が多そうですから効果があることでしょう。
ジロコのように変態バカでも、思考は停止していません。
バカジロコ

思考を停止していない国民が声を上が続けなければなりません。
今後は「安保持続税」なんて出てくるでしょう。

国産車に乗ってる人には
「アメリカ税」
なんて

アメリカ車に乗ってる人には
自動車税無税だぜええ!

韓国車に乗ってる人には?

安保維持税を払わない奴は
差し押さえ?
甘いぜええ!国外退去だ税!

中国へ行けば
罠を仕掛けられ?
国家反逆罪だゾウ!
一生檻の中だぜええ!

だったら動物園の動物と同じじゃん!

<バカジロコの妄想だゾウ!>
なんて言ってるうちはましですが・・・・・
思考停止もいい加減にすることが必要になったと言えます。

あなたは思考を起動しますか?
それともこのような事態が起きないと、起動ができませんか?
引用画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜
朝鮮半島大動乱近し! ②
2019-11-18 00:00:00NEW !
テーマ:朝鮮人問題・日本籍朝鮮人

画像不可

※韓国海軍初の3千トン級潜水艦 念頭に北朝鮮?日本?
韓国南東部、慶尚南道巨済(キョンサンナムドコジェ)で14日、文在寅(ムンジェイン)大統領らが出席して、韓国が独自に開発した最新型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」の進水式があった。韓国初の3千トン級潜水艦で、韓国メディアによれば、射程約500キロ以上の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を装備し、2020年1月に実戦配備される。(朝日新聞より抜粋)

政治家は「やろう」と思ったら何でもできるのです。一番極端な意見は、拉致被害者を実力で取り戻すということです。これは必ずしも北朝鮮との戦争を意味しません。戦争をしない形でやればよいのです。空から音もなくパラシュート部隊が北朝鮮に入って行って、地上におりるのです。真っ暗な中でパラシュート部隊を投下するのです。
金正恩を目指して捕まえてしまうのです。それで交換条件を出せばよいのです。そうすれば、いきなり大戦争になりません。金正恩だけ捕まえてしまえば、済んでしまうのです。
それをやらなければいけません。北朝鮮は、自分たちの人民を捕まえているのです。何千名もいるらしいのです。それは見て見ぬフリです。「何故なのか?」と武田教授が海上保安庁と海上自衛隊に聞いたところ、このような答えがかえってきたのです。
海上保安庁は1万数千人しかいません。この人数で日本全国を守ることは不可能です」。そのような答えが返ってくるのです。
海上自衛隊に聞くと、「はい、私たちは交戦権がありません。日本人が拉致され、北朝鮮の船に乗っているのに追って行ってやつけることはできません。追って見ているだけです。その間に北朝鮮の領海に入ってしまうと、もう何もできません」。という回答です。
なぜ竹島に韓国の警察軍がいるのでしょうか? 竹島では、韓国の警察軍が機関銃を構えているのです。竹島は日本の領土です。では、自衛隊が出かけて行って、一発大砲を撃って取り返してきなさい! 安倍政権は、それもやりません。何もやらない内閣です。
 相当の工作員が日本の政治権力に入っているか、よほど馬鹿なのです。だから、僕の書いた『虚構の憲法』を読ませたいのです。この本を識者にも一生懸命配っています。読んでも、北朝鮮に染められた頭ならば、ちんぷんかんぷんです。
韓国はいま何をやっているのかというと、「航空母艦と潜水艦と原爆を作りたい」と言っているのです。何のために原爆が必要なのでしょうか? 潜水艦も、原子力潜水艦にしたいのです。これはアメリカに許可をもらえるように一生懸命頑張っているのです。
韓国の敵は北朝鮮なのですから、原子力潜水艦はいりません。陸上から北朝鮮は攻撃できるのです。どうしようもない場合は、海を渡って北朝鮮を攻撃すればよいのです。北朝鮮をやっつけるのに原子力潜水艦はいりません。
韓国は「いや、原子力潜水艦はいるのです。それは日本をやっつけるためです」と言うのです。何を馬鹿なこと言っているのでしょうか? 韓国は日本と戦争を本当にやる気なのでしょうか? 韓国は、日本と戦争などできません。韓国は態度だけハッタリをかけているのです。そのようなこと言っているのです。
だからアメリカも怒っているのです。「今後、韓国はどうするのか? 韓国から引くぞ。アメリカに守ってもらいたかったら、韓国は5倍の経費を出せ!」と言っているのです。すごい金額です。
その他、いろんな条件を出しています。アメリカは韓国に対して、「有志連合に加盟して軍隊を出せ」と言っているのです。日本は参加しません。独自で自衛隊をホルムズ海峡に派遣するのです。韓国はアメリカに「軍隊を出せ」と言われているのです。
アメリカから4項目を出されて「この条件を飲め」といわれているのですが、韓国はとても飲めないのです。アメリカ人の目から見ると「韓国は北朝鮮とつながって、アメリカを敵にしている。原子力潜水艦を持ちたいと言っているのは、アメリカ向きかもしれない」と思っているので、めちゃくちゃにされてしまいます。そのように韓国は言ったのです。
中国も面白くありません。北朝鮮は「東京に核を落としたら、次は北京だ」と言っているのです。よくそんなことが平気で言えます。いくら馬鹿だと言っても、言ってよいことと、悪いことがあります。もう中国は北朝鮮を「小僧!」といって睨んでいます。
アメリカにも限界があります。GSOMIA(ジーソミア)の失効の期日が近づいているのです。GSOMIA(ジーソミア)が失効になるとどうなるのかというと、韓国は完全に敵国になってしまうのです。
アメリカの敵は韓国です。日本の敵は韓国です。そうなってしまうのです。そうなっても韓国は、GSOMIA(ジーソミア)の失効をやろうとしているのですから、文在寅はキチガイです。もうすべてシナリオに入っているのかもしれません。
GSOMIA(ジーソミア)の失効は脅かしで、「やるぞ!」と言っているのではなく、本当にやる気で言っているのかもしれません。先が読めません。先を読んで言っているのかもわかりません。
そして、韓国は「日米韓条約を破棄するぞ」と言っているのです。どことくっつくのかというと北朝鮮とくっつくのです。そして、韓国で潜水艦や航空母艦を造るのです。北朝鮮ではとてもできません。
そこで北朝鮮の核と韓国は手を組んで、一番大きな大朝鮮帝国を造ろうとしているのです。まさに、朝鮮半島の大動乱の兆しです。これを我々は今後、注意深く見ていかなければいけません。

〜引用終わります。

マッ、核大国になったとしても
神の杖が降れば・・・・・

 

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコムームージロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の意志で変えています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
いじり画像とは、ジロコが引用画像を加工した画像です。

©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA