心の病・虚構の首里城

スポンサーリンク

うっかりして固定ページに記事を書いてしまいました。

書き直すのも面倒くさいので、記事欄には原稿からコピッペするだけにしました。

この記事については固定ページをご覧ください。

<バカジロコ!認知症になったのかあ!>

心に明かりを!ジロコのブログです。
ジロコがケーブルTVを見ていたら、外国映画で、すごい兵器が出てきました。
核ミサイル以上の威力で、放射能は発生しません。
人口衛星から、特殊合金の棒を地球に落とすだけです。
すごい威力で、東京など一瞬に廃墟です。
核ミサイルなんか必死に開発しても意味がないと言えます。
北朝鮮も映画内で標的にされていました。
核放棄だぜえええ!
なんて言っても意味がありません。
核以外の兵器の開発はどんどん進んでいる?
国際社会が核兵器に注意を引かれている間に
ドンデモ兵器が開発実用化に向けていると、ジロコは推理します。
<バカジロコの!妄想じゃん!>
なんて思われる方は
引用画像
引用画像
引用画像
引用画像
危機感が不足されているとジロコは感じます。
いや、怖いもの見たく無いゾウ!
考えたくもナイゾウ!
考えてもどうにもならないゾウ!
だったら知らんふりしてればいいじゃん!
引用画像
マッ、昔はそれで済んだ?
「火のないところに煙は立たず」
なんていうのは過去の遺物と言えるでしょう。
煙が出ていたぜええ!
なんていえば、火が無ければおかしい?
今では電磁砲なんてものがあるそうです。
電磁砲発射 ☞☞☞☞☞ ターゲット発火
首里城内部を標的にして電磁砲発射!
マッ、原理は電子レンジのようなもので、優秀な方なら簡単に実用化できるとジロコは感じます。
わざわざ忍び込んで火をつける必要はありません。
引用画像
当然監視カメラにも映りません。

マッ、自然発火で済ませばいいじゃん!
引用画像
電気火災にしておけば八方万歳です?
自然発火なんてあり得るのでしょうか?
しかし、首里城ってなんなのだ?
引用〜
全焼は史上5度目
首里城の焼失は史上5度目となる。
1度目は1453年、王位をめぐる争いによって全焼した。2度目は1660年、3度目は1709年。再建にはそれぞれ10年以上を要した。
「沖縄県」となった後、首里城は日本軍の駐屯地などに利用された。1925年には首里城の正殿が国宝に指定され、昭和の大改修が行われたが、1945年の沖縄戦で焼失。戦後は跡地が琉球大学のキャンパスになったが、1992年に本土復帰20周年を記念して国営公園として復元された。
2000年12月には、首里城跡が世界遺産に登録された。「九州・沖縄サミット」では各国首脳の夕食会が開かれた。2020年の東京オリンピックの聖火リレーでは、首里城公園が出発地点となる。
毎年この時期には、首里城祭が行われている。10月27日も琉球王国時代の華やかな行列の様子が再現されるイベントが行われたばかり。琉球国王・王妃の行列をはじめ、中国皇帝の使者や伝統芸能が続き、約700人による壮観な世界が繰り広げられた。
「ウチナンチュ(沖縄人)アイデンティティの象徴だった」
沖縄県名護市出身の会社員、城間恒斗さん(36)は、「朝起きて、家族や友人からもLINEが来ていてニュースを知った。言葉にならないほどショックです」と話す。
小高い丘の上に位置する首里城は、「ウチナンチュ(沖縄人)の心のシンボルで、アイデンティティの象徴だった。地元に帰って、あの綺麗な朱色を見えると心が落ち着いた」と言う。
炎に包まれる首里城を見て「沖縄戦をイメージしてしまった」と言う。
「戦争を知るおじいちゃんやおばあちゃんの気持ちを考えてしまった。30年以上かけてようやく復元が終わったばかりで、本当に綺麗な城だったんです。もう帰っても見られないなんて…」
〜引用終わります。(HUFFPOST)
5回も焼失したそうです。
普通では考えられません。
日本の神が怒っているのでしょうか?
<バカジロコ!非難喝采になるぜええ!>
バカジロコ
ジロコは、沖縄を独立国にすれば、二度と首里城が消失することはないと感じます。
独立すれば日本政府の言うことを聴く必要はありません。
埋め立てるゾウ!なんていえば
内政干渉だぜええ!阻止だ!
アメリカは沖縄から出て行け!
安保なんて関係ないぜええ!
で、すっきりするとジロコは考えます。

琉球王国の復活!
日本からの縁切りによって、首里城が消失することはないとジロコは感じます。

引用〜
琉球王国はいつできて、どのような理由で沖縄県になったのか知りたい。
回答
(Answer)
1429年中山王尚巴志(ちゅうざんおうしょうはし)は北山、中山、南山の三つの王国を統一し、首里(現在の那覇市)に首里城を築いて琉球王国を作った。16世紀後半から豊臣秀吉や徳川幕府は琉球王国に対して支配下に入るよう圧力をかけていたが、明との関係を重視して歴代の王はこれに対してはっきりとした態度をとらなかった。しかし1609年、第7代の尚寧王(しょうねいおう)のとき幕府の許可を得た薩摩藩は3000の兵力によって琉球を制服し、首里に在番奉行所をおいて琉球の内政と外交を監視した。薩摩藩は明貿易の管理権をにぎり、年貢を薩摩藩に上納することを義務付けた。これによって琉球王国は薩摩藩主の島津氏属国として支配権をにぎられ、幕府体制に組み込まれた。1872年明治政府は琉球藩を設置し、19代目の尚泰王を琉球藩王に任命して琉球が日本の領土であることを内外にしめそうとした。しかし琉球が清との関係を続けようとしたため1879年に、明治政府は軍隊や警官を送り廃藩置県を強行して琉球藩を廃し沖縄県を設置した。
〜引用終わります。(南アルプス市立図書館)
日本は沖縄(琉球王国)を奪い取ったのです。
それで沖縄の人は、日本政府に反抗的?なのかもしれません。
沖縄を琉球王国に戻せばいいじゃん!
ジロコはソのように感じます。
琉球王国になれば、アメリカ軍も自衛隊も撤退です。
交番なんて言うものも撤退です。
自国でやれようです。
やっと静かになったぜええ!
と、琉球国民が喜んでいましたとさ。
あるとき
あれはなんだ!
引用画像
想像にお任せです。
恐怖の琉球王国?
なんて考えれます。
<バカジロコ!いい加減に しろ!>
バカジロコ
首里城祭りなんて、日本政府に対する嫌がらせジャン!
琉球王国を誰がつぶしたんだあああ!
賠償じゃああ!バイショウ!
とジロコは感じます。
やはりジロコは ばかなんでしょう。
バカジロコ
引用画像
人気ブログランキングから引用します。
引用〜
朝日新聞よ、日韓関係の改善を目的化するな
← 応援クリック、ありがとうございます。
朝日新聞デジタル版に、フォーラムというアンケートをもとにした記事がある。今まで「幼保児無償化、バラ色?」や「「イクメン」どう思う?」など、社会問題などを拾ってアンケートをとり、そのアンケートに答えた人などの意見を拾って掲載していく記事だ。しかし、朝日の場合には記事には不文律がある。
最近のフォーラムで、「日韓関係どう思う?」という記事が2回に渡って掲載された。朝日の場合、アンケートの傾向は都合の良い数字だけを取り上げて記事にはするが、都合の悪い数字が出た場合は、圧倒的文字数で反論を書く。日韓関係のアンケートの場合、関係をよくするべきという前提に立って記事が書かれる。観光産業など、南鮮観光客に少なからず依存している地域の声などを拾い、日韓関係が良くならなければ困る人の意見のみを掲載するのだ。最初から「日韓は仲良くすべき」という結論が決まっているのだ。

スポンサーリンク

「日韓関係どう思う?」の記事には、結果を表した絵が挿入されている。日本地図を広げ、休止・減便した主な日韓航空路線が最初に出て来る。次に出て来るのは、「あなたは韓国が好きですか?嫌いですか?」というストレートな質問だ。何故かグラフにはパーセンテージは出てこず、回答数が表示されている。ストレートな質問ながら、悪化の数値化を忌避しているような矛盾だ。結果は「好き」が23%、「嫌い」が45%、「どちらでもない」が32%というもの。複数回答が許されない質問であるから、回答数ではなく割合を数字で表すべきだろう。
次に、「日韓関係の改善のためには、何が必要だと思いますか?」という質問が出て来る。結果はこのようなものだ。
旅行など人の往来を活発にやる(76)
文化やスポーツ交流をさかんにする(97)
相手の歴史や文化を学ぶ(245)
敵対感情をあおるようなメディアの報道や出版を控える(291)
両国間で姉妹都市や友好都市を増やす(13)
政治家が不用意な発言をしない(181)
その他(239)
この質問は「日韓関係の改善のために」という前提を置いて聞かれたものだから、回答は自ずと改善の方法になる。だからし、「無理して改善する必要はなし」という意見は出てこないのか、もしくは「その他」に追いやられ、曖昧にされているのだろうと思う。
このアンケート結果が、朝日側による数字の改竄なく掲載されたものだという前提で言えば、「敵対感情をあおるようなメディアの報道や出版を控える」という回答が最も多かったのは、朝日の意を得るものだったのだろう。しかし、日韓関係の歴史を知る人にとっては、これは朝日へのブーメランだということがわかるはずだ。
「日韓関係は改善すべき」「話し合いで解決し、友好を」などと朝日は常日頃から主張するが、日韓関係を悪化させた主犯は朝日新聞なのだ。いわゆる慰安婦問題が最たる例だが、捏造記事を以て南鮮世論が反日に向かう材料を与え、それが虚偽に基づく記事だと薄々分かっていても、それを否定することはなかった。日本が悪魔のような存在であったという前提が必要なのは、朝日も南鮮も同じであり、彼らは相互に依存しあっているのだ。「敵対感情をあおるようなメディアの報道を控える」という意見が多数を占めたことを、朝日は恥じるべきなのだ。
このアンケート、私だったら「無理して改善する必要はなし」と答える。日韓においては、関係改善が目的化されてはならない。悪化の原因を、南鮮側が解決することによってのみ、前へ進む可能性が出る関係なのだ。
〜引用終わります。
引用画像
引用画像
引用画像
引用画像
情弱世代が消滅しつつある末法の現代では
増すゴミの世論誘導の手口が無効化に向かっていると言えます。
ジロコは世論調査なんて100%信じていません。
世論誘導の手口の一つと感じます。
引用画像
個人の感想ですから訴訟の対象にはなり得ないでしょう。
サプリが効かないぜええ!
なんて訴訟を起こしても意味がありません。
個人の感想にあれこれ言っても無駄といえます。
和菓子の恩N氏の記事を引用します。
引用〜
バグダディが泣いて命乞いをした
2019-11-04 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法
画像略
※米軍兵器ー神の杖
核兵器に代わる戦略兵器として計画されている兵器で、タングステンやチタン、ウランからなる全長6.1m、直径30cm、重量100kgの金属棒に小型推進ロケットを取り付け、高度1,000kmの低軌道上に配備された宇宙プラットホームから発射し、地上へ投下するというもの。極めて大規模であるが、一種の運動エネルギー弾であると言える。落下中の速度は11,587km/h(約マッハ9.5)に達し、激突による破壊力は核爆弾に匹敵するだけではなく、地下数百メートルにある目標を破壊可能だとされている。
ISの指導者のバグダディが米軍により殺害されました。殺害された時の状況は、自宅にいるところ、犬に襲われたのです。米軍も考えたものです。軍用犬というのです。軍用犬などがいることなど知りませんでした。
警察犬がいるということは、知っていましたが軍用犬は人を襲う犬です。軍用犬がバクダディ容疑者を襲うと「助けてくれ!」と泣き叫んでわめきながら逃げたというのです。それで、「もう逃げられない」と知って、子供を道連れにして自爆したのです。
僕はこの話を聞いて、「お前、いい加減にしろよ」と思ったのです。ISは、どれだけ多くの人を殺してきたのでしょうか? 少年、少女を騙して軍隊で使って、自爆テロをやらせたのです。人に自爆テロをやらせておいて、人の命は惜しくないのでしょうか?
バグダディは自分の命は惜しいのです。泣いてわめいて命乞いをしても許さないのです。犬が猛烈に襲ってきかたから逃げたのです。「うわー、助けてくれ」と泣きながら逃げたというのです。だらしがない奴です。これが世界の政治の現状です。
人が死ぬことは何でもありません。現代人は自分に死が襲ってくると本当に怖がるのです。人を殺している奴ほど怖いのです。
その因果の関係がわからないのです。例えば、日本に原爆を落としたエノラ・ゲイの搭乗員や原爆開発者は、何十万人の人間を焼き殺したのです。これは、仏教的にみると、ガッチリと因果が入ってしまったのです。
それは、何十万回も焼き殺される運命に入ってしまったのです。それに気が付くと恐怖に震えて慄くのです。エノラ・ゲイの搭乗員は、気が狂ってしまった人もいたのです。やった後で、「やってしまった」と気が付くのです。この因果からは逃れられません。
このような因果関係で物事が動いているということがわからないから馬鹿なのです。人間は殺せば終わりではありません。その行為は終わらないのです。僕はそのようなことを知っているから、人をいじめたり、殺したりはしません。全て自分に返ってくるのです。因果応報です。
それから、沖縄の首里城が全部焼けてしまいました。これは、世界文化遺産に登録されたのですが、石の台だけなのです。上にあった建物は文化遺産にはならなかったのです。元々の首里城とは、色も違えば形も違うのです。首里城の写真がアメリカから出てきたのです。
そんなものが文化遺産になるはずがありません。焼けたということは、一つは「原型の姿に返しなさい」ということです。色も形も違うのですから、そんなものが文化遺産になるわけがありません。
焼けたという意味の一つは「元の姿に返しなさい」ということです。現代人が考えた首里城であって、昔の首里城ではありません。もう一つの意味では、これは放火だと思います、まだ、誰も言っていませんが放火でしょう。
一番中心になる正殿からどうやって火が出るのでしょうか? 火が出るはずがありません。まず、疑わなければいけないのは、文化財の場合は放火だと思わなければいけません。事実、神社やお寺などで韓国人による放火事件がありました。
今回の放火事件は中国人による放火だと思います。何故かというと、中国は沖縄を狙っています。沖縄を盗ろうと思っているのです。その沖縄も2つに分かれていて、「中国に寝返ったほうがよい」という連中と、「日本とアメリカと仲良くしていかなければいけない」という連中がいるのです。世論がそちらに傾いてきたのです。
左翼に囲まれて、故・翁知事などの言うことを聞いていたら、どんどん中国に流されてしまうのです。列島事中国へ流されて、中国へくっつこうとしているように見えました。
ところが、中国にくっつきそうに見えても、最終的には元の日本側に戻ってしまうのです。すると、これをよろしく思わない奴らがいるのです。沖縄を盗ろうと思っている連中にとっては、これはよくないのです。
「では、文化財で一番大事な所を燃やしてしまえ」と、ガソリンを巻いて火をつけたのです。だから、燃えてしまったのです。ということは、奴らの怒りを物語っているのです。「沖縄は中国を向かないと大変なことになるぞ!」という脅しです。
沖縄の人々にもよく考えてもらいたいと思います。我々日本列島と沖縄を含めて、ミサイルが飛んでこないのは、米軍のおかげです。沖縄には沢山の米軍基地があります。沖縄を攻撃すると、米軍基地に当たってしまいます。
一発でもミサイルが飛んで来たら、米軍の猛反撃が始まるのです。すると、何処の国も一瞬で終わりです。沖縄は米軍基地があることによって、守られているのです。「米軍は沖縄から出て行け!」と言っているのは、どこの馬鹿なのでしょうか?
米軍が沖縄から出て行ったら、それこそ中国に侵略されてしまいます。米軍は規則に基づいているので、日本を侵略しているという言葉は当てはまりません。基地を置いているということと、侵略されているということは違います。
沖縄には自由があるのです。それを利用して左翼の連中が沖縄を日本から独立させようとしているのです。日本列島に米軍の基地があるということは、有難いことなのです。北朝鮮も、中国も、ロシアも絶対にミサイルを撃ってきません。
米軍にしてみれば、一発でもミサイルが飛んできて米軍基地が攻撃されれば、本国を攻撃されたということと同じことです。だから、すぐに報復に入ります。何処の国もビビッてしまうような攻撃がされるのです。
米軍の爆撃機が編隊を組んで空一面がまっ黒になってしまいます。ババババ・・・・、と爆弾を落とされて、場合によっては原爆を落とされてしまいます。米軍は爆撃機を持っているのです。北朝鮮の真上を飛ぶのではありません。北朝鮮の周りを爆撃機が回って、水爆を落とすのです。水爆を落とす高度は高いので、北朝鮮の大砲は届きません。
それが50~60機はいるのでしょう。「いつでも行くぞ!」ということです。米軍基地を攻撃したら恐ろしいことになるのです。しかも、交代制ですから、常時爆撃機が上空にいることになるのです。何処の国も米軍には逆らえません。
「中国がミサイルを撃った?」など、すぐにわかるのです。米軍が本気を出したら、逆らえる国があるはずがありません。軍事には一度たりとも気を抜いてはいないのです。まだあります。米軍には「神の杖」があります。恐ろしい兵器が飛んで来るのですから、猫の子一匹いなくなってしまうのです。
それにもかかわらず「火の海にしてやる!」など、金正恩はアメリカを相手にくだらないことを言っています。アメリカは強がる相手ではありません。ここらで止めておかなければいけません。そのような問題があるのです。
沖縄も米軍がいてくれて有難いのです。「米軍がいてくれて、有難い守護神様だ」と思えばよいのです。米軍基地があるおかげで、沖縄は戦争に巻き込まれないのです。左翼の連中は馬鹿な奴らです。何故、そんなことがわからないのでしょうか?
それをやっかんだ奴らが「中国からの独立は認めない」ということです。首里城は沖縄の象徴です。それを焼いてしまえば、沖縄の象徴がなくなってしまいます。だから、「むしろ侵略しやすい」と思っているのかもしれませんが、米軍がいるからそう簡単にはいきません。
「軍備が如何に大事なのか」ということを日本人は、もっと知らなければいけません。今回の首里城の焼失を見てそのように思いました。日本の問題とこれを絡めてみると、日本は主権国家です。
主権国家の象徴は憲法です。憲法があるから主権国家と言えるのです。しかし、その憲法が主権国家の産物なのに、独立した憲法ではない、他所から押し付けられたものならば、日本は主権国家ではありません。
憲法は主権国家の象徴です。「私たちは主権国家として、このような憲法を持ちます」というのが憲法です。それをGHQに押し付けられて持ったならば、憲法ではありません。従って日本はまだ奴隷国家です。
そのような問題に気がついて、「全ての日本の問題は憲法にある」と僕は気が付いたのです。これが現代の日本国民を弱めて、日本人を馬鹿にしているのです。それにもかかわらず、日本がこれだけ発展しているのだから、日本人の能力は高く、産業界の人々が偉かったのです。何も役に立たない憲法を持ち、軍隊もない国がここまで世界に進出してやれるのは、経済人が相当立派だったからなのです。
しかも、経団連会長が朝鮮人でありながら、経済界を発展させてきた人達は素晴らしいのです。今こそ、安倍首相が「憲法を加憲する。憲法第9条に自衛隊を明記する」など、小手先の芸をやらないで、根本から「日本国という国はどのような歴史をもった国なのか」ということを憲法に織り込まなければいけません。
みんなで憲法を考えなければいけません。皆に考えてもらおうと思ってつくったのが、『虚構の憲法』です。この本を期待する声が多いのです。「この本は日本を救うであろう。日本を救うことになるはずだ。」と言われています。皆さん、この本を読んでください。
日本人一人一人に、1億3千万人に読ませたいと思っています。そのような思いで、自民党本部に30冊、経済界にも送っていくつもりです。是非、皆さんにも『虚構の憲法』を読んでもらいたいと思います。
〜引用終わります。
<バカジロコ!引用が多すぎるぜええ>
コピッペジロコ、ジロッペです。
いじり画像
続くべええ!
書きやむべええ!
®ムームジロコ
注)ジロコの記事中<  >内はもう一人のジロコが言ってます。ジロコの中にもう一人のジロコがいます。
誤字脱字は読者様の判断にお任せします。
引用文以外は筆者の感想です。
引用文の字体・色は著者の感想で変えています。
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA