心の病・地獄のタワーマンション?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりを!ジロコのブログです。
最初のタワーマンションが建てられてから、19年くらい
経ちましたが、大きな問題が発生しているそうです。

大雑把に言えば、修繕積立金が不足して修繕ができないということです。

某600戸以上あるタワマンでは、修繕費用が25億円ほど足りないそうです。

簡単に言えば、一戸当たり400万円位不足です。

あなたは400万円ポンとだせますか?

画像

年金生活でやっと生きてるぜええ!

リストラされて年収が半分になったゾウ!

なんていう人も少なくはないでしょう。

引用画像

マッ、地獄を見るかもしれません。

引用画像

売ってしまえばこっちのものだゾウ!
あとは知らないゾウ!

計算間違ってしまったゾウ!
深くお詫びいたします。

引用画像

この国の国民はお詫びが得意ですが

〇〇人は?

400万円を15年で割れば
400万円÷15年間=26万6666円
26万6666円÷12か月=21666円

つまり修繕積立金を毎月21666円を上乗せして徴収しておかなければならないことになります。

タワマンの修繕積立金は、70平方メートルで月約35000だそうです。

この35000円+予想不足分=56666円

毎月取り立てておかないと修繕は不可能になるということです。

修繕積立金+管理費16000円程度=72666円

大雑把な計算ですが

住宅ローンのほかに、毎月72666円程度の支払いが必要です。

空き部屋が増え、管理費や修繕積立金の未回収が増えれば

〇〇人が増えれば「なんで管理費や修繕積立金を払わなけらばならないだよう」
という人々も出てくるでしょう。

ケイヤクは守らないことに意味があるなんて本気で思ってる人に、履行を迫っても・・・

マッ、タワマンなんて一つもいいことはないぜえ!

と、貧乏ジロコは思います。
貧乏ジロコ

<バカジロコ!貧乏人のひがみじゃん!。>

そこで、だましのテクニック?が必要となります。

修繕積立金を思いっきり安く見積もり(政府の得意な計算違いという手法もあるかも)

最初は思いっきり安く設定し、徐々に釣り上げていくのです。

<ジロコよ!なんの記事書いてんだよう!>

この国も〇〇化したためか、儲けりゃいいゾウ!

なんて思想が充満してしまったということです。

偽造、捏造のオンパレードです。

十戒など全く無視です。
引用画像
画像
態度など悔い改めません。
引用画像
ネコなんか無視です。
食っちゃえばいいじゃん!

家族療法カウンセリングの、集団からの情報収集です。
家族の複数名が同席する場合
家族カウンセリングは
突然ですが時間がないのでここで終わります。

書いた記事が部分的に消えてしまったので今日はやる気が起こりません。

頑張ることが嫌いな性格です。

頑張らないジロコ

人気ブログランキングから引用します。

引用〜

青木理よ、「書店に嫌韓本ばかり」で何が悪い!?
← 応援クリック、ありがとうございます。

ツッコミどころが多すぎて、保守派に大人気(笑)の山口二郎大センセーだが、久々にセンセーのツイッターを確認してみると、8月5日から約半月ものあいだ更新がない。ちょっと心配になって(ウソだけどw)、方々探してみたところ、なんと南鮮でも最も反日的であるハンギョレにコラムを寄稿していた。

「8月15日の迎え方」と銘打ったこのコラムで、山口は、この日の過ごし方は慰霊であるべきなのに、「日本国内で過去の戦争を正当化する歴史修正主義が吹き荒れ、隣国との関係が険悪化しているなかで、静かに死者を追悼すればよいという時代環境ではなくなった」と書いている。この日、国民の多くは静かに追悼したはずだが、山口にはそういう環境が感じられなかったのだろう。山口は、トリエンナーレの展示物に対して起こった抗議を引き合いに、「日本という国が過去に犯した罪を直視する議論に「反日」というレッテルを貼り、これを力ずくで黙らせる風潮」と書いている。そういったものに「歴史修正主義」なるものを感じているのであれば、それは間違いだ。国民が、一方的に押し付けられた歴史観から徐々に覚醒しているということである。山口にとって、そんな時代の変化が生きづらく感じるだけなのではないのか。

さて、日曜日のサンモニは、相も変らぬ南鮮寄りの発言オンパレードだったそうだ。注目はいつもの青木理なのだが、日韓の関係悪化について触れた部分で、青木はこう語った。

さっきのVTRのなかでちょっと気になったのが、「相変わらずの反日」っていうね、ナレーション流れたんですけど、確かにそうなんです。
これは、朝鮮民族にとってみると民族受難史なわけでですからね、36年も国を支配されたことがあるんだけれども。
ただ、プラカード持ってたじゃないですか。あそこに書いてあるのは反日じゃなくてNO ABEって書いてあるんですね。
つまり韓国の中でも多少重層的な意見っていうのがあって、実は今ベストセラーのトップなっているのが反日ははおかしいって反日批判のその本がベストセラーになっているんですよ。
だから韓国のなかで、その日本が全部悪いわけじゃない、やっぱり今の問題は安倍政権なんじゃないか。それは正しいか正しくないか別としてね、そういう意見が出てきているって言うところにすごく注目したいのと、だから反日っていう風にまとめないってことが一つと、逆に僕これ気になるのは日本の方でね、ぼく日本の特派員として韓国に長くいて、日本のことになると韓国の世論が一色になっちゃうのは、ある種なんか気持ち悪いなぁと思ったんだけど、逆になんか日本が最近ね、テレビなんか見ててもとにかく韓国批判一色。あるいは本屋さんに行けば韓国や中国をバカにしたような本があるし。
画像省略
からこの間そのあいちトリエンナーレでね、表現の不自由展っていうものまで中止に追い込まれちゃって。さっき辺(ぴょん)さんと話たんですけど、なんかこう日本のほうがむしろ余裕を失って、世論が一色化していくというような傾向が少し強まっているのかなっていうあたりは、僕は日本に暮らす者としてはちょっとそのあたりもう少し客観的に冷静に自制をする必要もあるのかなという気はしますよ。

アジ標語を反日ではなくNO ABEとするのが彼らの戦略であることぐらい、特派員で南鮮に長く行っていた青木にはわからないのだろうか。彼らは、南北朝鮮に対してブレない安倍総理が失脚すれば、また「元の日本」に戻ると思っているから、安倍政権を叩くのだ。日本を叩きすぎると日本国民の反発が強くなり、「元の“たかれる”日本」が戻ってこない。彼らにはそういう計算があるのだ。

この青木の暴論を、石平氏が正論で論破した。

石平太郎
@liyonyon

「書店に嫌韓本ばかり」なのはどこが悪いのか。今の韓国は嫌われるそれだけの理由があるから、「嫌韓本」が溢れているのだ。私は今台湾にいるが、日本の本屋さんにどうして、「嫌台本」は一冊もないのか。それこそは問題の本質だ!
https://
twitter.com/miyawakiatsush
i/status/1162871617032077312

宮脇睦@LVL48.みやわきチャンネル
…青木理氏「メディアが一方的に韓国を叩いている。書店でも嫌韓本ばかりだ(要旨)」#サンデーモーニング #TBS
どこの何見て発言しているんだよ。既存メディアは、いまに至っても擁護しているじゃん。とりわけ、青木さん、あんた、ご自分の出演番組の論調を知らんのか。

12.3K
9:11 AM – Aug 18, 2019 · Pingtung County, Taiwan
Twitter Ads info and privacy

3,680 people are talking about this

そう、台湾と朝鮮は同じ時代に、日本として時代を共にした関係にある。しかし、台湾が日本に対して世界でも稀な友好関係を続けてくれている一方、朝鮮は南北とも反日である。時代背景も境遇も似たような二国が、全く反対のスタンスを取る理由を、青木は、わかっていても説明できないだろう。それは、南鮮が反日を国是として、反日を国民のDNAに刻み込んできた歴史故のものだからだ。

正直言えば、南鮮のことなど今すぐにでも放置したいのが本音だ。それをさせず、日本国民から嫌悪感を持たれるように仕向ける彼ら自身に問題があるのではないか。

スポンサーリンク

〜引用終わります。
引用画像
引用画像

和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

虚構の憲法 ⑬ 象徴天皇という、虚構
2019-08-20 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

画像省略
※ここに1枚の写真があります。見て御覧なさい。特攻隊の若者は、誰も泣いてなどいません。現代人から見て「お可哀想に」と思うだけです。特攻隊の諸君は、喜んで行ったのです。
GHQによって与えられた占領基本法の第一条では、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。」と書いてあります。日本国民統合の象徴とは一体何でしょうか? アメリカ合衆国の旗は、国民統合の象徴です。
象徴ということはシンボルということです。帽子でいうと記章のようなものです。その中にみんなはいっているという意味なのです。「そのようなものが天皇だ」と最初から言っているのです。冗談ではありません。
わが国の慣習法から言うと、そんなことは絶対にありません。「天皇は神聖にして侵すべからず」です。これが慣習法からいうところの天皇です。「天皇は神聖にして侵すべからず」です。
「朕は天津日嗣(あまつひつぎ)の天皇であるぞ」ということです。これが本当の天皇です。天津日嗣の天皇ということは、「神武天皇の以前から、ずっと天皇の血を守っている我は神であるぞ」ということなのです。
「我は神なり」です。これが日本の天皇の特徴です。国民統合の象徴の天皇ではありません。現行憲法ではそのように言っていますが、まったく違います。天皇は神様なのです。
天皇は、11月には大嘗祭の儀式をやります。大嘗祭は神の儀式です。大嘗祭という儀式をみな知らないでしょう。知っている人もいるでしょうけれども、天照大神と、人間天皇が一緒のご飯を食べ、一緒の布団に寝て、神と一体になる儀式を大嘗祭というのです。
秋篠宮は、こんな儀式は認めていないのです。認めていないから、「質素にやれ」と言っているのです。何を馬鹿なこと言っているのでしょうか? これは、世界に向けての宣言でなければいけません。質素ではなく堂々とやるのです。
「わが国の天皇はこうである」と堂々とやるのです。そんなもの持った国は他にはありません。天皇は征服者の子孫でもなければ、何でもありません。神武天皇がこの世を治められる前から、天界からずっと続いている天津日嗣の天皇が天皇の本質です。
憲法第一条には、それが一つも書いてありません。「天皇は国民統合の象徴なのだ。シンボルなのだ」というのです。天皇は、シンボルでありません。シンボルのために、何百万人という英霊がお亡くなりになったのでしょうか? 断じてそんなことはありません。筋ちがいです。
英霊は、天皇を神と信じているのです。ということはどうなるのでしょうか? 「自分も神」ということです。世界の歴史の中で、「神が先祖である」と言っている民族は、日本民族以外どこにもありません。
世界の民族の先祖は動物です。北朝鮮人の先祖は熊です。虎と熊が人間になるための修行をして、虎は断念したのです。「熊と人間の間の子が先祖だ」と言っているのです。
檀君神話で、「先祖は熊女だ」と平気で言っているのです。だから北朝鮮は熊のようなことを平気でやります。蒙古のジンギスカンの先祖は蒼き狼です。ジンギスカンの先祖は狼なのです。狼から生まれたのがモンゴル人です。
ローマ人の先祖は双頭の鷲です。それをアメリカ合衆国が受け継いでいるのです。双頭の鷲がアメリカ合衆国のシンボルマークになっています。どこの国の民族も先祖は動物なのです。だから進化論なのです。
進化論は、「動物がだんだん人間に進化をしている」ということです。日本の天皇を考えてみると、劣化論です。先祖が神なのですから、時代が進めば進むほど人間になるのですから劣化しているのです。
神から生まれて、偉大な人間が出てきて、また偉大な人間が出てくるというわけにはいきません。その中には、魔子のような魔物に憑りつかれた馬鹿も出てくるのです。神から人間になるに従って、どんどん劣化しているのです。くだらない人間になっているのです。
昔に行けば行くほど、神になっていくのです。事実は進化論の逆なのです。このような歴史観を持った文化が日本の文化です。それを憲法に織り込まないでつくられた憲法は、西洋人が見た日本の天皇ということです。
だから、天皇の本質も何もわかっていないのです。ここに1枚の写真があります。見て御覧なさい。特攻隊の若者は、誰も泣いてなどいません。現代人から見て「お可哀想に」と思うだけです。特攻隊の諸君は、喜んで行ったのです。
「なぜ俺を先に行かせてもらえないのか?」と、強がりで言いっていたのではなく、みな喜んで死んだのです。なぜ喜んで死んだのでしょうか? それは、靖国神社で会えるからです。
ということは、日本人の生命観は生きていることも、死んでいることも連続しているのです現在の生命も、死後の生命も同じなのです。神様という、肉体以上のものでつながっているのです。
三島由紀夫から見ると肉体は、着物のように脱ぎ捨てるようなものです。「それを脱いだところに魂があるのだ」という考え方です。「その魂に会いたい」と言うので、三島由紀夫は切腹をしたのです。
「自分の肉体が滅びる」という時に何に会えるのかというと、精神に会えるのです。精神=霊=魂に会えるのです死んだら終わりではありません。腹をかっさばいて、首を斬られて、「何もなくなってしまった」というわけではありません。
それが本当の自分です。肉体は抜け殻です。死ぬということは、それ以上のものがあるのです。それは、尊い人間観です。みんなもそのように思わなければいけません。自分はお父さんお母さんから生まれたと思っているけども、そうではありません。
人間の体は実によくできています。作物を食べると消化して吸収して、血液をどんどん送り出しているのです。こんなことは自分ではできません。貴方が自分で心臓を作ったのでしょうか? 心臓は自分では作れません。人間は何もできません。
だから癌になると、自由が利かなくなり、それを慄(おのの)くのです。もともと自分の体は、自分が作ったものではありません。自分の意志では心臓も血液も動かせません。私の体は私のものではないのです。
肉体の上には霊魂があり、霊魂が肉体をまとって、母親の体内に宿り、赤ちゃんとして生まれてくるのです。それがだんだん成長して大人になり一つの仕事を終えて、また帰るのです。どこに帰るのでしょうか? 霊魂の元の姿に帰るのです。(⑭に続く)

〜引用終わります。

はるか昔に、日本人は宇宙からやってきたのかもしれません。

世界は軍拡一直線に向かっているようです。

平和平和と言って遅れをとれば

引用画像

足をつくところがないゾウ!

自分の体はレンタル猫ではなく、神様から借りているものだゾウ!
引用画像
と思えば、もっと白くなる必要も、もっと細くなる必要もないと
確信します。

引用画像

あおられて、あまり自己勝手にいじくりまわすと
神様から返還命令が来るでしょう。

引用画像

20分前まで話していたのに・・・

引用画像

増すゴミが時間稼ぎをやってるゾウ!

引用画像

引用画像

続くべええ!
書きやむべええ!
®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA