心の病・新型兵器

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
欧米の識者の一部は、問題のミサイルは小型原子炉を搭載する原子力巡航ミサイル「ブレヴェスニク」だった可能性があると見ている。(NewsPhere)

また、
米陸軍、レーザー兵器と極超音速ミサイルを装備へ ロシア・中国に対抗 (NewsPhere)
引用画像

周囲の国々で、新型兵器の開発に躍起になっています。

この国でも兵器ではありませんが、即座に兵器に転用できる技術があると推定されます。

ミサイルではなく、ロケットなら国際社会からは非難されないでしょう。

そうは言っても
ICBMと衛星打ち上げロケットは技術が似ていると言うよりも、根本的には同じ原理」なのだと論じた。(EXCITE)

憲法9条云々と言いながらも、この国は自衛隊という軍隊と同じような組織を作ってしまいました。

めでたいゾウ!
と、感じます。
引用画像
せっかく作ったのですから、これを自国の防衛に使えばいいとジロコは思います。

敵が来れば、戦うゾウ!
ではなく

「あの国は怖いゾウ!学校で子供が原爆造ってるゾウ!」
引用画像
「あの国は怖いゾウ!おばさんが機関銃持ってるゾウ!」
引用画像
いわゆる抑止力です。
弱いものはいじめられるのが、自然の原理です。
神が創った原理でしょう。

こんな態度でいるから
引用画像
引用画像
引用画像

引用画像
子どもまでも
引用画像
引用画像
引用画像
画像のようになるのでしょう。

このような画像のようになれば
引用画像
引用画像
戦いを仕掛けてくるものはいないでしょう。

1000年続きそうなごたごたを避け
憲法を破棄することが重要と感じられます。
引用画像

戦争は悲惨だぜえ!

当たり前だゾウ!

戦争が楽しいわけがありません。

平和平和とお題目を上げても

なむあみだ―ぼー
とか
なむみょうほうれんそう
なんて、お題目を上げていても
平和が守れるか
ジロコは疑問を感じます。

憲法破棄の声が国民から上がってくれば
この国は他国に侵略されない国になるでしょう。

強盗が来ても、機関銃を持っていれば、強盗は逃げ出します。

強盗が機関銃を持っていたらどうすんだよう?
当然打ち合いになります。

周囲に機関銃の音が響き渡りますから、直ちに警察が来て
銃撃戦の再開です。

マッ、自分が助かる確率は高いと言えます。

そうは言っても、機関銃の撃ち方知らないぜええ!
「あの国では小学生が機関銃の練習をしているゾウ!
怖いから攻めていくのやめようぜ!」

「昨日はいじめっ子3名がいじめられた子に・・・」
なんてニュースが頻繁に流れればいじめは消滅します。

<バカジロコよ!町中で銃撃戦が始まり、終止がつかなくなるゾウ!>

機関銃をもった集団が国会前に・・・

政治屋さんは怖いのです。

自分たちのやってることで、国民から恨みを受けても
国民に武器を持たせなければ、それほどの反撃はないだろう?

せいぜい「アベやめろう!」と口で言うだけだゾウ!

引用画像
<バカジロコ!愚だ具だいい加減に しろ!>

具だ愚だ記事を書いてストレスを解消する
ジロコが発明?した「®記事書き心理療法」です。

ジロコの記事は、一見大した害はないように見えます。

しかしそこには二面性の法則が存在しています。

二面性の法則が理解できない方には
ジロコの記事はバカ丸出しとしか感じられないでしょう。

この国は「表現の不自由」が常識となっていますので
表現の自由なんて勘違いすると大変なことになります。

用画像
家族療法カウンセリングの駄々をこねる子供の場合の続きです。
引用画像
具体的には、浅見さんがどう行動できますかね?」
母親「その場から離れたり、こどもがついてこられないように
隠れたりですかね?」
カンセラーのジロコは内心『かくれんぼやってんじゃあないよ!
と思いました。』
カウンセラー「風造くんから目を離さずにできるといいですね。
そのほかどんな対応ができますか?」

前回の終わりの部分です。
そのままコピッペですから記事書きが楽です。
×BAD対応
カウンセラーが提案した内容は、必ず守るように伝える。
提案を守ってほしい気持ちは、カウンセラーとして当たり前ですが、提案を受け入れるどうかはクライエントさんの勝手です。
病院と同様にクライエントさんは、お客様の立場です。

引用画像
「カウンセラー風情が生意気言ってんじゃあないよ!と
ジロコがクライエントだったら思うかもしれません」

「君たちはどう生きる?なんて言われたら
カラスの勝手だゾウ!がジロコの感想です」

感想には個人差があるということを心得ていなければなりません。

例えば、この怪獣を見てどう思うか?
引用画像

人ぞれぞれ感想は違います。

クライエントさんが素直に拒否できる雰囲気を作り
カウンセラーも提案を強要しないようにすることが
長続きさせることには大切です。

「強要罪」というものもあるということの認識が必要です。

しかし学校が生徒に宿題をやれとか、校則を守れとか
強要してもいいのですかね?

マッ、ジロコの記事には関係ありません。

引用〜
強制のない教育はない。教育はある種の強制なのである。強制することを躊躇したら教育はできない。強制できない先生は、先生としての役割を発揮することはできない。

〜引用終わります。(小谷野敬一郎)

教育の場では、生徒はお客様なんて態度はNGのようです。

そうは言っても内心では「定年まで、何事もないように」
なあんて思ってるかもしれません。

<バカジロコ!記事に関係ないゾウ!>

◎GOOD対応
風造くんと母親の両方に無理なくできそうな対応法を考える。

対応の根幹となる姿勢や考え方についてはカウンセラーが提案しますが、具体的な対応策については一緒に考えます。

国会ごっこ?見ていると
ソウリ、少子高齢化にどう対処するのですか?
まるで他人ごとのような態度といえます。

ソウリ、少子高齢化の要因に〇〇〇があるといわれていますが
どのように改善していったらいいのか、一緒に考えていきたいのですが?

なんてやれば少しは伸展するでしょうが?

辞任だけでは済まないゾウ!

アベやめろう!

反対だぜえ!

反対反対!

これって国会ごっこ以前の問題で
単なる暇つぶしじゃん!

奥地だろうとへき地だろうとどうでもいいことです。

この国に山積している問題を問題とも思っていないと感じられます。

個人の感想ですか、批難に値しません。

個人の感想まで非難されたらCMができません。

そうは言っても最近は

30分以内に

○○円引き

○○××▽▽をおまけに

〇×に効果があると報告されています。

うんざりだゾウ!いい加減にしてくれ!

24時間やってるぜええ!

値段の根拠がないぜええ!

捨てるのにお金かかるぜええ!

報告元が不明だゾウ!

マッ、消費者庁が
いい加減にしろ!
というまで続くでしょう。

・・・一緒に考えながら、クライエントさんや
IPにあった対応を検討します。
カウンセラーがすべてを決めないようにします。

最近では人工知能(AI)が人間の行動を支配するようになってきたそうです。

朝起きると
「血圧が高めですから、朝食は味噌汁抜きにしてください」

お出かけ時に
「靴がよれよれです。新調してください」
「顔が汚いです。洗ってください」
「トイレから出て手を洗っていません」

AIにいちいち行動を指示されます。

「血糖値が高いので○○を食べるのはやめなさい」

帰ってきて
「服に花粉がついています。外で払ってください」
「悪霊がついてきたので、線香の煙で追い払いなさい」

ところでジロコは、中古品などは線香の煙で悪霊を追い払う儀式を行います。

ムームーを落札したら、着る前に、線香の煙を当てます。

これで悪霊は立ち去ります。

戦後200万人以上が、この国を恨んで怨霊になったとジロコは感じています。

これも個人の感想ですから、とやかく言われる筋合いはありません。

200万人以上の怨霊の祟りがオリンピックに集中したら
ジロコはそら恐ろしいことが起こるのではないかと感じます。

感想ですから「威力業務妨害」には当たりません。

マッ、肖像権と著作権などで、別件逮捕される可能性が限りなくゼロとは言い切れません。

マッ、表現の自由なんてあり得ないと心得ていればいいかもしれませんが、意見を人に押し付けるのも好ましいとは言えません。

だったらどうすんだよう!

自己責任で自由にやればいいのです。

引用画像

人気ブログランキングから引用します。

文在寅の考える最高のプレゼントってなんでしょうね?

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
———

小泉進次郎大臣は本来の所管外のところで
ポエマーっぷりを発揮して
進次郎推しだった人達から希望を刈り取っている最中ですが、
安倍総理による「晒し上げ」人事というのは実に恐ろしいです。
外野から口だけで無責任に言っていたら
実際に責任ある立場に就かされたわけですからね。

第二次安倍政権になってから自分の裁量で決められる一部の人事については本当に安倍総理は冷徹です。
小泉進次郎もちゃんと仕事をするのだったらなんの問題もないのですが、
そうすると真面目に地味な活動をすることになるので目立たなくなります。

その代わり党内での評価が上がるわけで、
本当に総理を目指すのならこっちしかないはずなのですよね。

石破茂みたいなやり方で総理を目指そうとしても
石破茂と同じく小泉進次郎が狙っている
新聞やテレビでのウケ狙いというのは
新聞やテレビの影響力が急速に落ちている現状を考えれば
どんどん先細りしていくのは明らかです。

ですのでやっぱりきちっと仕事をやっていく以外には
小泉進次郎がこの先出世していける道はないと思います。

今のところは顔が良いルーピーという位置に納まっています。

しんじろー 英訳すると トラストミー

スポンサーリンク

なるほど、ルーピー鳩山と通じる物があるわけです。

さて、お次は野党の話。
そのろくでもない人間性から
厚顔無恥っぷりをあきれられる塩村文夏ですが、
先の参議院選挙でこんなのに投票した人達が一定数いたため当選してしまいました。

そして立憲民主党所属議員として、
台風15号の被害が大きい新島を視察して
反日野党議員名物の「仕事をしているフリ」をしていました。
記事 画像 中略

こうやって民主党系の議員がそれぞれバラバラに入って
そのたびに自治体の職員や現地で復旧作業中の人達が
受け入れ対応をさせられることになります。

邪魔をしにいくにしてもせめてまとめて行けよ・・・。

立憲民主党と国民民主党の統一会派の合意書を9月19日に確認していますが、
そこには

・部会での法案ヒアリング等は、各党各会派個別に開催

と書いてありました。

ただでさえトンチンカンなヒアリングを行う民主党系の反日野党ですが、
バラバラになって数が増えた分余計にヒアリング回数が増えただけで
官僚の無駄な手間が余計に増えるだけという実情になっています。

そして今でも野党合同ヒアリングと称して
国会がある日もない日もおかまいなしに
一日に1~2回は官僚を呼びつけてテレビカメラを意識しながら
官僚に無理難題をぶつけてドヤ顔をするという行為が繰り返されています。

特にモリカケ関連のヒアリングが始まってからは
1日に1~2回、これを毎日行われるようになって
すでに何百回と行われており、
これが官僚達の残業時間をさらに増やし続けて
残業200時間オーバーの官僚を量産するという最悪の状態を作っています。

さらにはこの民主党と共産党が中心となって行っている
「野党合同ヒアリング」によって毎日繰り返し呼び出されるため
自分の仕事ができなくなった官僚が代理を立てると
こんどは代理だからと火病を起こして
野党合同ヒアリングのメンバーは謝罪と謝罪文の要求を行います。

野党合同ヒアリングが何かの役に立った事はただの一度もありません。

人様の仕事の邪魔をして悦に入るこの人達こそ
税金の無駄ですし働き方改革における一掃すべき悪しき存在以外の何者でもないでしょう。

塩村は人間としては最底の人で
国民民主党が広島県の選挙区から擁立をさせるために
国民民主党の議員達が演説会を繰り返して
本人も広島に骨を埋める覚悟みたいなことを言った翌日に
東京に移動して立憲民主党から出馬しますとかいう流れでした。

広島で演説会やビラ配り、ポスター貼りまでしてもらっておきながら、
東京選挙区からなら当選できると思って翌日にはあっさりと
一言の挨拶もなく東京へ行って立民所属に鞍替えしていたのが塩村でした。

人間として全く筋を通さないこういう人間性ですから、
当然ながらいくらでも人を裏切れるタイプだとみて間違いないでしょう。

人として筋を通さない事に全く呵責を感じない人間ですので
裏切ることにも全く呵責は感じないでしょう。

立憲民主党は彼らにふさわしい人罪を引き抜いたとも言えますが・・・。

松原仁の方はもう落ちぶれきってお話にならないのですが、
野田内閣時代に国家公安委員長に就任すると、
このポストを解任されたくないという考えから
野田佳彦が人権擁護法案の閣議決定を行う事に反対しないようにしました。

それでも一応は保守ということで票を取ってきた松原仁だけに、
野田佳彦が人権擁護法案を閣議決定する日には
国際会議にわざわざ出席するという名目で外遊に出て不在にして誤魔化しました。
局長級会議なので官僚が出れば済む話でしたから、
松原仁が人権擁護法案に反対して罷免されたくないたがための、
逃げるための言い訳作りであったことは明らかでした。

かつて石原慎太郎の優秀な秘書として有名だった矢島光弘氏が
松原仁の公設秘書になるのですが、
民主党の数々の売国政策に松原は対抗せず、
そうしたことを突っ込まれるたびに
「仲間を集めている。今はまだ力が足りない」
と言い訳を続けていて、結局仲間は増えないし何もしないままで、
松原仁事務所にかかってくる抗議電話にも
この矢島光弘氏が「仲間を集めている云々」の苦しい言い訳を続けました。

民主党が政権を取ると、
松原仁は自分も大臣になりたいからという理由で
民主党の売国政策に対して一切文句をつけなくなって媚びつづけるようになりました。
これで国家公安委員長のポストをゲットし、
大臣ポストを手放したくないという理由で
人権擁護法案の閣議決定を見逃したわけです。

松原仁の言行不一致に我慢を続けて来た矢島光弘氏も
さすがにこれにはあきれて果てて松原仁の秘書を辞めました。

このブログで書いてきたことですが
その人物を評価するにあたっては
「何を言っているか」ではなく「何をしてきたか」を重視すべきです。

そして民主党のエセ保守議員達は
口だけは保守をアピールするものの
行動は常に伴わないという状態でした。

なにせビラ配り、ポスター貼り等々、自治労や日教組、民団に依存しているので
テレビ向けには保守をアピールしたりするものの、
たとえば外国人参政権を進める党内の動きには一切反対しないなど、
実に情けない現実がありました。

今回、民主党が統一会派ということで再び一つに戻ろうとしているわけですが、
となればかつての民主党と同じ、
いやもっと露骨に反日勢力へと傾いた動きを取るでしょう。

反日勢力という戦後のアカ教育とマスゴミが作り上げた情弱モンスター層は
残念ながら縮小傾向にあります。
産党や民主党のコア支持層が60~70台など、
高齢化し続けているという現実があります。

ですので立憲民主党は反日により純化することで
この干上がり続ける毒の沼のど真ん中に居座ることで票を確保してきました。

すでにツイッターではちょっと気に食わないと
村田REN4らも熱心な立民支持者にたたかれまくるという状態になっています。

そんな中での統一会派ですから、
この攻撃的で排他的な反日アナーキズム狂信者は
国民民主党や増税民主党の議員にも攻撃をしていくことでしょう。

なのでいずれまた分裂するだろうとブログ主は考えています。

以下省略します(ジロコ)

〜引用終わります。

次に和菓子の恩あN氏の記事を引用します。

引用〜

朝鮮通信使について
2019-09-23 00:00:00NEW !
テーマ:朝鮮人問題・日本籍朝鮮人

画像省略
※佐々木千夏杉並区議会議員です。皆さん、応援してください!

正理の党の佐々木千夏区議会議員が、区議会においてこのような発言をしました。「朝鮮通信使はウソである」と言ったのです。これは教科書をめぐっての問題です。
佐々木千夏区議会議員は、文教委員に所属しているので、教科書問題については詳しく勉強しています。質問の要点は2点あって、一つは創氏改名を巡っての問題です。これは、さすがに文句は出なかったのです。
教科書では、「日本人に姓名を取り上げられた朝鮮人」という言い方をしていますが、とんでもない大ウソです。創氏改名が行われた時に朝鮮人は、お赤飯を炊いて祝ったのです。「これで晴れて日本人の名前が名乗れる」と喜んだのです。当時朝鮮人は日本国民であったのですが、満州行くと「なんだ、朝鮮人か」と言われてしまったのです。
ところが日本人になると、そのように馬鹿にされなくなるので大喜びをしたのです。最初は限定して創氏改名をしたのですが、「私も日本名をくれ」といって朝鮮人が押し掛けたのです。朝日新聞に「創氏改名に殺到する朝鮮人」が、写真が残っています。これが事実です。
それが日本の歴史教科書ではどのように書かれているのかというと、「嫌がる朝鮮人に強制的に創氏改名を行った」と書かれているのです。佐々木千夏区議会議員は、「これはうそでしょう」ということを言ったのです。
戦前の大日本帝国には、朝鮮人の軍人が大勢いたのです。主な人間をここで挙げておきます。彼らは朝鮮名を名乗っています。一番有名な朝鮮人は、モンテンルパンの収容所の所長であった、洪 思翊(ホンサイク)中将です。立派に朝鮮名を名乗っています。
金 錫源(キンソゴン)大佐もいます。朝鮮名を名乗っていたのです。この朝鮮人の将校たちが、「創氏改名は、強制的ではなかった」と言っているのです。「創氏改名が強制的に行われた」というのはウソだとわかります。
朝日新聞の写真を見れば、「創氏改名に殺到する朝鮮人」ということがわかります。朝鮮人の日本軍の将軍がいたのですから、この二つを持ってみれば、「強制的に創氏改名をされた」というのは、ウソだとわかります。「創氏改名の嘘をやめなさい!」というのが、佐々木千夏区議会議員の主張です。
もう一つは、朝鮮通信使の問題です。韓国の教科書には「日本が中国に朝貢しようとして中国に接したけれども、中国皇帝の壁が厚くてなかなか取り合ってくれない。困り果てた日本は朝鮮に来たのだ。そして中国と日本の間を取り持ってくれと懇願して、どうか日本の勢力を高めるために来て下さいとお願いして頼んで来てもらったのが朝鮮通信使だ」というのです。これはウソなのです。韓国の教科書にはこのように書いてあるのです。日本の教科書にもそのように書いてあるのです。朝鮮人のウソには限りがありません。
事実は、太閤秀吉の朝鮮出兵に恐れをなした李氏朝鮮が、再び日本が暴れないために、日本に貢ぎ物を持って、馳せ参じたのが朝鮮通信使の実態です。400名から600名の朝鮮人がやってきて、「朝貢します将軍様。どうか、朝鮮半島に軍を出さないでください」とお願いしに来たのです。
日本の将軍家は、朝鮮通信使をみんなに見せることによって、徳川将軍の威力を示したのです。「朝鮮から徳川家を慕って貢物もしてくるのだ。この朝鮮通信使を見よ!」という感じだったのです。
朝鮮通信使は、徳川将軍に朝貢しに来たのです。頼んで朝鮮人に来てもらったわけではありません。李氏朝鮮が将軍家に貢ぎ物を持ってきて、「朝鮮を攻めることはやめてください、お願いします。朝鮮を攻めることが2度とないように、ご機嫌を損ねないように」ということで貢ぎ物を持って将軍に挨拶に来たのです。
そのように日本の歴史教科書で教えないといけないのに、反対のことを教えているのです。それに対して佐々木千夏区議会議員は異議があったのです。「これはすべてウソだ!」と言ったのはそのような意味です。
朝鮮通信使が宿泊しようとすると、600名が泊まれる旅館はありません。旅館は分散して泊まるので、満室になってしまいます。朝鮮通信使が止まったあとは、掛け軸・枕・布団など、すべて取られていたのです。もぬけのからです。
朝鮮人が鳥や豚を見つけると、すべてかっぱらわれて食われてしまったのです。朝になると街道沿いで、600名の朝鮮人がブリブリとウンコをするのですから、ひどい悪臭です。これには、日本人は困り果てていたのです。
大阪に残っている絵では、朝鮮人が鳥をかっぱらって、日本人が「鳥を返せ!」と追いかけている絵です。日本人が棒を振り回して鳥を取り返したという絵が残っているのです。
「朝鮮通信使は泥棒集団だ」といった意味は、掛け軸をかっぱらう、枕・布団をかっぱらう、そのような集団が村々をのたうちまっていくから日本人は大迷惑だったのです。ところが、「朝鮮通信使には甘くしろ。少しくらいかばれていても騒いだりするな」というおふれが出ていたから、見過ごしたのです。
だいたい対馬から江戸まで、2カ月はかかります。行列の速度では、6カ月かかったのです。いたるところで略奪して、鳥や豚を食べてしまったのです。全員が犯罪者とは言えないけれども、「全員が犯罪者のような振る舞いをした」このように言えばよいのです。
この「振る舞いをした」というところだけを強調して、「犯罪者集団である」ととらえて、議会に文句を言ってきたのです。「こんなことを言う差別主義者を議員にしておいてよいのか?」と言っているのです。
差別主義者でもなければ何でもありません。事実を言っているのです。朝鮮通信使は、朝貢したのかどうかということが問題です。事実は、朝鮮通信使は朝貢しに来たのです。「多くの人が犯罪者のようなことをやった」というのも事実です。
多少表現の違ったのかもしれませんが、鳥をかっぱらい、掛け軸をかっぱらい、枕をかっぱらい、布団をかっぱらい、犯罪者のような人も多かったのです。そのようなことを言ったのですから何の問題もありません。
それを朝日ジャーナルの女性記者が、議長に文句を言ってきたのです。佐々木千夏区議会議員は、議長に呼ばれて、表現を訂正しただけです。
それに対して、「よく言ってくれた」という人もいれば、「こんなこと言ってはいけない」という意見もあります。「全員が犯罪者」と言ったわけではありませんが、そのような表現があったならば、それは訂正してもよいでしょう。
大部分の朝鮮人が鳥や豚をかっぱらい、掛け軸をかっぱらい、枕・布団をかっぱらい、野グソを600人が一斉にして、日本人は大変な迷惑を被ったということです。
それを、「日本国が中国皇帝によく思われるために、朝鮮に頼んで拝み倒して来てもらった」というのは、とんでもない大ウソです。そこを指摘したいがために言ったのです。
個々の犯罪者のこと言っているわけではありません。これは学会でも二分しているところです。朝鮮系の教授は「日本に頼まれてきてやったのだ。朝鮮の文化を教えてあげたのだ」というのです。冗談ではありません。本当は朝貢しに来たのです。
その証拠に朝鮮通信使は江戸城に来ると、江戸城の裏門から入ったのです。普通、国家のお客様であれば正門から入るのが常識です。朝鮮通信使は裏門からしか入れなかったのです。
朝鮮通信使の強姦の記録もすごくあるのです。辺り構わず強姦してしまうのです。これは事実ですから、「犯罪者のような人たちばかりであった」といっても過言ではありません。
事実は、徳川将軍に貢ぎ物を持って来て、「朝鮮で暴れるのをやめてください。臣下の礼をとります」ということです。「文化を教えてください」ということではありません。朝鮮系の学者はそのように教えるのです。
「朝鮮通信使は、日本が頼んで来てもらったのだ。それで朝鮮からいろんな文化を習ったのだ」というのです。冗談ではありません。文化は日本の方がずっと進んでいるのですから、朝鮮から習うことは何もありません。このような話しです。
こんなことでも左翼系の新聞記者がいちゃもんをつけて、「議員をやめろ」と言ってくるのです。ますますいきり立って、「絶対にこれは引かない」という意思表示を見せなければいけません。
杉並区議会議長がわけのわかる人で、「穏便にすませます」といったのです。これはこれで済んだのですが、早速このようなことでいちゃもんをつけてくるのです。佐々木議員も相当注意深くやらなければいけません。
共産党の議員は「佐々木議員を懲罰にかけるのは、問題がある」と言っているらしいのですが、それだって信用してはいけません。弱みにつけこんで、後で引きずり下ろそうと思っているのです。引きずり下ろそうと思う奴らばかりです。
議員活動は、野獣の中にいるのです。少しのミスも許されません。この問題はまだ続くかもわかりませんが、見所です。大いに議論をやってもらいたいと思います。
佐々木千夏区議会議員には、一歩も引いてもらいたくないと思います。また一歩も引くところはありません。発言の理由を明確にしていかなければ、この問題の本質がますますわからなくなってしまいます。
一番肝心なことは、朝貢なのか文化使節団なのかで全然違います。事実は朝貢です。だから、600人もつれてきて、江戸城の裏門から入ったのです。朝鮮系の学者は「日本人は朱子学が欲しかったのだ。朝鮮から朱子学を習って、民衆を治めるということを考えたのだ」と言うのですが、何を生意気なことを言っているのでしょうか?
李氏朝鮮時代は奴隷だらけです。朱子学も何もありません。両班と奴隷に分かれていたのです。両班はすべてを所有したのですが、白丁という奴隷階級は字が書けない、墓も持てない、名字もなかったのです。
なぜそのような国から文化を習う必要があるのでしょうか? その必要は、全くありません。このようなウソをいたるところで追及していくことは、議員として当然です。
 これは日本の教科書に関係があることですから、文教委員としては当然です。日本人にどのような教育がされているのか見ていくのは当然です。こんな逆の教育をされて日本側の意見を出せないということが大問題なのです。
このような問題を一つ一つ明らかにしていきたいと思います。皆さん是非、佐々木千夏区議会議員を応援してください。

〜引用終わります。

日韓文化交流なんて
文化のない国と交流して意味があるのでしょうか?

悪貨は良貨を駆逐するだゾウ!

続くべええ!

書きやむべええ!
®ムームジロコ

)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA