心の病・無言の感情

スポンサーリンク

スポンサーリンク


心に明かりをジロコのブログです。
相手が無言でも、相手の動作で感情を読み取る
一般には、空気を読むなどと言われていることに似ています。

この国の国民は自然にそのような性質?を身に付けてます。

先祖から引き継がれた本能のようなものと言えるでしょう。

だったら○○人は?

この記事では関係ありません。

家族療法カウンセリングの記事を書いています。
常に脱線するのがジロコの記事の特徴と言えます。

<単なる変態バカじゃん!>
変態バカジロコ
妄想性認知症症候群+統合失調症なのかもしれません。

ジロコはいつも自分の家がわからなくなり
家に帰れないゾウ!

となることを心配しています。

そうは言っても、事故で一家3人が・・・なんてニュースをやっていました。

人世一寸先は闇とよく言ったもんです。

道路の中央寄りを走行する癖は危険かもしれません。

ジロコは常にセンターラインの右側は崖と意識して
絶対にセンターラインを越えないよう心掛けて運転しています。

そうは言ってもちっちゃな車を見ていると安易にセンターラインをチョロチョロと踏み超えてるようです。

センターラインを越えさえしなければ人生が続いていたのに・・・
後の祭りです。

あなたは安易にセンターラインを踏み越える運転をしていますか?
引用画像
高速道路を一時間走るのはきついと言えます。

目をあけながら眠ってしまうことが多いですが
意識が無くても運転は続けられます。

前方が渋滞してるゾウ!
20トンを超える車が100㎞で走っていれば・・・
引用画像

眠りながら運転できる?

意識のない?スマホゾンビが生きていけることと同じ原理かもしれません。

防犯や事故防止の意識が皆無と言えます。
後からぽかんとやられ・・・
マッ、そのような危機も感じれらないのでしょう。

平和ボケだゾウ!ぼけるゾウ!

<バカジロコ!いい加減にしろ!>
バカジロコ

家族療法カウンセリングの非言語からの情報収集の続きです。
面接室へクライエントさんが自分から進んで入室する場合

☟☟☟☟☟
意欲的・行動的・雰囲気に溶け込みやすい

無理やり入室させられる

☟☟☟☟☟
カウンセリングへの抵抗・我を通す

ところで取調室は無理やり入れられるのでしょうか?

ジロコも昔、新聞に載った犯罪被害に会い、署で犯人の確定のための写真を見せられたことがあります。

数名の写真を見せられ、その中から加害者を選びます。
加害者の顔を覚えていないと、犯人を特定できません。

記憶にございませんでは、犯人は見つかりません。

<ジロコよ!関係ないゾウ!>

椅子の座り方
お医者さんに行くと、先生の前で椅子に座ります。
その時にどのような座り方をするかで、先生は病気が判断できるのでしょうか?

カウンセリングルームでクライエントさんがどんな座り方をするかは重要な情報といえます。

☟☟☟☟☟

椅子に深く座る

☟☟☟☟☟
安心している・良い子に見られたい

ところで良いこと悪い子の違いはどこにあるのでしょうか?

引用画像

悪い子の例は

引用画像

浅く座る

☟☟☟☟☟
緊張している・不安

クライエントさんの目線の動かし方から
目を見て話す

☟☟☟☟☟
強い意志を持っている
問題に取り組む意思がある

オドオドしている

☟☟☟☟☟
自信がない・不安

言語的な情報のみでなく、クライエントさんの全ての行動に注目し、カンセリングでよくみられる行動からさまざまな情報を収集します。

現代は、必要な情報が簡単にネットで知ることができます。

「ジロコ」ではヒットが少ないですが

「バカジロコ」では多くヒットします。

「変態バカジロコ」では、ジロコの記事が独占しています。

<ジロコは本当にバカなんだ!>

そうは言っても「選挙をバカにしたような不気味な政党」

に多くの票が集まりました。

マッ、あの有名な宇宙を創ったと言っている
〇川〇〇先生が、ラジオで

「自分に自信を持とう!」

なんて言ってました。

しかし、あまり自信を持ちすぎると
バカジロコのようになります。

引用画像

人世に意味がないと悟ったと、ジロコは言っています。

ダンゴムシに意味があるのか?
引用画像
ダンゴムシは神の使いかもしれません。

だったらジロコは
引用画像
神に捨てられないように
画像
日々(食い)改めています。

何度もいいますが、ジロコの言ってる神は創造主のことで
集金団体?の神ではありません。

なぜ?ダンゴムシが存在するのだ?
誰にもわかりません。

ところで、ネコは自分を神様と思っているそうです。
ラジオで言ってました。
引用画像

自分の人生の終わる時期がわかれば?
マッ、人生一寸先が闇ということが面白いのかもしれません。
引用画像

皆さまがせっせせっせと描かれた画像を活用させていただいています。

記事もコピッペ、画像もコピッペのコピッペジロコ

ジロッペです。

犬のようなものですが

引用画像

怪獣のような面もある多重仮面です。

引用画像

<単なる統合失調症じゃん!>

終わるのを待つだけの人世だゾウ!
なんてわかれば、刺激や感動のある日々は・・・

作られた感動?に躍らされ、くわだたれた勝負にお金を巻き上げられる。

ジロコ仏陀はそのように悟っています。

所詮、動物園の動物だゾウ!

<ジロコよ!人生しらけすぎだゾウ!>
ジロコ仏陀

ところで気になる記事を見つけたので引用します。

引用〜

日本に真実を広めたい思いから・・
送料のみ100円(税込)でどうぞ!
これからお話することは、全て世界の裏側で起きている事実です。決して陰謀論ではありません。例えば、
大雨や地震を操る”気象兵器”が実在するとあなたは知っていましたか?
事実、米国はベトナム戦争で使用し大成功を収め、中国は北京オリンピックで大量に使用しました。
「北方領土、尖閣、竹島、なぜいつも米国は関わっているのか?」
石油、天然ガス…資源がある地域の裏でいつも影がチラつく米国の本音
「米国史上最も平和な大統領」と呼ばれたオバマ元大統領。
ーベル平和賞を受賞した裏でドローン兵器などを使って暗殺計画をしていたことを知っていましたか?
イラク戦争の原因は「大量破壊兵器」じゃないことをあなたは知っていましたか?
黒幕はEU?フセインが米国に消された”本当の理由”
「北朝鮮は孤立も貧乏もしていない」
”地下資源200兆円”が眠る北朝鮮にぴったり寄り添う、英、独、中、露の大投資の実態とは?
「1本のペンで世界は変えられる」という感動的なスピーチでノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん。
そんな彼女の背後には、実はプロの広告代理店、やり手のスピーチライターが付いていたことを知っていましたか?
「米国が進めるドローン兵器の実態」イルカ、鳥、虫、、あらゆる生物が”ドローン兵器”として利用されていることを知っていましたか?
日本でいつの間にか消えた食料自給率アップキャンペーン
なぜ、自給外交をやろうとした政治家は不審死が多いのか?
これらはまるで、映画のような話ですが、世界の裏側で起きている現実の出来事です。そして、この全114ページの小冊子に載っている、「世界謀略白書」のほんの一部に過ぎません。
その他にも、
「夫は英国のスパイ?アウンサンスーチーの正体」
なぜ、自宅軟禁にも関わらず英国大使館近くの”豪邸”に住んでいたのか?
なぜ、人道支援団体の行く先々で、石油などの豊富な地下資源が見つかるのか?
「国境なき医師団」創設者の黒すぎるコネクションとは?
突然の事故死を遂げたアメリカ人美人ジャーナリストの謎。
事件の2日前、シリアで人道支援団体の輸送トラックを取材した彼女が見てしまったものとは?
「9.11同時多発テロ」を暗示する映画が、数年前から複数流れていたのは偶然なのか?
ナチスドイツから続く、映画と戦争プロパガンダの関係とは?
極秘の「病原菌開発プロジェクト」に携わっていたイギリス人博士の死。
13人もの医師が「どう考えても自殺ではない」と訴えたあまりに不審な事件…
現場から消えた秘密の告白ノートを持ち去ったのはいったい誰なのか?
日韓外交最大の火種「竹島問題」を作り出した犯人。
そもそも米国占領下の領土を、なぜ韓国が勝手に占領できたのか?
「CIAの正体」カッコいい“スパイ”のイメージは過去のもの?
ピュリッツァー賞受賞の有名ジャーナリストが暴露した
「人間狩りと暗殺しか経験していない」知られざるCIAの正体とは?
などなど、ここまで聞いてあなたはどう思いましたか?
今の日本は少なくとも「今日も世の中は平和だ」「少なくとも日本は平和だ」と安心している人がほとんどです。
しかし、世界の裏側で起きている現実を見ると、日本は現実や危機が見えないように目隠しされていると気づくでしょう。

日本人は砂漠のラクダと同じ?
実際に、世界的企業のテロ対策ユニットの主要メンバーとして、世界中の危険地帯で、テロ・紛争・誘拐など、数々の事件に対峙してきた丸谷 元人氏によると、「今の日本人は砂漠にいるラクダと同じ」だと言います。
ラクダは砂漠を歩いている時に、目の前に毒を持ったサソリが来ると、砂の中に頭を突っ込む。
つまり、怖いから見ない、そして目の前の危機をなかったことにするそうです。
まさに今の日本は、砂漠のラクダのように危機に目をつぶり、”平和ボケ”状態になっています。
しかし、日本が”平和ボケ”の中、世界の国々や海外企業はカネや資源獲得のために、「当たり前のように」謀略を使います。
それなのに日本人がもし、「そんなことテレビでも学校でも聞いたことがない」「人がそんな悪いことをするはずがない」
「話せばわかる」などと平和ボケのままでいたら…
大手メディアの表面的な情報を鵜呑みにし、ニュースの裏も知らず、ずっと騙されるかもしれません。

あなた自身や、家族、友人、同僚が丸腰のまま海外に出て事件に巻き込まれるかもしれません。
日本や日本企業が国際社会の潮流から置いてきぼりをくらい、存在感を失っていくかもしれません。
そうなれば、将来の日本は弱体化し、貧しくなっているかもしれません。
そうならないためにもぜひ、この本を読んで「何が真実なのか?」をあなた自身で判断してください。

〜引用終わります。(危機管理コンサルタント 丸谷元人)

やはりこの国は怖いものを

見ないゾウ!

聞かないぞう!

知らないゾウ!

質問しないゾウ!

あのレンポウさんも
「ソウリ、この国にミサイルが向けられていますが
どうするのですか?」

「ミサイル見てないので信じられないゾウ!」
と知らないふりをしていればいいじゃん!
引用画像
そのような思想が蔓延していると思われます。

思考をせずに生きていけば心配ないゾウ!

100まで生きればいいゾウ!

なんて思っていても
引用画像

借りてきた猫をやってれば安全だゾウ!

なんて洗脳されて

引用画像

福祉だ介護だに話題が集中し

若者の未来は?

引用画像

甘いゾウ!

〇国の奴隷だゾウ!

引用画像
では人気ブログランキングから引用します。
引用〜

川崎市長公園不許可事件裁判(2)

蓋然性(可能性)だけで判断 ・決定

←ブログランキング応援クリックお願いします!

川崎市を訴えた国家賠償裁判の第2回目が、来月3日に横浜地裁川崎支部で開かれます。終わり次第、裁判報告会を開催の運びですが、まだ会場の手配が済んでいないので、後日改めてお知らせします。
裁判官から前回、川崎市に対して求められた資料、福田紀彦市長が記者会見で述べた映像の文字起こしが、原告である我々の手元に届きました。これらも参考にしてこちら側は26日迄に裁判所に被告(川崎市)が提出した準備書面に対しての反論の準備書面を提出します。

川崎市は事実関係においては、こちらの主張に対しては認めざるを得ないようですが、全てに渡って争うようです。まずは、ガイドラインでも採用された最高裁の判決については、あれは建物に関しての判決であり、今回は公園使用に関してなので、それは当たらないとしています。

更に法の原則とも言うべき不遡及に関しては施行前にその所謂ヘイト法案を理由に不許可決定したことを認めています。ただ、施行前ではあっても国会で成立したことを決定の際の判断に大きく影響した・・・とも取れる内容です。

そして、一番の争点になるのはやはり蓋然性(可能性)だけで、今回の公園使用を不許可とした点です。前回このような新聞記者と福田市長のやり取りを紹介しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市長 そうですね。従前からこの場でも申し上げているとおり、いわゆる表現の自由とか、集会の自由だとか、そういうものを規制していくというのは政治家としてはかなり難しい、高度は判断となりますので、そういった意味でも抑制的に考えなければならないというふうには、基本的には思っています。
 ただ、今回の事案はかなりこれまでのヘイトスピーチが行われている状況をみると、その蓋然性が高いということでありましたので。

私の解説 裁判はまさにこの蓋然性、つまり可能性だけで言論の自由を奪うことができるのかを争っているのですが、これで川崎市は我々との裁判に勝てるのか? この頃は幾分、福田市長はまともだったようにも感じる。その市長が現在、表現の自由や政治活動の自由を奪う条例の成立を図ろうとしていることは、本当に信じられないことだ。
さて、「信じられない」では裁判にはならないので、このことに関しては津崎尚道さん、佐久間吾一さんと私は2日前に打ち合わせを行ない、これを立証してもらうことにしました。

可能性があることで公園の使用を不許可にしたのですから、果たしてどのような可能性を描いて、それによって不許可にしたのか?

神奈川新聞の石橋学記者は、いつも通りデタラメな記事ばかり書いています。

規制条例の必要性鮮明に 日本第一党の差別街宣

時代の正体
ヘイトスピーチ

スポンサーリンク

時代の正体 神奈川新聞  2019年08月17日 05:00

ヘイト街宣に抗議の意思を示すプラカード=14日、JR川崎駅東口
川崎市が成立を目指すヘイトスピーチ規制条例の必要性が一層鮮明になった。14日に繰り返された極右政治団体・日本第一党のヘイト街宣。反差別の意思を示すカウンター行動に市内外から人々が集うのも、現状の深刻さと先駆的な条例に対する期待の表れゆえだ。

全国初となる刑事規制の必要性を市は「教育、啓発の限界を超えている」と説明する。在日コリアンが多く暮らす住宅街を襲撃するという、ヘイトスピーチ解消法の立法事実になったヘイトデモが「再現されかねない」と強調している。

6回目を数えた第一党の街宣はそんな懸念を具現化したものとなった。大勢の市民が「ヘイトをやめろ」と声を上げる目の前で「朝鮮人を射殺せよ」というプラカードが掲げられた。
以上

この後の記事は会員にならないと読めないらしいので、ここまでです。
川崎市は石橋記者と同じ様に我々がデモが始まる前に公園でどのような話をすると考えたのか?

朝鮮人を殺せ!」とか「朝鮮人は皆、日本から出ていけ」などと挨拶すると考えたのか? 或いは在日朝鮮人の住む場所を襲撃せよ・・・福田市長はどのようなヘイトスピーチが行なわれると考えたのか? それをより具体的に示した立証を求めるつもりです。

私がいつ、どのような場所でそのようなヘイト発言をしたのか? それを示して立証して頂きたいものです。

知らないというならば、神奈川新聞の石橋学記者が、いつも私がヘイト発言をして、在日朝鮮人を傷付けていると書いているので、彼に聞いて裁判で詳細に示して欲しいものだ。

蓋然性が高いなどと言われても、余りにも抽象的で分かりません。

この蓋然性に関しては条例の時にも書きました。
川崎市は裁判の結果を待たずに条例を作って大丈夫なのでしょうか? 裁判の結果次第ではヘイトスピーチ規制条例の根拠が根底から覆ります。 勇み足なんじゃないでしょうか? 当事者ながら心配してます。 youtu.be/MqLyLtwdxw0

佐久間吾一さんが指摘しました。

川崎市の福田紀彦市長は、大丈夫なのでしょうか? 蓋然性はあまり馴染みのない言葉なので、可能性と置き換えた方が分かりやすい。

ここで有田芳生議員は「蓋然性が高い、必ずヘイトスピーチをやる」などと何度も質問していたが、私はそのようなヘイトスピーチをしなかった。新聞記者が多数中にいたので、そのような発言が行なわれれば大きく報道された。

有田芳生という反日の代表的政治家と福田紀彦市長は全く同じような人物であることが昨日判明しました。一部ポスターでは拉致被害者救出のバッジをしているので、保守系の人と勘違いしていた市民もいるようですが、この会見で北朝鮮・朝鮮総連系の人たちに強いシンパシーを持ち、日本人の言論弾圧を企む極めて危険な思想の持ち主であることが明確となりました。

私のこの下記の言葉がネットで紹介されていました。
せと弘幸氏  有田芳生さんよ。私が川崎市の講演でヘイトスピーチをやったの? 何とか答えて下さい。あなたの目論見というか、憶測や予想、可能性、蓋然性・・・全てに渡って外れたよね。で、どうするの? すっとぼけてダンマリ決め込む気ですか。人を散々誹謗中傷しておいてそれはないでしょう?

個人の名前を上げて「蓋然性から考えて必ずヘイトスピーチをやる」「だから会場を貸すな!」などと国会議員が質問する。それがさも当然であるかのように報道され続ける。本当にこの国はどうなって行くのでしょう?

以上
蓋然性が高い・・とはどの様な発言を想定してのことなのか? 福田市長にはハッキリと立証してもらいます。その立証責任は川崎市にあります。


画像:機関紙フリーダム最新号

機関紙『FREEDOM』の第2号が完成しました。1面2面3面は「川崎港火災船処理」と不正入札理問題です(実物はカラーではありません)。

川崎市での戦いの為には費用など資金が必要となりますが、それはこの購読代金でカンパして頂きたいと思います。

年間購読料は3,600円となります。

お申し込みはメールにてお願いします。fukushimaseto@gmail.com

〜引用終わります。

最後に和菓子の恩N氏の記事を引用します。

引用〜

虚構の憲法 ⑫ ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム
2019-08-19 00:00:00NEW !
テーマ:政治・経済・憲法

画像省略
※ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」である。ウォー・ギルトと略されることもある。
「Draft of c/n, Subject : War Guilt Information Program」の文書

日本人は、真珠湾を攻撃して、まんまと白人の罠にはまったのです。日本が終戦したら、それで終わりではありません。恐ろしい日本人に、徹底的に贖罪意識を植え付けたのです。
東京裁判によって贖罪意識を植え付けて、ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)によって贖罪意識を植え付けて、あらゆるところで日本人をだめにするように仕組んでいったのです。これは、GHQによる日本占領政策の一環として行われた、「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」です。
未だにそれに乗っかって売国的な行為をしているのが左翼の連中です。この連中は馬鹿なのです。この連中は、どこの国の人間なのでしょうか? 左翼の連中は、頭から「日本国は悪いのだから、日本国はなくした方がよいのだ」と日本人でありながら、そのように思っているのです。左翼の連中は、日本的なことはいません。
「日本的なものである天皇、これは最も悪いのだ。死刑にするのだ」と思い、ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラムに乗っかった連中は、今でもそのように思っているのです。「皇室をなくせ!」そこから始まって、内部からどんどん破壊工作をしているのです。
ところが、話はまだまだ続きます。白人が一番恐れた日本人、また恐ろしいことが起きてきたのです。初めてわかったのです。どんなことが起きているのかというと、世界最強のコンピュータを日本人が作ってしまったのです。
世界にコンピュータの会社はいろいろありますが、トップから5位まではすべて日本の会社です。それは、理研の会社です。すごいですね。スーパーコンピュータの1京でも、すごいものです。
それで、世界の気象から、海流の流れまで、すべて予測がつくのです。1京のコンピュータで何でも出来てしまうのです。いま日本が作っているのが、100京です。だれも追いつかないのです。
100京のコンピュータを作動させると、コンピュータから熱が大量に出るのです。熱を処理しなければいけません。水でもできないし、空気でもできないけれども、世界が欲しがっているフッ化水を使うとできてしまったのです。
するとコンピュータを青い液体の中に沈めると、電気を通しません。だから、それを韓国は欲しがっているのです。それがないと、100京のスーパーコンピュータはできません。その水の中で、コンピュータが多くのです。
もう100京のコンピュータを作っているのです。そんなコンピュータを作られたら、太刀打ちできません。1京のコンピュータでも、地震予測、天候の予測などもできるのです。「10年先どうなりますか?」と聞くと、「このような天候になります」と予測が出来るのです。
100京のコンピュータを使ったら、1万年先、2万年先の天候でも、1か月で予測が出来るのです。それがもう出来ているのです。どこの国も追いつけません。だから、韓国はフッ化水をほしがるのです。
それが韓国はできないのです。電気を通さない水です。それだけではありません。例えば、人体が病気になっても DNAをコンピュータ解析して、「このDNAを持った人には、このような薬がよい」ということができるのです。それで、その人に合った薬を出せるのです。
それから、コンピュータウイルスも作ることができるのです。敵が核兵器を持っています。ボタンを押すと膨大な資料を解析して、敵のコードを解析してしまうのです。100京のコンピュータで作ってしまうから正確なのです。
敵国が日本に向けた核兵器のボタンを押した瞬間に、ボンと爆発してしまうのです。そんなものは、ほとんど出来ているのです。100京のコンピュータだと、そんなこともできるのです。だから、核兵器の暗証番号はほとんど意味がなくなってしまうのです。そんなものを持っていても、撃てば自分に帰ってきて原爆が爆発してしまうのです。もう話しになりません。
この技術がもっと進めば、「不老不死の薬もできるだろう」と言われています。人間が老ける老害の原因もわかってしまうからです。普通のコンピュータでやると、何百年もかかります。おそらく、何千年かかるかもしれません。何千年もかからないとできない回答が、1日でできてしまうのです。100京のコンピュータですから、何でも出来てしまうのです。化け物です。
コンピュータの上位は、日本がすべて占めてしまっているのです。そのような時代が来ているのです。日本の技術には、もうどこの国も追いつけません。いよいよ白人が恐れていた、黄色人種に抜かれる時代が来たのです。
大東亜戦争でアメリカは、原爆を使って日本の無実の市民を皆殺しにして、日本を終戦に追い込んだのです。しかし、今度は卑怯な手も利かなくなってしまいます。もう、卑怯な手は使えません。
僕は前に予言しました。やがて、時代が進むと本当の戦争はなくなってしまいます。今はそうなってきたのです。タンカーを攻撃するのはドローンです。ドローンを撃ち落とすのもドローンです。
まだ戦車は人間が乗っていますが、本当は乗っている必要はありません。コンピュータで戦争のシュミレーションはできるのです。「戦車が100台並んだな。こちらは200台だぞ!」と戦車をお互いに並べて、戦争やる前にシュミュレーションをすればよいのです。
「はい、200台の戦車が勝ち!」とわかれば、戦争などなくなるのです。そこまでいけば、科学技術も神の領域に入ったということです。100京のコンピュータがあれば何でも出来てしまいます。
性犯罪をする奴は、注射一本でおとなしくできるのです。そのような技術がもうできているのです。日本のコンピュータ技術は世界一なのです。日本のモノ作りは世界一です
今回の韓国の問題でわかったでしょう。韓国は、1400から、1500の部品を日本から買わないと何もできないのです。だから安倍首相は「3種類の輸出規制だけではありません。まだまだ他の部品も輸出規制をやります」ということです。
日本は「今度は金融の札をやろうか?」と言っているのです。韓国は金融をやられたら生きてはいられないのです。ウォンが下がって今は半値くらいになっています。こんなことを続ければ、韓国は終わりになってしまいます。日本に逆らったら、もうサムスンなど生き残ってはいられません。
すごい力が日本には身に付いているのです。日本は世界中に輸出をしているのです。世界は日本からの輸出がなければ何もできないのです。アメリカだってそうです。アメリカのステルス戦闘機も日本の技術がないとできないのです。
日本は、こんなすごい力を持っていたのです。日本に逆らうことなどできないのです。ロシアだってそうです。日本の技術が欲しいわけです。スーパーコンピュータが欲しいわけです。ロシアのオンボロのコンピュータはクズ鉄です。
日本にとっては、そのようなすごい時代です。三橋貴明さんの話しを聞いて驚きました。日本の技術はすごいのです。いよいよ白人は自業自得で自滅するのです。もうヨーロッパなど自滅しています。
宇野正美さんの話しによると、ヨーロッパから大統領が出来てきてそれが世界を征服するという話しですがとんでもありません。ヨーロッパの大統領の話などどこかへ行ってしまいました。
私たちはそのような良い時代に生まれているのです。日本はお金も世界一持っているのです。世界の国は借金だらけなのに、高橋洋一さんの話しによると日本は借金などありません。「どこからでも来い! みんなお金を貸してやるぞ!」といえるのです。
財務省が国民をだますために「お金がない」と言っているだけです。お金などいくらでもあります。何だか知らないけれども日本は、いつの間にかすごい国になっているのです。韓国は日本と肩を並べたつもりで「これは招いた!」と自慢していますが、韓国など日本に比べたら、はるか下の国です。自国で何一つできないのです。それがもうわかってしまったのです。大変うれしいことです。
もっともっと日本の技術は進みます。すごいね。やはり日本人は優秀だね。理研にはすごい連中が集まっているのです。戦前も理研の仁科博士が原爆を作っていたのです。日本は原爆などいくらでもできるのです。なんだって出来てしまいます。できないことはありません。
最も、繊細な技術になると日本人でないとできません。朝鮮人の火病のふるえる手では、精密な物はできません。精密な物というのは、日本人のような非常に繊細な心の動きがないと出来ません。だから、韓国は日本に勝てないのです。
いよいよ、僕が『日本人の使命』で書いたように、天皇は世界の天皇になっているのです。もう日本の天皇を越えているのです。だから、雅子妃殿下は、英語が話せるのです。天皇陛下も英語で話せるのです。もう世界の天皇です。世界の日本です。
いつからそうであったのかというと、昔からそうだったのです。日本は何をやっても世界一です。それを白人たちが嫉妬して、劣等感から「日本を叩き潰してやる!」と虎視眈々と狙って戦争を仕掛けてきたのです。
日本では大東亜戦争、アメリカが言う第二次世界大戦に日本を引きずりこんで 日本を叩き潰したのです。その証拠に日本が真珠湾を攻撃したときに、アメリカの上層部はシャンペンを抜いてお祝いしたのです。
普通は攻撃されたら怒りますが、「やったー! ジャップが罠にはまった!」という喜びです。日本が真珠湾を攻撃すると、アメリカの上層部はシャンペンを抜いて「ウワー!」と歓喜してお祝いをしたのです。上層部は乾杯をしていたのです。
この連中が終わりになるのです。アメリカは終わりなるのです。中国はどうしようもなりません。だから中国は「日本よ、助けてくれ」というようになるのです。
そのためにも、どうしても拭っておかなければいけないことがあります。それが今の憲法です。憲法に縛りつけられていると日本は自由に伸びることができません。どうしても憲法の縛りをとかなければいけません。それには憲法破棄しかありません。
安倍首相が言うように加憲では、だめなのです。憲法は丸ごと破棄です。それで、自然法に帰ればどんなことでもできるのです。そうなった時に世界中が真の日本の恐ろしさをわかってくるのです。
そうすれば日本は何でもできるのです。「あの国は何でもやってくるぞ」と思うと恐ろしいのです。日本人は人いじめたりはしません。そんなことはありません。人いじめる習慣を持った北朝鮮とか、韓国や中国などに先をいかれてはいけません。必ず軍備は日本が上をいかなければいけません。そのために憲法は絶対に破棄するしかありません。皆さん協力してください。憲法破棄国民運動を起こして、憲法を破棄していきましょう!(⑬に続く)

〜引用終わります。

ジロコが言ってるミサイル自爆兵器や、ミサイルブーメラン化兵器は

すでに完成しているのかもしれません。

引用画像

これらの兵器はどこへでも簡単に運べます。

引用画像

見た目はただの貨物コンテナですから、住民の反対運動も起こりません。

反対反対と叫んでも

この国をどうすんだよう!

すでに日米同盟破棄準備完了かもしれません。

引用画像

ふてんまは?

リゾート施設にすればいいじゃん!

甘いぜええ!

引用画像

引用画像

憲法全部破棄せよ!
自爆は危険ですが、自縛はもっと危険と言えます。
引用画像

「憲法を破棄する党」
なんて出てきても

誰も票を入れないゾウ!

この国の国民が、洗脳から目覚めるのも、まだまだ先かもしれません。

引用画像

「政治屋さんも動物園の動物と同じ扱いになってきたようです。」

この言葉の意味は解説しません。

引用画像

危険すぎるゾウ!

続くべええ!
書きやむべええ!
®ムームージロコ

注)引用文以外は筆者の感想です
お願い)筆者は日本語以外はわかりませんので、コメントは日本語でお願いします。
©2019 riter-jiroco.com ムームージロコ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA